遅発性の緘黙について

更新日:2021年02月26日(投稿日:2021年02月26日)
アイキャッチ画像。

遅発性の子にも、もともと緘黙になりやすい素因がある


場面緘黙症の臨床経験が豊富なエリザ・シポンブラム(Elisa Shipon-Blum)博士が、遅発性の緘黙について話す場面があり、興味深く聴きました。

シポンブラム博士の見解を、私なりの解釈でまとめると……

○ 「静か」だけれども緘黙ではない子が、転校や進学といった環境の変化によって遅発性緘黙になることがある。
○ そうした子には、もともと緘黙になりやすい素因がある。
○ (18歳で緘黙になった人を診たことがあるかという質問に対して)ない。

シポンブラム博士は、特に、素因について強調していると感じます。比較的遅い年齢で緘黙になる子にも、もともと緘黙になりやすい素因があると強調したいのでしょう。

↓ その場面です。42分1秒から始まります。このブログでは便宜上「遅発性」という言葉を使っていますが、この話の中では「遅発性」という言葉は出ません。英語。


※ 上の動画のYouTubeへの直接リンクはこちら。
新しいウィンドウで開く

余談ですが、上の動画はOutloudという緘黙のポッドキャストです。緘黙を経験した方と、その保護者によるものです。YouTubeの他にも、iTunesやSpotifyなど、各種サイトで配信されています。この回は大人の緘黙についての話です。


私が話せなくなった時期は、遅い


実は私、学校で話せなくなった時期はかなり遅いです。小学4年生の時に経験した2度にわたる転校で、話せなくなりました。専門家に診てもらったことがないため診断も受けておらず、自分は緘黙だったかどうか、はっきり分かりません。

ただ、話せなくなる以前から、大人しい子だったようです。小学3年生の頃、クラスの行事で同級生全員から誕生日メッセージを貰ったことがあるのですが、そのメッセージには「(富条君は)大人しいね」というコメントがいくつもありました。

シポンブラム博士の話と重なるようにも思えます。もともと大人しいという素因があって、そこに転校という環境変化が重なって緘黙?になったのかもしれません。



ロボットと話す緘黙児者

更新日:2021年02月20日(投稿日:2021年02月20日)
アイキャッチ画像。

英語学習AIロボットが、緘黙生徒の発語の練習相手に


「Musio」という英語学習AIロボットが、2021年エジソン賞のファイナリストに選ばれました。これには、和光市立大和中学校の特別支援学級で、場面緘黙症の生徒に活用できたことも評価されたようです(아카에, 2021年2月17日)。

↓ 情報源。韓国語サイトNewsWireへのリンク。
◇ AI 스타트업 아카, 에디슨 어워드 2021 파이널리스트 최종 선정
新しいウィンドウで開く

エジソン賞(Edison Awards)は、新しい製品やサービスの開発、マーケティング、人間中心設計、イノベーションに対して与えられる権威ある賞です。

Musioが、緘黙の生徒の発語の練習相手として活用できたという話は、かつて開発元のAKA株式会社のプレスリリースで配信され、各メディアで取り上げられていました(AKA Corp. , 2020年4月28日)。ただ、さらっと書かれていただけで、詳細は不明です。

↓ PR TIMESへのリンク。
◇ AKA株式会社、和光市立大和中学校の特別支援学級で英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)による学習支援の実証実験を実施しました|AKA Corp.のプレスリリース
新しいウィンドウで開く


ロボットの方が話しやすい?


似たような話は過去にも読んだことがあります。大阪大学の石黒浩教授(栄誉教授)の話です(石黒, 2017, p. 143)。

緘黙症(かんもくしょう)という、家庭の外など特定の環境で話せなくなる症例の子どもも、ロボットに対してであればどこでも積極的に会話をするようになります。ある子どものご両親は、「うちの子がこんなに楽しそうに話しているのを初めて見た」と涙を流して喜んでいました。

もっとも、緘黙児者とロボットの会話については、学術的検証は進んでいないのではないかと思います。上の話も、石黒教授が関わった事例に限ったことではないかと思います。

緘黙の研究ではないのですが、対人不安傾向が大きい者は、コミュニケーション相手に人よりもロボットを選好し、場面によっては同じロボットであっても人間に近いが金属・機械の見た目のロボットを選択したという研究結果があります(鈴木ら, 2019)。

私個人の経験ですが、「はま寿司」という回転寿司で、pepper(ペッパー)というロボットが接客している場面に出くわしたことがあります。私は元緘黙?ゆえか、人と関わることに不安を感じることがあるのですが、ロボットが相手だと、その点楽でした。

もしかすると、ロボットだと、人と関わるときよりも不安がないのかもしれません。モノの方が、人よりも関わりやすいとか。ただ、このあたりのところは、私もよく知りません。





緘黙と働く能力

更新日:2021年02月14日(投稿日:2021年02月14日)
アイキャッチ画像。
大人の場面緘黙症のトーキングサークル "SM Talking Circles" のお話を先日しました。イギリスのサークルです。

◇ 大人の緘黙サークル(英)
新しいウィンドウで開く

その中で、このサークルが、就労や大学進学等の際に、緘黙を説明したり、合理的配慮を求めたりするのに役立つ文書のひな形を作っているというお話もしました。

↓ そのひな型です。英文。PDF。240KB。
◇ letter-template-teens-adults-applications-jobs-etc.pdf
新しいウィンドウで開く

このひな型に、気になる文章がありました。仕事に応募する際に添える文書の一節です(6ページ)。「自分を売り込め!」(Sell yourself!)という趣旨で書かれています。

場面緘黙症は、私が働いたり、理解したり、あるいは、この役割を果たす全責任をとったりする能力には影響しないことを確約したいです。

I want to assure you that SM does not affect my ability to work, understand or take full responsibility for this role.

こう書かれてはいますが、緘黙は働く能力に大いに影響があるのではないかと私は疑問に思いました。具体的に言えば、言語コミュニケーション能力です。話せないと、仕事をする上で大いに支障があります(理解する能力には、確かに影響はないと思います)。

病気や障害の中には、働く能力にさして影響がないものもあります。ですが、緘黙はそうではなく、ここが大きな問題なのです。

しかし、よくよく考えてみれば、上の一文は、話すこと以外は働く能力に影響しないという意味ではないかとも思えてきました。緘黙だと話せないのは自明なので、そこを除いた話なのではないかと。このあたり、どう解釈すればよいのかは、はっきりとは分かりません。

最後に余談ですが、日本では、緘黙はその人が持っている力を発揮できない障害というような独特の認識がある程度広まっています。私はこうした認識は誤っていると考えます。これだと、理解力を含め、ありとあらゆる能力が発揮できないという誤解を与えかねません。