「台灣選擇性緘默症協會」が誕生

2017年08月28日(月曜日)

アイキャッチ画像。

台湾で、緘黙の団体の設立大会が開かれる


沖縄本島や宮古島から見ると、台湾は地理的には本州より近いです。台湾は場面緘黙症への関心が高いようで、Facebook の非公開グループ「選擇性緘默症者&家長&老師的討論區」には、2,000人近いメンバーが集まっています。

その台湾で8月27日、緘黙の団体の設立大会が開かれました。団体の名称は「台灣選擇性緘默症協會」、英語名は Selective Mutism Association of Taiwan (SMAT) です。

◇ その団体の準備会のブログ (新しいウィンドウで開く
◇ 団体設立に関する、現地のニュース1・ニュース動画あり (新しいウィンドウで開く
◇ 団体設立に関する、現地のニュース2 (新しいウィンドウで開く

[追記(2017年9月5日)]

◇ その団体の Facebook ページ (新しいウィンドウで開く


このニュースについては、他にも複数の現地メディアが報じています。

と書きましたが、実のところこの団体については、私には詳しく分かりません。調べようにも中国語は読めず、機械翻訳で部分的に読み取れる程度です。ですが、分かる範囲で書きたいと思います。よく分からない箇所もあり、少し慎重な書き方をしていますが、詳しくお知りになりたい方は、団体の準備会のブログや、下記の黃晶晶氏のブログをご覧ください。


理事長(会長?)に、黃晶晶氏


まず理事長(会長?)には、黃晶晶(Anita Huang)氏という方が就任したそうです。

◇ 黃晶晶氏による、緘黙をテーマとしたブログ (新しいウィンドウで開く

※ 上のブログでは、著者名は Ms. SM となっています。ですが、TAAZEの翻訳書のページ(後述)には、黃晶晶氏がこのブログを運営していると書かれてあります。

この方は、イギリスの緘黙の本 Selective Mutism in Our Own WordsThe Selective Mutism Resource Manual を台湾の読者向けに翻訳した方です。TAAZEの翻訳書のページによると、医師などの臨床家ではなく、英語の翻訳をご専門とした方のようです。団体の発起人の一人でもあります。

なお、黃晶晶氏についてはこのブログでも一度ご紹介したことがあります。ドイツの緘黙専門誌が、世界の緘黙を特集したときのことです。アジアで唯一取り上げられたのが台湾の緘黙に関する動向で、同氏はその時の寄稿者でした。

◇ 世界10カ国の緘黙支援者らが… (新しいウィンドウで開く


団体設立までの経緯


団体が設立されるまでの経緯について、分かる範囲で簡単にまとめます。

2017年3月
台湾内務省が、団体設立を承認

2017年4月
会員の募集開始

2017年5月
プレスリリース発表、メディアの記事に団体が登場

2017年8月
団体が正式に成立

急ごしらえではなく、ある程度時間をかけ、段階を踏んで設立に至ったことが分かります。

[追記(2017年9月11日)]

下記の記事によると、冒頭でお話した Facebook グループ「選擇性緘默症者&家長&老師的討論區」が、この団体の前身だそうです。この Facebook グループ、今見たらメンバー数が2,000人を超えていました。

◇ 不說話的孩子》選擇性緘默症 溺水也無法呼救 (新しいウィンドウで開く


国際交流の促進も


それから、団体の「目標と使命」には、国際交流の促進も挙げられています(最後の方の小さい扱いですが)。もしかすると日本の団体と関わる機会もあるかもしれません。

ただ、この団体の関心は、今のところ日本よりも、イギリスやドイツにあるような気が私にはします。台湾では近年イギリスの緘黙の本の出版が続いていますし、理事長(会長?)に就任した人物も英語の専門家です。また、団体の準備会が2017年5月に発表したプレスリリースには国際交流の促進についても書かれてあるのですが、そこに記されていたのは、団体の発起人が前年10月にドイツの緘黙団体の創設者 Michael Lange 氏と対談したことでした。


最近の台湾の緘黙をめぐる動向


ついでですので、最近の台湾における緘黙をめぐる動向について、少し書いてみたいと思います。団体とも関わりがないこともないので。