台湾発の、緘黙の専門書が出版される

更新日:2019年12月07日(投稿日:2019年12月07日)
アイキャッチ画像。
台湾の臨床心理士による、場面緘黙症の本が出版されました。台湾発の緘黙の専門書の出版は、初めてではないかと思います(専門書は、翻訳書しかありませんでした)。

私はこの本の内容を読んではいないのですが、書籍サイト等の情報をもとに、分かる範囲で取り上げてみたいと思います。

↓ 情報源です。
◇ 著者のFacebookページ
新しいウィンドウで開く

本の基本情報


著者:王意中
書名:選擇性緘默症: 不說話的孩子
出版社:寶瓶文化
発売日:2019年12月5日
ページ数:256ページ

著者の王意中氏は、子どもの障害や、問題行動(と言えばいいのかな?)に関する本を多数著しています。


本の概要


保護者や、教師、臨床家、そのほか緘黙に関わる様々な人を対象とした本です。小さな子どもの緘黙だけでなく、高校生の緘黙までが守備範囲に入っています。


本の印象


この本の章立ては、これまでの緘黙の本では見たことがないかもしれません。といっても、とっぴな構成ではありません。章立てから窺えるのは、保護者、教師、臨床家の三者に対して、具体的な対応方法を示すことに力点が置かれていることです。

緘黙の支援にはこの三者の連携が効果的とも言われますが、今回のような書き方をした本は、実は意外に少ないです。例えば、三者のうち一者のみ(例えば教師とか)を対象に書かれていたりします。

この本は、そういう意味で総合的、網羅的と言えます。半面、中途半端な内容になっていないか心配もあります。ですが、本書は台湾発の始めての緘黙の専門書ですので、こうした内容になるのも、もっともなことだろうと思います。これから台湾でも、さらなる緘黙の本が出版されることを期待します。

それにしても、台湾の言葉だからでしょうか、著者の言葉の選び方の問題でしょうか、第2章の題名「選擇性緘默症的班級經營策略」が面白いです。日本語に訳すと「場面緘黙症のための学級経営戦略」といったところでしょうか。こういう言い方だと、緘黙の児童生徒にどう対応するかというよりも、緘黙の児童生徒がいる場合に学級全体をどうマネジメントしていくかという点に意識が向いているように思われます。


台湾や中国本土の動きが面白い


ところで台湾といえば、台灣選擇性緘默症協會が今年9月、「台北NPO聚落」 (NPO HUB Taipei) というビルに入居しました。これによって、協会の活動拠点ができました。

このビルには、衛生福利部(日本の厚生労働省に相当か)の蘇麗瓊政務次長などが視察しており、注目されていることが窺えます。

◇ 入居決定時の台灣選擇性緘默症協會のFacebook投稿
新しいウィンドウで開く

◇ NPO HUB Taipei │ 台北NPO聚落 ウェブサイト
新しいウィンドウで開く

今年4月には、台湾出身のRochelleさんと、日本出身のAyahaさんの共著が出版されましたが、この本は電子書籍で Amazon.co.jpでも買うことができるようになりました。最近は中国本土でも新たな動きがあるようですし、ここのところのこうした動向は興味深いです。







緘黙少女が主人公『私の世界を変えてくれた君へ。』読みました

更新日:2019年10月26日(投稿日:2019年10月26日)
アイキャッチ画像。
以前お話した、場面緘黙症の高校生が主人公の小説が発売されました。私はこの本を読み終えたので、本についてご報告したいと思います。

本の基本情報


まず、本の基本情報のおさらいです。

著者:なぁな
イラスト:岩ちか
書名:私の世界を変えてくれた君へ。
出版社:スターツ出版
発売日:2019年10月25日
ページ数:339(特別書き下ろし番外編37ページ分含む)

この本は、「ケータイ小説サイト 野いちご」に掲載された作品「斜め45度の世界を変えてくれたのは、キミだった。」を書籍化したものです。

↓ 「ケータイ小説サイト 野いちご」へのリンクです。
◇ 『私の世界を変えてくれた君へ。』 なぁな /著 | ケータイ小説サイト 野いちご
新しいウィンドウで開く

なお、昨年話題となった緘黙の高校生が主人公の小説『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』(涙鳴さん作)も「野いちご」発の作品でした。

