2023年・緘黙関係ニュースを振り返る

更新日:2023年12月22日(投稿日:2023年12月22日)
アイキャッチ画像。
今年一年を、場面緘黙症に関係するニュースで振り返ります。今年で14回目の恒例の企画です。私が把握できたニュースの中から選びます。

3月 オンラインジャーナル『場面緘黙研究』刊行


3月、日本場面緘黙研究会が機関誌『場面緘黙研究』(オンラインジャーナル)を刊行しました。インターネットを通じて、会員登録等不要で、ご覧になることができます。第1巻第1号は、40ページ超の内容です。

↓ そのオンラインジャーナルのページです。日本場面緘黙研究会ウェブサイトへのリンクです。
◇ 機関誌 | 日本場面緘黙研究会
新しいウィンドウで開く


5月 緘黙テキサス⇒血掟テキサス


5月、中国発のスマートフォン向けゲーム『アークナイツ』のキャラクター名が話題になりました。このキャラクターですが、いち早く登場した中国版(大陸版)での名称は「缄默德克萨斯」であったことから、日本のユーザーは非公式に「緘黙テキサス」と呼び、将来の日本版での登場を期していました。

しかし、後に登場した日本語版では「血掟テキサス」という名称でした。「緘黙テキサス」という名称にならなかった理由は不明ですが、場面緘黙症関係者に対する配慮があったからのではないかとも囁かれています。


6月 DSM-5-TRでは「場面緘黙」


6月、『DSM-5-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル』が発行されました。米国精神医学会によるマニュアルの日本語版です。selective mutismは、それまでの「選択性緘黙」ではなく、「場面緘黙」と訳されました。


7月 東京ウーバーズの動画に、緘黙


7月、YouTubeチャンネル「東京ウーバーズ」が場面緘黙症のショート動画を公開しました。現在、300万回以上の再生回数を記録しています。

↓ その動画です。YouTubeへのリンク。
◇ 【500人に1人】場面緘黙(かんもく)症になるとどうなるのか?
新しいウィンドウで開く


7~8月、11月 マンガ『リエゾン』で緘黙の章


7月から8月にかけて、週刊漫画雑誌『モーニング』(講談社)連載の医療漫画「リエゾン-こどものこころ診療所-」で、場面緘黙症の話が5回にわたって連載されました。1話20ページ、全部で100ページの内容です。緘黙以外にももう1つ大きなテーマがあり、どちらかと言えばこちらの方がメインだったかもしれません。

11月には単行本第15巻が発売。緘黙の話が収録されました。


8月 有名人の声明に、緘黙


韓国の有名DJ「DJ SODA」さんが、大阪の音楽イベントで性被害に遭ったと訴えて大きなニュースになりました。そのDJ SODAさんが8月に出した声明の中で、場面緘黙症について触れられていました。


8月?『声の出ない女の子』出版


8月頃、倉本咲喜さん(文)とhon-kumaさん(絵)による絵本『声の出ない女の子』が自費出版されました(正確な出版日を把握しておりません。申し訳ございません)。これを機に、10月には場面緘黙セミナーが前橋市で開かれました。


9月 NHK「おはよう日本」に、緘黙の画家


9月、NHK総合テレビで放送された「おはよう日本」の中で、滋賀県在住で、緘黙がある画家・さなみさんのお話が取り上げられました。およそ10分間の放送でした。


10月 愛知の大学生が絵本『ユキちゃんの1日』制作、寄贈


10月、愛知県の大学生いちかわあやのさんが卒業制作として作った仕掛け絵本『ユキちゃんの1日~場面緘黙児の心の声~』が、瀬戸市に寄贈されました。このことはニュースで報道されました。本書の増刷には、瀬戸市の医療機器メーカーの協力もあったそうです。


12月 参院予算委員会で緘黙の質疑


12月、参議院予算委員会で、場面緘黙症が話題になりました。河野義博議員の質問に対して、武見敬三厚生労働相が答弁しています。3分弱の短い内容でしたが、緘黙を単独のテーマとした質疑答弁です。

