緘黙のための法律の提案(伯国)

更新日:2020年07月06日(投稿日:2020年07月06日)
アイキャッチ画像。

「場面緘黙症患者の権利を保障する法律」


ブラジルで、場面緘黙症のための法律を提案する動きが始まったそうです。この情報は、「ブラジル場面緘黙症協会」(Instituto Mutismo Seletivo Brasil) のFacebookページや、Instagramアカウントで明かされました。

↓ アクセスすると、動画が再生されるかもしれません。
◇ そのFacebookページの投稿1
新しいウィンドウで開く

↓ これもアクセスすると、動画が再生されるかもしれません。
◇ そのFacebookページの投稿2
新しいウィンドウで開く

↓ 文章も書かれてあるのですが、閲覧環境によっては読めないかもしれません。画面サイズがある程度あれば、読めます。
◇ そのInstagramの投稿
新しいウィンドウで開く

このうち、Instagramには「場面緘黙症患者の権利を保障する法律」 (Leis para assegurar os Direitos dos Paciente com Mutismo Seletivo) という文が書かれてあります。


州議会議員と連絡


よく分からないのですが、上のSNSでの書き方では、この計画を行う主体がブラジル場面緘黙症協会とも解釈できます。

上のSNSでの投稿ではまた、州議会議員のMaria Lúcia Amary氏やその顧問と連絡を取り合っているという内容のことも、書かれてあります。Maria Lúcia Amary氏はサンパウロ州の議員です。サンパウロ州議会では、10月31日を「場面緘黙症啓発の日」と制定する法案が通ったことがあるのですが、その法案の起草者がこの方でした。

↓ 2017年末に書いた記事。Maria Lúcia Amary氏についても触れています。
◇ 「緘黙啓発デー」制定の動き、ブラジル自治体で静かに広がる
新しいウィンドウで開く

さらに、Facebookの2つ目の投稿は、Iolanda Juvencio de Oliveiraさんという緘黙児のお母様?が、法律提案のために頑張っていらっしゃるというようにも解釈できます。

法案の詳細については、上のSNS投稿には書かれてありません。もしかしたら動画に説明があるのかもしれませんが、私はブラジルの言葉(ポルトガル語)を聴き取れないので、分かりません。なお、動画の中で話をしている人物は、臨床心理学者のElisa Neiva Vieira氏とみられます。


今後の展開は?


法律は、どのような内容になるのでしょう。

私には予想できませんが、「場面緘黙症患者の権利を保障する法律」ということであれば、ブラジルも批准している「障害者の権利に関する条約(障害者権利条約)」が参考にされるのは間違いないだろうと思います。

↓ 障害保健福祉研究情報システム(DINF)ウェブサイトへのリンクです。
◇ 障害者の権利に関する条約(日本政府公定訳)
新しいウィンドウで開く

あと、サンパウロの州議会議員と連絡をとっているということは、国の法律というより、州法になる展開も予想できます。

ただ、実際に法律が提案され、制定にまで至るかどうかは、まだ分かりません。

なお、私はポルトガル語を読むこともできません。機械翻訳で英訳するなどして読んでいるので、厳密なところで解釈の誤りがあるかもしれません。

※ ブラジルは、漢字で「伯剌西爾」と書くそうです。



緘黙相談にスクールカウンセラーが活用された実績(横浜)

更新日:2019年07月22日(投稿日:2019年07月22日)
アイキャッチ画像。

横浜市教育総合相談センターによるスクールカウンセラー派遣相談事業


横浜市は約370万の人口を有する巨大自治体です。その人口規模は、四国四県に匹敵します。

その横浜市の教育総合相談センターが、事業実績をインターネット上で公開しています。その中に「スクールカウンセラー活用事業」の記載があります。これは、横浜市ホームページに書かれてある以下の記述のことと思われます。

■ スクールカウンセラー派遣による相談

学校に派遣したスクールカウンセラー(臨床心理士等の資格を持つこころの専門家)が、暴力行為や不登校、いじめ等について、児童生徒・保護者及び教職員の相談に応じます。

  • 配置校:中学校全校と一部の小学校・高等学校

  • 派遣時間:週1回8時間あるいは週2回4時間ずつ

  • https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/kyoiku/soudan/kyoikusoudan/soudan4000.html

「かんもく」の相談にスクールカウンセラーが活用された実績


そのスクールカウンセラー活用実績の中に、「かんもく」の項目があります。これは、場面緘黙症や全緘黙症への相談に、スクールカウンセラーが活用された実績のことと見て間違いないでしょう。

公開されている活用実績は過去6年間におよびますし、370万人を有する大きな自治体の資料ですので、ちょっと見てみたいと思います。

以下は、その事業実績を示した資料です。資料の2ページ目をご覧ください。いずれもPDFファイルです。ファイルサイズは200~240KBほどです。

◇ 平成24年度・25年度実績
新しいウィンドウで開く

◇ 平成26年度・27年度実績
新しいウィンドウで開く

◇ 平成28年度・29年度実績
新しいウィンドウで開く

この件数が「延べ」数かどうかが気になるところですが、資料にははっきり書かれてありません(これは、大事なことなのですが……)。


上の表をまとめる


せっかく平成24年度から29年度までの実績を集めたので、これらを一つの表にまとめてみました。また、件数の推移を折れ線グラフにしてみました。音声読み上げソフトでご覧の方には申し訳ないのですが、画像形式でお伝えします。

