2018年・緘黙関係ニュースを振り返る

更新日:2018年12月30日(投稿日:2018年12月27日)
アイキャッチ画像。
今年一年を、場面緘黙症に関係するニュースで振り返りたいと思います。今年で9回目の企画です。私が把握したニュースの中から、気になったものを選んで振り返ります。

1月 バリバラ「どきどきコテージ」で当事者登場


NHK Eテレの番組「バリバラ」1月21日と28日の放送分で、「どきどきコテージ」と題する放送がありました。「吃音や場面緘黙でコミュニケーションが苦手な男女8人が集う『どきどきコテージ』」での交流が描かれたそうです。再放送も行なわれています。

この放送には好意的な感想も多かったです。その一方、番組に出演された方の一人が収録後に公然と番組批判を展開し、反響を呼ぶ一幕もありました。


2月 緘黙の高校生が主人公『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』発売


2月25日には、緘黙がある高校生が主人公の小説が発売されました。『春が来たら、桜の花びらふらせてね。 』です(涙鳴著、スターツ出版、野いちご文庫)。本の裏表紙やミニ広告にも「場面緘黙症」の文字がありました。涙鳴さんは、「あとがき」の中で緘黙について訴えてくださっています。


3月 かんもく自助グループ「言の葉の会」設立


3月には、緘黙の当事者、経験者運営による自助グループ「言の葉の会」が設立されました。全国各地で交流会を開催しています。

かつては沖縄の緘黙の当事者会がブログを運営されていましたが(現在も活動されているかは存じません)、全国規模の自助グループができたのは、もしかしたらこれが初めてかもしれません。


5月 『読売新聞』朝刊に緘黙の記事


5月21日には『読売新聞』朝刊くらし面で、緘黙の記事が掲載されました。「【子どもを守る】学びの場で(4)「場面緘黙」発話一歩ずつ」という記事のようです。


5月 共同通信が「場面緘黙バー」の記事を配信


5月12日には、共同通信が「場面緘黙バー」の記事を配信しました。短いながらも写真付きの記事でした。「公での発言困難『知って』場面緘黙バー、当事者主催」という題名だったようです。


9月 バリバラ、緘黙当事者の一人旅


9月9日には、富山在住の緘黙当事者の一人旅が放送されました。「場面緘黙(かんもく)・加藤くんの大阪ひとり旅」と題するものです。この放送は再放送もされています。

その内容は通天閣から大阪を一望したい、メイドさんと話してみたいといった夢を「音声アプリ」や「お助けアイテム」を使って実現していくというものだったそうです。


9月 AmebaPrimeで緘黙の特集


9月17日には、インターネット番組 AmebaPrime において、緘黙の特集がありました。45分近い内容でした。

放送内容はネットニュースの記事になったほか、AbemaTV公式サイトに1ヶ月間ほど無料公開されました。


9月  『場面緘黙の子どもの治療マニュアル』発売


場面緘黙の子どもの治療マニュアル 』(二瓶社)が発売されました。7月20日発行の本ですが、ネット書店で予約注文した私のもとには9月に届いています。

これは、R. Lindsey Bergman(R・リンジー・バーグマン)によるTreatment for Children with Selective Mutism: An Integrative Behavioral Approachを翻訳したものです。園山繁樹筑波大学教授監訳。


12月  『イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド』発売


12月19日には『イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド』(合同出版)が発売されました。小児科医の金原洋治氏と、長野大学の高木潤野純教授の共著です。合同出版から発売された緘黙の本は、これで3冊目です。


通年 発達障害者支援法、緘黙の名称について動きあり


WHO(世界保健機関)による「国際疾病分類」が改訂されました。ICD-10からICD-11への改訂です。緘黙は不安症群のカテゴリに移動することになりました。ですが、これにより、日本では緘黙が発達障害者支援法の対象から外れる可能性が指摘されました。

