『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』予約始まる

2018年02月02日(金曜日)

アイキャッチ画像。
※ 上の画像は今回の本と関係がありそうに見えますが、無関係です。

場面緘黙症の高校生が主人公の小説『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』。今日、Amazon.co.jp で予約注文が始まりました。発売日は2月25日です。

この本は、「ケータイ小説サイト 野いちご」に掲載された『春が来たら、桜の花びら降らせてね』を書籍化したものです。

書籍リンク




※ 本の表紙イラストが公開されたので、アソシエイトリンクを張り直しました。(2018年2月9日)


本の基本情報


この作品については、「緘黙関連ニュース」や「緘黙関連の予定」のコーナーで繰り返しご紹介してきましたが、ここで基本情報をおさらいしておきたいと思います。

著者


著者は、涙鳴(るいな)さんです。恋愛、ファンタジーを書いていらっしゃいます。「ケータイ小説サイト 野いちご」で作品を多数発表されているのですが、書籍化された作品が多いです。電子書籍を含めて、既に8冊も本を出されています。

今回の作品の書籍化にあたって、涙鳴さんは緘黙について触れてくださいました。

↓ 涙鳴さんの Twitter投稿へのリンク。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ 涙鳴さんの Twitter 投稿へのリンク
新しいウィンドウで開く

[追記(2018年2月9日)]

ブログでも緘黙について書いてくださっています!本日公開の記事です。

↓ 涙鳴さんのブログへのリンク。
◇ 2月25日 文庫本発売予定!「春が来たら、桜の花びらふらせてね。」
新しいウィンドウで開く


出版社


出版社は、スターツ出版です。この出版社は様々な事業を行なっているのですが、2007年に、ケータイ小説サイト野いちごを開始しました。

2009年に、サイトで人気が出た作品を文庫化する「ケータイ小説文庫」を創刊し、以後、関連する文庫を次々に創刊しています。今回の作品は、2017年3月に創刊された「野いちご文庫」からの出版です。


イメージソング


この小説には、イメージソングがあります。シュウと透明な街さんによる『桜、花びら~』という曲です。この曲は、3月28日発売の野いちご文庫1周年記念アルバム『空が君色に変わる瞬間(とき)。』に収録される予定です。



※ ミュージックビデオが公開されたので、ブログに埋め込みました。緘黙とは関係ない歌ですが、クオリティ高い曲ですね!(2018年2月16日)

なお、これに関して、「野いちご文庫×シュウと透明な街 アルバム発売記念限定コラボセット」というセットが発売される企画が、2月1日から始まっています。

↓ 「ケータイ小説サイト 野いちご」へのリンクです。
◇ 野いちご文庫×シュウと透明な街 コラボプロジェクト
新しいウィンドウで開く