変わる小学校の英語教育、緘黙児はどうなる?

更新日:2018年05月29日(投稿日:2018年05月29日)
アイキャッチ画像。

今年度より、英語の授業が増えている


2020年度(平成32年度)より、小学校の新学習指導要領が本格的に実施されます。その移行期間として、2018年度(今年度)より外国語、つまり英語の授業が増えています。このあたりの事情は皆様の方がお詳しいかもしれませんが、具体的には次の通りです。

[2017年度まで]

小学3~4年生:外国語の授業なし
小学5~6年生:外国語活動35時間

[2018~2019年度(移行期間)]

小学3~4年生:外国語活動15時間
小学5~6年生:外国語活動50時間

[2020年度以降(新課程の全面実施)]

小学3~4年生:外国語活動35時間
小学5~6年生:外国語科70時間

ですが、必ずしも全ての小学校が、この通りに授業を行なっているわけではありません。文部科学省の調査によると、2018年5月現在、全公立小学校の約3割が、既に全面実施同様の授業時間数で外国語活動を行っています(文部科学省, 2018年5月)。


「外国語活動」は、「聞く」「話す」授業


特に「外国語活動」の授業は、言語コミュニケーションの授業のようです。新学習指導要領によると、英語については、「聞くこと」「話すこと[やり取り]」「話すこと[発表]」の三つの領域別に学習目標が設定されています(文部科学省, 2017年3月, p.173)。古い世代の私にとっては、英語の授業というと何より読み書きを連想するのですが、外国語活動の授業はそれとは全く違うようです。

また、小学5~6年生では外国語が教科になり、授業時間は増え、成績がつけられるようになりました。こちらでは読み書きも学習に入ります。

これまでも、小学5~6年生を対象とした外国語の授業はありました。ですが、今年度からは対象年齢の下限が下がりました。場面緘黙症の子がさらに多そうな学年に下がっています。


ある小学校の授業例


今、小学校ではどういう英語の授業が行なわれているのでしょうか。私は知りません。ですが、それを知る手がかりとなりそうな動画を発見しました。早くから英語教育に取り組む大分大学附属小学校での授業風景です。

↓ 2018年3月7日に、大分県教育庁チャンネルが公開した動画です。
どう教える?小学校英語1 Let's Try!1(小3)Unit4 I like blue.


[同じシリーズのYouTube動画]

◇ どう教える?小学校英語4 Let's Try!2(小4)Unit2 Let's play cards.
新しいウィンドウで開く

◇ どう教える?小学校英語2 We Can!1(小5)Unit2 When is your birthday?
新しいウィンドウで開く

◇ どう教える?小学校英語6 We Can!2(小6)Unit8 What do you want to be?
新しいウィンドウで開く

これはあくまでこの小学校の例です。ただ、他の小学校がこの動画の内容とかけ離れた授業をしているとも思えません。なぜなら、動画の授業は、文科省による新学習指導要領対応教材 Let's try や We can! を用いたものだからです。


このような「話す」授業なら、緘黙児はついていけない


仮定の話になってしまいますが、もし、同様の授業が他の小学校でも行なわれていて、その中に緘黙がある児童がいたら、どうでしょう。とてもではありませんが、その子は授業にはついていけないでしょう。また、無理に発話をしなければならない状況が続くことにより、緘黙が悪化することも心配されます。

動画の教師は「とにかくやっぱり楽しく、子どもたちが外国語に触れていければいいなと思います」(6分45秒頃より)とお話されていて、動画の児童も楽しそうです。ですが、もし緘黙児童がいる教室で同様の授業が行なわれると、その児童にとっては苦痛でしかないでしょう。私なら、英語が嫌いになりかねません。

新学習指導要領「外国語」「外国語活動」には、「障害のある児童などについては、学習活動を行なう際に生じる困難さに応じた指導内容や指導方法の工夫を計画的、組織的に行なうこと」と記されています(文部科学省, 2017年3月, p.162, p.177)。緘黙がある児童がいる場合、どういった対応が考えられるのでしょうか。

文科省による『小学校外国語活動・外国語研修ガイドブック』には「特別支援を要する児童に配慮した進め方」という項がありますが、緘黙に関わることは書かれてありません(文部科学省, 2017年7月, p.102)。外国語活動の授業は以前から小学校5~6年で実施されているので、ノウハウの蓄積があるとよいのですが。



