中华选择性缄默症协会とは何か

更新日:2019年06月21日(投稿日:2019年06月21日)
アイキャッチ画像。

中華選択性緘黙症協会


中华选择性缄默症协会(中華選択性緘黙症協会)という団体があります。公式サイトは、中国のcnドメインです。

↓ そのページです。
◇ 欢迎访问中华选择性缄默症协会网站
新しいウィンドウで開く

公式サイトによると、団体の目的は、緘黙の知識や認知を広めるとともに、多くの緘黙児者やその保護者が適時に支援を得ることができるようにすることです。

この団体は俊华さんという緘黙児(者?)の親御さんが、専門家や親のボランティアと共同で始めた非営利の団体です。英語表記はSelective Mutism Association of Chinaで、略称はSMACです。

団体の規模は分かりません。ウェブサイトの掲示板にまだ投稿があまりないので、もしかしたら、小規模の団体の可能性もあります。

団体のシンボルマークは不死鳥です。緘黙児が不死鳥のように、勇気をもって緘黙から抜け出して欲しいという願いが込められています。

いつから存在した団体かは分かりません。ですが、ウェブサイトの末尾には "Copyright 2018 - 2019" とあること、団体のフォーラム型掲示板の最古の投稿が2018年10月25日であることから、遅くとも2018年には存在していたとみられます。

中国には微信というメッセージアプリがあり、このアプリを活用しているようです。

以前「緘黙関連ニュース」でお伝えした中国の緘黙ブログ「聪明的艾米」とコラボレーション?を行なっています。このブログは2018年に開設、記事が投稿され、多くのアクセス数を記録しています。

↓ そのブログです。
◇ 聪明的艾米_文学城博客
新しいウィンドウで開く


英語圏の影響


さらにこの団体は、緘黙のeラーニング(無料)の提供を行なっています。いずれも、英語圏の専門家の講義等を視聴できます。

このeラーニングにも窺えますが、団体は英語圏の知見を積極的に取り入れようとしているようです。ウェブサイトで紹介されているおすすめの緘黙の書籍も、緘黙の専門家も、全て英語圏のものです。

先ほどのシンボルマークの不死鳥にしても、「勇気」という言葉を持ち出していることから、英語圏の影響が窺えます。「勇気」(ブレイブ)は海外(特にアメリカ)の緘黙支援のキーワードです。今年出たアメリカの本の翻訳書『場面緘黙の子どものアセスメントと支援』にも、ブレイブという言葉は登場します。

このほか、団体には英語のYouTubeチャンネルがあります。

↓ そのYouTubeチャンネルです。
◇ Selective Mutism China - YouTube
新しいウィンドウで開く

団体では英語圏の緘黙の本を中国語に翻訳する試みが行なわれていて、5冊の書籍の簡体字版が2019年に出る予定だそうです。そんなにたくさんの本を一気に翻訳できるものなのかと、にわかには信じがたい思いです。中华选择性缄默症协会の今後の動きに注目したいと思います。

最後に、私は中国語ページを機械翻訳で英訳して読み取っています。ひょっとしたら不確かな部分もあるかもしれません。ごめんなさい。



続・話し言葉に障害のある子、増加か

更新日:2019年06月16日(投稿日:2019年06月16日)
アイキャッチ画像。
以前もお話した厚生労働科学研究「吃音、トゥレット、場面緘黙の実態把握と支援のための調査研究」が、2019年度から始まっているようです。この研究についてインターネットで検索すると、分担研究者のウェブページが2件ヒットしますが、そこでは2019~2020年度の事業であることが示唆されています。

↓ ネット検索で見つかる研究分担者の一人。
◇ 高木 潤野 | 教員紹介 | 教育・研究:長野大学
新しいウィンドウで開く

↓ ネット検索で見つかる研究分担者の一人。
◇ 九州大学-研究者情報 [菊池 良和 (助教) 九州大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科]
新しいウィンドウで開く

↓ これは2020年度ですが、78ページに、この研究について書かれてあります。厚労省ホームページへのリンク。pdf形式。914KB。
◇ 令和2年度研究事業実施方針 | 厚生科学審議会 科学技術部会 | 令和元年5月24日
新しいウィンドウで開く

