シンガポールの緘黙の男性が書いた本

更新日:2020年07月13日(投稿日:2020年07月12日)
アイキャッチ画像。
シンガポールの場面緘黙症の男性が書いた本が電子書籍化され、日本でも手に取りやすくなりました。私にとっては、前から読みたかった本です。早速読み終えたので、感想を書いてみます。

本の基本情報


著者:Nigel Ng Qin Wei
書名:Silence Is Not Golden
副題:Real-life story of a young Singaporean living with selective mutism
出版社:Nigel Ng Qin Wei
出版日:2016年12月(紙の本)
出版日:2020年6月23日(電子書籍Kindle)
ページ数:141
言語:英語

著者は、場面緘黙症の22歳男性です。小学3年生の頃より緘黙が13年続き、今でも専門家の支援を受けています。現在、フルタイムで就労しています(以上の情報は、2016年12月当時のものです)。

書名を訳すと、『沈黙は金ではない-場面緘黙症とともに生きる、ある若いシンガポール人の実録』といったところでしょうか。


本の概要


本書は、主に著者のこれまでの人生を、緘黙を軸に時系列に振り返ったものです。

また、それとは別に、序盤に緘黙の概説、中盤にシンガポールにおけるメンタルヘルス理解の現状、終盤にはまとめのような内容も少し挟んでいます。ちょうど本の真ん中あたりには、著者の子どもの頃からのカラー写真の数々が挿入されています。

比較的シンプルな英文で書かれており、読みにくくは感じませんでした。


感想


シンガポールの話だが、日本にも通じる


本書はシンガポールの本ですが、全体として、著者が経験した緘黙ゆえの困難は、私たちと根本的な違いはないように感じました。

本書には、私たち日本人には馴染みが薄いシンガポールの学校制度や、学校慣習?の話も出てきますが、こうした文化面の違いは、そういう意味では気にせずに読みました。


著者が受けた専門的な支援が書かれてある


緘黙経験者の半生記という意味では類書が、日本でも出ています。最近出た主なものでは、『かんもくの声』『かんもくって何なの!?』『私はかんもくガール』などです。これらの本では、著者が緘黙のことで専門家の支援を受けた経験は描かれなかったと言ってよいのではないかと思います。

ですが、今回の本の著者は、これまで何人もの専門家の支援を受けており、そのことが本の中で語られます。このことにより、著者が意図したことではないのでしょうが、様々な支援や治療について、利用者の立場から論評したようなかたちになっています。これは日本の類書にはない特徴です。例えば、長い目での支援が必要な緘黙児に対して、専門機関の方針により担当者が4~6ヶ月毎に交代した話があります。支援のあり方が問われそうな話です。

それにしても、長年専門家の支援を受けていながら、成人になっても緘黙が治っていないというのは、何とも……(改善はしているようなのですけれども)。

また、著者は緘黙の診断を受けていて、まだ緘黙が治らない段階で、自分が場面緘黙症である事実を知っています。これも、最近の日本の類書にはない特徴です。緘黙と診断された際、母親はそれを素直に受け取ろうとしなかったという、緘黙の受容(障害受容)について考えさせられる場面もあります。


緘黙と徴兵制


本書は成人の緘黙者が書いたものですが、学校場面の話が多く、仕事など成人特有の話はあまりありませんでした。著者は本の刊行時まだ22歳だったので、無理のないことなのかもしれません。

ただ、兵役義務のことが書かれてある章があったのには、目を引きました。シンガポールには徴兵制があって、全ての若い男性は2年間兵役に服さなければならないのです。日本ではもちろんですが、海外でも緘黙関係者の間で兵役義務について話題になることは、そうないように思います。ですが、国や地域によっては、緘黙が長期化すると、兵役義務にどう向き合うかは問題になりそうです。

著者の場合、緘黙があったからでしょう、健康診断の結果、兵役は免除されました。兵役の免除は著者本人も、担当の精神科医も望んだことでしたが、免除を知らせる手紙が届いたとき、著者は複雑な気持ちだったそうです。兵役が務められないことから、自分は能力がないとか、弱いと見られるのではないかと動揺したというのです。私も学校で話せなかった頃は、自分が無能なのではないか、弱いのではないかとずいぶん悩んだものです。兵役が務められないとなると、そうした悩みはひときわ深まりそうです。


