2010年代・緘黙関係ニュースを振り返る

更新日:2019年12月23日(投稿日:2019年12月23日)
アイキャッチ画像。
その年の緘黙ニュースを振り返る」企画を初めて、今年で丸10年です。10周年記念企画として、2010年代の主な場面緘黙症関係ニュースを振り返ります!

ニュースの選択は、例によって私の独断と偏見です。ですが、だいたいその年の代表的なニュースを選んだつもりです。

2010年 Twitterで緘黙に関する投稿が増え始める


Twitterで緘黙に関する投稿が増え始めたのが、概ね2010年頃でした。

当時は、緘黙の子が登場する小説『二人静』が出版されたこともあって、作者の盛田隆二さんが緘黙について投稿してくださる場面もありました(その後も、折に触れて投稿してくださっています)。

それまで、インターネット上の個人の情報発信といえばブログやmixiが中心だったのですが、それがこの頃あたりからか、Twitterに移っていったように思います。今でもTwitterには緘黙に関する投稿は多く、その数月間100件弱あります。保護者よりも、当事者や経験者の投稿が多いです。


2011年 絵本『なっちゃんの声』出版


2011年には、はやしみこ著・金原洋治医学解説・かんもくネット監修『なっちゃんの声-学校で話せない子どもたちの理解のために』(学苑社)が出版されました。絵本形式で、小学校低学年前後の子どもが緘黙を理解するのに役立ちそうな内容でした。

この絵本、好評のようです。主人公のなっちゃんは2013年も、『どうして声が出ないの?-マンガでわかる場面緘黙』に登場しています。


2012年 地方を拠点とした緘黙グループが現れ始める


2012年には、「信州かんもくサポートネットワーク」が誕生しています(後の「信州かんもく相談室」)。また、つぼみの会(場面緘黙親の会関東)ができたのも、この頃らしいです。

それまでは「かんもくネット」や「かんもくの会」といった全国規模の団体が活動していたのですが、この頃から、地方を拠点としたグループが現れ出します。


2013年 テレビ番組「ザ!世界仰天ニュース」で、緘黙の少女が扱われる


2013年には、日本テレビ系のゴールデンタイムの番組「ザ!世界仰天ニュース」で、緘黙が扱われました。「静かな少女の秘密」と題し、緘黙の少女、 カースティ・ヘイズルウッドさん(後のミス・イングランド2013、ミス英国2014)の実話が放送されました。

緘黙がゴールデンタイムのテレビ番組で本格的に取り上げられた例は、当時聞いたことがありませんでした。もしかしたら、初めてのことだったかもしれません。

この頃あたりから、インターネット上では「緘黙」の検索人気度が一気に上昇しています。

◇ Googleトレンド「緘黙」の検索人気度(2004年以降)
新しいウィンドウで開く


2014年 「放課後カルテ」で、緘黙をテーマとした連載開始


2014年には、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』連載作の医療漫画「放課後カルテ」(日生マユ作)で、緘黙をテーマとした連載が始まりました。

この連載が始まる前、緘黙のお子さんをお持ちの保護者の方がTwitterで、放課後カルテで緘黙を取り上げてもらえないだろうかという内容の投稿をしたそうです。それを作者が見たことが、連載のきっかけだったそうです。

この緘黙編は翌2015年まで5回にわたって連載されました。単行本では第8巻第9巻に掲載されています。その後、作者の日生マユさんや担当編集者さん、編集長さんが講師をされた公開講座「マンガ『放課後カルテ』から知る子どもの場面かん黙症」(於:白梅学園大学)が開かれています。


2015年 『私はかんもくガール』出版


2015年には、らせんゆむ著・かんもくネット解説『私はかんもくガール-しゃべりたいのにしゃべれない場面緘黙症のなんかおかしな日常』(合同出版)が出版されました。

緘黙をマンガ形式で描く試みは以前からありましたが、特にこの『私はかんもくガール』出版以降、経験者や当事者の中に、マンガやコミックエッセイ形式で経験談を語ったり、啓発活動を行なったりする人が何人も現れるようになります。


