NHK「おはよう日本」に、緘黙の画家

更新日:2023年09月04日(投稿日:2023年09月04日)
アイキャッチ画像。

全国放送


9月4日(月曜日)にNHK総合テレビで放送された「おはよう日本」で、場面緘黙症に関する内容が全国放送されました。

↓ 情報源。NHKウェブサイト。「場面かん黙」絵で伝えるわたしの心とあります。なお、NHKプラスをご利用の方は、このページから見逃し配信へのリンクに飛ぶことができます。
◇ 台風11号・12号 最新情報 - NHK NEWS おはよう日本 - NHK
新しいウィンドウで開く

↓ 放送内容のダイジェスト動画。30秒。おはよう日本の公式X(旧Twitter)アカウントへのリンクです。
◇ NHK おはよう日本 公式
新しいウィンドウで開く


放送内容


私はこの放送を見たので、ここでその内容のご報告をしたいと思います。

時間帯は7時9分頃からで、およそ10分間の放送でした。内容は、以下の通りです。

1 緘黙の簡単な説明から始まる
2 続いて、滋賀県在住で、緘黙がある画家・さなみさんのお話
3 最後に、緘黙の人にどう接すればよいか簡単な説明

2番目のさなみさんのお話がメインでした。このため、緘黙のことよりも、絵画に関する話の方が時間としては長かったです。

ただ、絵画の話の最中にも、テレビ画面右上に「話せなくても伝えたい『場面かん黙』の画家」(うろ覚えで間違っているかもしれません)という今回の特集のテーマが常時出ていまして、「場面かん黙」という言葉が常時強調されているかたちにはなっていました。

なお、NHKウェブサイトには、さなみさんのことを取り上げた以下のページがありますが、それとは内容がやや異なりました。

↓ そのページへのリンクです。
◇ しゃべりたくても しゃべれない 「場面かん黙」はわたしの一部 | NHK | WEB特集
新しいウィンドウで開く



『リエゾン』緘黙編・最終話

更新日:2023年08月24日(投稿日:2023年08月24日)
アイキャッチ画像。

『モーニング』連載中の医療漫画


週刊漫画雑誌『モーニング』(講談社)連載中の医療漫画「リエゾン-こどものこころ診療所-」で、場面緘黙症の話が連載されてきました。

その最新話が8月24日(木曜日)に出ました。緘黙編の第5話で、今週分も20ページの内容です。今回が、緘黙編の最終回です。

この作品は、ネット上で単話購入することもできます。また、一部の話は無料公開されています。

↓ このページで単話購入できます。講談社のマンガWEB「コミックDAYS」というウェブサイトへのリンクです。
◇ リエゾン ―こどものこころ診療所― - ヨンチャン/竹村優作 / #132 場面緘黙⑤ | コミックDAYS
新しいウィンドウで開く

↓ こちらでも単話購入できます。講談社が運営する「マガポケ」というウェブサイトへのリンクです。
◇ リエゾン ーこどものこころ診療所ー - 原作・漫画/ヨンチャン 原作/竹村優作 / 【#132】場面緘黙(かんもく)⑤ | マガポケ
新しいウィンドウで開く

緘黙をフィクションで取り上げるとすると、やはり最後は話せるようになってめでたしめでたしという終わり方がすっきりするでしょう。しかし、一般に緘黙は短期間で治らないことが多いです。このあたり、どうストーリーを展開し、どのような結末に持って行くかは、私がこれまで緘黙を扱ったフィクション作品に触れる際、注目してきたところです。その点、今回の描き方は納得できるものでした(偉そうに、すみません)。良い意味であっさりした最後の展開も、爽やかな読後感につながっています。

作品全体として、作者が緘黙のことをよく勉強していることが窺われ、好感が持てる内容でした。また、もう一つの大きなテーマを絡めて描かれたことにより、緘黙を扱った既存のフィクション作品にはない独自性も感じました。

なお、今作では緘黙もしっかり扱われているのですが、どちらかと言えば、もう一つの大きなテーマの方がメインかもしれません。また、保護者に重きを置いていることや、作品全体が児童精神科を舞台にしていることから、学校による緘黙への対応のあり方については言及が少ないです。「緘黙」に興味を引かれてこの話を読むことを検討している方は、この点留意するとよいかもしれません。

