当事者、保護者の情報発信-ネット普及以前は?

更新日:2018年08月19日(投稿日:2018年08月19日)
アイキャッチ画像。
日本の緘黙当事者や経験者、保護者がインターネットで緘黙について情報発信を行なうようになったのはいつからでしょう。私が確認できる限りでは2000年4月10日のウェブサイト「ココロのひろば」の開設がきっかけです。

これ以降、緘黙に関わる個人ホームページが次々に立ち上がったり、大手掲示板に緘黙のトピックが立ち上がったりしました。当事者らによる情報発信が、インターネットの世界で継続的に行なわれるようになったのです。さらには、こうした場で交流や情報発信を行なっていた人が本を出版したり、緘黙の団体を作ったりと、活動の幅はネットの外にも広がりました。そして、今日に至っています。

では、それ以前には当事者らによる情報発信はなかったのでしょうか。日本では、緘黙研究の歴史は私が知る限り1951年まで遡ることができます。当事者らによる情報発信が「ココロのひろば」が開設された2000年より前からあっても不思議ではありません。そこで、私が知る限りの情報をまとめてみました。

2000年以前


1979年


場面緘黙症だったという詩人の一色真理(いっしきまこと)さんによる1979年の詩集『純粋病』に、入学以来ひとことも口をきかぬ男の子の詩「心」が収録されていたそうです。ただし、その詩は創作なのか、ご自身の緘黙のことを書かれたのか、詳しくは知りません。また、詩の中では「緘黙」という用語は出てきません。

↓ 緘黙だったという一色さん。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ 一色さんのTwitter投稿
新しいウィンドウで開く

↓ その詩「心」が読めます。ちょっと上の方。一色さんと岡島弘子さんのホームページ「詩・夢・水平線」へのリンク。
◇ 絶版詩集復刻シリーズ1 一色真理 純粋病
新しいウィンドウで開く


1986年頃


盛岡で行なわれたNHK「青年の主張」で、短大生だった正子さんという方が、緘黙の克服について語られたそうです(いつ頃かは未確認)。

それをたまたま聴いていた岩手大学の山本実教授(故人)が正子さんにインタビューし、書籍にまとめたそうです。『緘黙症・いじめ-正子の場合』(1986年)という本です。ただし、これらは又聞きの話で直接確認していません。詳しくは、下記の記事をご覧ください。

◇ もう一人の緘黙研究者
新しいウィンドウで開く


1987年


1987年に、博報堂第二営業局長(後に取締役)だった田村尚さんが、『プレゼンテーションの技術―言葉だけでは人を動かせない』という本を出されています。本の中で、田村氏はご自身は場面緘黙症だったとされていて、若い頃のことをお話された箇所があります。ただ、この本の主題は、あくまでプレゼンテーションです。

◇ 緘黙だったという方が著した、プレゼンテーションの本
新しいウィンドウで開く


1994年


佐伯一麦さんの私小説『木の一族』の「古河」という20ページほどの短編の中で、著者の長女が緘黙であることが書かれた部分があります。著者が、岩手大学の山本実教授に宛てて書いたとみられる手紙があります。ただ、緘黙を主題とした私小説ではありません。


1995年


緘黙を経験された方とその保護者が書いた本『負けたらあかん!』が出版されました。ただ、この本はいじめなどで死に急ごうとする子どもたちに「負けたらあかん!」と訴えることが主眼で、緘黙が主題の本かというと少し違うと思います。


1999年


『朝日新聞』に連載されていた「桂あやめの艶姿ナニワ娘」1999年3月22日掲載分で、著者の桂あやめさんが幼稚園で喋ることができなかった経験が書かれてあります。この話は、同じ題名の本(2000年1月出版)にも掲載されています。ただし、「緘黙」の用語は使われていません。

桂さんは2015年に緘黙を扱ったテレビ番組に出演、「場面緘黙症」は知らなかったと話されていたそうです。

↓ その時のテレビ番組について。「緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー」へのリンクです。
◇ ハートネットTVで場面緘黙症(Twitterデータセット付き)
新しいウィンドウで開く


