日本初の緘黙サイトが、閉鎖か

更新日:2019年04月10日(投稿日:2019年04月10日)
アイキャッチ画像。
日本における最初期の場面緘黙症ウェブサイト「ココロのひろば」(2000年4月10日開設)が、3月31日をもって閉鎖したようです。ココロのひろばは長年にわたって更新が停まっていたものの、サイト自体は残っていました。

↓ 現在、アクセスできません。
◇ ココロのひろば
新しいウィンドウで開く

ココロのひろばの閉鎖は、公開先のYahoo!ジオシティーズが、2019年3月31日をもってサービスの提供を終了したことによるものです。ココロのひろばは移転手続きを行なわず、そのままサイトが無くなりました。

ココロのひろばとは


ココロのひろばは、緘黙の当事者であった管理人さんが開設・運営されていました。

管理人さんは大学在学当時、教育心理学の教科書で緘黙を知りました(ほんの2行ほどの記述があっただけだそうです)。そこで、インターネットで「場面緘黙」と検索をかけたのですが、当時は1件しかヒットしなかったそうです。それも、専門的な文献の一部に「場面緘黙」の文字があっただけでした。もちろん、緘黙を経験した本人が作ったサイトなど、1件もありませんでした。そこで、自ら緘黙のサイトを作ったというわけです。

当時のサイトらしく、緘黙の専門サイトというよりは、「メンタル系サイト」という感がありました。ですが、緘黙がサイトの内容に占める割合は少なくありませんでした。

かなり賑わっていたサイトで、インターネットのアーカイブサイト WayBack Machine を見ると、アクセスカウンタの「113,512」という数字が記録されています(数字の記録時期は不明)。

特筆するべきは、ウェブリング「緘黙の輪」(2000年~2007年)です。これはココロのひろばから生まれたもので、緘黙に関する個人のウェブサイト(ブログ含む)をつないでいました。当時の緘黙関係サイトは大体ここに登録されていて、とても存在感が大きかったです。登録サイト数は末期には30件以上を記録していました。場面緘黙症Journalのブログも、その一つでした。

「大人の場面緘黙症」という概念を提唱したのも、緘黙のオフ会を開いたのも、私が知る限りではココロのひろばの管理人さんが最初です。


今日につながる、当事者らの活動の一つの原点


このように、ココロのひろばは、おそらく日本では初めての緘黙サイトではないかと思います。また、今日につながる、緘黙の当事者による情報発信や交流を行なった、最初の方ではないかと思います。仮に始めてではなくても、最初期に中心的な役割を果たした方であることは間違いありません。

今日、「SNSのおかげで緘黙を知った」とか、「テレビで知った」という方が増えています。ですが、長い間緘黙の歴史を見てきた私に言わせると、緘黙が知られるようになったのは、もとは当事者や経験者、保護者らがインターネットで情報発信を行ったことから始まったのです。私に言わせれば、ココロのひろばは、その原点とも言える存在です。

それだけに、ココロのひろばが無くなったのはあまりに残念です。いや、更新をかなり前に停止していたのに、よく今まで残しておいてくださったというべきかもしれません。

なお、Yahoo!ジオシティーズの終了により消えた緘黙のサイトは、ココロのひろばだけではありません。やはり最初期の緘黙サイトである「フユー」も無くなっています。掲示板「日本全国緘黙症・元緘黙症探し!」を設置し、数多くの投稿を集めていたサイトです。


ネット上の活動や交流は、なかなか残らない


ネット上の緘黙当事者、経験者、保護者らの活動や交流の跡は、長期的にはなかなか残りません。

今回のことに限らず、これまでどれだけ多くの緘黙のサイトや掲示板、ブログが失われてきたか知れません。もっとも、中には残したくないという人もいるでしょうから、無くなることが必ずしも悪いとも言えないかもしれませんが……。

この頃、ソーシャルメディアでの交流が盛んですが、ソーシャルメディアはブログやホームページに比べると、アーカイブをたどりにくいという弱点があります。

また、最近、国立国会図書館が、インターネット資料収集保存事業を行っていて、この中には緘黙に関する情報も含まれています。ですが、収集保存されているのは専門機関によるものばかりです。緘黙の当事者や経験者、保護者らが自ら発信しているものは、十分収集保存されていません。

◇ 国立国会図書館インターネット資料収集保存事業
新しいウィンドウで開く

私は2000年代前半の比較的早い時期から、ネットで、緘黙に関する情報を追い続けています。せめて、私のような古い人間が、昔のことを伝え続けていかなければなりません。

