「第1回 かんもくセミナー」申し込み受付開始

更新日:2019年03月11日(投稿日:2019年03月11日)
アイキャッチ画像。
5月26日(日曜日)に、東京で「第1回 かんもくセミナー」が開催されます。その申し込み受付が、3月10日(日曜日)に始まりました。

定員は120名と規模が大きいですので、ここでご紹介してみます。

↓ 詳しくは、公式サイトをご覧ください。参加申込もここで受け付けています。
◇ 第1回 かんもくセミナー - 言の葉の会
新しいウィンドウで開く

主催者のかんもく自助グループ「言の葉の会」は、当事者、経験者運営による自助グループです。2018年3月1日に設立されました。

これまで「言の葉の会」は各地で交流会を開いてきましたが、120名もの規模の催しを開催したのは今回が始めてではないかと思います。120名というと、会員数の46名(2018年12月1日現在)よりもずっと多いです。会員以外の方からも、広く参加を受け付けようとしていることが分かります。

「第1回」と銘打っていることから、第2回以降の開催がある可能性があります。なお、かんもくセミナーの開催は会則に明記されており、今回のセミナーも予定されたものであることが分かります(第3条第6項)。

◇ 言の葉の会 会則
新しいウィンドウで開く

言の葉の会のホームページには、今後の活動計画の中に「緘黙のある小中高生向け交流会の開催」というものがあり、ちょっと驚きました。今回の催しはもちろん、今後の活動も注目されます。

◇ 現在の主な活動内容 - 言の葉の会
新しいウィンドウで開く


かんもくアコースティックライブ予約開始

更新日:2019年02月16日(投稿日:2019年02月16日)
アイキャッチ画像。
かんもくアコースティックライブの先行予約受付が、2月16日(土曜日)午前10時に始まりました。

先行予約の受付対象は、場面緘黙症の当事者、経験者、保護者、家族の方です。先行予約は25名で一旦締め切られるそうです。今回は前回よりも定員が少ないので、ご注意ください。また、ライブ終了後、当事者、経験者、保護者、家族の方を対象にした「アフター交流会」も予定されているそうです。

情報の詳細やチケットの予約については、以下の公式ホームページをご覧ください。出演者のお一人であるmananaさんが作ったもので、ライブ全般について、詳しくまとめられています。

◇ かんもくアコースティックライブ公式ホームページ
新しいウィンドウで開く

かんもくアコースティックライブは、緘黙経験を持つアーティストたちが、自らの企画&出演で行う、緘黙をテーマにした音楽イベントです。2016年10月23日に第1回が行なわれました。今回は3回目の開催となります。

[かんもくアコースティックライブ2019の概要]

日時:6月2日(日曜日)
場所:北参道ストロボカフェ(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-3-10 ニューベリー千駄ヶ谷 B1)
出演: mananaさん、若倉純さん、中越千春さん、AIRIさん

緘黙や、いわゆるその後遺症があったりすると、ライブにはなかなか足を運べない人もいるでしょう。過去のライブでは、受付やドリンクの注文方法など、緘黙ならではの工夫をされていたそうです。緘黙を経験した方たちが主催するライブだと、ハードルが低いかもしれませんね。


「かんもくフォーラム信州上田」申込受付開始

更新日:2019年01月15日(投稿日:2019年01月15日)
アイキャッチ画像。
長野県上田市で3月16~17日(土~日曜日)に、「かんもくフォーラム」と、その前夜祭が開催されます。

その詳細の発表と、申し込みの受付が公式ホームページで始まりました。規模の大きな催しなので、ご紹介します。

↓ 公式ホームページへのリンクです。閲覧はパソコン推奨だそうです。
◇ かんもくフォーラム信州上田
新しいウィンドウで開く

かんもくフォーラムとは


かんもくフォーラムは、緘黙の大規模な催しです。毎年1回程度の割合で行なわれ、その年の実行委員会が主催しています。

今回は4回目の開催で、「交流」がテーマだそうです。会場は上田市にある長野大学ですが、この大学には緘黙を研究する学者(高木潤野准教授)が在籍しています。

なお、開催地はこれまで東京都渋谷区→東京都大田区→愛知県名古屋市と変遷してきました。大都市圏以外での開催は、今回が初めてです。


申し込みについて


参加申し込みは複数に別れています。一般の方の多くは、各種「申し込みフォーム」を通じての申し込みになろうかと思います。前夜祭、かんもくフォーラム(当日)、託児の申し込みです。

一方、緘黙に関連する活動を行っている団体や個人の発表の申し込み(エントリー)も公式ホームページで行なわれています。「展示・口頭発表募集要項」のエントリーフォームを通じての申し込みです。この発表の形式については、抄録掲載のみという選択肢も以前は用意されていたのですが、現在は無くなっています。