「場面緘黙犬」は存在するのか

更新日:2022年07月25日(投稿日:2022年07月25日)
アイキャッチ画像。

不安症であれば、犬にもある


場面緘黙症の犬もいるという話を読んだ覚えがあります。もう10年以上前でしょうか、海外の緘黙専門のウェブサイトにそう書いてあるのを読んだ覚えがあるのです。

ですが、その時以外で、犬の緘黙に関する話は聞いたことがありません。学術論文でも読んだことがありません。ガセネタか、私の記憶違いかもしれません。

もっとも、不安症は犬にも表われることがあります。分離不安症、雷恐怖症、音に対する恐怖症、人や物に対する恐怖症、全般性不安症などがあるそうです(倉持, 2018)。このうち音については、「ガンシャイ」という言葉もあります。銃(ガン)の音を怖がる(シャイ)猟犬のことですが、銃声に限らず音を怖がる犬のことをこう呼ぶ場合もあるようです。

これには環境要因の関わりが指摘されています(倉持, 2018)。一方、遺伝的要因がどの程度関与しているかは、専門家ではない私には分かりません。不安症に結びつくほど強い不安を生まれつき感じやすい犬はいるのでしょうか、いないのでしょうか。


犬は言葉を話さない


ただ、犬は人間と違って言葉を話せません。ですので、特定場面で口を利けない緘黙は、犬には成立しないのではないかと思います。強いて言えば、特定場面で吠えることができない犬なら、いるかどうかといったところでしょう。吠えない犬も心配ですが、口が利けない人間に比べれば、どれほど問題視されるのでしょう。このあたりは、犬を飼ったことがない私には分かりません。

そもそも、人間とは違って、犬は飼い主の手を離れて社会的に活動する場面が注目されることは少なさそうです。例えば、学校に通う犬はいません。このため、緘黙のような症状を示す犬が仮にいたとしても、そういう場面が気づかれ、問題視されることは多くはないような気がします。

結局のところ、緘黙は、言葉を話すことができ、学校など家族から離れた活動が重要視される人間だからこそ、問題視されるのではないかと今のところは思います。人間と犬の不安症の比較研究をしてみると、人間の不安症の特徴が浮き彫りになるかもしれず、面白そうです。





緘黙治療のガイドライン(独)

更新日:2022年05月06日(投稿日:2022年05月06日)
アイキャッチ画像。

シュツットガルト・ガイドライン


場面緘黙症治療のためのガイドラインが、ドイツには存在します。

名称は Stuttgarter Rahmenempfehlungen zur Mutismus-Therapie です。略して、SRMTと呼ばれることもあります。日本語に訳すとすれば、「緘黙治療のためのシュツットガルト・ガイドライン」といったところでしょうか。シュツットガルトは、ドイツの地名です。

このガイドラインは、2013年6月8日に開催されたドイツの緘黙団体 Mutismus Selbsthilfe Deutschland e.V. の第11回カンファレンスで発表されました。


ガイドラインの内容


ガイドラインの具体的内容は、10カ国語で公開されています。ただし、日本語には翻訳されていません。

↓ ガイドラインが10カ国語で公開されているページ。言語聴覚士Boris Hartmann氏のウェブサイトへのリンクです。
◇ Unser Netzwerk | Mutismus e.V.
新しいウィンドウで開く

また、前回の記事でご紹介した緘黙団体のウェブサイトにも、ガイドラインは掲載されています。機械翻訳ですが、日本語で読めますのでご紹介します。

↓ そのページです。ページ中盤あたりをご覧ください。Google翻訳で日本語に翻訳されます。アクセスすると、クッキーの設定について問われます。
◇ Therapeuten und Fachleute | Mutismus e.V.
新しいウィンドウで開く

ご覧の通り、ガイドラインは10項目からなります。緘黙治療のゴールに始まり、推奨される治療方針がまとめられています。

なお、ガイドラインの詳細については、ドイツの緘黙専門雑誌Mutism.deの第10号に掲載されているそうです。

↓ その雑誌。出版社ウェブサイトへのリンクです。
◇ Mutismus.de 2013 - Heft 10 - Schulz-Kirchner Verlag
新しいウィンドウで開く



場面発語症

更新日:2022年03月08日(投稿日:2022年03月08日)
アイキャッチ画像。

見方を変えれば


「場面緘黙症」は、見方を変えれば「場面発語症」ではないか?

つまり、特定場面で黙るということは、特定場面でのみ話をするということでもあります。前者に注目した呼び名が「場面緘黙症」なら、後者に注目して「場面発語症」と呼ぶことはできないか?ふと、そんな考えが思いつきました(繰り返しますが、単なる思いつきです)。

家族にとっては、例えばうちの子が学校では黙ると言われても、実感が沸きにくい人も多いでしょう。家庭で話す子どもの姿を日頃見ているからです。そうした家族にとっては、話すという面に注目した「場面発語症」の方が、もしかしたらしっくりくるような気もしないでもありません。

また、「場面発語症」は、黙る、話せないという、ネガティブな行動よりもむしろ、特定場面では話せるという、緘黙児者ができることに注目した呼び名です。そういう点ではポジティブで、悪くない呼び方のような気もしないでもありません。

とはいえ、疾患名としては、黙るというネガティブで修正されるべき特徴に注目した「場面緘黙症」が妥当ではないかと思います。

また、学校で長期間話せなかった経験をした身として、「場面発語症」には違和感があります(個人の感想です)。あの年代は学校が生活の中心ですので、家庭で話せることよりも、学校で話せないことに注目した「場面緘黙症」の方が馴染みます。「場面発語症」は、発想の転換というか、言葉遊びです。


その他


ですが、せっかくですので、「場面発語症」という呼び名について、もう少しだけ考えてみることにします。

「選択性発語」


「場面緘黙症」は、正式な診断名は「選択性緘黙」です。これに合わせると、「場面発語症」は「選択性発語」になります。こうなると、話すことを選択しているという感があって、ますます誤解を招きやすそうです。

selective speaking


場面発語症を英語で表現するとすると、どうなるのでしょう。selective speakingとでも訳せるのでしょうか。

調べたところ、イギリスの国営医療NHSのバーミンガム・コミュニティーセンターが、場面緘黙症の説明に、Selective mutism (selective speaking) という表現をしています。selective mutismとは、場面緘黙症のことです。

↓ その説明です。文章の冒頭をご覧ください。
◇ Selective Mutism : Birmingham Community Healthcare
新しいウィンドウで開く

このように、用例はないではありません。とはいえ、緘黙の説明にselective speakingという言葉を用いるのは、一般的ではありません。

選択的聴取 (selective hearing)


選択性発語とか selective speaking というと、「選択的聴取 (selective hearing)」 という専門用語を思い起こす人もいるだろうと思います。

これは、多くの音の中から、自分にとって必要な音を無意識に選択して聴き取る脳の働きを言います。よく「カクテルパーティー効果」とも呼ばれます。カクテルパーティーで、周りからガヤガヤ聞こえても、会話相手の話の内容が聴き取れる現象になぞらえたものです。

もっとも、選択性発語(場面発語症)、いや、場面緘黙症は、選択性聴取とは全く異なる概念です。