2016年 障害者差別解消法が施行


2016年には、障害者差別解消法が施行されました。これにより、合理的配慮が義務付けられるようになりました(民間事業者は努力義務、国・地方公共団体等は法的義務)。

また、それまで保護者は学校に配慮や支援のお願いにあがるというかたちをとっていたのですが、同法の施行により、保護者は支援チームの一員であると位置づけられるようになりました。


2017年 テレビ番組「ザ!世界仰天ニュース」で、また緘黙が扱われる


2017年には、「ザ!世界仰天ニュース」の「子供の心に潜む闇スペシャル」で、再び緘黙が大きく扱われました。今度は「無口な少女の心の秘密」と題するもので、入江紗代さんの緘黙経験を軸に、児童精神科医の新居慎一郎氏の解説を挟むものだったようです。

放送に先立ち、次回予告で「場面緘黙症」のテロップが出たそうです。放送当日には、新聞のテレビ欄にも「場面かん黙」と記されていました。


2018年 かんもく自助グループ「言の葉の会」設立


2018年には、緘黙の当事者、経験者運営による自助グループ「言の葉の会」が設立されました。全国規模の緘黙の自助グループとしては、もしかした初めてかもしれません。

同会はこれまで、全国各地で交流会を開催したり、セミナーを開いたりしています。


2019年 フェルミ研究所が、緘黙の動画を公開


2019年には、人気YouTubeチャンネルの「フェルミ研究所」が、緘黙の漫画をYouTubeやTwitterで公開しました。これには驚異的な反響がありました。現在、260万回を超える再生数を記録しています。

↓ その動画です。YouTubeへのリンク。
◇ 【漫画】場面緘黙症になるとどんな生活になるのか?【マンガ動画】
新しいウィンドウで開く



2019年・緘黙関係ニュースを振り返る

更新日:2019年12月17日(投稿日:2019年12月17日)
アイキャッチ画像。
今年一年を、場面緘黙症に関係するニュースで振り返りたいと思います。

この企画、今年で10回目です!

2月 アリス・スルーキンさん逝く


イギリスの場面緘黙症団体SMIRAの創設者で、緘黙のGrande Dame(大御所、第一人者)とも呼ばれたアリス・スルーキン(Alice Sluckin)さんが、2月15日に亡くなりました。99歳でした。アリスさんは、緘黙に対する長年の活動が評価され、2010年に大英帝国四等勲士(OBE)を受章されています。

日本のかんもくネットも、創設時にはアリスさんから様々な支援を受けたそうです。また、翻訳書『場面緘黙へのアプローチ』(2009年)や『場面緘黙支援の最前線』(2017年)には、アリスさんが関わった論考が掲載されており、特に『アプローチ』には顔写真まで載っています。

↓ PDFファイルです。200KB。
◇ SMIRAによるアリスさんの追悼記事
新しいウィンドウで開く


2~4月 緘黙の少女が、米国の人気テレビ番組で活躍


アメリカのダンスコンペティション番組 World of Dance に The Crazy 8's というチームが参加、Naisaさんという緘黙がある少女がメンバーの一員として大活躍しました。

最初に出演した2月26日放送分では Naiaさんにインスパイアされた作品が演じられました。番組内ではまた、チーム紹介として、主に Naiaさんが取り上げられました。チームはその後も決勝まで勝ち進んでいます。Naiaさんはジェニファー・ロペスさんに抱き上げられる場面もありました。

番組放送の効果か、この時期に selective mutism(場面緘黙症)の検索人気度が、記録的高水準を記録しています。

◇ selective mutismの検索人気度が、記録的高水準
新しいウィンドウで開く


3月 『場面緘黙の子どものアセスメントと支援』出版


3月には『場面緘黙の子どものアセスメントと支援』が、遠見書房より発売されました。

これは、エイミー・コトルバ(Aimee Kotrba)著 Selective Mutism: An Assessment and Intervention Guide for Therapists, Educators and Parentsの翻訳書です。丹明彦監訳、青柳宏亮、宮本奈緒子、小暮詩織訳。


3月 日本初の緘黙サイトが、閉鎖か


日本における最初期の緘黙サイト「ココロのひろば」(2000年4月10日開設)が、3月31日に閉鎖したようです。ココロのひろばは更新が長年停まっていたものの、サイト自体は残っていました。