※ なお、閉鎖されたサイトであっても、URLが分かれば、WayBack Machine で閲覧できる場合があります。



Yahoo!ジオシティーズが終了へ、緘黙サイトも多数公開

更新日:2018年10月01日(投稿日:2018年10月01日)
アイキャッチ画像。

2019年3月末に終了します


およそ20年の歴史がある無料ホームページサービス「Yahoo!ジオシティーズ」が、2019年3月末をもって提供を終了することが明らかにされました。

◇ サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ
新しいウィンドウで開く

インターネット普及初期はSNSもブログもなく、「ホームページ」が情報発信の中心でした。Yahoo!ジオシティーズを利用すれば無料でホームページを公開できることから、数多くの個人ホームページがここで開設されました。無料のホームページサービスは他にもたくさんあったのですが、その中でもYahoo!ジオシティーズは代表格の一つでした。

場面緘黙症のホームページにしても、Yahoo!ジオシティーズで公開されたものはたくさんあります。


ジオシティーズの緘黙ホームページ


Yahoo!ジオシティーズでは、どんな緘黙ホームページが公開されてきたのでしょう。私が把握している範囲で、ご紹介してみたいと思います(五十音順)。

現存するもの


◇ あゆみの会(場面緘黙親の会ひろしま)
新しいウィンドウで開く

◇ 緘黙の輪
新しいウィンドウで開く

◇ かんもくマンガ
新しいウィンドウで開く

◇ ココロのひろば
新しいウィンドウで開く

◇ 知ってサポート☆場面緘黙(かんもく)-学校で話せない子どもの子育て
新しいウィンドウで開く

◇ 場面緘黙親の会(関東)つぼみの会
新しいウィンドウで開く

◇ フユー
新しいウィンドウで開く

◇ 北海道かんもくセミナー
新しいウィンドウで開く

◇ 守口・選択性かんもくの子どもたちを支援する会
新しいウィンドウで開く

これらについては、ホームページ管理者さんが移転手続きをしない場合、2019年3月末に消えてしまいます。現存する団体のホームページはまさか無くならないだろうとは思うのですが、長期にわたって更新が停止しているものについては分かりません。ホームページの存続は管理者さんが決めることですが、敢えて言うと、どこも無くなって欲しくないです。これらは「遺産」だと思うからです。

また、移転するものについては、アドレスが変更されるはずなので、ブックマークやお気に入りに登録されている方は、今後の動向に注意してください。


現存しないもの


◇ 明日へ・・・ http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/9420/
◇ いつの日にも http://www.geocities.jp/itsunohinimo/
◇ 今日も。 http://www.geocities.jp/kannmoku/
◇ ココロのドア http://www.geocities.jp/cafe_tea_break/
◇ smile_room http://www.geocities.jp/smiling_mama1126/
◇ ぴすちゃんのお部屋 http://2nd.geocities.jp/nobi_nobi_life/


※ 勝手にホームページを取り上げ、申し訳ありません。



「緘黙を知って」最初に言い出したのは誰か

更新日:2018年08月08日(投稿日:2018年08月08日)
アイキャッチ画像。
「場面緘黙症を知って欲しい」

啓発活動と言えばよいのでしょうか、緘黙児者や経験、保護者などがこう訴えているのを目にするのは、今日珍しくありません。

啓発イラストを描いて Twitter に投稿したり、文房具店の試し書きコーナーで「場面緘黙」と書いたりと、その方法も多彩です。中には、講演を行ったり、緘黙の歌を作って、ライブやラジオ番組で理解を訴えたりする人もいます。

こうした声に応えてか、小説家や漫画家、メディア関係者が緘黙を取り上げ、理解を広めようとしてくださった例もあります。

ですが、日本で最初に「緘黙を知って欲しい」と訴え出したり、具体的な取り組みを始めたりした人はいったい誰なのでしょうか。調べてみることにしました。

方法


緘黙児者や経験者、保護者らによる情報発信の歴史を遡ると、今日に繋がる動きは、2000年頃に緘黙を扱った個人ホームページが誕生したことにその起源を求めることができます。そこで、2000年頃以降のインターネット上の情報を中心に、緘黙の認知と理解の拡大を訴える動きの源流を探ってみることにしました。

昔のホームページのほとんどは閉鎖してしまい、現在は閲覧ができません。ですが、Wayback Machine を使えば、一部ではありますが、主要な過去のページはある程度見ることができます。


結果


「ほほえむ」


私が確認できた範囲で最も古かったのは、緘黙を経験したぴろりさんという方による個人ホームページ「ほほえむ」の開設でした(2000年10月23日開設)。「ほほえむ」では、2002年8月10日から9月27日の間の更新により、トップページに次の一文が加えられています。

「ほほえむ」は選択性緘黙、斜視、管理人の趣味などで構成されているサイトです。なかでもとりわけ人前で話せない選択性緘黙についての理解を広めるために存在します。
https://web.archive.org/web/20020929085729/http://www.hohoemu.com/