この模様は、NHK総合やNHKラジオ第1の国会中継で、全国放送されたようです。


まだまだ、たくさんのニュースが


まだまだ、たくさんのニュースがありました。

2月 鳴門で講演会
4月 科研費に採択
4月 日本政府の英語SNSアカウントが「みいちゃん」
4月 『中日新聞』夕刊、東海ラジオに緘黙
4月 『熊本日日新聞』に掲載
4月 東洋経済オンラインに掲載
4月 『福井新聞』に緘黙
5月 TOKYO FM『ONE MORNING』に緘黙
6月 オンラインセミナー
6月 『福井新聞』に掲載
6月 『静岡新聞』に掲載
7月 専門家向けオンライン講習会
7月 NHK大津の番組に緘黙
7月 『北日本新聞』に掲載
8月 『福井新聞』に掲載
8月 主人公が緘黙の設定の小説が出る
8月 オンラインセミナー
8月 日本特殊教育学会 第61回大会
8月 かんもくフェスin富山2023
9月 WEB講演会
10月 『京都新聞』に掲載
10月 『スポーツニッポン』に広告掲載
10月 KBS京都のラジオ番組で、緘黙
11月 『中国新聞』に繰り返し掲載
11月 かんもくフォーラム
11月 臨床発達心理会セミナー
11月頃 青森放送に緘黙
12月 『広報おおづ』に、緘黙経験者
12月 TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』で緘黙者の投稿
通年 映画『そのこえ』上映会開催



2022年・緘黙関係ニュースを振り返る

更新日:2022年12月25日(投稿日:2022年12月25日)
アイキャッチ画像。
今年一年を、場面緘黙症に関係するニュースで振り返ります。毎年恒例の企画です(今年で13回目!)。私が把握できたニュースの中から選びます。

2月 「場面緘黙症」が、Yahoo!リアルタイム検索で一時トレンド1位に


2月、「場面緘黙症」が、Yahoo!リアルタイム検索で、一時トレンド1位になりました。Yahoo!リアルタイム検索のトレンドは、Twitterで盛り上がっているキーワードをランキング形式で示したものです。

トレンド1位になったのは、ギリ子さんという方の緘黙に関するTwitter投稿に大きな反響があったことが原因と思われます。

↓ そのTwitter投稿へのリンクです。
◇ そのギリ子さんのTwitter投稿
新しいウィンドウで開く


3月 CBCテレビ「チャント!」 で、緘黙の女性のドキュメントが放送


3月、CBCテレビ(中京広域圏)の夕方のニュース番組「チャント」で、緘黙のドキュメントが放送されました。このドキュメントは、YouTube「CBCドキュメンタリー」チャンネルで公開されています。

↓ そのYouTube動画です。12分22秒。
◇ 取材4年目、会話ができた!「場面緘黙症」人前で声が出せない女性の物語 CBCドキュメンタリー
新しいウィンドウで開く


4月 NHK総合「ニュース富山人」に、緘黙


4月には、「ニュース富山人」(NHK総合ローカル番組)で緘黙が取り上げられました。この番組は、過去にも緘黙を取り上げています。

5月 『場面緘黙支援入門』発売


5月、『場面緘黙支援入門』という本が発売されました。著者は、筑波大学名誉教授の園山繁樹氏。出版社は、学苑社です。

↓ Amazon.co.jpへのアソシエイトリンクです。
◇ 場面緘黙支援入門: 幼稚園や学校で話せない子どものための | 園山 繁樹 |本 | 通販 | Amazon
新しいウィンドウで開く


5月 NHK総合で再放送された「ちゅらさん」総集編に、「選択的緘黙」という言葉が


5月にはまた、NHK総合で再放送された連続テレビ小説「りゅらさん」総集編で、「選択性緘黙」という言葉が出る場面がありました。選択性緘黙は、場面緘黙症の正式な診断名です。ただし、深夜の放送だったため、視聴者は限られたものと思われます。


8月 『西日本新聞』に、緘黙の記事


8月、『西日本新聞』に緘黙の中学生の記事が掲載されました。

↓ その記事へのリンクです。全文を読むには会員登録が必要です。
◇ 話せない、でもつながれる…折り紙に託す「場面緘黙症」中学生の思い
新しいウィンドウで開く


9月 『神戸新聞』に、緘黙の記事


9月、『神戸新聞』に緘黙の記事が掲載されました。兵庫県にお住まいの「かんもくネット」代表が、インタビューを受ける形で緘黙について説明しました。

↓ その記事へのリンクです。
◇ 「場面緘黙症」について「かんもくネット」代表、臨床心理士の角田圭子さんに聞きました
新しいウィンドウで開く


10月 『読売新聞』「人生案内」に緘黙の相談


10月、『読売新聞』のコーナー「人生案内」で、緘黙の相談と回答が掲載されました。大野裕氏(精神科医)が回答しています。


12月 『山梨日日新聞』に緘黙


12月、『山梨日日新聞』のコーナー「実践!ドクター本田のにじいろ子育て」の相談内容に対する回答が、緘黙の可能性を指摘するとともに、緘黙を解説するものでした。この記事については、場面緘黙症Journalでお伝えすることができませんでした。


