2023年度の科研費研究2

更新日:2024年02月23日(投稿日:2024年02月23日)
アイキャッチ画像。

遠隔家庭介入プログラム


場面緘黙症の研究が2件、2023年度の科研費に採択されています。

そのうち6月から始まった1件については、まだこのブログでお伝えしていませんでした。ここでお伝えしたいと思います。

↓ その研究です。国立情報学研究所のサービス KAKEN へのリンクです。
◇ 選択性緘黙症児とその親に対するインターネットによる遠隔家庭介入プログラムの開発 
新しいウィンドウで開く

研究概要等は、今後、上記ページで更新されるものとみられます。

なお、既にお伝えしたもう1件の科研費の研究は以下の通りです。

↓ KAKEN へのリンクです。
◇ 場面緘黙児の認知・思考プロセスの特性が社会生活に及ぼす影響に関する研究 
新しいウィンドウで開く

科研費とは


科研費こと科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、文部科学省と、その外郭団体である独立行政法人日本学術振興会による研究助成事業です。助成対象の研究は、人文学・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたります。その規模は、2022年度予算額で2,377億円です。

科研費は我が国最大の競争的資金制度です。同業者による審査「ピアレビュー」を経て、採択が決定されます。応募件数は2021年度で95,208件で、このうち83,973件(27.9%)が新規採択されています。

科研費には研究種目という区分があり、「科学研究費」「特別研究促進費」「研究成果公開促進費」「特別研究員奨励費」「国際共同研究加速基金」からなります。

今回採択された緘黙の研究は「科学研究費」の中の「挑戦的研究(萌芽)」です。「挑戦的研究」は一人または複数の研究者で組織する研究計画であって、これまでの学術の体系や方向を大きく変革・転換させることを志向し、飛躍的に発展する潜在性を有する研究です。特に(萌芽)については、探索的性質の強い、あるいは芽生え期の研究も対象とします。「挑戦的研究(萌芽)」の配分額は500万円以下で、研究期間は2~3年です。


上記研究のほか、3件の科研費研究が進行中


なお、上記研究のほか、現在3件の科研費の研究が進行中です。

◇ 場面緘黙児の早期発見・早期支援・経過把握の方法開発 
新しいウィンドウで開く

◇ 縦断的調査による場面緘黙の実態解明と効果的な介入手法の確立 
新しいウィンドウで開く

◇ ASD傾向を示す場面緘黙児に対する社会生活への適応を目指した支援方略の構築 
新しいウィンドウで開く




反応が乏しい人への声掛け

更新日:2024年02月09日(投稿日:2024年02月09日)
アイキャッチ画像。

無表情の人、何も話さない人など


以前お話ししたように、私は集団の中でポツンとしている人を見ると、声を掛けることがあります。

色んな人に声を掛けてきたのですが、こうした人たちの中には、声を掛けても反応が乏しい人もいました。中には無表情の人や、何も話さない人もいました。単に私のことを鬱陶しいと思っていただけかもしれませんが、私への好き嫌い以前に、もともとそういうタイプと思われる人も多かったです。

こうした人たちとの関わり方は、正直なところ、難しかったです。私の声掛けをどう感じていらっしゃるか分からなかったからです。迷惑に感じてらっしゃるのか、ありがたく思ってくださっているのか。

このため、関わり続けることは本当に良いことかどうか、自信が持てないこともありました。私としては、小さな反応から相手の心情を推察しつつ、おそらく相手は嬉しく思ってくれているのではないかと信じながら関わり続けることが多かったように思います。

言葉はもちろんですが、顔の表情もコミュニケーションでは重要な位置を占めます。これが乏しいと、関わる側としてはどうしても難しさを感じてしまうのです。


話し掛けると嬉しいというメッセージの発信


かく言う私も、かつては学校で話せず、表情も極めて乏しく、反応が鈍い人間でした(ただし、私は学校で話せないことで医師にかかったことはなく、したがって場面緘黙症の診断は受けていません)。ですがこんな私にも、積極的に関わり続けてくれた同級生は何人もいました。

今にして思うと、私によく関わり続けてくれた当時の同級生には、頭が下がる思いです。また、私とあまり関わらなかった人にしても、私を避けたり嫌ったりしていたわけではなくて、私が考えることが分からなかった人も、もしかしたらいたのかもしれないとも思います。

一般に、緘黙児者は、話しかけても反応が極めて乏しいです。啓発活動などで緘黙児者は話しかけられると嬉しい場合が多いというメッセージを発することは、緘黙児者とコミュニケーションを図ろうとする人にとって有用だろうと思います。



「あなたはノーマルです」

更新日:2024年02月02日(投稿日:2024年02月02日)
アイキャッチ画像。

経験者へのインタビュー


エリザ・シポンブラム(Elisa Shipon-Blum)博士は、米国で長年、場面緘黙症の治療に携わる方です。2023年からは、緘黙に関するポッドキャストの配信を定期的に行っています。ポッドキャストとは、インターネットを通じた音声配信です。ウェブラジオとは異なり、既に録音されているものをオンデマンドで聴くかたちを取ります。

1月16日のポッドキャストでは、緘黙を改善させた「輝く星」として、オードリー・ウィスマン(Audrey Whisman)さんをゲストに招いてインタビューを行っています。これはYouTubeでも公開されています。



↓ YouTubeのウェブサイトやアプリで直接ご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。
◇ Shining Star Audrey Whisman on overcoming Selective Mutism - "You're going to get through this."
新しいウィンドウで開く

※ 各種ポッドキャストサイトでも聞くことができます。

Apple Podcasts Preview
新しいウィンドウで開く

◇ Spotify
新しいウィンドウで開く


緘黙と自分を切り離して考える


ウィスマンさんは小学5年生の時に緘黙と診断されました。その後、シポンブラム博士を中心とする緘黙の治療センター「スマートセンター」にかかり、現在ではすっかり話せるようになっています。近年ではいくつものミスコンテストに出場し、ミスとして選ばれ続けています。

ポッドキャストの内容は、ご自身の経験や、当事者や親、教師へのアドバイスなどからなります。

その中でも、私は次の箇所が印象に残りました。10分59秒頃からです。

緘黙と闘う全ての人への私の最も大きなアドバイスは、あなたには何も問題はないことをまさに知ることだと思います。あなたはノーマルです。気落ちしなくていいです。私が緘黙を経験した時の最も大きな後悔は、自分自身を緘黙や不安と分けなかったことだと思います。私が緘黙と闘っていた時、これは私が闘っている不安であり、自分には何も問題がないことに気付く代わりに、ただ自己嫌悪に陥ったり、自己処罰をしたりしたものでした。

I guess my biggest advice for anyone struggling selective mutism is just know there's nothing wrong with you. You are normal. You don't have to break yourself down. I think that's my biggest regret from when I was going through selective mutism is that I didn't separate myself from my selective mutism, from my anxiety. And so when I struggled, I would just turn that into self-hatred or you know self-punishment instead of realizing this is my anxiety that I'm struggling with and there's nothing wrong with me.

緘黙を、自分自身と切り離したりして考えるとよいという話は聞くことがあります。専門的には「外在化」と呼ぶそうです。それにしても、ここまで徹底して切り離せるものかと少し驚きました。自分はノーマルで、何も問題はないとは。

ただ、当事者や経験者の中には時々、場面緘黙症という病名(?)があることを初めて知って、話せないのは自分が悪いわけではなかったのだと気付いたという話をされる方がいらっしゃいます。ウィスマンさんがおっしゃっているのは、これと重なるように思います。そう思えば、私にもある程度納得がいきます。