※ 既に閉鎖したホームページへのURLをご紹介するのは、もしかしたら当時の管理人さんにご迷惑かもしれません。ですが、情報の出所を明示したかったので、このようなかたちにしました。

この記述は、2003年1月30日から2003年3月20日までの間に、次のように更新されています。

「ほほえむ」は選択性緘黙(かんもく)の理解を広めるため、斜視の人を勇気づけるため作られました。
https://web.archive.org/web/20030320015650/http://www.hohoemu.com/

また、「ほほえむ」で緘黙を扱ったページの冒頭には、次のように書かれていました。理解を広める対象は、緘黙の当事者ではない一般の人と解釈できます。

これを期に皆さんが緘黙児について少しでも興味を持ち、第三者には非常に誤解されやすい彼等のことを、少しでも理解していただけたなら幸いです。
https://web.archive.org/web/20021210035415/http://www.hohoemu.com/selective_mutism/index.html

これが調べて分かった結果です。ついでに、緘黙への認知や理解を広めるその後の動きを、もう少し見てみることにします。


2002年


緘黙を経験したさくらかよさんという方が、『君の隣に―緘黙という贈り物』という本を出されています。現在は絶版で、私はこの本を持ち合わせていないのですが、「BOOK」データベースによると、次のような内容だそうです。

幼少期から緘黙と共に歩んできた著者が、緘黙症を広く世に知らしめたいと自らの体験を赤裸々に綴る。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4835547470/(孫引きです)

「ほほえむ」によると、この本は2002年11月15日発行とのことですが、構想や執筆は当然、それよりも前のことでしょう。


2003年頃


smiling_mamaさんと言う方が「smile_room」というホームページを開設されています。トップページには次の一文がありました。

☆場面緘黙児の母親のサイトです
その知名度UPと少しでも理解して戴けたらと思って
このHPを作ってみました
https://web.archive.org/web/20040218232230/http://plaza.rakuten.co.jp/smiling1126/

2004年


小学校教諭、井上賞子さんによる啓発作品「心の声が聞こえますか?」Web版が「ほほえむ」に公開されました。
https://web.archive.org/web/20050109075754/http://hohoemu.littlestar.jp/modules/news/article.php?storyid=4

「Web版」ということは、Web版でないものがそれ以前に存在した可能性が窺えます。ですが、これについては現在のところ私には分かりません。

現在はかんもくネットによって、かんもくネットホームページ上やYouTubeで公開されています。

↓ 一番下に「心の声が聞こえますか?」があります。PDFファイル。
◇ かんもくネット~啓発資料~
新しいウィンドウで開く

↓ YouTube版です。


考察


確認できた限りでは、2000年10月23日に「ほほえむ」が開設されたのが最初です。緘黙児者、経験者、保護者らによる日本初のホームページの開設は、2000年4月10日(「ココロのひろば」)が有力ではないかと思います。とすると、ネット上ではかなり早い段階から緘黙への認知や理解を広めようという動きがあったと言えます。

初期の緘黙のホームページは、メンタル系サイトの一種のようなものでした。メンタル系サイトは、同じ問題を抱える人が交流を深める目的で作られた、いわば内向きのものが多かったです。「心の病気にご理解のない方、荒らし目的の方の入室をお断りします」という断り書きがあるサイトもありました。そんな中、緘黙の理解を広めるため作ったという「ほほえむ」の外向きの意識は興味深いです。

さくらかよさんは、2002年、緘黙を広く世に知らしめるために本の出版までされています。出版社の文芸社は自費出版で有名な会社だったかと思います(ただし、文芸社だから自費出版と判断できるかはちょっと分かりません)。なお、この本は宮城県の新聞『河北新報』で紹介されています(2003年3月24日朝刊)。

さくらかよさん、smiling_mamaさん、井上賞子さんも、ともに「ほほえむ」との関わりがあった方です。もしかすると、「ほほえむ」が当時、緘黙の認知や理解を広める運動の拠点としての役割を果たしていたのかもしれません。ですが、そうではなくて、当時は緘黙のサイトが少なかったので、単に緘黙の世界が狭かったのかもしれません。

こうしたインターネットを中心とした動きはその後も続き、20年近く経った現在に繋がっています。活動は次第に拡大し、今日ではメディアで緘黙が大きく取り上げられるなどしています。一方、緘黙の認知や理解が十分に広まったという話はいまだに聞きません。

今回の調査対象は2000年代以降でしたが、90年代以前に、緘黙の認知や理解を世に広めようとした方がいらっしゃったかどうかについては、よく調べてみないと分かりません。ですが、ざっと思いつく限りでは、ちょっと心当たりが浮かびません。仮にあったとしても、今日の啓発活動との連続性は、今のところ確認できません。

※ 毎年8月には、緘黙サイトの歴史をお話しすることにしています。緘黙についての動きをおよそ15年にわたって見てきた者として、昔のことを伝えたいです。