宮川ひろ『きょうはいい日だね』

更新日:2023年11月28日(投稿日:2023年11月28日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症とみられる小学生を主人公とした児童書の存在を知りました。ご紹介します。

本の基本情報


書名:きょうはいい日だね
作:宮川ひろ
絵:藤田ひおこ
発行日:2005年3月
出版社:PHP研究所

宮川ひろ氏は、数多くの児童書を世に出しています。そのうちの1冊『ひいきにかんぱい!』(2013年、童心社)では、緘黙の小学生が主要人物として登場していました。

主な内容


緘黙とみられる小学1年生しゅうへいが、発語ができるまでを描いた本です。しゅうへいの担任教諭も、かつては緘黙児だったとみられます。ただ、作中に「場面緘黙症」といった専門用語は登場しません。より詳しいあらすじは、出版社やAmazon.co.jp等のウェブサイトに書かれてあります。

フィクションっぽい話です。ただ、本書はある小学校の学級の協力を得て作られたことが記されています。実話を元にした話の可能性も考えられます。

感想


しゅうへいは、図工の授業や課外活動を通じて発語に至っています。いずれも言葉を話さずにできる、身体の動きを伴った活動でした。確かに身体を動かすと、緊張は和らぎます。これは、担任教諭の秘策でした。ああいうかたちで緘黙が軽快したのは、しゅうへいがまだ小学1年生だったことも一因かもしれません。

ただ、しゅうへいには行動療法が専門的に行われたわけではありません。医師や心理師といった専門家も話には登場しません。もっとも、行動療法の過程を物語にしても、一般向けの児童書としては味気なくなるような気もします。

緘黙を経験した教諭が全国にどれほどいるか分かりませんが、そういう教諭は緘黙をよく理解していそうです。しかし、緘黙児は多様です。自分の経験に囚われすぎて、かえって目の前の緘黙児を見誤ってもよくありません。今回のお話では上手くいっています。

2005年の本なので、今の子どもの手にとられる機会は少ないかもしれず、そこは残念です。ちなみに2005年といえば、私が今のように緘黙のことをブログで書き始めた時期です。当時は、緘黙を扱った本は今以上に少なく、メディアでも取り上げられず、インターネット上で当事者、経験者、保護者らが細々と情報発信したり、交流したりした時期でしたが、その時期にこんな本が出ていたとは驚きです。

なお、本書はある方のX(旧Twitter)での投稿をきっかけに知りました。




『リエゾン』第15巻、緘黙編を収録

更新日:2023年11月23日(投稿日:2023年11月22日)
アイキャッチ画像。
『リエゾン-こどものこころ診療所-』第15巻が、22日に発売されました。場面緘黙症を扱ったフィクションが収録されています。

本書は、週刊漫画雑誌『モーニング』(講談社)連載中の同名の医療漫画を単行本化したものです。7月から8月にわたって連載された「場面緘黙」編の5話分(100ページ分)が、全て収録されています。このほか、「児童養護施設」編の第7話~第8話、「訪問看護」編の第1話~第2話が収録されています。

以前もお話ししましたが、今作の緘黙編では、緘黙以外にももう一つ大きなテーマが扱われています。どちらかと言うと、そちらの方がメインテーマかもしれません。

ざっと見たところ、単行本化に際して、絵やセリフなど描き改められた箇所は見つかりませんでした。ただ、巻末に参考文献が記されています。また、カバー裏表紙に、緘黙編に登場した人物がカラーで描かれています。裏表紙にはまた、本書の概要説明文の中に「場面緘黙」の文字が見えます。

[追記(2023年11月23日)]

紙の本だと、帯に「場面緘黙」の文字が大きく記されています。

◇ 書影と帯。「未来屋書店 姫路大津店」のX(旧Twitter)アカウントへのリンク。
新しいウィンドウで開く


緘黙編はもちろん、それ以外の話もよく描かれています。どれも重い話ですが、一つの現実をしっかり描いているように思います。

最後に、緘黙を取り上げて頂けたことには改めて感謝です。








ノルウェー団体の緘黙の本

更新日:2023年09月01日(投稿日:2023年09月01日)
アイキャッチ画像。

ネットで無料公開


ノルウェーの場面緘黙症の団体 Foreningen for selektiv mutisme が、場面緘黙症の本をウェブサイトで無料公開しています。

この本は絵本の形式に近いこと、保護者が作った本をもとにしていること、幼稚園や小学校の子どもたちに読んであげることを念頭に書かれていることなどから、私などは日本の絵本『なっちゃんの声』を思い起こしました。興味深く思ったので、ご紹介してみます。

↓ 本を紹介したページ。本のダウンロードリンクもあります。Google翻訳で和訳しています。
◇ Boken Mio har selektiv mutisme | Foreningen for selektiv mutisme
新しいウィンドウで開く

↓ 原文はこちら。
◇ Boken Mio har selektiv mutisme | Foreningen for selektiv mutisme
新しいウィンドウで開く

本はPDFファイル(約2MB)で公開されています。Google翻訳PC版の「ドキュメント」を翻訳する機能を使えば、このPDFファイルも和訳が可能です。ただし、和訳には少し時間がかかるかもしれません(私の場合、5分ほどかかりました)。


内容と感想


本の内容は、「ミオ」という緘黙がある少年を主人公とした話です。私も機械翻訳で読んでいるためよく分からない部分もあるのですが、ミオは幼稚園児という設定ではないかと思います。

分量は表紙を合わせて16ページです。序文など一部のページを除き、各ページは上部にイラスト、下部に文章という構成です。先ほどお話しした通り、絵本に近い形式と言えるでしょう。

なっちゃんの声』がシンプルな内容だったのに比べて、本書は色々と盛り込んでいます。緘黙の理解のみならず、話せるようになる取り組みまで踏み込んでいます。

話せるようになる取り組みの1つとして、トーキングカードの活用が挙げられています。トーキングカードは、このノルウェーの緘黙団体のウェブサイトに公開されていることから、ウェブサイトの内容と連動するかたちとなっています。なお、トーキングカードのような類いのものはAAC(拡大代替コミュニケーション) と呼ばれ、非言語コミュニケーションを取ることを目標とする段階の緘黙児には活用するのもよいだろうと思うのですが、いずれは卒業するべきものだろうとも思います。

緘黙を社交不安症の一種とするなど、私としては所々疑問を感じる箇所もないではありません。とはいえ、全体としては興味深く読みました。