2歳半で緘黙の診断を受け、活躍する子役(米)

更新日:2020年12月01日(投稿日:2020年12月01日)
アイキャッチ画像。

ブロードウェイミュージカルなどで活動経験


場面緘黙症を克服して活躍する子どものインタビュー記事が、Broadway World.comという海外の人気情報サイトに掲載されました。

↓ その記事です。11月30日掲載。
◇ BWW Interview: Rachel Ling Gordon-A Talented Youth's Budding Career
新しいウィンドウで開く

この子の名前はRachel Ling Gordonさん(以下、レイチャルさんと書きます)。ニューヨーク州ウェストチェスター出身の8歳の少女です。

記事によると、2歳半で緘黙の診断を受け、友人や家族、医師、教師、治療専門家からサポートを受けてきたそうです。まだ緘黙があった6歳の頃、「ヘンゼルとグレーテル」のグレーテル役で、初めてミュージカルに出演。グレーテルの利口で勇敢なキャラクターが、不安克服への力を与えてくれたそうです。

※ この「勇敢な」(brave)という言葉、英語圏の緘黙情報に接しているとよく見ます。緘黙克服のため、緘黙児者は勇敢であれということのようです。なお、翻訳書である『場面緘黙の子どものアセスメントと支援』には「ブレイブワーク」という言葉が登場します。

また、時期は書かれていないのですが、perform(どう訳せばいいのかな)することが好きなレイチャルさんのために、親がモデルに応募したことにより、話さなくてもステージに立つという経験をしました。この経験が、学校でセラピーを受けていたことに加えて、緘黙治療に効果的だったと振り返っています。

その後は、ブロードウェイミュージカルの全国ツアーに参加して重要な役どころを演じたり、ニューヨーク・コレクションでモデルをしたり、カーネギーホールでピアノを独奏したり、ニュースやテレビ、印刷物のコマーシャルに出たりと、かなり活躍されているようです。ブロードウェイミュージカルでは、150人以上にわたる友人や家族、教師、医師、治療専門家らが来て、サポートしたり見てくれたりしたそうです。


中国語ニュースサイトでも


レイチャルさんについては、アメリカを拠点とする中国語ニュースサイトでも取り上げられています。記事によると、中国人との混血だそうです。動画を見ることもできます。

↓ その記事の一つです。美国中文网へのリンク。動画あり。
◇ 克服内向 纽约七岁华裔女孩登上百老汇
新しいウィンドウで開く

↓ こちらも美国中文网。動画あり。
◇ 华裔女孩领衔百老汇经典圣诞剧 混血家庭培养有道
新しいウィンドウで開く


記事を読んで感じたこと


まず、2歳半で緘黙の診断を受けたというのが早いです。緘黙は幼稚園や小学校に入学した時など、もっと後に問題化することが多いのですが、どうしてこのように早く診断を受けられたのでしょうか。私の読み間違いや、記事の書き間違いを疑ってしまいました。記事には "When I was diagnosed with Selective Mutism at 2.5 years old..."と書かれてあります。

とにかく、事実だとすれば素晴らしいです。このように早期発見・早期支援により、早い段階で治してしまうことが理想でしょう。あとはぶり返しがなければよいのですが、これだけ活躍されているところを見ると、また緘黙になる事態は想像しにくいです(素人目線ですが)。

学校で受けていたセラピーというのは、日本で言う「スモールステップの取り組み」ではないだろうかと思います。そのスモールステップの段階の一つとして、ステージに立ったり、「ヘンゼルとグレーテル」に出演したりしたことが大きな経験になったのだろうと私は見ています。

なお、緘黙があっても、歌手として歌は歌えるという人の話は聞いたことがあります。レイチャルさんも、もしかしたらそういうタイプの子だった可能性も考えられないではありません。

最後に繰り返しますが、2歳半で診断を受けたというのは実に早いです。早期に緘黙を克服し、活躍する姿を見るのは嬉しいです。残念な点があるとすれば、コロナの影響で、レイチャルさんの活動の場が減っていることです。また舞台で大いにperform(どう訳せばいいのかな)できる日が来るとよいです。

↓ レイチェルさんが登場するYouTube動画。2分24秒。『サンタが町にやってくる』を歌っています。2020年11月28日に公開されたばかりの動画です。

※ YouTubeのページで直接ご覧になりたい方はこちらをクリックしてみてください。
新しいウィンドウで開く



『中日新聞』に「緘黙を抱える3DCG制作者」

更新日:2020年11月27日(投稿日:2020年11月27日)
アイキャッチ画像。
2020年11月26日(木曜日)の『中日新聞』3面「この人」で、「緘黙を抱える3DCG制作者」が取り上げられました。私は直接紙面で確認していないのですが、おそらく朝刊ではないかと思います。

↓CDを制作する渡辺一智さんのInstagramアカウントへのリンクです。
◇ その『中日新聞』の記事です。
新しいウィンドウで開く

中日新聞社は『東京新聞』も発行しています。ですが、『東京新聞』にもこの記事が掲載されたかどうかは、私は把握していません。

『中日新聞』は発行部数が多く、『毎日新聞』や『日本経済新聞』に匹敵するレベルだそうです。

◇ 毎日新聞、ABC部数で中日新聞を下回る ~日本経済新聞とも肉薄~
新しいウィンドウで開く

記事では単に「緘黙」と書かれてあり、私たちが言う「場面緘黙症」「場面緘黙」のことかと思われるのですが、はっきりしたことは分かりません。

なお、記事に書かれている自動車学校のPVとは、これのことのようです。

↓ 2分27秒の動画です。YouTubeの動画。

※ YouTubeで直接ご覧になりたい方は、こちらをクリックしてみてください。
新しいウィンドウで開く

[参考]

2020年9月15日 『朝日新聞』「ひと」に、高木潤野さん
2020年3月1日 『中日新聞』「この人」に、入江紗代さん
2018年1月17日 『毎日新聞』朝刊「stand・by・you!そばにいるよ」に、若倉純さん
(抜けてる方がいらしたら、ごめんなさい)




テレ東「家、ついて行ってイイですか?」に緘黙

更新日:2020年11月26日(投稿日:2020年11月26日)
アイキャッチ画像。
11月25日(水曜日)夜にテレビ東京で放送された番組「家、ついて行ってイイですか?スペシャル」で、「緘黙症」について触れられる場面があったようです。

↓ 情報源。ページ一番下あたりをご覧下さい。
◇ 価格.com - 「家、ついて行ってイイですか? ~スペシャル~」2020年11月25日(水)放送内容 | テレビ紹介情報
新しいウィンドウで開く

上のページによると、画家の安河内彩香さんを紹介する中で、緘黙に触れられたようです。

地方によっては、別の日時でこの番組が放送された(あるいは、これから放送される)かもしれません。ただし、テレビ東京の番組ですので、放送されない地方も多いだろうと思います。

それにしても、最近では「場面緘黙」という表記が目立ってきている中、上のページでは「緘黙症」と表記されているのが気になります(間違っていると断じるつもりはありません)。テレビでも「緘黙症」として放送されたのでしょうか。もしかすると、安河内彩香さんの例は、「場面緘黙」とは別の、話せない問題だったのでしょうか。このあたりのところは、テレビを見ていない私には分かりません。

なお、場面緘黙症Journalブログへのアクセス数が、26日の22時台から23時台にかけて急増しています。おそらくこのテレビ番組の影響だろうと思います。ただ、SNS上では、この番組で緘黙が取り上げられたことについて、視聴者からの反応は少ないです。

◇ 場面緘黙症Journalブログ、最近24時間のアクセス数
新しいウィンドウで開く