緘黙の活動の拡大により、お金がかかるようになった

更新日:2019年03月07日(投稿日:2019年03月07日)
アイキャッチ画像。

資金支援のアピール相次ぐ


場面緘黙症に関する活動を行なっている方たちが、活動資金の支援についてアピールする場面を、最近何度か目にしました(国内の話です)。要するに、寄付などのアピールです。これまで無償での活動を行なったり、自己負担などのかたちで活動費を賄ったりしてきましたが、それだと限界もあるらしいです。

なぜこのようなアピールが最近相次いでいるかは、私には分かりません。たまたまかもしれません。あるいは、ある一人の方が寄付のアピールを行ったことが、他の方に影響を与えただけなのかもしれません。はたまた、活動されている方たちの経済状況がここにきて余裕が無くなっているのかもしれません。


緘黙の活動の拡大の裏には、費用の拡大もあった


今は、緘黙についての活動を行なおうとすると、お金がかかる時代です。

かつてはそうでもない時代がありました。2000年代前半の、ほとんどインターネットだけが活動の場だった時代です。既に登録してあるプロバイダーや、無料ホームページのサービスを使ってホームページを立ち上げさえすればよかったのです。合わせて用意する掲示板やチャットの類も無料で間に合いました。

その後、活動の規模や幅は広がりました。大きな催しや講演会が行なわれるようになり、オフ会も増えました。書籍が次々に出版され、その本が専門機関に数多く送られました。緘黙経験などを描いたハイレベルのイラストや漫画がネット上で公開されるようになりました。こうした動きは歓迎すべきものでしたが、その一方、お金がかかるようになりました。

緘黙についての活動の拡大は、費用の拡大と背中合わせだったのです。また、お金をかけて、緘黙の活動を拡大してきたとも言えます。


様々な方が、費用を負担してきた


これらの費用は、様々な方が、その一部や全額を負担していたものと思われます。例えば……

○ 活動されている方が自ら負担
○ 便益を受ける側(本を買う方や、催しに参加する方など)が負担
○ そうした活動を催す緘黙団体の会員が、会費などのかたちで間接的に負担
○ 外部の組織が資金援助

一般の方にしても、緘黙についてしっかり追おうとするとお金がかかるようになりました。昔はネットができる環境があれば、あとは数少ない緘黙の本1~3冊程度を買い揃えれば十分すぎるほどでした。それが今日では、毎年のように出版される緘黙関連書の書籍代、さらには緘黙の催しに参加するための交通費など、負担を求められる場面が増えています。

なお、私がネット上での情報発信に拘るのも、このあたりの事情が一つの背景にあります。恥ずかしながら私には資力が乏しいので、追加的なコストが比較的かからないネットに頼らざるを得ないのです(ネットが一番費用対効果が高いと思います)。多額の交通費がかかる緘黙の催しに参加することなど到底できません。

もっとも、緘黙については、本や催しなどがそう多いとも思いません。経済的負担も、他の障害などに比べるとそう大きくはないでしょう。


経済的制約が、活動の制約にもなることも


今後、緘黙についての活動を維持・拡大していくためには、お金がより必要になってくるでしょう。活動を行なう方たちに経済的制約があれば、活動の維持・拡大の制約にもなることも考えられます。

そして今日、その活動を行なう方たちが、一般の方に、資金援助というかたちでさらなる費用の負担をお願いしています。一般の方にしても昔に比べると費用を負担していますが、どうなるのでしょうか。



海外:緘黙のためのクラウドファンディング(後編)

更新日:2015年05月11日(投稿日:2015年05月02日)
アイキャッチ画像。
前回の記事「海外:緘黙のためのクラウドファンディング(前編)」の続きです。

インターネットで不特定多数の人々から小口資金を集める「クラウドファンディング」により資金調達を行なう動きが、緘黙関係でも海外で2014年から広まっています。そうした実例を前回に続いて見ていきたいと思います。

