緘黙のための法律の提案(伯国)

更新日:2020年07月06日(投稿日:2020年07月06日)
アイキャッチ画像。

「場面緘黙症患者の権利を保障する法律」


ブラジルで、場面緘黙症のための法律を提案する動きが始まったそうです。この情報は、「ブラジル場面緘黙症協会」(Instituto Mutismo Seletivo Brasil) のFacebookページや、Instagramアカウントで明かされました。

↓ アクセスすると、動画が再生されるかもしれません。
◇ そのFacebookページの投稿1
新しいウィンドウで開く

↓ これもアクセスすると、動画が再生されるかもしれません。
◇ そのFacebookページの投稿2
新しいウィンドウで開く

↓ 文章も書かれてあるのですが、閲覧環境によっては読めないかもしれません。画面サイズがある程度あれば、読めます。
◇ そのInstagramの投稿
新しいウィンドウで開く

このうち、Instagramには「場面緘黙症患者の権利を保障する法律」 (Leis para assegurar os Direitos dos Paciente com Mutismo Seletivo) という文が書かれてあります。


州議会議員と連絡


よく分からないのですが、上のSNSでの書き方では、この計画を行う主体がブラジル場面緘黙症協会とも解釈できます。

上のSNSでの投稿ではまた、州議会議員のMaria Lúcia Amary氏やその顧問と連絡を取り合っているという内容のことも、書かれてあります。Maria Lúcia Amary氏はサンパウロ州の議員です。サンパウロ州議会では、10月31日を「場面緘黙症啓発の日」と制定する法案が通ったことがあるのですが、その法案の起草者がこの方でした。

↓ 2017年末に書いた記事。Maria Lúcia Amary氏についても触れています。
◇ 「緘黙啓発デー」制定の動き、ブラジル自治体で静かに広がる
新しいウィンドウで開く

さらに、Facebookの2つ目の投稿は、Iolanda Juvencio de Oliveiraさんという緘黙児のお母様?が、法律提案のために頑張っていらっしゃるというようにも解釈できます。

法案の詳細については、上のSNS投稿には書かれてありません。もしかしたら動画に説明があるのかもしれませんが、私はブラジルの言葉(ポルトガル語)を聴き取れないので、分かりません。なお、動画の中で話をしている人物は、臨床心理学者のElisa Neiva Vieira氏とみられます。


今後の展開は?


法律は、どのような内容になるのでしょう。

私には予想できませんが、「場面緘黙症患者の権利を保障する法律」ということであれば、ブラジルも批准している「障害者の権利に関する条約(障害者権利条約)」が参考にされるのは間違いないだろうと思います。

↓ 障害保健福祉研究情報システム(DINF)ウェブサイトへのリンクです。
◇ 障害者の権利に関する条約(日本政府公定訳)
新しいウィンドウで開く

あと、サンパウロの州議会議員と連絡をとっているということは、国の法律というより、州法になる展開も予想できます。

ただ、実際に法律が提案され、制定にまで至るかどうかは、まだ分かりません。

なお、私はポルトガル語を読むこともできません。機械翻訳で英訳するなどして読んでいるので、厳密なところで解釈の誤りがあるかもしれません。

※ ブラジルは、漢字で「伯剌西爾」と書くそうです。



「緘黙関連ニュース」が減っている

更新日:2020年07月01日(投稿日:2020年07月01日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症Journal掲示板 では、「緘黙関連ニュース」の投稿を行っています。

◇ 場面緘黙症Journal掲示板
新しいウィンドウで開く

緘黙関連ニュースは、私が方々で見つけた、国内外の場面緘黙症関連のニュースを記録したものです。内容は、メディア掲載情報、研究発表情報、イベント情報など様々です。ただし、書籍や雑誌掲載情報は、ここではなく「関連書籍」で紹介することも多いです。

見つけたニュースの全てを掲載しているわけではなく、一定のニュース価値があり、ここで投稿するのは適切と判断したものを掲載しています。ニュースを載せるかどうかの判断に客観的な基準はなく、恣意性が入っていることだろうと思います。