島根県立大「情緒障害児総論」で、緘黙の講義5コマ

更新日:2018年05月24日(投稿日:2018年05月23日)
アイキャッチ画像。

保育教育学科


島根県立大学で開講予定の「情緒障害児教育総論」において、場面緘黙症が5回にわたって講義されることが分かりました。

また、「幼児理解の理論と方法」という演習では、第13回が丸ごと緘黙の回であることが分かりました。

以下のシラバス(授業計画)に詳しく書かれてあります。人間文化学部保育教育学科のシラバスです。

↓ 島根県立大学ホームページへのリンクです。PDF。3.34MB。121ページと217ページをご覧ください。
◇ 平成30年度入学生 授業計画書 保育教育学科
新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

少し抜粋すると、以下の通りです。


情緒障害児総論(上記シラバス217ページ)


第7回 選択性緘黙の心理・生理・病理
第8回 選択性緘黙のアセスメントと個別の指導計画・個別の教育支援計画の作成
第9回 選択性緘黙児童生徒の指導法
第10回 選択性緘黙児童生徒の指導の実際1(幼稚園から小学校低学年幼児児童の指導)
第11回 選択性緘黙児童生徒の指導の実際2(小学校高学年以上の児童生徒の指導)

この「情緒障害児総論」は、平成32年度秋開講なのかなと思います。「平成30年度入学生」用のシラバスで、3年次秋の配当とされていますので。


幼児理解の理論と方法(上記シラバス121ページ)


第13回 困った行動の事例分析-場面緘黙

こちらは、同様に、平成31年度秋開講なのかなと思います。


学生数40名の学科の、選択科目


担当教員の園山繁樹氏は筑波大学の教授ですが、島根県立大学でも講義をされるようです。

保育教育学科の平成30年度(2018年度)入学者選抜要綱によると、この学科の募集人員は40名だったそうです。40名ほどの学生が、選択科目として「情緒障害児総論」や「幼児理解の理論と方法」の受講を検討するものと思われます。

[記事修正(2018年5月24日)]

選択科目として……を受講するものと思われます。

選択科目として……の受講を検討するものと思われます。



『読売新聞』朝刊に緘黙の記事

更新日:2018年05月22日(投稿日:2018年05月21日)
アイキャッチ画像。

くらし面に掲載


2018年5月21日(月曜日)の『読売新聞』朝刊「くらし面」で、場面緘黙症を主題とした記事が掲載されました。

全国的に掲載されたものかどうかは私には分からないのですが、くらし面の記事とあって、全国掲載でもおかしくはないのではないかと思います。少なくとも、私の地元では掲載されています。

この記事は、読売新聞の医療・介護・健康サイト「ヨミドクター」にも掲載されました。

↓ ヨミドクターへのリンクです。全文を読むには会員登録が必要です。
◇ 【子どもを守る】学びの場で(4)「場面緘黙」発話一歩ずつ
新しいウィンドウで開く


読売は、最も販売部数が多い新聞


読売新聞の朝刊は、最も販売部数が多い新聞です。下記のページに、詳しい情報があります。

◇ メディアデータ | 読売新聞広告局ポータルサイト adv.yomiuri
新しいウィンドウで開く

販売部数は、2017年7月~12月平均で870万部を超えています。世帯普及率は14.87%です。

上記ページでは「ここまで広がっている朝日新聞との差」が強調され、「読者人口は、千葉県人口以上の差」等の数字が示されています(朝日新聞は販売部数2位です)。

これだけ販売部数が多いと、緘黙の理解拡大に与える影響は大きそうです。


読売は大都市圏に強い一方、地方では……


ただし、その地域差は大きいかもしれません。上記ページ「都道府県別販売部数と世帯普及率」を見ると、販売部数にかなり地域差があることが確認できます。例えば、 茨城県では33.03%の普及率ですが、高知県では2.40%、沖縄県では0.09%です。全体的に、東京や大阪周辺の普及率が高いです。

『都道府県別上位3紙』によると、地方では『福井新聞』(68.00%)や『日本海新聞』(鳥取県67.90%)といった地元紙が強いことが分かります。特に日本海側では、その傾向が顕著です。

「緘黙が新聞で取り上げられた!やったあ!」と喜ぶだけでなく、このようにどういった層に情報が届いたかを検証すると、面白いかもしれません。

※ 「発行部数」を「販売部数」に修正する等しました。失礼致しました(2018年5月22日)。