ココロのひろばの閉鎖は、公開先のYahoo!ジオシティーズが、2019年3月31日をもってサービスの提供を終了したことによるものです。ココロのひろばは移転手続きを行なわず、そのままサイトが無くなりました。

ココロのひろばの他にも、「フユー」など、ジオシティーズで公開されていた緘黙サイトの中には、移転が行われずに閉鎖に至ったものがいくつかあります。


4月 緘黙の研究に、科研費過去最大2,561万円


今年度から始まった研究「場面緘黙児の早期発見・早期支援・経過把握の方法開発」に、科研費が交付されることになりました。研究機関は5年、交付額は緘黙の科研費研究としては過去最大の2,561万円です。

↓ 国立情報学研究所のサービスKAKENへのリンクです。
◇ 場面緘黙児の早期発見・早期支援・経過把握の方法開発
新しいウィンドウで開く


5月 第1回かんもくセミナー開催


5月26日には、「第1回かんもくセミナー」が開催されました。主催は、かんもく自助グループ「言の葉の会」 です。

当事者・経験者が必ずしも場面緘黙のことを正しく理解しているわけではないとのことから、当事者・経験者を対象に「『場面緘黙』症状とのつきあい方 ~適切な理解が、はじめの一歩を支える~」と題し、臨床心理士の広瀬慎一さん(かんもくグループ北海道 世話人)を講師に招いて行われました。


9月 フェルミ研究所が、緘黙の動画を公開


9月13日には、人気YouTubeチャンネルの「フェルミ研究所」が、緘黙の漫画をYouTubeやTwitterで公開しました。これには驚異的な反響がありました。YouTube動画の再生数は現在260万回を超えています。

↓ その動画です。YouTubeへのリンク。
◇ 【漫画】場面緘黙症になるとどんな生活になるのか?【マンガ動画】
新しいウィンドウで開く


9月 緘黙の診断も受けたグレタさん、国連で演説


9月23日には、鬱を経験し、アスペルガー、強迫性障害、そして場面緘黙症(正式には選択性緘黙)の診断を受けた過去がある、スウェーデンの10代の環境活動家グレタ・トゥーンベリ(Greta Thunberg)さんが国連で演説しました。

この演説は日本国内でも大きな反響を呼び、グレタさんが日本でも広く認知されるに至りました。


9月 緘黙者が母親の遺体を遺棄した疑いで逮捕、朝日が報じる


2018年11月、横浜市に住むひきこもりの49歳男性(当時)が、同居していた母親の遺体を遺棄した疑いで逮捕される事件がありました。男性は筆談で取り調べに応じていたということもあってか、大きな反響を呼びました。

この男性ですが、9月29日の『朝日新聞』朝刊の記事の中で、「場面緘黙」があったと報じられました。緘黙ゆえに、母親の死を連絡しようにもできなかったそうです。なお、男性は不起訴処分になっています。


12月 Boris Hartmann 氏が、国から功労勲章を受章


12月には、ドイツの場面緘黙症の専門家 Boris Hartmann 氏が、「ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章」を受章しました。緘黙の活動が評価されての授章です。


