新刊『話せない私研究』

更新日:2020年12月12日(投稿日:2020年12月12日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症の新しい本が出版されました。ご紹介したいと思います(お待たせしました)。

本の基本情報


著者:モリナガアメ
解説:高木潤野
書名:話せない私研究-大人になってわかった場面緘黙との付き合い方-
出版社:合同出版
出版日:2020年11月20日
ページ数:242

モリナガアメさんは、緘黙を経験された方です。既刊に、コミックエッセイ『かんもくって何なの!?』(2017年)があります。その続編として本書を描かれました。緘黙経験者の中で、緘黙をテーマとした本を2冊以上出した方は、もしかしたら初めてかもしれません。ブログ村でもお馴染みの方です。

合同出版は過去にも『かんもくって何なの!?』『イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド』を出版しています。

本の概要


本書は、緘黙を経験したモリナガアメさんによるコミックエッセイです。前作『かんもくって何なの!?』では、モリナガアメさんが話せるようになった場面も描かれました。ですが、会話への苦手意識や感覚過敏など、関連する問題は残りました。その後、「場面緘黙を知ってからの約5年間で生きやすくなるために私が考えた事・行動した事」(9ページ)を描いたのが本書です。主な舞台は職場です。

全13話の構成です。緘黙経験記は時系列にまとめた本が多いですが、今回の本は「話せない私研究」というテーマゆえか、時系列への拘りは若干薄めです。テーマ別に話をまとめているのだろうかと思える箇所もあります(誤読していたらごめんなさい)。ですが、ストーリー性もあります。

各話の合間に「教えて高木先生」と題して、長野大学の高木潤野准教授の解説が挿入されています。全8カ所、各1ページあります。

本書は、pixiv(ピクシブ)というイラストコミュニケーションサービスなどで連載していた漫画作品『「話せない私」を考える-元かんもく少女のその後の話-』がもとです。前作を読んでいない方でも支障なく読めそうです。

感想


ある程度話せるようになった後のことがテーマ


本書は、緘黙経験者がある程度話せるようになった後のことがテーマです。こうした本は、私が知る限りこれまでにありません。緘黙はマイナーなテーマだと思うのですが、今回の本は、さらにマイナーなテーマを掘り下げているように私には思えます。出版不況と言われて久しい中、よく出版に至ったものです。

前作やpixivがよほど好評だったのかもしれません。いわゆる緘黙の後遺症への関心が高まっているのかもしれません。コロナ禍で巣ごもり需要が見込まれたのかもしれません。あるいは、緘黙が徐々にマイナーではなくなって、それに伴い緘黙の書籍市場の規模が拡大し、多種多様なテーマを扱った緘黙の本が出るようになってきたということなのかもしれません。

やや現在進行形に近い話


これまでの緘黙経験記は、30歳前後ぐらいの経験者が、子どもの頃からのことを振り返るものが多かったです。このため、どうしても話の多くにタイムラグ(時間差)がありました。昭和末期や平成初期に子ども時代を過ごした方の緘黙経験記が、近年出版されています。本の執筆は、大人になってからでなければ取りかかりにくいからだろうと思います。

今回の本はタイムラグが少なく、やや現在進行形に近い話です。

ご自身のことを観察


私は今作をpixiv連載時より読んでいましたが、1冊の本としてまとめて読むと、モリナガアメさんは実に鋭敏な方だと感じます。これは緘黙経験者にある程度共通した特徴なのかどうかは、私には分かりません。

モリナガアメさんは、ご自身のことをとてもよく観察されています。自己分析が鋭いです。いわば、もう一人のモリナガアメさんが、一段高いところからご自身の考えや行動などを俯瞰し、客観視されています。「メタ認知」と言ってよいのか分かりませんが、そうしたことに秀でていらっしゃるのでしょう。

そして、その記述も巧みです。モリナガアメさんが2冊も本を出されたのは、ただ単に漫画が描けるからというだけではないことが分かります。

あと、人間関係の細やかな話が、私にはやや多めに思えました。偏見かもしれませんが、このあたり、女性的な感性を感じました(モリナガアメさんは女性、私は男性)。モリナガアメさんは、周囲の人についても、よく見ています。職場環境の話は、複数の職場を経験したことがよく生きています。