資金が集まらなかった例


緘黙の民間治療を受けるための基金?の開設資金


経済的な理由で、緘黙の専門的な民間治療を受けられない当事者のための基金?を開設しようとした方がいます。米国では緘黙に詳しい専門家がいて、緘黙のための民間治療を受けられますが、保険が適用されずに負担が高額になる場合があるのです。

目標額は、60,000米ドル(約710万円)に及びます。目標達成はなりませんでしたが、2人の支援者から計520米ドル(約6万円)が集まりました。プロジェクトの内容と目標額の多さから、その壮大な構想が窺えます。

↓ クラウドファンディング専門サイト Success Synergy Funding へのリンクです。
※ Severe Selective Mutism Anxiety Project
新しいウィンドウで開く

緘黙の子の治療費


前回の記事の冒頭でご紹介した、緘黙児の集中治療プログラム Confident Kids Camp を受けるための資金を募った方がいます。目標額の2,500米ドル(約30万円)には届きませんでしたが、5人の支援者から合計190米ドル(約2万円)が集まっています。

↓ クラウドファンディング専門サイト GiveForward へのリンクです。
※ Zoe's Confident Kids therapy camp fund
新しいウィンドウで開く

緘黙理解のための電子書籍を出版するための資金


イタリアの緘黙経験者が、英語でキャンペーンを行ないました。現れた支援者は1人、集まった資金は20ユーロ(約2,700円)でした。

↓ クラウドファンディング専門サイト Indiegogo へのリンクです。
※ Understanding Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

緘黙の子と緘黙支援団体のための資金


米国の例。3歳の時に緘黙の診断を受け、16歳になった現在も声が出ない娘と、米国の緘黙支援団体 Selective Mutism Foundation を支援するための資金です。全く支援者が現れませんでした。

↓ クラウドファンディング専門サイト GiveForward へのリンクです。
※ Help Dominique Find her voice Selective Mutism
新しいウィンドウで開く





海外:緘黙のためのクラウドファンディング(前編)

更新日:2017年11月05日(投稿日:2015年04月29日)
アイキャッチ画像。

緘黙の治療費40万円近く集める


40万円近くも集まったそうです。

米国の Jack Jenkins さんという方が、「クラウドファンディング」により、場面緘黙症の子どもが民間治療を受けるための治療費を募りました。その民間治療とは、Confident Kids Camp という、米国で広まりつつある集中治療プログラムです。米国では緘黙に詳しい専門家などがいて、緘黙のための専門的な民間治療を受けられますが、保険が適用されずに負担が高額になる場合があるのです。

3,000米ドル(約36万円)を集めるのを目標として2014年6月24日にキャンペーンをスタートしたところ、10ヶ月間で3,225米ドル(約39万円)が集まり、その目標が達成されました。58人もの人が支援を行った(資金提供した)そうです。

↓ クラウドファンディング専門サイト GoFundMe へのリンクです。
※ Selective Mutism Treatment For Jack
新しいウィンドウで開く

クラウドファンディングとは


クラウドファンディング(crowdfunding)とは、特定の目的のために、特にインターネットで不特定多数の人々から小口資金を集める資金調達の方法です。crowd(群集)と funding(資金調達)を合わせた語です。日本でも広まっています。

↓ 日本のクラウドファンディング専門サイトの一つ。クラウドファンディングがどういうものか、実際にこうしたウェブサイトを見れば分かりやすいと思います。
※ READYFOR
新しいウィンドウで開く

緘黙関係でも、海外では、クラウドファンディングによる資金調達を見ることが2014年から増えてきました。日本では緘黙関係でこうした動きはまだ見たことがないのですが、海外の緘黙関係者の間では小さなトレンドのようです。