通年 短編映画 『そのこえ』上映


緘黙の青年を主人公とした短編映画『そのこえ』が上映されました。5月に試写会が行われ、その後各地で上映されました。この映画については、各種メディアで取り上げられました。

↓ その予告編。YouTubeへのリンクです。1分37秒。
◇ 短編映画「そのこえ」予告編 / short film "sonokoe" trailer
新しいウィンドウで開く


補足「みいちゃん」関係ニュース


これまで、特にニュース性が高いと感じたものを10件挙げました。この他、「みいちゃん」関係のことが大手メディアで繰り返し取り上げられたのですが、それは敢えてここには含めませんでした。

「緘黙関係ニュースを振り返る」企画では、毎年恒例となっている事柄については原則大きく扱わないことにしています。「みいちゃん」関係のニュースが大手メディアで扱われるのはもはや恒例行事のようなものですので、ここでは挙げませんでした。ですが、あまりに頻繁に大手メディアで取り上げられてきましたので、無視するのもどうかと思います。そこで、ここで主な関連報道を軽く列挙しておきます。

2月 読売テレビ「かんさい情報ネットten.」
2月 TBS「THE TIME」
3月 NHK BS1「みいちゃんのケーキ」
3月 毎日放送「よんチャンTV」
4月 日本テレビ「news every.」
5月 読売テレビ「ytvドキュメント」
7月 北海道放送「今日ドキッ!」
9月 NHK Eテレ「ファミリールール」
9月 NNNドキュメント
11月 NHK BS1「みいちゃんのケーキ」(再)
12月 NHK Eテレ「ファミリールール」(再)


まだまだ、たくさんのニュースが


まだまだ、たくさんのニュースがありました。

1月 東海中学・高校の公開講座に、緘黙の講座
2月 NHKのウェブサイトに「WEB特集」として、個展を開いた緘黙の女性
3月 文化放送のポッドキャスト『中元日芽香の「な」』で、緘黙経験者のお便りが読まれる
3月 『西日本新聞』記者コラムに、緘黙の人のことが書かれた記事が掲載
4月 『生者のポエトリー』発売
5月 ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」で、緘黙のメッセージが読み上げられる
6月 緘黙のBAR始まる
7月 『水まきジイサンと図書館の王女さま』発売
8月 『毎日小学生新聞』に、緘黙の記事
8月 『熊本日日新聞』に、緘黙講演会の記事
9月 日本特殊教育学会 第60回大会

3~5月 国会で、緘黙が軽く言及される
4~9月 『発達教育』に、緘黙の記事が連載
8月 鈴鹿市議会で、緘黙について17分の質疑
通年 緘黙署名に4万人近くの賛同者(英)
通年 緘黙がある女性が性被害に遭ったニュース、今年も話題に



2021年・緘黙関係ニュースを振り返る

更新日:2021年12月24日(投稿日:2021年12月24日)
アイキャッチ画像。
今年一年を、場面緘黙症に関係するニュースで振り返ります。今年で12回目の企画です!干支を一周したことになります。

私が把握したニュースの中から、気になったものを選んで振り返ります。

1月 NHK Eテレ「u&i 」で、架空の緘黙児登場か


1月、NHK Eテレの小学生向け番組「u&i 」で、「おうちではたくさん話せるんだけど、学校で話すのがにがて」な小学生が登場しました。おそらく架空の小学生です。番組ホームページの「関連キーワード」に「緘黙」とあることなどから、緘黙児という設定だったのかもしれません。

この放送回は、その後も再放送されています。


5月 障害者差別解消法の改正案が成立


5月、「障害者差別解消法」(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)の改正案が成立しました。これにより、民間事業者による合理的配慮の提供が「義務」になります。施行日は公布から3年を超えない日とされています。


