ノルウェー団体の緘黙の本

更新日:2023年09月01日(投稿日:2023年09月01日)
アイキャッチ画像。

ネットで無料公開


ノルウェーの場面緘黙症の団体 Foreningen for selektiv mutisme が、場面緘黙症の本をウェブサイトで無料公開しています。

この本は絵本の形式に近いこと、保護者が作った本をもとにしていること、幼稚園や小学校の子どもたちに読んであげることを念頭に書かれていることなどから、私などは日本の絵本『なっちゃんの声』を思い起こしました。興味深く思ったので、ご紹介してみます。

↓ 本を紹介したページ。本のダウンロードリンクもあります。Google翻訳で和訳しています。
◇ Boken Mio har selektiv mutisme | Foreningen for selektiv mutisme
新しいウィンドウで開く

↓ 原文はこちら。
◇ Boken Mio har selektiv mutisme | Foreningen for selektiv mutisme
新しいウィンドウで開く

本はPDFファイル(約2MB)で公開されています。Google翻訳PC版の「ドキュメント」を翻訳する機能を使えば、このPDFファイルも和訳が可能です。ただし、和訳には少し時間がかかるかもしれません(私の場合、5分ほどかかりました)。


内容と感想


本の内容は、「ミオ」という緘黙がある少年を主人公とした話です。私も機械翻訳で読んでいるためよく分からない部分もあるのですが、ミオは幼稚園児という設定ではないかと思います。

分量は表紙を合わせて16ページです。序文など一部のページを除き、各ページは上部にイラスト、下部に文章という構成です。先ほどお話しした通り、絵本に近い形式と言えるでしょう。

なっちゃんの声』がシンプルな内容だったのに比べて、本書は色々と盛り込んでいます。緘黙の理解のみならず、話せるようになる取り組みまで踏み込んでいます。

話せるようになる取り組みの1つとして、トーキングカードの活用が挙げられています。トーキングカードは、このノルウェーの緘黙団体のウェブサイトに公開されていることから、ウェブサイトの内容と連動するかたちとなっています。なお、トーキングカードのような類いのものはAAC(拡大代替コミュニケーション) と呼ばれ、非言語コミュニケーションを取ることを目標とする段階の緘黙児には活用するのもよいだろうと思うのですが、いずれは卒業するべきものだろうとも思います。

緘黙を社交不安症の一種とするなど、私としては所々疑問を感じる箇所もないではありません。とはいえ、全体としては興味深く読みました。



主人公が緘黙設定の小説が出ます

更新日:2023年07月29日(投稿日:2023年07月29日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症という設定の高校生が主人公のフィクションが、本として発売される予定です。

本の基本情報


書名:息ができない夜に、君だけがいた。
著者:丸井とまと
イラストレーター:凪
発売日:2023年8月9日
出版社: スターツ出版
定価:1,430円(税込)

↓ 情報源。ケータイ小説・恋愛小説サイト「野いちご」へのリンクです。
◇ 2023年8月発売の単行本(野いちご) | 野いちご - 無料で読めるケータイ小説・恋愛小説
新しいウィンドウで開く

本書はもともと『この声を消さないために』という題名で7月に発売予定でしたが、改題した上で、8月に発売が延期されることになりました。

スターツ出版の本は、ケータイ小説・恋愛小説サイト「野いちご」で発表された後に単行本化されることがあります。本書の場合は、既に「野いちご」で発表されたものかどうかは、私には確認できませんでした。

このため、その内容は私はまだ読んでいません。緘黙がどのように描かれるかも未確認です。緘黙をどの程度大きく取り上げた話かも分かりません。


スターツ出版からは、少なくとも4作目


スターツ出版からは、過去にも、緘黙の高校生が主人公のフィクション小説が出版されたことがあります。私が把握している限り、次の3作です。なお、作品を読んだ私の感想へのリンクを張ってあります。

○ 『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』(涙鳴著、2018年)
新しいウィンドウで開く

○ 『私の世界を変えてくれた君へ。』 (なぁな著、2019年)
新しいウィンドウで開く

○ 『半透明の君へ』 (春田モカ著、2021年)
新しいウィンドウで開く



香港の絵本『敏敏不說話』

更新日:2023年04月24日(投稿日:2023年04月24日)
アイキャッチ画像。
香港で、場面緘黙症の絵本が出版されました。

書名:敏敏不說話
著者:Ms. Wincy
絵:A-Four
出版日:2023年3月10日
出版社: 紅出版(青森文化)
ページ数:24ページ
価格:125香港ドル(約2,000円)

緘黙を理解するための絵本です。こうした本は国内外に存在しますが、香港では初めてだそうです。

著者は言語聴覚士で、言語治療を行う「香港童協」の会長。また、香港の緘黙団体「香港選擇性緘默症協會」の創設者。そして、緘黙の経験者でもあります。本書は、著者の幼少期の経験を描いているそうです。

著者のInstagramアカウントによると、本書の全ての収益は、経済的に困難を抱える家庭(緘黙児者がいる家庭のうち、経済的に困難を抱える家庭のことか)を支援するサービスに使われるそうです。緘黙の本の出版で、こうした例は珍しいです。経済的に困難を抱えた家庭の多くは、治療費の支払いに苦労していたことを著者は感じていたそうです。

本書は、日本のAmazon.co.jpや楽天では、購入することができません。ただ、出版社のウェブサイトから、ごく一部を試し読みすることができます。