新しい児童書『はるかちゃんが、手をあげた』

更新日:2020年01月19日(投稿日:2020年01月19日)
アイキャッチ画像。
家では話せるのに、学校では話せない少女が主人公の児童書が、2019年11月に発売されました。ご紹介してみたいと思います。

話の内容を少し書いているので、まだ知りたくないという方はご注意下さい。

本の基本情報


作者:服部千春
絵:さとうあや
書名:はるかちゃんが、手をあげた
出版社:童心社
発行日:2019年11月15日
対象年齢:小学1・2年生~
ページ数:63ページ

童心社の「だいすき絵童話」シリーズの1作です。絵本というよりはむしろ、挿絵が多めの読み物といったところだろうかと思います。

作者の服部千春さんは、児童文学作家です。私が立ち寄った図書館の児童書コーナーでは、本棚に服部さん専用の著者見出しがあって、そこに服部さんの本が何冊も並べられていました。人気作家であることが窺えます。


本のあらすじ


家では話せるのに、学校では話せない小学2年生のはるかちゃんが主人公です。

ある日、席替えであきらくんという子がはるかちゃんの隣に座ることになりました。このことが、はるかちゃんの学校生活を変えてゆきます。

「緘黙」「場面緘黙症」といった言葉は、本の中には出てきません。


感想


はるかちゃんの状態は、場面緘黙症を思わせます。本にははっきり書かれてありませんが、おそらく緘黙という設定なのではないかと思います。

話せないことに本人も同級生も慣れっこになっていたとか、本人はこのまま話せなくてもそれはそれで楽と感じていたとかいう話が、一つのあり得る状況として実にリアルで、驚かされました。著者は緘黙の経験者ではないかとさえ思ったほどです(童心社のInstagram投稿によると、著者は緘黙経験者ではないようです)。

↓ ストーリーについて、より詳しく紹介されているので、まだ知りたくないという方はご注意。
◇ 童心社のInstagram投稿
新しいウィンドウで開く

思い返せば、確かに私が学校で話せなかった頃にも、そうした一面がありました。最近、当事者や経験者の悲痛な声をたくさん読んできたため、それに引きづられて記憶の上書きのようなことが起こり、「私は昔、学校で話せずに辛い思いばかりしていた」とつい考えてしまいがちになっていました。

なお、登場人物には緘黙の支援を行う専門家が登場するわけではありません。専門家の指導ではなく、クラス内の人間関係がはるかちゃんに変化をもたらすという展開は、物語らしいです。「専門家の指導のもと、スモールステップの取り組みを続けたところ、声が出るようになりました。めでたしめでたし」では、童話としてはつまらないですからね。現実には、専門家に相談した方がよいと思います。





新しい本『かんもくの声』予約始まる

更新日:2019年12月29日(投稿日:2019年12月28日)
アイキャッチ画像。
新しい場面緘黙症の本が発売されることが明らかになりました。

本の基本情報


著者:入江紗代
書名:かんもくの声
出版社:学苑社
発売予定日:2020年2月10日

著者とタイトルを見て、ピンと来た方という方は多いだろうと思います。入江さんは「かんもくの声」として、場面緘黙経験者による発信・活動を2014年より行っている方です。入江さんのTwitterやFacebookページは、非常に多くの方がフォローしています。

2017年には、入江さんの緘黙経験が、日本テレビ系のゴールデンタイムの番組「ザ!世界仰天ニュース」で取り上げられました。

それから、出版社の学苑社ですが、この会社は緘黙の本をこれまで多数出しています。お馴染みの方も多いだろうと思います。


本の内容は?


本の内容がどういうものになるのかは、まだ私にはつかめていません。Amazon.co.jp には本の目次が掲載されていますが、これを見ると、入江さんの半生を、緘黙を軸にまとめたもののようにも思えます。

↓ Amazon.co.jp アソシエイトリンクです。
◇ かんもくの声 | 入江紗代 |本 | 通販 | Amazon
かんもくの声

入江さんは緘黙の当事者研究でも知られる方ですが、目次に「当事者研究」という言葉が含まれた章はありません。

ただ、目次だけでは、詳しい内容までは分かりません。今後、入江さんご本人から何らかの発表があるものと思われます。今後の情報を注視したいです。

※ こんな年の瀬に、新刊情報が明らかになるなんて!ブログの更新が大変です ><

[追記(2019年12月29日)]

本の目次がAmazon.co.jpで確認できるようになったことから、内容を一部書き改めました。







台湾発の、緘黙の専門書が出版される

更新日:2019年12月07日(投稿日:2019年12月07日)
アイキャッチ画像。
台湾の臨床心理士による、場面緘黙症の本が出版されました。台湾発の緘黙の専門書の出版は、初めてではないかと思います(専門書は、翻訳書しかありませんでした)。

私はこの本の内容を読んではいないのですが、書籍サイト等の情報をもとに、分かる範囲で取り上げてみたいと思います。

↓ 情報源です。
◇ 著者のFacebookページ
新しいウィンドウで開く

本の基本情報


著者:王意中
書名:選擇性緘默症: 不說話的孩子
出版社:寶瓶文化
発売日:2019年12月5日
ページ数:256ページ

著者の王意中氏は、子どもの障害や、問題行動(と言えばいいのかな?)に関する本を多数著しています。


本の概要


保護者や、教師、臨床家、そのほか緘黙に関わる様々な人を対象とした本です。小さな子どもの緘黙だけでなく、高校生の緘黙までが守備範囲に入っています。


本の印象


この本の章立ては、これまでの緘黙の本では見たことがないかもしれません。といっても、とっぴな構成ではありません。章立てから窺えるのは、保護者、教師、臨床家の三者に対して、具体的な対応方法を示すことに力点が置かれていることです。

緘黙の支援にはこの三者の連携が効果的とも言われますが、今回のような書き方をした本は、実は意外に少ないです。例えば、三者のうち一者のみ(例えば教師とか)を対象に書かれていたりします。

この本は、そういう意味で総合的、網羅的と言えます。半面、中途半端な内容になっていないか心配もあります。ですが、本書は台湾発の始めての緘黙の専門書ですので、こうした内容になるのも、もっともなことだろうと思います。これから台湾でも、さらなる緘黙の本が出版されることを期待します。

それにしても、台湾の言葉だからでしょうか、著者の言葉の選び方の問題でしょうか、第2章の題名「選擇性緘默症的班級經營策略」が面白いです。日本語に訳すと「場面緘黙症のための学級経営戦略」といったところでしょうか。こういう言い方だと、緘黙の児童生徒にどう対応するかというよりも、緘黙の児童生徒がいる場合に学級全体をどうマネジメントしていくかという点に意識が向いているように思われます。


台湾や中国本土の動きが面白い


ところで台湾といえば、台灣選擇性緘默症協會が今年9月、「台北NPO聚落」 (NPO HUB Taipei) というビルに入居しました。これによって、協会の活動拠点ができました。

このビルには、衛生福利部(日本の厚生労働省に相当か)の蘇麗瓊政務次長などが視察しており、注目されていることが窺えます。

◇ 入居決定時の台灣選擇性緘默症協會のFacebook投稿
新しいウィンドウで開く

◇ NPO HUB Taipei │ 台北NPO聚落 ウェブサイト
新しいウィンドウで開く

今年4月には、台湾出身のRochelleさんと、日本出身のAyahaさんの共著が出版されましたが、この本は電子書籍で Amazon.co.jpでも買うことができるようになりました。最近は中国本土でも新たな動きがあるようですし、ここのところのこうした動向は興味深いです。