二重人格?

更新日:2023年11月07日(投稿日:2023年11月07日)
アイキャッチ画像。

経験者の話


「自分は、二重人格ではないか」

場面緘黙症を経験した人の中には、こう考えていたという人がいます。家と学校などでは行動が全く違うわけですから、無理もありません。中には、二重人格かもと思い悩んだり、周囲からそう言われたという人までいます。

念のために書いておきますが、緘黙と二重人格は異なる概念です。専門的には多重人格障害、今日では解離性同一症(解離性同一障害)と呼ばれる概念があるそうですが、もちろん、それとも緘黙は異なります。また、解離性同一症(解離性同一障害)を併せ持つ緘黙児者が多いという話は、特に聞きません。


私の場合は……


私の場合は、どうだったのでしょう。私も学校で長期間話せない経験をしています(ただし、私は学校で話せないことについて医師に診てもらったことはなく、したがって緘黙の診断も受けていません)。

確かに私も自分が二重人格ではないかと考えたことはありますが、軽く考えたことがある程度です。真剣に二重人格の可能性を疑ったこともありません。

むしろ、あれからうん十年経った今の方が、あれはある意味では二重人格でもあったのではないかと思います。ここで言う「二重人格」は、専門用語の「解離性同一症(解離性同一障害)」とは違い、単に二つの異なる人格が交互に現れることを意味します。

というのも、私は学校に行くと単に話せなくなるだけでなく、周囲から「真面目」と言われる行動をとるように変わってしまっていたからです。私は学校で「無口」と言われたことは意外に少なく、むしろ「真面目」と言われたことの方が多かったほどです。おそらく学校場面では不安が強くなりすぎるあまり、周囲の評価を過剰に気にして、真面目な行動をとってしまったのだろうと思います。

ただし、あくまで私の場合は、こうだったという話です。一般論として、緘黙は二重人格だという主張をするつもりはありません。



挨拶、私の経験は

更新日:2023年09月19日(投稿日:2023年09月19日)
アイキャッチ画像。
「場面緘黙症の子が、辛いと感じる」

挨拶運動を行う学校や教師に対して、疑問を呈する声をソーシャルメディアで目にすることがあります。

私も学校では話せない子でしたが、私の場合はどうだったかというお話を今回したいと思います(ただし、私は話せなかったことについて医師に診てもらったことはなく、したがって緘黙の診断は受けていません)。あくまで私の話で、現代の緘黙児者がどう感じているかという話ではありません。

挨拶はできなかったが、あまり困らなかった


実を言うと、私は学校での挨拶については、あまり覚えていません。私の過去を振り返る「緘黙ストーリー」(全100話)でも、特にこれといったことは書いてはいません。特別困った思いをしたことがなかったからではないかと思います。

もちろん、挨拶は苦手としていました。緘黙?が特に重かった小学校~中学時代には、相手に聞こえる声で挨拶をすることはほとんどできなかった覚えがかすかにあります。しかし、そのことで叱られた覚えはありません。おそらく教師は、児童生徒に挨拶の習慣をつけることは大事だけれども、富条(私のこと)については、できなくても仕方が無いと考えていたのではないかと思います。

また、私が通っていた小中学校は、挨拶についてそんなにうるさく指導していた覚えがありません。マンモス校だったので、なにも私1人に配慮してのことではないだろうと思います。確証はないのですが、当時の学校は、今ほど挨拶をうるさく言わなかったのかもしれません。近年、家庭の教育力が低下していて、昔であれば家庭で教えていたことを、学校で教えなくてはならなくなったという話をよく聞きます。そうした背景により、近年では学校の挨拶運動が盛んになっているのかもしれないと思いますが、お話しした通り確証はありません。


挨拶を指導する教育方針を、受け入れていた


挨拶を指導する学校の教育方針については、「僕のように話せない子だっているのに!」と不満を感じたこともなければ、疑問に感じたこともなかったように思います。従順な児童生徒だったからです。学校や先生が言うことだからと受け入れていたように思います。

また、当時の私は「場面緘黙症」という概念があることを知らず、自分が話せないのは性格の問題と考えていたからかもしれません。自分には緘黙という病気や障害のようなものがあると認識していたら、「僕は緘黙児だ!僕に挨拶を求めるのは、足が不自由な子に対して立てと言っているようなものだ!」などと反発していた可能性も、もしかしたらあったかもしれません。しかし、性格の問題と考えていたので、自分を責めていたように思います。もっとも、先ほどお話ししたように、そんなにしつこく挨拶指導する小中学校ではありませんでしたから、自分を責めていたといっても、小さく責めていた程度です。


現代の学校の挨拶運動について、所感


こうした経験をしているせいか、現代の学校の挨拶運動に対して、「場面緘黙症の子が、辛いと感じるからやめろ」と文句を言うつもりはありません。

児童生徒に挨拶の習慣を身につけさせることは必要なことでしょう。それを、500人に1人ぐらいの確立で存在する緘黙の児童生徒のために、学校全体として挨拶運動をとりやめるのは疑問に思います。もちろん、挨拶ができないのは緘黙児者だけではないでしょうが、それでも、そうした児童生徒のために挨拶運動そのものを廃止しなくてもよいだろうと思います。挨拶運動を推進する教師にしても、何も口が利けないような子にまで挨拶を求めるような考えを持った人はそういないでしょう。

しかし、緘黙の理解が広まっていないばかりに、その子が緘黙の児童生徒だと認識されず、挨拶のことで責められる子どもはいるかもしれません。また、全ての教員に、どの子が緘黙の児童生徒で挨拶ができないかという情報共有がなされるとは限りません。事情を知らない教員に緘黙が挨拶をしなければならない場面が訪れたら、辛いところかもしれないと思います。



親が高齢になった時

更新日:2023年06月19日(投稿日:2023年06月19日)
アイキャッチ画像。

私の緘黙は、人災か


人災だったのか--

私が場面緘黙症?になったことについて、こう考えることがあります(ただし、私は医師に診てもらったことはなく、このため緘黙の診断は受けていません)。

私が学校で話せなくなったのは、転校がきっかけでした。親と親戚の話し合いの結果、引っ越しをすることになったのです。転勤による引っ越しではなく、引っ越しは避けようと思えば避けられたはずでした。私は引っ越しに反対しましたし、引っ越し後も元の学校に戻りたいと懇願しました。しかし、親は全く聞き入れてくれませんでした。

また、私が緘黙?になった後、親からは何のフォローもサポートもありませんでした。そして、私は10年以上にわたって緘黙?に苦しむことになるのです。

あの引っ越しがなかったらと思うことは今でもありますし、親を恨む気持ちが全くないかと言えば、それは嘘になります。


年老いた親を手伝うが--


その親も、年老いました。身体機能も認知機能も衰え、自分一人だけではできないことも増えました。そんな親の手伝いをすることが、多くなってきました。

しかし、こう思うことがたまにあるのです。私が緘黙?で苦しんでいたとき、親は何もしてくれなかったじゃないか。そもそも、私が親が引っ越しを決断しなければ、私は学校で話せなくなることはなかったんじゃないか。なのに、私は親のためにここまでする必要があるのだろうかと。

今のところ、こうした感情が原因で親の手伝いをボイコットすることはありません。復讐しようとか、そんな考えもありません。親子間には愛憎様々な感情があるものだろうと思います。とはいえ、親がますます年老い、介護が必要な段階にまでなるなど状況が変われば、心境に変化が出ないとも限りません。