まだまだ、たくさんのニュースが


まだまだ、たくさんのニュースがありました。

1月 BBCの緘黙ドキュメンタリーがYouTubeで公開
1~2月 けいはんなサロン
2月 発達協会春のセミナー
2月 「歌声」が、千葉テレビの番組のED曲に
2月 まふまふさん「曼珠沙華」の歌詞(台詞?)に、「緘黙症」
2月 『中日新聞』『東京新聞』に掲載
2月 『北海道新聞』に掲載
2~3月 『西日本新聞』(福岡市)朝刊1面コラム
3月 かんもくフォーラム信州上田
3月 参議院で緘黙に関する質疑
3月 『広報ふくさき』4月号
4月 緘黙の記事が各紙に掲載
4月 緘黙の研究に、科研費1,573万円ほか
4月 日本出身の緘黙当事者が、台湾出身の当事者と共著
4月 『小説すばる』6月号短編「テレパスくそくらえ」
5月 『月刊教員養成セミナー』2019年6月号
5月 『毎日新聞』夕刊に、緘黙バー
5月 台灣選擇性緘默症協會、大学入試で柔軟な対応求める
5月 緘黙のネットニュースが話題に
5月 TVで有名な気象予報士が、緘黙経験を告白
6月 かんもくアコースティックライブ
6月 『宮崎日日新聞』
6月 若倉純さんミニアルバム『やさしい場所へ』
6月 奄美で講演会
7月 東京で定員170名の研修講座
7月 劇団ショーGEKI「漫画少女は眠らない」
7月 「校庭に東風吹いて」×若倉純さんコンサート
8月 岐阜県大垣市で、定員400名の講演会
8月 ドイツの緘黙雑誌が、出版社から出ることに
8月 沖縄で、定員250名の講演会
8月 「場面緘黙ってなんだろう?」inごちゃまぜCafeメム
9月 アプリ「緘黙症サポート コミュサポ」
9月 「バリバラ」再放送
9月 三重県小児保健研究会講演会「場面緘黙の理解と支援」
9月 日本特殊教育学会 第57回大会
9月 「選択性緘黙」が「場面緘黙症」に正式に変更か
9月 東京で、専門家向けワークショップ
10月 松江で公開研修会
10月 RKB毎日放送「今日感ニュース」
10月 『私の世界を変えてくれた君へ。』出版
11月 神保町でトークイベント
10月 高知で講演会
11月 鳥取で講演会
12月 台湾発の、緘黙の専門書が出版される
12月 第6回 ふくやま不登校セミナー 「場面緘黙症の子どもたちへの関わり」
12月 「若倉純の緘黙の歌声」放送終了
通年 「みいちゃんの1日スイーツカフェ」が人気、お菓子工房 OPEN計画に150万円の支援集まる



2018年・緘黙関係ニュースを振り返る

更新日:2018年12月30日(投稿日:2018年12月27日)
アイキャッチ画像。
今年一年を、場面緘黙症に関係するニュースで振り返りたいと思います。今年で9回目の企画です。私が把握したニュースの中から、気になったものを選んで振り返ります。

1月 バリバラ「どきどきコテージ」で当事者登場


NHK Eテレの番組「バリバラ」1月21日と28日の放送分で、「どきどきコテージ」と題する放送がありました。「吃音や場面緘黙でコミュニケーションが苦手な男女8人が集う『どきどきコテージ』」での交流が描かれたそうです。再放送も行なわれています。

この放送には好意的な感想も多かったです。その一方、番組に出演された方の一人が収録後に公然と番組批判を展開し、反響を呼ぶ一幕もありました。


2月 緘黙の高校生が主人公『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』発売


2月25日には、緘黙がある高校生が主人公の小説が発売されました。『春が来たら、桜の花びらふらせてね。 』です(涙鳴著、スターツ出版、野いちご文庫)。本の裏表紙やミニ広告にも「場面緘黙症」の文字がありました。涙鳴さんは、「あとがき」の中で緘黙について訴えてくださっています。


3月 かんもく自助グループ「言の葉の会」設立


3月には、緘黙の当事者、経験者運営による自助グループ「言の葉の会」が設立されました。全国各地で交流会を開催しています。

かつては沖縄の緘黙の当事者会がブログを運営されていましたが(現在も活動されているかは存じません)、全国規模の自助グループができたのは、もしかしたらこれが初めてかもしれません。


5月 『読売新聞』朝刊に緘黙の記事


5月21日には『読売新聞』朝刊くらし面で、緘黙の記事が掲載されました。「【子どもを守る】学びの場で(4)「場面緘黙」発話一歩ずつ」という記事のようです。


5月 共同通信が「場面緘黙バー」の記事を配信


5月12日には、共同通信が「場面緘黙バー」の記事を配信しました。短いながらも写真付きの記事でした。「公での発言困難『知って』場面緘黙バー、当事者主催」という題名だったようです。