ネットが普及しておらず、当事者らが声を上げにくい時代だったのでは


2000年以前で私が知る限りの情報は、以上です。「国立国会図書館サーチ」「Google ブックス」「CiNii」「日経テレコン」などの文献検索サービスで調べた上での情報です。私の調査不足もあろうかと思うのですが、それにしてもなかなか見つかりませんでした。

2000年以前といえば、インターネットが(本格的に)普及する前です。ソーシャルメディアやブログなどはなく、私たちのような一般人が広く世に情報発信を行なったり、意見を表明したりするのは簡単ではなかった時代です。

また、現代では当事者らが「緘黙を知ってください」とよく訴えており、そうした活動が緘黙の認知度向上に一定の役割を果たしていますが、あの時代だとそうした活動を行なうことも難しいです。そういう状況だったので、当事者らは緘黙のことを知ることすらなかなかできず、当事者らの声はますます上がりにくかったのではないかと思います。

ただ、今回ご紹介した当事者らの声の中には、「緘黙」という用語を使わずに、学校などで話せない経験について語られたものもありました。こうした情報はやや見つけにくく、私がまだ見ぬ情報もあるかもしれません。特に昔は「緘黙」という用語は今ほど知られていなかったと思われ、桂あやめさんのように、「緘黙」とは知らずに緘黙のことを語った方がいらっしゃっても不思議ではありません。

どちらにしろ、当事者らがネット普及以前にも情報発信を行なっていた事実は、緘黙ホームページの開設が相次いだ2000年代初頭期にはあまり話題になっていませんでした(『負けたらあかん!』が取り上げられていたぐらいでした)。残念ながら、知られていなかったのではないかと思います。現代に直接連なる当事者らの情報発信の歴史は、おそらくはやはりネット普及により始まったのではないかというのが、私の見方です。

英語民間試験での緘黙等への配慮、東大WGの見解

更新日:2018年07月18日(投稿日:2018年07月17日)
アイキャッチ画像。

大学入試で活用される、英語民間試験


以前もお話しましたが、大学入試センター試験は廃止され、2020年度からは大学入試制度が変わります。

新制度では、英語に「民間事業者が実施する試験」が活用されます。例えば、英検などです。これは、従来のセンター試験で問うてきた「読む」「聞く」能力に加え、「書く」「話す」能力をも測るためです。これからの大学入試では、英語を「話す」能力の重要性が増してくることになります。

東京大学ではこの英語民間試験の活用について、「入学者選抜方法検討ワーキング・グループ」(WG)が検討を行いました。その結果、答申がまとまり、7月14日にインターネット上で公表されました。

↓ 東大ホームページへのリンクです。
◇ 入学者選抜方法検討ワーキング・グループ答申の公表について
新しいウィンドウで開く

↓ 教育情報サイト「リセマム(ReseMom)」へのリンクです。
◇ 東大、共通テスト「英語」民間試験は不使用か…年内に実施方針決定
新しいウィンドウで開く

その答申の中に、次の文を見つけました(太字は私が施したものです)。

また「障害等のある受験生への合理的配慮」を要件にしているとあるが、これについても一部を除いて多くの試験実施団体が同じ文言で将来的な対応に言及しているに過ぎず、何を配慮すべき事項とするか、これにどう対応するかなどについては、少なくとも現時点ではほとんど明らかにされていない。特にスピーキングテストを一律に課す場合、緘黙など「話すこと」に関わる障害をどう扱うかという、きわめて困難な問題が生ずると思われるが、こうした点について議論された形跡もほとんどうかがえない。

↓ PDF(312KB)。7ページ下段に、上の引用文があります。
◇ 入学者選抜方法検討ワーキング・グループ答申
新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