著者は一人ではない


私がこの本を手に取って驚いたのは、本の冒頭に並ぶ、推薦文の数々です。その推薦文を寄せたのは、著者の友人や家族、著者が通う専門機関のスタッフ、他の本の著者などです。

著者は緘黙への無理解やいじめ被害などで長年苦しみ続けた上、日本のように緘黙当事者同士の交流の機会にも恵まれませんでした。ですが、緘黙の理解が乏しいシンガポールで、この22歳の若者が緘黙の本を出版する際、これだけの人が推薦の言葉を贈って応援したのです。シンガポールの多くの緘黙児者が、このように周囲の理解や支援をより得られるようになることを願っています。

※ シンガポールと言えば、昔はオンライン上で緘黙のコミュニティがありました。また、児童心理学者のDaniel Fung氏という方が、緘黙サイトを運営されたりもしていました。最近は、どうなったのでしょうか。


動画版


↓ 本書の動画版です。YouTubeに公開された動画。4分59秒。


※ 動画をYouTubeのページでご覧になりたい方は、こちらをクリックしてみてください。
新しいウィンドウで開く





緘黙の絵本『氷の子』(韓国)

更新日:2020年05月09日(投稿日:2020年05月08日)
アイキャッチ画像。
韓国で、場面緘黙症の絵本が発売されています。韓国の緘黙の本は、おそらく珍しいです。面白そうな本ですので、ご紹介します。

本の一部が見られます


まずは、絵本の中身をご覧になってみてください。絵本ですので、ハングルが読めない方も(私も読めません)、絵は楽しめます。

↓ YES24というネット書店へのリンクです。ページ後半をご覧ください。画像の読み込みには時間がかかる場合があります。
◇ 絵本の中身の一部が見られます1
新しいウィンドウで開く

↓ こちらは、出版社のInstagramアカウントへのリンクです。上記ページにはない絵も見られます。
◇ 絵本の中身の一部が見られます2
新しいウィンドウで開く


本の基本情報


著者:パク・ソンヒ(박선희)
書名:氷の子(얼음 아이)
出版社:씨드북
出版日:2020年2月24日
対象年齢:9~10歳
備考:「私たちはみな違う」(모두 다른 우리는)シリーズの1冊。

※ 書名などは、Google翻訳を参考に訳しました。

著者は多数の絵本を手がけている方です。著者の姪は、緘黙だったそうです。

「私たちはみな違う」(모두 다른 우리는)シリーズの絵本は、他にも『眠る子』(잠자는 아이)という、ナルコレプシーを扱った作品が出版されています。著者は、同じ方です。

なお、この本は、Amazon.co.jpでは扱っていません。このため、アソシエイトリンクは貼りません。


本の概要


ソンイ(송이)という名前の、場面緘黙症の少女が主人公の話です。作中で、緘黙と診断される場面があるそうです。


感想


緘黙を本当に氷で表現


この絵本は、何よりもまず、表紙の絵に惹かれました。

英語圏では、緘黙をfrozen(凍った)という形容詞で表現することがあります。

[追記(2020年5月9日)]

frozenには、「凍った」という意味もあれば、「(恐怖などで)身動きできない」という意味もあります。


また、日本語で言う「緘動」(身体が固まって動けなくなった状態)は、怖い物に出会うと身がすくむフリージング(freezing)という状態と同じであるという見解もあります(金原, 2016)。

ですが、緘黙児を本当に氷の絵で表現したのは初めて見ました。これは上手いです。しかも、なぜかペンギンが登場して、緘黙児の氷を溶かそうとしています。実にユーモラスで可愛いです。

日本では、緘黙を「凍った」という喩え方をすることは少ないので、日本の方には物珍しく感じるかもしれません。

ただ、絵本の詳しい内容までは、私は把握していません。


韓国の緘黙の本は、珍しい


韓国の緘黙の本は、少なくとも私は、ほとんど聞いたことがありません。韓国の書籍サイトを検索しても、2009年にカナダの本の翻訳書が出版されたのを確認できる程度です(日本では『場面緘黙児への支援』として出版されている本です)。

本に限らず、韓国の緘黙の情報は、目立ったものがなかなか見つかりません。私の探し方が甘いだけかもしれませんが、韓国では緘黙への関心があまり高くないのかもしれないと感じています。