↓ この研究について取り上げた過去のブログ記事です。当時は「言語を用いるコミュニケーションに困難さを持つ発達障害児者(吃音、トゥレット症候群、場面緘黙)の実態把握と支援のための研究」という名称でした。
◇ 厚生労働科学研究、緘黙等の研究の公募開始
新しいウィンドウで開く

↓ この研究は国会でも話題になりました。
◇ 参院で緘黙が議題に、厚労省「支援策を検討することが必要」
新しいウィンドウで開く

話し言葉に障害のある幼児、児童、生徒の罹患率の推移


これとは直接関係ありませんが、いい機会ですので、2014年に投稿したブログ記事「話し言葉に障害のある子、増加か」を書き改めようと思います。これは、学校保健統計調査をもとに、緘黙症など、話し言葉の働きに障害のある幼児、児童、生徒の罹患率が上昇傾向にあることを示したものでした。

↓ その2014年のブログ記事です。
◇ 話し言葉に障害のある子、増加か
新しいウィンドウで開く

あれから5年が経ち、学校保健統計調査では、新しい罹患率の数字が出ています。

学校保健統計調査


今回も参照する学校保健統計調査は、文部科学省が毎年実施する標本調査です。幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校に通う幼児、児童、生徒の発育状態や健康状態について調査がなされています。

詳しくは、以下のページに書かれてあります。文部科学省ホームページへのリンクです。

◇ 学校保健統計調査-調査の概要
新しいウィンドウで開く

この調査では、緘黙症など、話し言葉の働きに障害のある幼児、児童、生徒を「言語障害の者」として、その被患率が推計されています。

* 以下、引用 *

言語障害の者

話し言葉の働きに障害のある者をいい、吃(きつ)音(どもり)、発音の異常、発声の異常(聞き手が理解しにくい程度の発音や声の障害)、口蓋裂、脳性麻痺等に伴う言葉の異常、難聴による発音の異常、その他情緒的原因による緘黙(かんもく)症、自閉症や言語中枢に障害のある失語症等である。


※ 先ほどの厚生労働科学研究とは、該当する障害が必ずしも重なりません。


「言語障害の者」罹患率の推移


さて、その罹患率の推移をお示しします。今回は全体の罹患率が公表されなくなったようなので、学校種別にお伝えします。最近20年の推移です。


幼稚園


平成11(1999)年度 0.18%
平成12(2000)年度 0.18%
平成13(2001)年度 0.23%
平成14(2002)年度 0.15%
平成15(2003)年度 0.22%
平成16(2004)年度 0.19%
平成17(2005)年度 0.30%
平成18(2006)年度 0.37%
平成19(2007)年度 0.38%
平成20(2008)年度 0.52%
平成21(2009)年度 0.57%
平成22(2010)年度 0.41%
平成23(2011)年度 0.38%
平成24(2012)年度 0.43%
平成25(2013)年度 0.39%
平成26(2014)年度 0.44%
平成27(2015)年度 0.54%
平成28(2016)年度 0.52%
平成29(2017)年度 0.56%
平成30(2018)年度 0.42%

小学校


平成11(1999)年度 0.16%
平成12(2000)年度 0.15%
平成13(2001)年度 0.15%
平成14(2002)年度 0.15%
平成15(2003)年度 0.15%
平成16(2004)年度 0.14%
平成17(2005)年度 0.18%
平成18(2006)年度 0.30%
平成19(2007)年度 0.35%
平成20(2008)年度 0.32%
平成21(2009)年度 0.34%
平成22(2010)年度 0.34%
平成23(2011)年度 0.32%
平成24(2012)年度 0.33%
平成25(2013)年度 0.37%
平成26(2014)年度 0.39%
平成27(2015)年度 0.38%
平成28(2016)年度 0.43%
平成29(2017)年度 0.40%
平成30(2018)年度 0.43%

中学校


平成11(1999)年度 0.04%
平成12(2000)年度 0.03%
平成13(2001)年度 0.03%
平成14(2002)年度 0.05%
平成15(2003)年度 0.04%
平成16(2004)年度 0.05%
平成17(2005)年度 0.05%
平成18(2006)年度 0.09%
平成19(2007)年度 0.08%
平成20(2008)年度 0.07%
平成21(2009)年度 0.08%
平成22(2010)年度 0.07%
平成23(2011)年度 0.07%
平成24(2012)年度 0.07%
平成25(2013)年度 0.08%
平成26(2014)年度 0.08%
平成27(2015)年度 0.08%
平成28(2016)年度 0.08%
平成29(2017)年度 0.10%
平成30(2018)年度 0.10%