前段の「『障害等のある受験生への合理的配慮』を要件にしているとあるが」とは、おそらく、次の文部科学省ホームページに書かれてあることのことと思われます。

↓ 文科省ホームーページへのリンクです。
◇ 資格・検定試験においては、障害者への配慮はなされるのでしょうか。
新しいウィンドウで開く


現時点での話だが、事実だとしたら少し心配


私は専門的なことはよく分からないのですが、もし東大ワーキングループの指摘する通りだとしたら、緘黙に関わる者としては少し心配ではあります。ただ、何しろあの東大です。東大ワーキンググループのこの見解は他の大学に影響を与える可能性も考えられます。つまり、英語民間試験の活用に消極的な大学が、他に出てくるかもしれません。

また、東大ワーキンググループによる英語民間試験への見解は、あくまで現時点でのものです。今後、緘黙も含めた、障害等のある受験生への合理的配慮の議論が進む可能性は考えられられます(緘黙は認知度が低いので、議論が行われるか少し心配なのですが)。

もっとも、今回の東大ワーキンググループの見解は、まだ東大としての公式見解ではありません。新入試制度についてもまだ十分固まってはいませんし、今後の動向に注目したいです。

ちなみに、私は高校時代、センター試験を国立大学の一次試験として受験し、最終的に国立大に進学しています。あの頃は口がきけなくても、ペーパー試験さえなんとかなれば、一般入試はハンディなく受けられたのでした。それだけに、今回の大学入試改革を他人事とは思えない部分があります。

[2018年7月18日]

一部内容を、若干書き改めました。



英語検定試験、緘黙への配慮は

更新日:2018年07月03日(投稿日:2018年07月02日)
アイキャッチ画像。

「話す」能力を問う検定試験の重要性が増している


大学入試センター試験は無くなります。既に繰り返し報道されている通り、2020年度からは、新たに「大学入学共通テスト」が始まります。

新しい制度では、英語に「民間事業者が実施する試験」が活用されます。従来のセンター試験で問うてきた「読む」「聞く」能力に加え、「書く」「話す」能力をも測るためです。しばらくは現行のマークシート方式の試験と併存するかたちになりますが、2024年度からは、民間の検定試験に全面移行します。

特に、「話す」(スピーキング)能力を問う試験は、緘黙がある受験生には重要な問題です。単に話すだけでなく、「積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度」(英検3級以上)を評価する検定もあり、これはなかなか厳しいです。大学入試に限らず、民間の英語検定試験を受ける人は多いと思うのですが、緘黙児者にとってはどうなのでしょうか。

こうした検定試験では、障害がある受検者への配慮が提供されています。緘黙については、何らかの配慮が行なわれているのでしょうか。調べてみました。


方法


英語検定試験も様々ですが、今回は、特に新しい大学入試制度での活用が認定されている9種類の試験について、配慮の情報を公式ホームページで確認しました。

[調査対象]

ケンブリッジ英語検定TOEFL iBTテスト、IELTS、TOEICGTEC、TEAP、TEAP CBT、実用英語技能検定(英検)

※ リンク可能なページについては、リンクを貼っています。なお、GTECについてはPDFファイルです(387KB)。PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。


結果


緘黙に対する配慮を明記した検定試験はありませんでした。

近いと思われるものとして、「言語障害」(ケンブリッジ英検)と「音声言語障がい」(英検)への配慮があります。例えば英検では、「音声言語障がい(吃音症・その他)」に対して、次のような「発話への配慮」を提供しています。

話がつまる、大きな声がでないなどの状況を面接委員に伝え、注意して聞くよう配慮します。面接の実施方法・評価方法は通常通りです。

また、次のような配慮項目を挙げる検定試験もありました(TOEFL iBTテスト)。言語障害等がある受検者に対し、スピーキング試験を省略する用意があるそうです。

(only applicants who are deaf or hard-of-hearing or have speech disabilities)
○ Listening section omitted
○ Speaking section omitted

それから、これは中学生レベルですが、英検4級と5級のスピーキング試験の場合、「発話に関する配慮」として問題文の音読免除が選択できるほか、質問への解答方法として音声での録音以外(テキスト入力・代理タイピング・代理応答)を選択できるそうです。なお、配慮のあるなしに関わらず、4級と5級のスピーキング試験は専用サイトにアクセスして受検する形式で、自宅、学校などで好きなときに受検できます。