最後に、緘黙を取り上げて頂けたことには感謝です。


「リエゾン」とは


「リエゾン-こどものこころ診療所-」は、児童精神科医を描いた作品。作者は、ヨンチャン (原作・漫画)と竹村優作 (原作)さん。2020年3月5日の『モーニング』14号で連載が始まりました。今回の緘黙の話(最新話)は第132話です。単行本は14巻まで出ています。

人気漫画らしく、テレビ朝日系で8話分だけドラマ化されたこともあります(午後11時台、2023年1月20日~3月10日)。

なお、2014年には、「放課後カルテ」という医療漫画で緘黙が取り上げられたことがあります。こちらも講談社の漫画でした。緘黙の話は単行本第8~9巻に掲載されています。



有名人の声明に、緘黙

更新日:2023年08月22日(投稿日:2023年08月22日)
アイキャッチ画像。

有名人の告白


韓国の有名DJ「DJ SODA」さんが、大阪の音楽イベントで性被害に遭ったと訴えて大きなニュースになっています。そのDJ SODAさんが21日(月曜日)に声明を出したのですが、この中で、場面緘黙症について触れられていました。英語の声明文にも selective mutism と書かれているので、間違いありません。

この声明は、国内外の一部メディアでも取り上げられています。

↓ DJ SODAさんのX(旧Twitter)アカウントへのリンクです。
◇  声明文(日本語版)
新しいウィンドウで開く

↓ DJ SODAさんのX(旧Twitter)アカウントへのリンクです。
◇ 声明文(英語版)
新しいウィンドウで開く

↓ メディアに取り上げられた例。毎日新聞ウェブサイトへのリンクです。
◇ 「服装に責任転嫁してはいけない」 DJ SODAさんがメッセージ
新しいウィンドウで開く

ただ、DJ SODAさんには失礼ですが、場面緘黙症にかかったというきっかけを読むと、これは場面緘黙症とは別のものの可能性はないかという疑問も私には湧きます。しかし、私はDJ SODAさんを診たわけではありませんし、専門家でもないので、大きなことは言えません。


場面緘黙症ではなく、PTSDが疑われた例


似たケースと言えるかどうか分かりませんが、米国のマヤ・アンジェロウ(Maya Angelou)さんのケースを私は思い浮かべます。アンジェロウさんは、米市民に与える最高位の勲章である「大統領自由勲章」をオバマ大統領より授与された著名人です。詩人、教育者、歴史家、作家、女優、劇作家、人権活動家、プロデューサー、ディレクターなど様々な肩書をお持ちの方でした。

そのアンジェロウさんは、性的虐待を受けてから場面緘黙症になったと告白されていました。しかし、米国の認定心理学者で、大手緘黙支援団体の理事長も務めた エイミー・コトルバ(Aimee Kotrba)氏は、アンジェロウさんが話せなかったのは場面緘黙症ではなく、PTSDの症状の可能性があるとの見方を著書の中で示しています(エイミー・コトルバ, 2019)。


誤解


これまでの研究を見ても、性的虐待のような外傷体験が原因で場面緘黙症になるという科学的根拠はありません。話せなくなったのだとしたら、それは場面緘黙症ではなくて、別の何かの可能性も含めて慎重に考えたいです。

しかし、英語圏では、緘黙児はこうした心的外傷を負っているという誤解が多かったそうです。フィクションの影響かもしれません。米国の精神科医スティーブン・ダミット氏は、これを「ハリウッド版緘黙症」(Hollywood version of mutism)と名付け、「よくある神話」(Common Myths) の1つに挙げていました(Dummit, n.d.)。こうした誤解は、理解の妨げになります。


このようなことを述べて申し訳ないが……


DJ SODAさんがかかったという場面緘黙症について、場面緘黙症への誤解が広まって欲しくないという思いから、私なりに思うところを付け加えました。ただ、繰り返しますが、私はDJ SODAさんを診たわけではありません。また、専門家でもないので、診断については大きなことは言えません。だいたい、Xの投稿だけでは断言することはできません。

DJ SODAさんは今までこの事実を誰にも話さず、隠して生きてこられたそうです。今回の告白には、並々ならぬ思いを込めたに違いありません。それだけに、私がこのようなことを述べるのは申し訳ない思いもあります。