7月1日、名古屋で定員250名の研修講座

更新日:2018年04月30日(投稿日:2018年04月30日)
アイキャッチ画像。

研修講座「場面緘黙の理解と支援」


名古屋市で場面緘黙症の研修講座が開かれるそうです。主催者の「日本緘黙研究会」が、ホームページで情報を公開しています。定員250名と規模が大きいので、ここでお知らせします。

場所:ウインクあいち 小ホール2 (愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38)
日時:2018年7月1日(日曜日)
対象:保護者・教員・支援者・当事者・経験者・研究者等(ただし、「高校生以下のご参加はご遠慮ください」とのこと)
主催者:日本緘黙研究会

主催者のホームページには、より詳しい情報があります。また、お申し込みもこちらからできます(5月1日より)。お申し込みは、皆様のご判断でお願いします。

◇ 緘黙研修講座「場面緘黙の理解と支援」開催のお知らせ | 研修会 | 日本緘黙研究会
新しいウィンドウで開く


日本緘黙研究会は、毎年初夏に研修講座を開催


日本緘黙研究会とは何かというと、「場面緘黙の当事者と家族の呼びかけに、学校や病院の先生、大学の先生などが応じて集まり、場面緘黙という問題を調べ、支援を考え、みんなでよりよい解決の道を研究するために集まった会」だそうです。

同会は2016年より、毎年初夏に同様の研修講座を開いています。演者の顔ぶれは毎年大きくは変わりません。定員の規模もほぼ同じです。

ただ、開催地は毎年変わっています。過去2年は東京都、尼崎市(大阪市の近く)で行なわれましたが、今年は名古屋市での開催です。また、参加費用が今年は1,000円から2,000円になりました。あと、過去2年は4月1日の告知となりましたが、今年は4月30日での告知です。

↓ これまでの開催状況。
◇ 研修会 | 日本緘黙研究会
新しいウィンドウで開く


名古屋市近辺で相次ぐ大規模の催し


会場の「ウインクあいち」は、2017年末に行なわれた「かんもくフォーラム2017」という催しの会場と同じです。定員200名の催しで、主催者は「かんもくフォーラム実行委員会」でした。

また、2018年3月10日には、名古屋市のお隣の日進市で、定員250名の講演会「場面緘黙への支援をめぐって」が開催されています。こちらの主催者は「椙山女学園大学心理相談室」ではないかと思われます。

全く違う主催者が、名古屋市で相次いで緘黙の大規模な催しを行なっているのでしょうか。それとも、三者には何らかの関係があるのでしょうか。私は主催者とは何の関わりもないのでよく分からないのですが、とにかく、名古屋市近辺でこのような動きが、ここのところ集中しています。

※ なお、「ウインクあいち」は、名古屋駅の近くです。交通のアクセスはよさそうです。



愛知県日進市で3月10日(土)に講演会

更新日:2018年03月07日(投稿日:2018年02月23日)
アイキャッチ画像。

講演会情報


3月10日(土曜日)に講演会「場面緘黙への支援をめぐって」が開催されます。

講演会の詳細やお申し込みについては、下記リンクをご覧ください。先着250名参加無料とのことですので、参加ご希望の方はお早めに。

↓ 椙山女学園大学ホームページへのリンクです。PDF。791KB。
◇ 講演会「場面緘黙への支援をめぐって」
新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

緘黙の催しで定員250名規模は多いです。昨年で同等以上の規模の催しは、2月5日の宮古島市の講演会(200名)、7月1日の尼崎市の講演会(250名)、8月26日の熊本市の講演会(450名)、12月9日の名古屋市のフォーラム(200名)の4例がありました(私が確認できた限りです)。


緘黙に関する近々の予定


さて、この機会に、緘黙に関する今後の予定を改めてお伝えしたいと思います。

2月25日(日曜日)緘黙の高校生が主人公の小説発売


2月25日(日曜日)に、緘黙がある女子高校生が主人公のケータイ小説が発売されます。『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』です。著者は涙鳴(るいな)さん。スターツ出版の野いちご文庫です。

この作品については、ちょうど今日、プレスリリースが出ています。

↓ PR TIMES へのリンクです。
◇ 『恋する僕らのひみつ。』『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』泣きキュン小説『野いちご文庫』新刊2点 2月25日(日)より全国書店にて発売開始!
新しいウィンドウで開く

↓ 関連記事です。
◇ 『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』予約始まる
新しいウィンドウで開く


2月26日(月曜日)より、ラジオ深夜で「僕は『場面緘黙症』でした」


それから、2月26日(月曜日)から3月1日(木曜日)にかけての4日間、NHKラジオ第一「ラジオ深夜便」で、「僕は『場面緘黙症』でした」と題する放送があります。

午後11台の「ないとエッセー」のコーナーです。出演されるのは、緘黙経験があるシンガーソングライターの若倉純さんです。

↓ ラジオ深夜便2月26日番組表。NHKホームページへのリンクです。
◇ ラジオ深夜便 - NHK
新しいウィンドウで開く

↓ 関連記事です。
◇ NHK「ラジオ深夜便」が緘黙を扱います
新しいウィンドウで開く

「かんもくフォーラム2017」プログラム発表、申込受付開始

更新日:2017年10月28日(投稿日:2017年09月09日)
アイキャッチ画像。
12月9日(土曜日)に名古屋で開かれる催し「かんもくフォーラム2017」のプログラムが、9月9日(土曜日)に発表されました。併せて、参加申し込みの受付が始まっています。定員は200名と規模が大きいですので、ここでご紹介したいと思います。

↓ 公式ホームページへのリンクです。
◇ かんもくフォーラム2017 (新しいウィンドウで開く

↓ 参加申し込みは、このページ末尾のリンクから可能です。お申し込みは、皆様のご判断でお願いします。公式ホームページへのリンク。
◇ Program (新しいウィンドウで開く

「かんもくフォーラム」は、2015年から毎年行なわれている、定員数百人規模の催しです。今年は「大人のかんもくフォーラム」がコンセプトだそうです。例年、8月に東京で開催されていましたが、今年は少し変則的な開催かもしれません。

プログラムですが、広瀬慎一氏(臨床心理士)の講演が1時間30分、成人当事者・経験者の話が2時間30分です。時間配分からして、どちらかと言えば、当事者・経験者の話に重きを置いた催しなのかもしれません。当事者・経験者は5人の方が登壇されるとのことでので、お一人の登壇者に平均30分の計算です。登壇者は男性3人、女性が2人です。

申し込みページの上部には、「残り○○○枠」という表示があります。公式ページには書かれてありませんが、申し込み受付は、これまでの例から先着順の可能性も考えられます。参加ご希望の方は、この残り枠を参考に、申し込み時期を判断なさるとよいかもしれません。