ニュースの投稿数、低水準が続く


この緘黙関連ニュースの投稿数ですが、ここのところ低水準が続いています。なんだか他人事のような書き方ですが、意図的に投稿数を減らしているわけではないのに、結果的にこうなっているのです。実際、2017年以降の投稿数を数えてみたところ、次のような結果でした。

表:「緘黙関連ニュース」投稿件数

2020年1月は12件投稿しました。これは、1月の投稿数としては、2017年以降で最少です。また、2020年2月は13件投稿しました。これもまた、2月の投稿数としては、2017年以降で最少です。3月以降も同様で、投稿件数が2017年以降最少の状態が一貫して続いています。

2020年1月から6月までの総投稿数を求めると、75件。2019年の同時期は135件ですので、前年同月比で45%ほど減少していることになります。

投稿数の低水準は、今年からではなく、2019年の終わり頃から続いているように見えないこともありません。

緘黙関連ニュースは2013年から記録しているため、2013年から2016年の投稿数を調べてもよいのですが、そこまではできてはいません。それでも、直近3~4年では記録的に低い水準が続いていることは分かります。

なぜ低水準が続いているのか?


なぜこのように低水準が続いているのかは、今のところよく分かりません。単純に考えて、緘黙に関する活動が停滞気味になっているからと解釈してしまいたくなります。ですが、分かりません。

もしかすると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、イベントが無くなったからかもしれません。確かに、イベントの開催情報を緘黙関連ニュースの中でお伝えすることは、これまでありました。ですが、ここまでの減少幅は、イベントが無くなったという理由だけでは説明がつきません。それに、この低水準は、新型コロナの感染が広まる前から始まっています。

あるいは、私が無意識のうちに、緘黙関連ニュースに掲載するニュースの基準を厳しくしてしまったのかもしれません。また、単に私が、ニュースを探すのが下手になっただけの可能性もあります。そこのところも含めて、今のところ原因はつかめていません。


集中プログラムは今

更新日:2020年06月24日(投稿日:2020年06月24日)
アイキャッチ画像。
これまでお話ししてきたように、アメリカなどで近年、多数の場面緘黙症の子どもや保護者を集めた集中プログラムやキャンプが行われています。緘黙児を対象とした治療目的のプログラムだけでなく、保護者を対象とした緘黙改善のためのトレーニング等をも行うものです。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される今の状況で、こうした催しは実施可能なのでしょうか。

集中プログラムやキャンプが行われなくなると、緘黙児者や保護者にとって痛手でしょう。支援の選択肢の一つを失うことになるからです。

また、推測ですが、主催者にとっても痛手かもしれません。主催者は民間の専門機関であることが多く、収入源につながる可能性が考えられるからです。集中プログラムやキャンプに限らず、新型コロナ感染拡大の影響により、緘黙児者や保護者の間で受診離れが進み、民間専門機関の経営を圧迫していないか心配です。

そこで、支援者らはどういう対応を取っているのか、プログラムのウェブページを見て確認してみることにしました。その結果、バーチャル開催のプログラム、新型コロナ対策を施した上で開催するプログラム、新型コロナについては今のところ特に何も書かれていないページなどがあることが分かりました。

バーチャル開催


既にバーチャル上で開催されたプログラムがあります。ニューヨークのChild Mind Instituteが主催するBrave Buddiesや、ペンシルベニア州のSMart Centerが主催するCommuniCampがそうです。ただし、CommuniCampは6月のみの措置で、7月と8月はバーチャル開催ではありません(後述)。

◇ Brave Buddies One-Day Virtual Session
新しいウィンドウで開く

◇ Virtual CommuniCamp – Selective Mutism Anxiety Research & Treatment Center | SMart Center
新しいウィンドウで開く

また、ニューヨークのKurtz Psychologyが主催するMighty Mouth Kids Campや、メリーランド州のAlvord, Baker & Associates, LLCが主催するCCC Kids Campは、今後バーチャル開催を予定しています。