9月 バリバラ、緘黙当事者の一人旅


9月9日には、富山在住の緘黙当事者の一人旅が放送されました。「場面緘黙(かんもく)・加藤くんの大阪ひとり旅」と題するものです。この放送は再放送もされています。

その内容は通天閣から大阪を一望したい、メイドさんと話してみたいといった夢を「音声アプリ」や「お助けアイテム」を使って実現していくというものだったそうです。


9月 AmebaPrimeで緘黙の特集


9月17日には、インターネット番組 AmebaPrime において、緘黙の特集がありました。45分近い内容でした。

放送内容はネットニュースの記事になったほか、AbemaTV公式サイトに1ヶ月間ほど無料公開されました。


9月  『場面緘黙の子どもの治療マニュアル』発売


場面緘黙の子どもの治療マニュアル 』(二瓶社)が発売されました。7月20日発行の本ですが、ネット書店で予約注文した私のもとには9月に届いています。

これは、R. Lindsey Bergman(R・リンジー・バーグマン)によるTreatment for Children with Selective Mutism: An Integrative Behavioral Approachを翻訳したものです。園山繁樹筑波大学教授監訳。


12月  『イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド』発売


12月19日には『イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド』(合同出版)が発売されました。小児科医の金原洋治氏と、長野大学の高木潤野純教授の共著です。合同出版から発売された緘黙の本は、これで3冊目です。


通年 発達障害者支援法、緘黙の名称について動きあり


WHO(世界保健機関)による「国際疾病分類」が改訂されました。ICD-10からICD-11への改訂です。緘黙は不安症群のカテゴリに移動することになりました。ですが、これにより、日本では緘黙が発達障害者支援法の対象から外れる可能性が指摘されました。

そこで、緘黙を同法の対象から残すとともに、日本語訳では「選択性緘黙」から「場面緘黙」へ変更するよう要望する組織的な動きがあったそうです。


まだまだ、たくさんのニュースが


まだまだ、たくさんのニュースがありました。

1月 『毎日新聞』朝刊に、若倉純さんの記事
1月 NHK「おはよう日本」が緘黙を取り上げる
1~2月 『北方ジャーナル』に、緘黙の記事
2月 『日刊ゲンダイ』に掲載
2月 『新潟日報』朝刊投書に掲載
2月 琉球放送が緘黙を特集
2月 緘黙の少年が登場、丸山正樹『龍の耳を君に』発売
2~3月 NHK「ラジオ深夜便」が緘黙を1週間扱う
2~3月 『毎日新聞』に、緘黙の投書掲載が相次ぐ
3月 愛知県日進市で定員250名の講演会
3月 台湾の緘黙講座に500名以上参加、大手メディア取り上げる
4月 緘黙の研究に科研費
4月 小学校で英語の授業が増える
4月 高校でも「通級による指導」開始、緘黙支援も
5月 『北海道新聞』オホーツク面に、緘黙の記事
5月 『朝日新聞』朝刊に、緘黙の記事
6月 台湾で緘黙経験者の実話を元にしたCM
6月 WHOが、ICD-11を公表
6月 『西日本新聞』朝刊に、緘黙の記事
6月 静岡で講習会
7月 名古屋で研修会
7月 ラジオNIKKEIの番組が緘黙を2日間取り上げる
7月 「夢ライブ」で緘黙の講義
8月 かんもくフェスin富山
8月 緘黙の研究に科研費
9月 長野で親の会「りんごの会」ができる
9月 北見市で講演会
9月 『中日新聞』夕刊に、緘黙の記事
9月 特殊教育学会の大会でシンポ2件ほか
11月 東海地方CBCテレビ「イッポウ」が緘黙を取り上げる
11月 伊賀市でパネル展
11月 絵本『やましたくんはしゃべらない』発売
11月 かんもくフリーペーパーが出る
11月 障害者週間ポスター、中学生最優秀賞に緘黙の作品
11月 奄美で第1回交流会
12月 mananaさんが新潟で緘黙ライブ&トーク
12月 ミス・ユニバースのトルコ代表が緘黙経験を語る

通年 マルテさんがノルウェーのメディアで繰り返し取り上げられる
通年 富山で緘黙がメディアで繰り返し取り上げられる
通年 けいはんなサロン