母親が著者!インドネシアの緘黙の本

更新日:2020年03月07日(投稿日:2020年03月06日)
アイキャッチ画像。
インドネシアで、場面緘黙症の本が出版されたという情報をつかみました。

本の内容が気になるのですが、私はインドネシア語を読むことができず、買っても本棚の肥やしになること必至なので、本の購入はしていません(そもそも、日本から購入できるかどうかも分かりません)。

ですが、本の内容をネット上で話題にしている人はいます。ネットの文章なら、インドネシア語を英語に機械翻訳するなどして無理矢理読むこともできます。そこで、ネット情報と機械翻訳をもとに、本について簡単にまとめ、私のコメントを添えてみたいと思います。

本を直接手に取って読んだわけではないので、ちょっと正確性に欠ける部分があるかもしれませんが、ご了承ください(本当はこんなやり方よくありません)。

本の基本情報


著者:Sitatur Rohmah
編者:A. Mellyora
書名:365 Hariku Bersama Ananda - Terapi Mandiri pada Anak dengan Gangguan Selective Mutism
出版社:Metagraf

著者のSitatur Rohmah氏は、緘黙児の母親です。フリーランスのライター、ブロガー、ママプレナー(ママ企業家)などとして活動されています。

書名を日本語に訳すと、『Anandaとの365日:場面緘黙児の独立したセラピー』といったところでしょうか。

発売日は、下記PDFファイルによると、2019年11~12月頃とみられます。

↓ 8ページの110~111番に記載あり。PDF。11.1MBあり、少し重いです。
◇ Nopember - Desember 19 - ISBN - Perpustakaan Nasional
新しいウィンドウで開く


本の概要


本は、3つの章で構成されています。

第1章
著者が子どもの緘黙に気づき、受け入れたことが書かれているようです。

第2章
著者の経験や、緘黙支援の情報が書かれているようです。

第3章
緘黙の理論や、読者への助言が書かれているようです。

なお、著者の子どもの緘黙は、365日で顕著な改善を見せます。


コメント


保護者の経験を書いた単著は珍しい


緘黙に関わる経験を書いた単著は色々ありますが、それらは緘黙児者だった方が書いた(or描いた)ものがほとんどです。保護者が子どもの緘黙と関わった経験をまとめた単著は意外にありません。日本だと、強いて言えば、経験者と保護者の共著『負けたらあかん!』が挙げられるぐらいです。

一方、ブログだと、当事者・経験者だけでなく、保護者も昔から書いています。我が子のこととなると、ブログならともかく、本として発表するのは難しいのかもしれません。それだけに、今回の本は興味深く感じます。

本にはどういう支援法が書かれてあるか分からないのですが、ある緘黙児に有効だった方法が、他の緘黙児にもそのまま有効とは限らないことに留意して読めば、得るところがありそうです。

また、この本の存在により、保護者の孤独感が和らぐとか、共感できるといった心理面の効果も期待できそうです。緘黙というと当事者の苦しみがよく注目されますが、支援にあたっている保護者も、苦しい思いをしているはずです。

親だからこそ書けたこと


第1章では、子どもの緘黙の受容などが書かれているようで、ここは興味深く思いました。親の障害受容は一つのテーマですが、緘黙の受容については注目されていないのではないかと感じていました。専門家ではなく、親だからこそ、話題にできたのかもしれません。

この本を直に読んでいないので、著者のお子さんの年齢が分からないのですが、おそらく本に書かれている話は、お子さんが小学生ぐらいの頃のことで、しかもそう遠い昔の出来事でもないのではないかと思います。その子の緘黙が365日で顕著な完全を見せたというのも、親だから書けたのでしょう。

経験者の単著だと、どうしても緘黙やいわゆるその後遺症が長期化した人の数十年にわたる半生を、大人になって振り返る……という内容になりがちです。おそらくこれは、大人になってからでないと本はなかなか書けず、また、大人になると子どもの頃のことをある程度忘れてしまうため、子どもの頃の短い時期の経験を、1冊の本にまとめるだけの分量でまとめることが難しくなるからでしょう。

最後に、インドネシアは特に、緘黙が知られていないそうです。それだけに、なにより本書を出版できたことそのものに大きな意義がありそうです。