◇ Mighty Mouth Kids Camp | Kurtz Psychology
新しいウィンドウで開く

◇ CCC Kids Camp | Alvord, Baker & Associates, LLC
新しいウィンドウで開く

この他、未決定ながら、バーチャル開催の要素の導入を示唆するところもあります。

◇ Outside Voice Selective Mutism Day Camp — Pinnacle Counseling and Testing Center
新しいウィンドウで開く

これらの中には、集中プログラムの創始者や、有名な支援者が関わっているものも多いです。

バーチャル開催には、遠方の人でも参加しやすい利点があり、その点について触れているウェブページもあります。集中プログラムやキャンプというと、わざわざ遠方から参加する親子がいるという話を聞くことがあります。中には、外国から参加する親子までいるそうです。

それにしても、バーチャル開催とは、一体どういう内容なのでしょうか。今までのプログラムと、どう違うのでしょうか。プログラムのウェブページを見ても私にははっきり分からないのですが、素直に、今まで現実世界で行っていたことをバーチャル上に移したのだろうかと見ています。例えば、CommuniCampとCCC Kids Campのページには共通して「バーチャル遊び」(virtual playdates)という言葉が出るのですが、これはおそらく緘黙児同士の遊びの時間をバーチャル上でとるというものなのでしょう。


感染症対策の実施や政府のガイドラインを守って開催


一方、感染症対策を行ったり、公のガイドラインを守ったりして、開催するところもあります。バーチャル開催ではありません。

ミシガン州のThriving Mindsが主催するConfident Kids Campや、フランドル(アメリカではありません)の緘黙団体Vereniging Selectief Mutismeが主催するZomerkampがそうです。

◇ CKC's COVID-19 Response and Plan — Thriving Minds
新しいウィンドウで開く

◇ Zomerkamp 2020 - Selectiefmutisme.be
新しいウィンドウで開く

先ほど「バーチャル開催」としてお話ししたCommuniCampも、7月と8月はソーシャルディスタンスを守りながら開催するそうです。

◇ SO EXCITED to announce our location for...
新しいウィンドウで開く


今のところコロナについて言及なし


開催予定の情報を載せているものの、新型コロナへの対策については、今のところ特に言及がないところも多いです。

◇ Selective Mutism Adventure Camp Details
新しいウィンドウで開く

◇ Selective Mutism Service | NYU Langone Health
新しいウィンドウで開く

◇ Brave Bunch Program for Children with Selective Mutism » Center for Anxiety & Related Disorders | Boston University
新しいウィンドウで開く

◇ Selective Mutism Intensive Treatment Camp | California | Bay Area
新しいウィンドウで開く

◇ Confident Crew Summer 2020 - Central Health Child Department
新しいウィンドウで開く


中止?


この他、集中プログラムやキャンプの開催情報を載せなくなったところもあります。中止ということなのでしょうか。


不明


これは、新型コロナの感染拡大を受けたバーチャル開催なのか、そうでないのか、どちらにも解釈できそうに思われた例です。

フロリダ国際大学子ども家族センターが主催するBrave Bunchという集中プログラムなのですが、プログラムの有効性を「ランダム化比較試験」という信頼性が高い方法で検証しようとしています。注目に値するのですが、果たしてどうなったのでしょうか。

◇ Selective Mutism
新しいウィンドウで開く


結び


バーチャルでの集中プログラムやキャンプの開催は、これまでにない動きです。アメリカはもともとウェブセミナーやオンライン診療が緘黙支援の世界でも広まっており、バーチャル開催が行われる土壌があります。

最後に、Mighty Mouth Kids Campを主催するニューヨークのKurtz Psychologyは、上記リンク先ページの中で次のような前向きなことを述べています。

皮肉なことに、コロナ禍は、私たちが保護者や子どもたちをいかに支援するか再概念化する、素晴らしい機会を与えてくれました。

Ironically, this has given us an incredible opportunity to re-conceptualize how we help parents help their kids!

未曾有の状況の中で、新たな支援法が生まれれば面白いです。