オックスフォード大出版局2冊目の緘黙の洋書

2013年01月29日(火曜日)

以前お話しした、オックスフォード大学出版局から出た新しい緘黙の本(英語)を読んだ感想のようなものを書こうと思います。読み終えましたので。

本の題名は、 Treatment for Children With Selective Mutism: An Integrative Behavioral Approach です。訳すと、『場面緘黙児の治療:統合的行動療法的アプローチ』といったところでしょうか。

今年2013年に米国から出版されました。著者は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で Associate Clinical Professor(臨床助教?臨床准教授?)などを務める R. Lindsey Bergman という方です。緘黙の研究でも実績のある方です。

内容は、行動療法により緘黙児に介入を行うためのマニュアルです。対象とする緘黙児は主に4~8歳です。治療専門家向けに書かれてあります。行動療法の中身は、保護者や教師の協力を得て段階的に発話を促すもので、類書と比べて原理的なところは変わらないのではないかと思います。ただ、細かい手法や、何より治療専門家の視点から書かれている点に違いがあります。

実際に治療専門家がこれを読み活用してどう感じるかは、私の知る由もありません。ですが、分かりやすく、また使いやすく工夫されているのではないかと思います。例えば、セッションは全部で20回、各60分で、何回目のセッションで何をするべきかといったことかが具体的にまとめられてあります。また、支援の中で必要となる書類が予め多数用意され、読者はこれをコピーしさえすればよいようにされています。英文も平易で、内容もさほど読解が難しいことは書かれておらず、私のような非専門家が読んでも、いちおう書いてあることは理解できる程度です(以前お話しした t検定とか、そういうことが書いてあるのは最初だけです)。

この本で紹介されている方法を日本でそのまま行うことは必ずしもできないかもしれませんが、参考にはなるだろうとは思います。



[関連リンク]

↓ Google ブックスで、本の中身を一部読むことができます。
その中身新しいウィンドウで開く