話が具体的なので、モリナガアメさんが行動に移したことを、自分も取り入れてみようという方はいらっしゃるだろうと思います。

一つの生き方を提示


なお、私も学校で話せなかった経験を持つ者ですが、モリナガアメさんのように、極限のような状態には至りませんでした。また、自分の話せなさについて、そこまで強く意識もしません。そして、自分と「普通」を対比させて「普通にならなければ」と考えたこともそうなく、だいぶ違いを感じました。そもそもモリナガアメさんと私とでは、学校等で話せなかった期間、併せ持つ問題、性格、それまでの経験、価値観などで違いが多いです。

このあたりは、人それぞれなのかもしれません。緘黙経験者は多様で、こうした違いにこそ意味があるようにも思います。私としては「こういう方もいらっしゃるんだ」と勉強になりました。本書は一つの生き方を提示したものとして高く評価されるのでしょう。

書籍リンク




関連リンク


◇ 「話せない私」を考える-元かんもく少女のその後の話 - pixiv
新しいウィンドウで開く


『沈黙の闘い:もの言わぬ双子の少女の物語』

更新日:2020年10月12日(投稿日:2020年10月12日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症だったという双子の本を読みました。30年前の本です。

この双子はイギリスを中心に、少なくとも英語圏ではある程度有名なようで、あちこちで取り上げられています。Wikipediaに項目があるほどです。ですが、邦訳書が出ているにもかかわらず、日本ではあまり知られていません。また、日本では緘黙の本としてはほとんど紹介されていません。そこで、今回取り上げてみたいと思います。

※ ただ、この双子の緘黙は、特異な例です。

本の基本情報


邦訳書


著者:マージョリー ウォレス(Marjorie Wallace)
訳者:島浩二、島式子
書名:沈黙の闘い-もの言わぬ双子の少女の物語
出版社:大和書房
出版日:1990年7月25日
ページ数:331
ジャンル:ノンフィクション

原書(ハードカバー)


書名:The Silent Twins
出版社:Chatto and Windus
出版日:詳しくは知りませんが、1986年出版だそうです。
言語:英語
※ 後年、マスマーケット版やペーパーバック判、電子書籍版が出ています。

著者はイギリスのジャーナリスト。受賞歴多数。1986年にはメンタルヘルスの慈善団体SANEを創立、最高責任者です。大英帝国勲章3等勲爵士(CBE、コマンダー)。

本の概要


70年代から80年代のイギリスを舞台とした、ジューン・ギボンズと、ジェニファー・ギボンズという一卵性双生児の姉妹の実話です。一卵性双生児は1つの受精卵が2つに分かれて生まれた子で、ほぼ100%同じ遺伝情報を持っています。このため、この双子は瓜二つです。

この双子は結びつきが非常に強く、お互いの愛憎は激しいものがありました。会話は双子同士以外、ほぼできません。特別学校卒業後、職には就きませんでしたが(就けない)、熱心に小説を書き、後に自費出版に至った作品もあります(ジューンが書いた『ペプシ・コーラ中毒者』という作品)。

18歳の時、窃盗や器物損壊、放火といった犯罪を繰り返し、現行犯逮捕されてしまいます(ただし、盗品はほとんど無価値)。サイコパスという診断が下され(著者は誤診と指摘)、ブロードムーア特別病院に隔離されます。

本書は、双子が残した日記や、関係者への取材をもとに書かれています。日記の内容は非常に些細な点にいたるまで驚くほど正確で、このためか、まるで著者がこの目で見たかのようなリアリティのある描写に満ちています。

感想


第三者の視点で書かれた、緘黙がテーマでない本


本書は、緘黙の当事者や経験者が書いた本ではありません。保護者や教師、専門家が書いた本でもありません。ほとんど第三者の視点から、緘黙者の半生をまとめた本です。

ですが、緘黙がテーマの本でもありません。このため、緘黙以外にも、双子であることや小説家を目指したことなど、様々な面に目が向けられています。本書の最大のテーマを挙げるとすれば、緘黙よりもむしろ、愛憎からくる双子の間の闘争にあるのではないかと思います。ここに、多くの緘黙経験者の本とは異なる特徴があります。

緘黙の本としての、本書について


原書には、双子はelective mutismであるという児童精神分析医の見立てが書かれてあります(Googleブックスで確認)。elective mutismとは、場面緘黙症の当時の英語名で、原書には20ページに3回登場します。また、21ページにはelective mutesという変化型も1回登場します。

ところが、邦訳書には場面緘黙症や選択性緘黙といった訳語が用いられず、elective mutismは「時と場合によって物を全然言わなくなる」とか、二度目以降になると「この病気」と訳されています(34ページ)。elective mutesについては、訳が略されています(36ページ)。このため、邦訳書を読むだけでは、本書に場面緘黙症のことが書かれていることが分かりにくいです。