そこで、緘黙を同法の対象から残すとともに、日本語訳では「選択性緘黙」から「場面緘黙」へ変更するよう要望する組織的な動きがあったそうです。


まだまだ、たくさんのニュースが


まだまだ、たくさんのニュースがありました。

1月 『毎日新聞』朝刊に、若倉純さんの記事
1月 NHK「おはよう日本」が緘黙を取り上げる
1~2月 『北方ジャーナル』に、緘黙の記事
2月 『日刊ゲンダイ』に掲載
2月 『新潟日報』朝刊投書に掲載
2月 琉球放送が緘黙を特集
2月 緘黙の少年が登場、丸山正樹『龍の耳を君に』発売
2~3月 NHK「ラジオ深夜便」が緘黙を1週間扱う
2~3月 『毎日新聞』に、緘黙の投書掲載が相次ぐ
3月 愛知県日進市で定員250名の講演会
3月 台湾の緘黙講座に500名以上参加、大手メディア取り上げる
4月 緘黙の研究に科研費
4月 小学校で英語の授業が増える
4月 高校でも「通級による指導」開始、緘黙支援も
5月 『北海道新聞』オホーツク面に、緘黙の記事
5月 『朝日新聞』朝刊に、緘黙の記事
6月 台湾で緘黙経験者の実話を元にしたCM
6月 WHOが、ICD-11を公表
6月 『西日本新聞』朝刊に、緘黙の記事
6月 静岡で講習会
7月 名古屋で研修会
7月 ラジオNIKKEIの番組が緘黙を2日間取り上げる
7月 「夢ライブ」で緘黙の講義
8月 かんもくフェスin富山
8月 緘黙の研究に科研費
9月 長野で親の会「りんごの会」ができる
9月 北見市で講演会
9月 『中日新聞』夕刊に、緘黙の記事
9月 特殊教育学会の大会でシンポ2件ほか
11月 東海地方CBCテレビ「イッポウ」が緘黙を取り上げる
11月 伊賀市でパネル展
11月 絵本『やましたくんはしゃべらない』発売
11月 かんもくフリーペーパーが出る
11月 障害者週間ポスター、中学生最優秀賞に緘黙の作品
11月 奄美で第1回交流会
12月 mananaさんが新潟で緘黙ライブ&トーク
12月 ミス・ユニバースのトルコ代表が緘黙経験を語る

通年 マルテさんがノルウェーのメディアで繰り返し取り上げられる
通年 富山で緘黙がメディアで繰り返し取り上げられる
通年 けいはんなサロン



2017年・緘黙関係ニュースを振り返る

更新日:2018年01月08日(投稿日:2017年12月28日)
アイキャッチ画像。
今年一年を、場面緘黙症に関係するニュースで振り返りたいと思います。今年で8回目の企画です。私が把握したニュースの中から、気になったものを選んで振り返ります。

3月 日本テレビ系『仰天ニュース』が、また緘黙を扱う


3月1日に放送された日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』の「子供の心に潜む闇スペシャル」の中で、場面緘黙症が扱われました。「無口な少女の心の秘密」と題するもので、入江紗代さん(かんもくの声)の緘黙経験を軸に、児童精神科医の新居慎一郎氏の解説を挟むものだったようです。 8分程度の内容だったとみられます。

◇ 無口な少女の心の秘密|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ
新しいウィンドウで開く

現実世界での反響は分からないのですが、少なくともインターネット上では反響が大きかったです。「Google トレンド」によると、 2017年3月におけるキーワード「緘黙」の検索人気度は、統計を取り始めた2004年1月以来、過去最高を記録しました。

↓ 「Google トレンド」へのリンクです。
◇ 「緘黙」の検索動向2004年以降
新しいウィンドウで開く

なお、この番組は、以前にもイギリスの緘黙の少女を取り上げたことがあります。


3月 『学校における場面緘黙への対応』出版


『仰天ニュース』放送の翌日にあたる3月2日には、新刊『学校における場面緘黙への対応』が発売されました(本には「2017年3月10日 初版第1刷発行」と記載)。著者は高木潤野氏(長野大学准教授)、出版社は学苑社でした。臼井なずな氏(長野大学非常勤講師)が表紙のイラストを描いています。

また、この本の内容に沿ったものとみられる講演会が、熊本市や福山市で開かれました。講演会の開催については、地元の一部メディアが取り上げています。


5月 非公式?マスコットキャラ「かんもくん」誕生


5月初旬には、緘黙の周知徹底を目的とした非公式?マスコットキャラクター「かんもくん」が誕生しました。折原さんが提案し、みこさんがデザインしたものです。鴨のキャラで、ハートを抱えています。数多くの緘黙の当事者や経験者が Twitter でかんもくんのイラストを公開したり、手芸作品を作ったりしました。かんもくんが Twitter で自動的に投稿を行なう「かんもくんbot」も始まりました。