高等学校


平成11(1999)年度 0.01%
平成12(2000)年度 0.00%
平成13(2001)年度 0.01%
平成14(2002)年度 0.02%
平成15(2003)年度 0.01%
平成16(2004)年度 0.01%
平成17(2005)年度 0.01%
平成18(2006)年度 0.02%
平成19(2007)年度 0.02%
平成20(2008)年度 0.02%
平成21(2009)年度 0.02%
平成22(2010)年度 0.02%
平成23(2011)年度 0.02%
平成24(2012)年度 0.02%
平成25(2013)年度 0.02%
平成26(2014)年度 0.03%
平成27(2015)年度 0.03%
平成28(2016)年度 0.02%
平成29(2017)年度 0.04%
平成30(2018)年度 0.04%


やはり増えている


増加傾向が止まっていません。平成11(1999)年度に比べると、平成30(2018)年度は倍以上の水準にまでなっています。

幼稚園は標本数が最も少ないためか、年度によって罹患率のゆれが大きいです。逆に、小学校は標本数が最も多いためか、比較的安定した推移を示しています。

納得がいかないのが、小学校の平成18(2006)年度です。前年度は0.18%だったのに、この年度は0.30%に急増しています。そんなに新一年生に言語障害児が多かったとは思えません。どこまでこの数字は信頼できるのでしょう。

なお、より詳しい数字をお知りになりたい方は、以下のリンクより、「学校種別 疾病・異常被患率等の推移 (昭和23年度~平成30年度) 」をご覧ください。男女別の数字や、平成11(1999)年度以前の数字も見ることができます。

↓ 政府統計の総合窓口「e-Stat」へのリンクです。
◇ 学校保健統計調査 年次統計
新しいウィンドウで開く



緘黙を「深刻な」不安症と説明する

更新日:2019年06月07日(投稿日:2019年06月07日)
アイキャッチ画像。

英語圏では「深刻な」不安症という説明も目にする


Selective mutism is a severe anxiety disorder...

場面緘黙症は深刻な不安症で……(以下略)

英語圏では、緘黙を "severe anxiety disorder" (深刻な不安症)などと説明する場合もあります。severe(深刻な)という形容詞を使って表現するのです。上はその一例で、イギリスのNHS(国民医療制度)ウェブサイトによる緘黙の説明です。

◇ Selective mutism - NHS
新しいウィンドウで開く

ところが、日本ではそうした説明は目にした覚えがちょっとありません。このことは前から気になっていました。そこで、私も「緘黙は深刻な不安症」と説明してみようかと思ったことがあります。

ですが、その時はやめました。なぜならば、「深刻な」のような形容動詞や形容詞、副詞は客観的情報を持たず、客観的な文章を書く際には注意を要すると考えたからです。そして、この場面で「深刻な」という表現を使うのは不適切ではないかと考えたのでした。


「緘黙は深刻な不安症」と書いてみました


ところが最近、ある場面で「緘黙は深刻な不安症」という説明文を思いきって使ってみました。

実は私、5月の緘黙啓発月間に、緘黙の応援キャラクター「かんもくん」が3D世界を旅するゲームを公開しようとしたのですが、その中で緘黙をそう説明しようとしたのです。親しみやすいゲーム内の説明なので、客観的な文章の書き方にそこまで拘らなくてもよいだろうと考えたのでした。

かんもくんの絵
↑ 「かんもくん」。折原さんが提案し、みこさんがデザイン。なお、上の画像は私が描いたものです。

残念ながらそのゲームは完成したものの、諸事情により公開は当面行なわないことにしました。公開日は未定です。

ですが、ゲームのイメージ画像はここでお見せしてもよいでしょう。ゲーム内では、次のように緘黙を説明するはずでした(再掲)。いかがでしょうか?

「場面緘黙(かんもく)症とは……話す力があるにも関わらず、学校など特定場面で声が出ず、話せなくなる深刻な不安症です」と書いてあります。

※ 画像をクリックすると、画像の全体を表示します(106KB)。
※ ゲーム内容は、かんもくんが緘黙の本を買いに行くというもの。だから、こういう画像になっています。

[利用素材]

※ ひさよんさんによるイラストACからのイラスト。
※ 南見まめこさんによるイラストACからのイラスト。