イギリスの緘黙団体SMIRAのウェブサイトでは、緘黙に関する本の一つとして、本書が挙げられています。下記Facebookページのコメント欄によると、この双子については、SMIRA創設者のアリス・スルーキン氏(2019年他界)が相談を受けていたそうです。

↓ そのFacebookページ。アクセスすると、動画が自動再生する場合があります。
◇ その投稿へのリンク
新しいウィンドウで開く

なお、この双子に限らず、双子の緘黙はこれまでにも報告されています。特に一卵性双生児の場合、遺伝情報がお互いほぼ同じなので、緘黙に遺伝と環境がどれほど関与しているかを考える上では、興味深くはあります。

また、もしこの双子が本当に緘黙なら、本書は、大人の緘黙の本と見ることもできるかもしれません。双子は成人期になっても十分に話せるようにはなっていないためです。

本書で描写されている緘黙について


双子はところどころで話す場面もあったり、ほぼ双子の間だけで話したり、活動的なところがあったりするなど、本当に緘黙だろうかと疑問に思うこともありました。一方で、特定の場面で話せないことには変わりはありませんし、「羞恥心が非常に強い」そうでしたし、無表情だとか、動作が緩慢なことなど、緘黙と重なるところはあります。

どちらにしろ、典型的な緘黙とはやや違う部分があるので、緘黙の理解を得るための最初の一冊としてはおすすめできません。双子は犯罪を繰り返す場面があることから、「緘黙児者は犯罪者予備軍」という誤解すら与えかねません。緘黙児者は多様だという理解の前提で読むべきだろうと思います。また、本書の緘黙の解説も、現代の緘黙の理解にはそぐいません。

双子が話せないことで不自由している場面や、孤立している場面、周囲の理解が得られない場面は、多くの緘黙児者に通じる部分もありそうです。ですが、双子の行動は極端で、全体的にあまり共感されなさそうな内容です。ただ、共感できない他者の経験も大切だろうと私は思います(現代はSNS全盛のためか、共感が重視されすぎてはいないだろうかと感じます)。緘黙児者は多様なので、なおさらそう思います。

なぜ極端な行動を?


双子はなぜ犯罪など、極端な行動をとったのでしょうか。

本書の中では、この双子は孤独で、お互い同士以外誰とも心を通わすことができないために追い詰められており、このことが犯罪に向かわせたのではないかと示唆される場面があります。また、双子一家は黒人一家であり、イギリス社会はあからなさま排斥もしないが、まったく隔てなく受け入れたわけでもなく、このことが関係していた可能性を翻訳者は指摘しています。

孤独で追い詰められた緘黙児者は少なくないだろうと思うのですが、犯罪を犯す人はほとんどいないでしょう。イギリスの黒人にしてもそうです。とはいえ、単に話せないだけでなく、心理的に追い詰められている緘黙児者はいないか、改めて考えさせられます。

結び


私のブログは緘黙がテーマなので、双子の緘黙に注目して感想を書きました。ですが、本書は緘黙をテーマとした本でないだけに、緘黙という枠ではとても収まりきれません。

双子の後日談


本書の著者が書いた、この双子の後日談があります。

双子が29歳の時(92年頃?)、二人のうち一人が自由になるため、もう一人が死ななければならないという協定が二人の間で結ばれたそうです。そして、ある日、双子の一人が謎の死を遂げたのだそうです。

↓ その後日談です。イギリスの高級紙The Guardianへのリンク。
◇ The tragedy of a double life
新しいウィンドウで開く




シンガポールの緘黙の男性が書いた本

更新日:2020年07月13日(投稿日:2020年07月12日)
アイキャッチ画像。
シンガポールの場面緘黙症の男性が書いた本が電子書籍化され、日本でも手に取りやすくなりました。私にとっては、前から読みたかった本です。早速読み終えたので、感想を書いてみます。

本の基本情報


著者:Nigel Ng Qin Wei
書名:Silence Is Not Golden
副題:Real-life story of a young Singaporean living with selective mutism
出版社:Nigel Ng Qin Wei
出版日:2016年12月(紙の本)
出版日:2020年6月23日(電子書籍Kindle)
ページ数:141
言語:英語

著者は、場面緘黙症の22歳男性です。小学3年生の頃より緘黙が13年続き、今でも専門家の支援を受けています。現在、フルタイムで就労しています(以上の情報は、2016年12月当時のものです)。