そこで今回の記事では、私が見つけた、特に英語圏での緘黙関係のクラウドファンディングを取り上げてみます(他の言語は分からないので)。

成功した例


緘黙の本出版のための資金30万円超集める


米国の治療専門家で、緘黙児の母でもある Donna Mac さんという方が、緘黙の本出版のため資金を募りました。目標額は2,500米ドル(約30万円)でした。

募集期間は2015年2月22日から翌3月24日までの30日間でした。その結果、2,651米ドル(約32万円)が集まり、キャンペーンを終了しました。32人が支援を行っています。本は今年の初夏に発売される予定だそうです。

↓ クラウドファンディング専門サイト Kickstarter へのリンクです。
※ Suffering in Silence: The Key to Unlocking Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

↓ その本に関するウェブサイト。
※ Suffering in Silence: Breaking Through Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

緘黙の啓発ドキュメンタリー制作費約20万円集める


オーストラリアの Baris Ulusoy さんという学生を中心としたグループが、緘黙の啓発ドキュメンタリー制作のための資金を募りました。目標額は2,000豪ドル(約19万円)でした。ドキュメンタリーの題名は Little Sister。制作グループの中に緘黙の妹を持つ方がいるそうです。

募集期限は2015年5月9日までですが、既に目標額を上回る 2,130豪ドル(約20万円)が集まりました。20人が支援を行っています。

↓ オーストラリアのクラウドファンディング専門サイト Pozible へのリンクです。
※ Suffering in Silence: The Key to Unlocking Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

↓ メルボルンのニュースサイト Leader の記事へのリンク。
※ Roxburgh Park filmmaker hopes documentary brings awareness to sister’s selective mutism
新しいウィンドウで開く

絵本出版のための資金50万円近く集める


緘黙を主題としたものではないのですが、作者自身の緘黙経験をもとにした絵本を出版するための資金を、ニュージーランドの Kathryn Harper さんという方が募りました。

目標額は5,000ニュージーランドドル(約46万円)で、募集期間は2014年9月15日から翌10月10日までの25日間でした。その結果、5,125ニュージーランドドル(約47万円)が集まり、キャンペーンを終了しました。84人が支援を行っています。本は作者のウェブサイトから購入できるようになっていますが、日本からも購入できるかどうかは分かりません。

↓ クラウドファンディング専門サイト Kickstarter へのリンクです。
※ 'The Cat Got My Tongue!' Katie-Jane picture book
新しいウィンドウで開く

↓ その絵本に関するウェブサイト。
※ http://kathrynharper.net
新しいウィンドウで開く

目標額に届かなかったが、資金がかなり集まった例


緘黙の娘さんのための資金50万円近く集める


米国の Joel Elliott さんという方が、緘黙の娘さんのために資金を募りました。目標額は15,000米ドル(約180万円)に設定されています。募集期間は2ヶ月間で、2014年6月23日に募集は終了したのですが、4,145米ドル(約49万円)が集まりました。46人が支援を行っています。

↓ クラウドファンディング専門サイト Indiegogo へのリンクです。
※ I Am Hannah's Voice
新しいウィンドウで開く

この資金を募った方は、昨年5月「娘の緘黙のため、自転車で530キロ走破」でご紹介した方です。娘さんの緘黙の認知のために、328マイル(約530キロ)を24時間で自転車で走破するキャンペーンを行いました。328という数字は、娘さんが適切な支援を得られなかった日数を表しているそうです。なお、328マイルは東京ー岡山間の直線距離に匹敵します。

また、40万回以上再生されたこの動画に登場した男性でもあります。

↓ YouTube へのリンクです。緘黙の娘さんのために頑張る男性の動画です。有名な緘黙支援者 Elisa Shipon-Blum(エリザ・シポンブラム)博士も後半に登場します。
※ Deserving Dad's Life-Changing Father's Day Surprise
新しいウィンドウで開く

記事が長くなりそうなので、前・後編に分けます。(続く)

[続きの記事]

◇ 海外:緘黙のためのクラウドファンディング(後編)
新しいウィンドウで開く