昭和56年に出た、知られざる緘黙の専門書

2018年02月08日(木曜日)

アイキャッチ画像。

流王治郎『子供の緘黙症』


1981年(昭和56年)に、緘黙症の本が出ています。流王治郎『子供の緘黙症』という本です。おそらくは専門書で、分量は210ページあるそうです。ところがこの本、ほとんど知られていないのではないかと思います。私も手に取ったことはありません。

↓ この本の情報。国立情報学研究所のサービス Webcat Plus へのリンクです。
◇ 子供の緘黙症
新しいウィンドウで開く

おそらくはメジャーな流通に乗らなかった本で、それゆえ知られていないのかもしれません。出版元と思われる「五和工芸」は、インターネットで検索してもほとんど何もヒットしません。また、大学図書館の本を探せる「CiNii 図書」で検索しても、所蔵図書館は倉敷市立短期大学付属図書館のみという結果です。


流王氏は1960年代に、緘黙の研究発表を行なっていた


ただ、著者の流王治郎氏は、見覚えがあるお名前です。1960年代に緘黙の研究発表を行っており、関連文献を読んだことがあるのです。私が把握している流王氏の緘黙関連文献は、以下の通りです。いずれも、著者の所属は岡山県中央児童相談所です。

○ 流王治郎 (1962). 心因性無言症の研究ー症例を中心としてー. 臨床心理, 4(2), 36-42.

○ 佐藤修策・繁永芳己・流王治郎 (1963). 児童における行動異常の研究ー場面緘黙ー. 日本心理学会大会発表論文集第27回. 382.

次のものは学会発表です。1967年の『児童精神医学とその近接領域』第8巻1号19-20ページに収録されています。

◇ 緘黙児の臨床的研究 I. 発生要因について
流王治郎・篠原清彦・佐藤修策

◇ 緘黙児の臨床的研究 II. 心理療法について
佐藤修策・篠原清彦・流王治郎


この時代に緘黙の専門書が出ていても、不思議ではない


1981年(昭和56年)という時代に、緘黙の専門書が本当に出ていたのだろうかといぶかしく思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、私は十分にあり得ると思います。

というのも、1973年(昭和48年)には、十亀史郎『講座情緒障害児 第3巻 自閉症児・緘黙児』という200ページほどの本が出ているからです。また、翌1974年(昭和49年)には、全国情緒障害教育研究会編『情緒障害児の教育-緘黙・孤立児-』という、これまた200ページほどの本が出ています。

1986年(昭和61年)には、山本実、中山文雄編著『緘黙症・いじめ-正子の場合-』という、例によって200ページほどの本が出ています。こうした時代背景を考えると、緘黙の専門書が1981年(昭和56年)に出ていても不思議ではないというのが私の見方です。


もっと広く流通していたら


流王氏は先の1962年の論文の中で、次のように述べています。

従来、心因性無言症について、一括して論ぜられている傾向があった。われわれはその原因、症状、無言場面などから、心因性無言症を細分して考察するのがよいと考える。(41-42ページ)

心因性無言症の原因を明きらか(原文ママ)にするのは難しいことであるが、その発生原因として、素因的なものと誘因的なものに分けて考えるのがよいと思う。(43ページ)

現在でも通用しそうな視点です。流王氏の著書がもっと広く流通していたらと思います。





『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』予約始まる

2018年02月02日(金曜日)

アイキャッチ画像。
※ 上の画像は今回の本と関係がありそうに見えますが、無関係です。

場面緘黙症の高校生が主人公の小説『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』。今日、Amazon.co.jp で予約注文が始まりました。発売日は2月25日です。

この本は、「ケータイ小説サイト 野いちご」に掲載された『春が来たら、桜の花びら降らせてね』を書籍化したものです。

書籍リンク




※ 本の表紙イラストが公開されたので、アソシエイトリンクを張り直しました。(2018年2月9日)


本の基本情報


この作品については、「緘黙関連ニュース」や「緘黙関連の予定」のコーナーで繰り返しご紹介してきましたが、ここで基本情報をおさらいしておきたいと思います。

著者


著者は、涙鳴(るいな)さんです。恋愛、ファンタジーを書いていらっしゃいます。「ケータイ小説サイト 野いちご」で作品を多数発表されているのですが、書籍化された作品が多いです。電子書籍を含めて、既に8冊も本を出されています。

今回の作品の書籍化にあたって、涙鳴さんは緘黙について触れてくださいました。

↓ 涙鳴さんの Twitter投稿へのリンク。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ 涙鳴さんの Twitter 投稿へのリンク
新しいウィンドウで開く

[追記(2018年2月9日)]

ブログでも緘黙について書いてくださっています!本日公開の記事です。

↓ 涙鳴さんのブログへのリンク。
◇ 2月25日 文庫本発売予定!「春が来たら、桜の花びらふらせてね。」
新しいウィンドウで開く


出版社


出版社は、スターツ出版です。この出版社は様々な事業を行なっているのですが、2007年に、ケータイ小説サイト野いちごを開始しました。

2009年に、サイトで人気が出た作品を文庫化する「ケータイ小説文庫」を創刊し、以後、関連する文庫を次々に創刊しています。今回の作品は、2017年3月に創刊された「野いちご文庫」からの出版です。


イメージソング


この小説には、イメージソングがあります。シュウと透明な街さんによる『桜、花びら~』という曲です。この曲は、3月28日発売の野いちご文庫1周年記念アルバム『空が君色に変わる瞬間(とき)。』に収録される予定です。



※ ミュージックビデオが公開されたので、ブログに埋め込みました。緘黙とは関係ない歌ですが、クオリティ高い曲ですね!(2018年2月16日)

なお、これに関して、「野いちご文庫×シュウと透明な街 アルバム発売記念限定コラボセット」というセットが発売される企画が、2月1日から始まっています。

↓ 「ケータイ小説サイト 野いちご」へのリンクです。
◇ 野いちご文庫×シュウと透明な街 コラボプロジェクト
新しいウィンドウで開く





「緘黙は社交不安」に異論も

2018年02月01日(木曜日)

アイキャッチ画像。

Heidi Omdal准教授の著書


今から1年ほど前、ノルウェーで新しい場面緘黙症の本が出版されました(Omdal, 2016)。著者は、アグデル大学の Heidi Omdal准教授です。Omdal准教授は1998年から緘黙について研究を続けてこられた方です。緘黙の英語論文も発表されていて、このブログでも取り上げたことがあります。

このOmdal准教授の著書については、次の動画で簡単に解説されています。英語字幕つきの動画です。Omdal准教授ご自身が出演されています。



また、次のページにも情報があります。全てノルウェー語ですが、Google翻訳などで機械翻訳すると少し読むことができます。特に英語が分かる方の場合、英訳すると日本語訳よりもずっと読みやすくなります。

↓ アグデル大学ホームページへのリンクです。
◇ Barn som ikke tør å snakke
新しいウィンドウで開く

↓ 出版社ホームページへのリンクです。目次が PDF ファイルで公開されています。
◇ Når barnet unngår å snakke
新しいウィンドウで開く

↓ NRK(ノルウェー放送協会)ホームページに掲載された緘黙の記事。Omdal准教授が取材を受けています。14歳の緘黙経験者への取材が、どちらかと言えばメインかな。Hanne Kristensen氏(児童心理学者)も登場。読み応えがある記事です。
◇ Jenta som blir stum
新しいウィンドウで開く

あくまで英語字幕と機械翻訳を読んだ限りなのですが(しかも原書は手にとっていません、本当はよくない)興味深く思った点を2つ挙げます。