書名を訳すと、『沈黙は金ではない-場面緘黙症とともに生きる、ある若いシンガポール人の実録』といったところでしょうか。


本の概要


本書は、主に著者のこれまでの人生を、緘黙を軸に時系列に振り返ったものです。

また、それとは別に、序盤に緘黙の概説、中盤にシンガポールにおけるメンタルヘルス理解の現状、終盤にはまとめのような内容も少し挟んでいます。ちょうど本の真ん中あたりには、著者の子どもの頃からのカラー写真の数々が挿入されています。

比較的シンプルな英文で書かれており、読みにくくは感じませんでした。


感想


シンガポールの話だが、日本にも通じる


本書はシンガポールの本ですが、全体として、著者が経験した緘黙ゆえの困難は、私たちと根本的な違いはないように感じました。

本書には、私たち日本人には馴染みが薄いシンガポールの学校制度や、学校慣習?の話も出てきますが、こうした文化面の違いは、そういう意味では気にせずに読みました。


著者が受けた専門的な支援が書かれてある


緘黙経験者の半生記という意味では類書が、日本でも出ています。最近出た主なものでは、『かんもくの声』『かんもくって何なの!?』『私はかんもくガール』などです。これらの本では、著者が緘黙のことで専門家の支援を受けた経験は描かれなかったと言ってよいのではないかと思います。

ですが、今回の本の著者は、これまで何人もの専門家の支援を受けており、そのことが本の中で語られます。このことにより、著者が意図したことではないのでしょうが、様々な支援や治療について、利用者の立場から論評したようなかたちになっています。これは日本の類書にはない特徴です。例えば、長い目での支援が必要な緘黙児に対して、専門機関の方針により担当者が4~6ヶ月毎に交代した話があります。支援のあり方が問われそうな話です。

それにしても、長年専門家の支援を受けていながら、成人になっても緘黙が治っていないというのは、何とも……(改善はしているようなのですけれども)。

また、著者は緘黙の診断を受けていて、まだ緘黙が治らない段階で、自分が場面緘黙症である事実を知っています。これも、最近の日本の類書にはない特徴です。緘黙と診断された際、母親はそれを素直に受け取ろうとしなかったという、緘黙の受容(障害受容)について考えさせられる場面もあります。


緘黙と徴兵制


本書は成人の緘黙者が書いたものですが、学校場面の話が多く、仕事など成人特有の話はあまりありませんでした。著者は本の刊行時まだ22歳だったので、無理のないことなのかもしれません。

ただ、兵役義務のことが書かれてある章があったのには、目を引きました。シンガポールには徴兵制があって、全ての若い男性は2年間兵役に服さなければならないのです。日本ではもちろんですが、海外でも緘黙関係者の間で兵役義務について話題になることは、そうないように思います。ですが、国や地域によっては、緘黙が長期化すると、兵役義務にどう向き合うかは問題になりそうです。

著者の場合、緘黙があったからでしょう、健康診断の結果、兵役は免除されました。兵役の免除は著者本人も、担当の精神科医も望んだことでしたが、免除を知らせる手紙が届いたとき、著者は複雑な気持ちだったそうです。兵役が務められないことから、自分は能力がないとか、弱いと見られるのではないかと動揺したというのです。私も学校で話せなかった頃は、自分が無能なのではないか、弱いのではないかとずいぶん悩んだものです。兵役が務められないとなると、そうした悩みはひときわ深まりそうです。


著者は一人ではない


私がこの本を手に取って驚いたのは、本の冒頭に並ぶ、推薦文の数々です。その推薦文を寄せたのは、著者の友人や家族、著者が通う専門機関のスタッフ、他の本の著者などです。

著者は緘黙への無理解やいじめ被害などで長年苦しみ続けた上、日本のように緘黙当事者同士の交流の機会にも恵まれませんでした。ですが、緘黙の理解が乏しいシンガポールで、この22歳の若者が緘黙の本を出版する際、これだけの人が推薦の言葉を贈って応援したのです。シンガポールの多くの緘黙児者が、このように周囲の理解や支援をより得られるようになることを願っています。

※ シンガポールと言えば、昔はオンライン上で緘黙のコミュニティがありました。また、児童心理学者のDaniel Fung氏という方が、緘黙サイトを運営されたりもしていました。最近は、どうなったのでしょうか。


動画版


↓ 本書の動画版です。YouTubeに公開された動画。4分59秒。


※ 動画をYouTubeのページでご覧になりたい方は、こちらをクリックしてみてください。
新しいウィンドウで開く