『リエゾン』緘黙編・第4話

更新日:2023年08月24日(投稿日:2023年08月17日)
アイキャッチ画像。

『モーニング』連載中の医療漫画


週刊漫画雑誌『モーニング』(講談社)連載中の医療漫画「リエゾン-こどものこころ診療所-」で、場面緘黙症の話が連載されています。

その最新話が、8月17日(木曜日)に出ました。緘黙編の第4話で、今週分も20ページの内容です。

この作品は、ネット上で単話購入することもできます。また、一部の話は無料公開されています。

↓ このページで単話購入できます。講談社のマンガWEB「コミックDAYS」というウェブサイトへのリンクです。
◇ リエゾン ―こどものこころ診療所― - ヨンチャン/竹村優作 / #131 場面緘黙④ | コミックDAYS
新しいウィンドウで開く

↓ こちらでも単話購入できます。講談社が運営する「マガポケ」というウェブサイトへのリンクです。
◇ リエゾン ーこどものこころ診療所ー - 原作・漫画/ヨンチャン 原作/竹村優作 / 【#131】場面緘黙(かんもく)④ | マガポケ
新しいウィンドウで開く

連載も4回目に入り、話がはっきりしてきました。どうやら主人公は緘黙児ではなく、小児科の医師やスタッフでもなく、緘黙児の父親のようです(と私は解釈しています)。そして、この話には緘黙だけでなく、もう一つ大きなテーマがあります。どちらかと言えば、そちらの方がメインテーマかもしれません(と私は解釈しています)。なぜそのテーマを緘黙と関係づけて描いたのかは今のところ私には分かりませんが、どちらにせよ、今後の展開に注目したいです。

週刊連載作ですので、次回は7日後(8月24日木曜日)に出る計算です。ただし、毎週連載ではなく、時々休載したり、掲載誌が「合併号」を出して1週間お休みしたりすることがあります。来週も、どうなるかは分かりません。


「リエゾン」とは


「リエゾン-こどものこころ診療所-」は、児童精神科医を描いた作品。作者は、ヨンチャン (原作・漫画)と竹村優作 (原作)さん。2020年3月5日の『モーニング』14号で連載が始まりました。今回の緘黙の話(最新話)は第131話です。単行本は13巻まで出ています。

人気漫画らしく、テレビ朝日系で8話分だけドラマ化されたこともあります(午後11時台、2023年1月20日~3月10日)。

なお、2014年には、「放課後カルテ」という医療漫画で緘黙が取り上げられたことがあります。こちらも講談社の漫画でした。緘黙の話は単行本第8~9巻に掲載されています。



『リエゾン』緘黙編・第3話が出る

更新日:2023年07月27日(投稿日:2023年07月27日)
アイキャッチ画像。

『モーニング』連載中の医療漫画


週刊漫画雑誌『モーニング』(講談社)連載中の医療漫画「リエゾン-こどものこころ診療所-」で、場面緘黙症の新章が始まっています。

その最新話が、7月27日(木曜日)に出ました。緘黙の章の第3話で、今週分も20ページの内容です。

この作品は、ネット上で単話購入することもできます。日時によっては、一部の話は無料公開されることがあるようです。

↓ このページで単話購入できます。講談社のマンガWEB「コミックDAYS」というウェブサイトへのリンクです。
◇ リエゾン ―こどものこころ診療所― - ヨンチャン/竹村優作 / #130 場面緘黙③ | コミックDAYS
新しいウィンドウで開く

↓ こちらでも単話購入できます。講談社が運営する「マガポケ」というウェブサイトへのリンクです。
◇ リエゾン ーこどものこころ診療所ー - 原作・漫画/ヨンチャン 原作/竹村優作 / 【#130】場面緘黙(かんもく)③ | マガポケ
新しいウィンドウで開く

連載も3回目に入り、話の輪郭が見え始めてきたように思います。緘黙児への支援というと、専門家、教師、保護者によるサポートの必要性が謳われています。しかし、子どものために十分なサポートができない保護者だっているはずです。私にしても母子家庭の育ちで、親は私に十分に目を配ることはできませんでした。この連載では、このあたりのところをどう描いていくのかが注目です。

週刊連載作ですので、次回は7日後(8月3日木曜日)に出る計算です。ただし、毎週連載ではなく、時々休載することがあるようです。実際に8月3日木曜日に公開されるかどうかは分かりません。


「リエゾン」とは


「リエゾン-こどものこころ診療所-」は、児童精神科医を描いた作品。作者は、ヨンチャン (原作・漫画)と竹村優作 (原作)さん。2020年3月5日の『モーニング』14号で連載が始まりました。今回の緘黙の話(最新話)は第130話です。単行本は13巻まで出ています。

人気漫画らしく、テレビ朝日系で8話分だけドラマ化されたこともあります(午後11時台、2023年1月20日~3月10日)。

なお、2014年には、「放課後カルテ」という医療漫画で緘黙が取り上げられたことがあります。こちらも講談社の漫画でした。緘黙の話は単行本第8~9巻に掲載されています。





東京ウーバーズの緘黙動画、再生数150万回

更新日:2023年07月23日(投稿日:2023年07月23日)
アイキャッチ画像。
YouTubeチャンネル「東京ウーバーズ」が公開した場面緘黙症のショート動画が、およそ150万回に上る再生回数を記録しています。

↓ その動画です。YouTubeへのリンク。
◇ 【500人に1人】場面緘黙(かんもく)症になるとどうなるのか?
新しいウィンドウで開く

再生回数150万回は、大変な数字です。現在公開されている緘黙を扱った日本のYouTube動画で、150万回を超えているものは、今回の動画を除くと3件しかありません。なお、この動画の公開日は2023年7月4日で、20日間ほどでこの再生回数に届いたことになります。

動画には「場面緘黙症の末路」という題名もついていますが、ここでの「末路」に深い意味はありません。東京ウーバーズは「~の末路」と題する一連の動画を投稿していて、それに合わせただけと思われます。

また、動画のハッシュタグに「#tiktok」とありますが、少なくとも現在のところ、東京ウーバーズはtiktokでは緘黙の動画を公開してはいません。

東京ウーバーズが緘黙の動画を作った動機は、私には突き止められませんでした。過去にはASD(自閉スペクトラム症)やADHD(注意欠如・多動症)を取り上げたこともあるにはあるので、特別支援教育関係というか、そういう方面の動画の作成に一定の関心を持った方たちなのかもしれません。

私たち緘黙関係者が緘黙の動画をYouTubeに公開しても、こんなに多い再生回数を記録したことはありません。緘黙関係者は数が少なく、マンパワーも限られます。ですが、緘黙関係者ではない外部の方には大変な影響力を持った方がたくさんいて、このような多くの視聴者を獲得できる動画を公開するなど、大きなことをすることがあります。