表1 スクールカウンセラー活用実績(年度別、相談者別) 単位:件


表2 スクールカウンセラー活用実績の推移を示した折れ線グラフ 単位:件


※ 画像をクリック/タップすると、画像のみを表示します。

「平成29年度市立学校現況」によると、横浜市の中学校の生徒数は78,586人です。緘黙の小中学校での有病率を仮に大雑把に500人に1人(0.2%)とすると、緘黙の生徒は中学校でおよそ150人いる計算になります。また、小学校の児童数は180,127人で、緘黙児はおよそ360人いる計算です。

お話した通り、スクールカウンセラーの配置校は「中学校全校と一部の小学校・高等学校」でした。その中での、上のスクールカウンセラー活用実績の数字です。ちょっと多すぎるように思います。そうすると、この数字は「延べ」での数字ではないかと思えてくるのですが、資料には記載がないので確かなことは分かりません。

年度にもよるのですが、教職員の件数が最も多いです。次いで、保護者、児童生徒の順です。なお、不登校やいじめなどを合わせた全体の件数も、この順に多いです。横浜市では、緘黙に限らず、スクールカウンセラーは教職員が最も活用しています。

児童生徒の相談件数は、平成27年度までは保護者のそれと同等の水準にありました。緘黙の児童生徒は話せないなどの理由で、相談までのハードルは特に高いのではないかと思うのですが、件数は全体の約24%を占めています。なお、不登校やいじめなどを合わせた全体の件数も、児童生徒については20%台前半の水準です。

ただ、年度によって変動が大きいので、もしかしたら相談対象となった緘黙の児童生徒の数は少なく、そんな中、活用実績を延べ件数で記録したのではないかとも思います。もっとも、これはあくまで推測で、確かなことは分かりません。


全体に占める割合


最後に、全スクールカウンセラー活用実績に占める「かんもく」の割合をまとめてみました。

表3 全スクールカウンセラー活用実績に占める「かんもく」の割合(年度別、相談者別) 単位:%

※ 画像をクリック/タップすると、画像のみを表示します。

児童にしろ、保護者にしろ、教職員にしろ、概ね0.5%前後の割合で推移しています。横浜市のスクールカウンセラーからすれば、緘黙の相談に関わる機会は、200件に1件程度ということになります。

最近はもしかすると緘黙の認知度が上がり、緘黙の相談がスクールカウンセラーの元に寄せられる例も増えているのではないかとも思ったのですが、少なくとも上の資料では、そうした傾向は確認できません。絶対数で見ても割合で見ても、緘黙の相談は特に増えてはいません。むしろ、減少傾向にあるように思えないでもありません。



狛江市議会で、緘黙について踏み込んだ議論

更新日:2019年06月01日(投稿日:2019年06月01日)
アイキャッチ画像。
東京都の狛江(こまえ)市議会で、場面緘黙症に関して、やや踏み込んだ議論があったことを知りました。

平成30年(2018年)3月2日に開催された、平成30年第1回定例会(第3号)でのことです。山本暁子議員(狛江・生活者ネットワーク)と、平林浩一教育部長の質疑答弁が記録されています。

↓ ページ内を「緘黙」と検索してみてください。
◇ chiholog - 地方議会議事録横断検索
新しいウィンドウで開く

↓ このページでも読めます。「緘黙」と検索してみてください。
◇ トップページ | 狛江市議会会議録
新しいウィンドウで開く

山本議員の質問内容は、「ディスレクシアや場面緘黙 学びたい気持ちを支える体制を」と題するものです。なお、ディスレクシアとは、知的に遅れがないにも関わらず、読み書きに困難を抱える障害です。

緘黙については、「緘動」も含めた基本的な症状の説明、授業での対応などを質しています。

注目したいのは、今後導入されるアクティブラーニング、英語におけるスピーキング、さらには笑育(わらいく)を重視した授業などでの配慮について要望も行なっている点です。

このうち、笑育とは、狛江市ホームページによると、「松竹芸能株式会社の協力で漫才のネタ作りや発表を通して、想像力・発想力を育み、表現力の育成を図る」事業だそうです。アクティブラーニングや英語とは異なり、一部の学校で行なわれている事業で、狛江市では平成30年5月から始まっています。

↓ 「笑育」が解説されています。
◇ 笑育 |松竹芸能株式会社
新しいウィンドウで開く

話せない緘黙の児童生徒への配慮となると、やはり話し言葉以外のコミュニケーション手段の保障が考えられる方法の一つなのでしょうか、議会でもそうした案が出ています。緘黙児者も様々で、文字による交流ができる場合もあれば、それもできない場合もあり、答えは一つではないでしょう。いずれにしても、これは大事なテーマで、よく取り上げられたと思います。