保護者の認識と、教師の認識の違い

更新日:2019年11月07日(投稿日:2019年11月07日)
アイキャッチ画像。

緘黙児への認識に、違いが認められた


場面緘黙症の最新研究の一つです。ちょっと意外に感じる内容でした。

◇ Klein, R.L., Ruiz, E.C., Morales,K., & Stanley, P. (2019). Variations in parent and teacher ratings of internalizing, externalizing, adaptive skills, and behavioral symptoms in children with selective mutism. International Journal of Environmental Research and Public Health, 16(21), 4070.
新しいウィンドウで開く

緘黙の子どもに対する、保護者と教師の認識を比較しています。また、両者の認識の関係を調べています。

研究への参加者は、アメリカのペンシルベニア州にある大学の、コミュニケーション障害を扱ったクリニックから集められました。緘黙の診断基準に当てはまった42人の子どもが参加しています。

調査の結果、保護者は教師よりも、自分の子どもをより深刻に評価していること等が分かりました。著者は考察の中で、保護者は教師よりも様々な場面で子どもを観察する機会があるのに対して、教師は学校場面でしか見ていないことを、この差が生じた背景として指摘しています。


教師の方が、子どもの緘黙を深刻に見ていそうに思えたが……


これが、私にはどうも不思議に思われます。子どもの緘黙が顕著に表れるのは、多くの場合学校場面です。学校場面での子どもを見る機会は、教師の方が保護者よりも圧倒的に多いです。ですので、むしろ教師の方が子どもの緘黙を深刻に捉えていそうに私には思えるのですけれども。

日本の例ですが、保護者が授業参観で学校場面の我が子を見て、初めて事の重大さに気付いたという話を何かの文献で読んだ覚えもあります(どこで読んだかは失念しました、すみません)。

一方、この研究からは、緘黙児の言語スキルと適応スキルの関係は、教師の方がより的確に認識していることも分かっています。この研究は、緘黙の診断やアセスメントに当たる専門家向けのもののようですが、私たちのような非専門家にも、保護者と教師の両方の視点が大事だということを示唆してくれるものと思います。

それにしても、例の箇所は、私にはちょっと意外でした。



10代の緘黙者30人に聞く(英)

更新日:-0001年11月30日(投稿日:2012年10月09日)
久々に、場面緘黙症の論文を読んだ感想のようなものを書いてみます。私に学術的な論評はできないので、あくまで感想のようなものです。

今回取り上げる論文は、英国のものです。

Roe, V. (2011). Silent voices: listening to young people with selective mutism. Retrieved from http://www.leeds.ac.uk/educol/documents/203095.pdf

※ この論文は、2011年9月にロンドン大学教育研究所で行われた、英国教育学会の年次大会で発表されています。

■ 概要

10~18歳の緘黙者(一部治った方も含まれています)と、その親30名ずつに質問票を送り、緘黙の経験などを問うています。

著者の Victoria Roe 氏は、英国の緘黙支援団体 SMIRA の Vice-Chair(副委員長?)です。『場面緘黙へのアプローチ』第6章の「学校内で行うインタラクティブ・セラピー」を著しているのも、この方です。

■ 感想のようなもの

◇ なぜこの論文をブログで取り上げるか

なぜこの論文を今回取り上げるかというと、まず第一に、10~18歳という、従来の緘黙関係の論文があまり扱わなかった比較的高い年齢層の緘黙者が調査の対象になっているからです。

もう一つの理由は、当事者や家族といった、私自身と近い立場にある人の声を中心とした構成だからです。こうした論文は珍しいです。また、当事者の話は英語圏でもインターネットや、英国だと最近出た Slipping in and Out of My Two Worlds といった本などで個別的、断片的に読むことができますが、今回の論文は30名といったある程度の数の当事者の話を集め、統一した質問項目への回答というかたちでまとめており、これまた珍しい試みです。





『場面緘黙児の支援』によく出てくる論文

更新日:-0001年11月30日(投稿日:2011年08月30日)
このブログでは、ときどき場面緘黙症の論文を取り上げています。私は専門家ではないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。

今回の論文はこれです。

Cunningham, C.E., McHolm, A., Boyle, M.H., and Patel, S. (2004). Behavioral and emotional adjustment, family functioning, academic performance, and social relationships in children with selective mutism. Journal of Child Psychology and Psychiatry, 45(8), 1363-1372.

■ 概要

場面緘黙症児52名について、様々なことを調べています。また、緘黙ではない子52名(対照群)の調査も行い、緘黙症児と比較しています。

■ 所感・所見

この論文は、『場面緘黙児への支援』(原題 Helping Your Child With Selective Mutism)でよく引用されているため、今回取り上げました。この本を読むと、序盤の方で (Cunningham, et al., 2004) という表記を見かけることがありますが、それは、この論文からの引用であることを示しています。

今回の論文は研究方法がしっかりしていて、多少の方法上の限界はやはりあるものの、信頼できそうです。

まず、対象群を設け、緘黙症児と比較を行っています。

また、親と教師の双方の視点から、緘黙症児を調べています。緘黙症児は多くの場合学校に限って話せないため、親と教師では評価が異なってくるでしょうから、もっともなことに思えます。

親の養育態度は、リッカート尺度というもので点数化した上で、緘黙症児とそうでない子の親の養育態度を統計的に比較しています。昔の日本の緘黙研究などを見ていると、溺愛、過保護、拒否的といった親の養育態度の特徴が緘黙症児の親に見い出せたというような話を見ることがあるのですが、どういった基準で溺愛等と言っているのかが分からなかったり、また、緘黙でない子との比較も行われていなかったりする場合が多いです。

一つ気になったのは、いじめに関してです。今回の研究では、緘黙症児は、緘黙でない子と比べて特に多くいじめを受けているわけではないという結果が出ています。ただ、これは親と教師による報告です。もしかすると、親や教師は、子どものいじめを必ずしも十分に把握してはいないかもしれません。この研究方法上の限界は、今回の論文にも触れられています。ですが、『場面緘黙児の支援』では、このあたりの細かい話は省略され(無理もないのですが)、単に「緘黙児が他のこどもよりも極端にからかわれたり、いじめられたりしているということはないようです」(25ページ)と書かれているにとどまっています。