著者のなぁなさんは、学園ホラー『イジメ返し』シリーズなど20冊以上の書籍を出されています。表紙のイラストを描かれた岩ちかさんは、集英社マーガレットで漫画『婚約生』などを発表、これらの作品は単行本にもなっています。


本の情報+


物語には「予知夢」が見える人物が登場するなど、実際にあった話では明らかになさそうです。あくまで、フィクションとして読みましょう。

本は単行本という扱いです。文庫本だった『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』に比べると本のサイズがやや大きめです。また、若干厚めのようにも思います。

目次には「場面緘黙症」と書かれた項目があります。これは、第1章第4節が「場面緘黙症」というタイトルのためです。

また、本の帯にはあらすじが書かれてあり、ここにも小さくですが「場面緘黙症」と書かれてあります。

あとがきにも緘黙について書かれてあります。なぁなさんが緘黙を取り上げたきっかけも、ここで分かります。


感想


フィクションの小説ですので、緘黙の描き方がどこまで的確か云々よりも、話せない主人公の心情が細かに描かれている点に、私は注目しています(本作の一部の緘黙の描き方には、納得がいかない方はいらっしゃるだろうと思います。完璧に緘黙を理解し、表現するのはなかなか難しいです)。

私も学校で長期間話せない経験をしましたが、藤原君のような理解ある同級生がいたらよかっただろうとは、やはり思います。その理解ある同級生を、魅力的な異性として描いて夢のある話に仕上げられたのはフィクションの強みでしょう。書名の『私の世界を変えてくれた君へ。』は当初の題名から変更されたものですが、緘黙のような経験をした方には訴えかけるものがあるかもしれません。

実際のところ、転入生など、新たな人物との出会いが自分を変えるきっかけになったという緘黙経験者の話は、聞いたことはあります。よく分からないのですが、そうした新たな人物の登場は、こう着状態を打ち破る働きをすることがあるのかもしれません。

それから、話の中で吃音に軽く触れられる箇所があったのが、興味深く思われました。

あと、本の装丁が面白いです。カバーを取ってみたら、ちょっと驚きました。物語とうまく連動しています。

なぁなさんご自身は緘黙を経験されたわけでもありませんし、お子様が緘黙なわけでもありません。にもかかわらず、緘黙に関心を持っていただけたのはありがたく感じます。





緘黙少女が主人公の新著『私の世界を変えてくれた君へ。』

更新日:2019年10月19日(投稿日:2019年10月11日)
アイキャッチ画像。

「ケータイ小説サイト 野いちご」より


場面緘黙症の高校生が主人公の、新たな小説が出版されることが分かりました。

著者:なぁな
イラスト:岩ちか
書名:私の世界を変えてくれた君へ。
出版社:スターツ出版
発売日:2019年10月25日

この本は、「ケータイ小説サイト 野いちご」に掲載された作品「斜め45度の世界を変えてくれたのは、キミだった。」を書籍化したものです。その内容は、下記のページで読むことができます。

↓ 「ケータイ小説サイト 野いちご」へのリンクです。
◇ 『私の世界を変えてくれた君へ。』 なぁな /著 | ケータイ小説サイト 野いちご
新しいウィンドウで開く

私は上のページで公開されている作品を最後まで読んだのですが、緘黙の理解や説明云々よりも、何より主人公の心理描写が巧みで、このあたりはさすが小説を書かれる方だと、うならされました。

著者のなぁなさんは、これまで多数の著書をスターツ出版から送り出していますが、今回の本は文庫本ではなく、単行本という扱いです。このためか、これまでの本に比べて、価格が倍ほどに設定されています。本としてどのような物が出来上がるのか、注目したいです。


『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』と同じ出版社


ところで、「スターツ出版」や「野いちご」という名前、見たことがあるという方がいらっしゃるかもしれません。そう、昨年発売された緘黙の高校生が主人公の小説『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』もスターツ出版から発売された本で、「ケータイ小説サイト 野いちご」から生まれた作品でした。

『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』は涙鳴(るいな)さんの作品でしたが、今回は別の方が書いていらっしゃいます。複数の方が緘黙に関心を持ってくださったのはありがたく思います。