この他、「受検上の特例措置」について明記したものもありました(ケンブリッジ英検)。「独自の裁量により、受検者の該当テストのスコアに、加点し調整することがあります」とのことです。適用の条件としては「一時的・恒久的に身体的に障害のある受検者で、受検の際に身体上の障害による受検上の配慮が受けられなかったり、十分でなかったりした場合にも適用されます」と書かれてあります。

ただ、これらの措置が、緘黙について適用されるかどうかは分かりません。

考察


配慮について


緘黙のようなあまり知られていない障害だと、なかなか配慮の対象として明記してはもらえないのかもしれません。なんとか該当しそうな障害を探すなり、個別に問い合わせるなりすることになりそうです。

先程の英検の「音声言語障がい(吃音症・その他)」は、もしかすると緘黙のような障害も視野に入れているのかもしれません。ただ、あの配慮内容は緘黙にはちょっとしっくりこないのではないかと私などは思います。緘黙の場合、全く声が出なかったり、出たとしても、ごく小さな声で単語や、せいぜい一語文、二語文を話せる程度だったり、そうした傾向があるのではないかと思います。これだと通常の評価は難しそうです。

緘黙の症状も様々ですので、配慮のあり方も様々ではないかと思いますが、緘黙全般にほぼ共通して言えそうなこととしては、「安心できる環境を設定する」や「視線を見ない」「返事はゆっくり待つ」といった配慮が欲しいです。緘黙への配慮については、緘黙の状態によっても、また、試験によっても違うと思うので、検定試験の主催者に問い合わせてみることも場合によっては必要かもしれません。ただ、こうした配慮でどこまで積極的に話せるようになるでしょうか。

いっそ、TOEFL iBTテストの言語障害等に対する措置のように、スピーキング試験を免除という選択肢を用意していただければ、という思いもないではありません。GTECという検定試験でもスピーキング試験が免除されることがあるのですが、それは高度・重度難聴があり、かつ口話にも障害がある受検者の場合であり、緘黙に適用される見込みはどうでしょうか。


申し込みについて


ただ、配慮の申し込みには事前申請が必要です。申請の際には診断書や障害手帳のコピーなどが必要とされる場合があります。ですが、緘黙がある未成年の中には、家族の理解が得られず、診断を受けるまでには至らない人もいるものと考えられます。そうした人の場合、配慮の申請ができません。

気になるのは、学校単位など団体で受検する場合です。私は最近の高校の動向は知らないのですが、大学入試で民間試験が導入されるとすると、団体で受検を申し込む高校が増えることはないでしょうか。その場合の配慮については、どうなるのでしょう。高校に緘黙への理解がない場合はどうなるのか、また、周囲とは違う方法で受検することを本人がどう感じるか、そのあたりのところが気になります。

あと、配慮案内が英文で書かれている検定試験がありました。高校卒業レベル以上の英文のように思われます。受検生はこれを読みこなせるのでしょうか。もっとも、水準の高い英語学習者が受ける検定であれば、これも分かります。


たとえ話せるようになったとしても……


少し話せるようになったものの、発話に苦手意識が残るといった人にとっても、スピーキングは難しい問題だろうと思います。下手に話せてしまうと、かえって配慮は受けられなくなってしまう可能性も考えられます。

また、かなり話せるようになった人でも、緘黙だった頃に学校場面で英語を話す訓練を十分に積めず、そのことがハンディになっている人がいるのではないかと思います。


むすび


英語検定試験の実情を知りもしない私が、ホームページ上の情報だけで悲観的なことを並べてしまいました。ですが、緘黙経験者にも英検に合格した人はいます。

それにしても、民間の検定試験は国公立大学も活用するはずなのに、民間試験とはいえ、緘黙がある受検生への配慮がもし提供できなければ遺憾です。合理的配慮の提供は、国や地方の行政機関なら法的義務です。

※ 事実かどうかは分かりませんが、このような情報があります。