かんもくんの絵
↑ 私が描いた「かんもくん」。


5月 モリナガアメさんのコミックエッセイが大好評、書籍化


モリナガアメさんがインターネット上で公開した緘黙の自伝的エッセイ漫画が、今年も大変多くのアクセス数を集めました。

◇ モリナガアメさんのウェブ漫画
新しいウィンドウで開く

そのウェブ漫画が『かんもくって 何なの!?』という題名で書籍化され、5月10日に合同出版より発売されました。書籍版では、新たに加藤哲文氏(上越教育大学大学院教授)の解説が加わるなどしています。この書籍版も反響を呼んでいます。また、この本の書評や広告が各種メディアに掲載されました。なお、書籍化後も、モリナガアメさんのウェブ漫画は更新を続けています。


7月 『場面緘黙支援の最前線』出版


7月1日には、『場面緘黙支援の最前線』が出版されました。イギリスの共著 Tackling Selective Mutism を、かんもくネットが翻訳したものです。この翻訳は、緘黙の経験者や保護者、言語聴覚士、心理士、教師、翻訳家、医師など、様々な立場のかんもくネット会員が協力して行なったものです。また、出版社は学苑社です。

緘黙の本が1年に3冊も出版されたのは、少なくとも日本では初のことではないかと思います。





2016年・緘黙関係ニュースを振り返る

更新日:2016年12月28日(投稿日:2016年12月26日)
アイキャッチ画像。
今年一年を場面緘黙症に関係するニュースで振り返りたいと思います。今年で7回目の企画です。

昨年までは「十大ニュース」と銘打っていましたが、今年からはタイトルをこのように変えることにしました。ニュースになった一つ一つの出来事には、たくさんの熱意ある方が関わっています。それを思うと、私などが「十大ニュース」として選り抜くのは心苦しい思いがするからです。ただ、記事内容は、これまでとあまり変わりありません。

1月 札幌で220名規模の講演会が開催


1月17日(日)に、札幌市で講演会「場面緘黙支援の最前線~ここから始めよう~」が開催されました。講師は角田圭子氏(かんもくネット代表、臨床心理士)。北海道かんもくセミナーの一般講演会で、かんもくネット、札幌市教育委員会、北海道教育委員会が後援者として名を連ねています。参加申込者は216名(満席)に及びました。

1月16日(土)に開催されたおしゃべり会と合わせて、同セミナーのイベントは『北海道新聞』で取り上げられました。

4月 障害者差別解消法が施行、「合理的配慮」が支援の新たなキーワードに


「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」、いわゆる「障害者差別解消法」が4月1日に施行されました。これにより、「合理的配慮」が緘黙支援の新たなキーワードとなりました。国公立学校を含む公的機関には、障害者に合理的配慮(条文では「合理的な配慮」)を行なうことが法的に義務化されました(第七条第二項)。民間事業者は努力義務です(第八条第二項)。

第七条 
2 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をしなければならない。

4月 今年度から始まる緘黙の研究に、科学研究費補助金1,183万円


園山繁樹筑波大学らによる「選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討」が、科学研究費補助金(科研費)の採択を受けました。緘黙を主題とした研究が科研費の採択を受けたのは6年ぶり2度目のことです。

今回は3ヵ年にわたる研究で、園山教授以外にも研究分担者として6名の研究者の名前があります。交付額は1,183万円で、前回採択された研究の交付額のおよそ4倍です。

4月 フジテレビ「月9」『ラヴソング』が話題に


フジテレビで4月11日に放送された月曜夜9時台のドラマ「ラヴソング」第1話で、場面緘黙症の絵本『なっちゃんの声』が出てくる場面がありました。絵本は物語の本筋には関わりはなく、絵本の内容に触れられることもありませんでしたが、第1話のクライマックスとも言える場面で、女優の水野美紀さん演じる言語聴覚士が、およそ5分間にわたって『なっちゃんの声』を手にしていました。

ドラマでは主要登場人物の一人に吃音の女性がいました。吃音は緘黙と似た点もあることから、緘黙に関心がある方の間でもこのドラマは話題になりました。ちなみに、視聴率はもうひとつでした。

6月 東京で定員270名規模の研修講座が開催


6月26日に、お茶の水女子大学において、日本緘黙研究会主催の研修講座が開催されました。270名に上る定員は満席に達したそうです。

その内容ですが、藤田継道氏(関西国際大学)の「ごあいさつ」、園山繁樹氏(筑波大学教授)の「基調講演」、笹田夕美子氏(浜松市発 達医療総合福祉センター)の「事例提供」、笹田氏の事例提供に対する奥田健次氏(行動コーチングアカデミー)の司会・解説などからなったそうです。