7月 神奈川で「イグアナの娘」再放送


7月、テレビ神奈川で「イグアナの娘」という90年代のドラマが再放送されました。ドラマの中で、緘黙を経験した人物が、少し出てきたそうです。


8月 パラ聖火ランナーに、緘黙当事者/経験者


8月、東京パラリンピックの聖火ランナーに、緘黙の当事者や経験者が選ばれました。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から公道での走行はありませんでしたが、代替イベントが行われました。開会式の日には都内で杉之原みずきさんが、別の日には都内で福島県代表の星野千尋さんが参加しています。この方たちについては、メディアで取り上げられています。


8月 緘黙高校生が主人公『半透明の君へ』発売


8月、緘黙の女子高校生が主人公の小説『半透明の君へ』が発売されました。著者は春田モカさんで、スターツ出版文庫から出ています。物語の鍵となる男子高校生が、人の心が読める(心の声が聞こえる)という設定でした。


9月 『臨床家のための場面緘黙改善プログラム』発売


9月、『臨床家のための場面緘黙改善プログラム』が発売されました。著者は長野大学の高木潤野准教授で、学苑社から出ています。研究成果に基づいた「本人との共同作業で行う」プログラムを詳細に解説したものでした。


9月~『古見さんは、コミュ症です。』がドラマ化、アニメ化


9月、オダトモヒトさんの漫画『古見さんは、コミュ症です。』を原作としたドラマが、NHK総合で放送開始されました。10月にはテレビアニメが、テレビ東京ほかで放送開始されました。主人公の古見さんの様子に、緘黙を連想する人もいました。


10月 強制わいせつ罪が問われ、有罪判決


軽度の知的障害と緘黙を併せ持つ女性への強制わいせつ罪が問われた裁判が大阪地方裁判所で行われ、10月、有罪判決が出ました。この裁判についてはNHK総合「ニュース7」などで報道され、その中で、緘黙についても触れられました。

報道によると、被告は、「障害を持っているから警察に言えないのかなと思ったこともあります」などと述べるなど、女性が話せないことを認識した上で犯行に及んだとされています。


10月 滋賀で絵画展


10月、滋賀県日野町で、緘黙があるSANAMIさんという方の絵画展が開催されました。この絵画展は、メディアで繰り返し取り上げられました。


11月 ABEMA NEWSチャンネルで放送


11月、ABEMA NEWSチャンネルで、緘黙と境界知能が取り上げられました。この時の内容は後にYouTubeに投稿され、多くの再生回数を記録しています。


まだまだ、たくさんのニュースが


まだまだ、たくさんのニュースがありました。

1月 『聖教新聞』読者投稿欄に掲載
1月 『話せない私研究』出版記念イベント
2月 『日本海新聞』に掲載
2月 『総合詩誌 PO』180号に掲載
3月 演劇「見てないで降りてこいよ」に、緘黙
3月 演劇「たぬきと狸とタヌキ」に、緘黙
5月 『毎日新聞』長野版に掲載
5月 秋田公立美大卒業者の展覧会に、緘黙経験者
5月 人気ゲーム実況に、緘黙
6月 『漫画家しながらツアーナースしています。』に掲載
6月 『10代の時のつらい経験、私たちはこう乗り越えました』に掲載
6月 『信濃毎日新聞』に、「りんごの会」の活動
6月 『山陰中央新報』に掲載
7月 三原市社協だより第65号に掲載
7月 愛知サマーセミナーに、緘黙
8月 長野大学オープンキャンパスに、緘黙
8月 CBCテレビ「チャント!」に、緘黙
8月 『山陰中央新報』に掲載
8月 東京都人権啓発センター広報誌『TOKYO人権』第91号
9月 島根大学教員免許講習で、6時間にわたる緘黙の講習
9月 第4回公認心理師試験に登場
9月 特殊教育学会の大会で、緘黙
10月 映画「紀州騎士~きしゅうでないと!~」上映開始
11月 『こころの元気+ 』に掲載
11月 東大駒場祭の模擬裁判で緘黙の事例
11月 FMびざんに、徳島の緘黙の会
12月 PCIT-JapanとCARE-Japanの合同研究会
12月 オンライン研修講座
通年 「みいちゃん」メディアで繰り返し取り上げられる