高校でも「通級による指導」開始、緘黙支援も

更新日:2018年05月01日(投稿日:2018年05月01日)
アイキャッチ画像。

高校でも通級開始


今年度(平成30年度)から、高校でも「通級による指導」が始まりました。場面緘黙症がある高校生も対象です。このあたりは皆様の方がお詳しいかもしれませんが、重要な動きなので、ここで取り上げます。


通級による指導とは


通級による指導とは、特別な支援が必要な比較的軽度の障害を持つ児童生徒を対象に、普通学級に在籍しながら、一部、障害の程度に応じて行う特別な指導を言います。 この指導は、「通級指導教室」という特別な場で行われます。

ここで言う特別な指導とは、障害による学習上または生活上の困難を改善し、または克服することを目的とする指導のことです。特別支援学校で言うところの、「自立活動」というものに相当するそうです。個々の児童生徒の障害の状態等に応じた具体的な目標や内容を定め、学習活動を行います。

緘黙がある児童生徒は、学校教育法施行規則と文科省の通知により、「情緒障害者」として、通級による指導の対象とされています。

↓ 中段に、通級による指導の対象に「情緒障害者」が挙げられていて、それには「選択性かん黙」があるもの等が含まれていることが示されています。文科省ホームページへのリンク。
◇ 障害のある児童生徒等に対する早期からの一貫した支援について(通知)
新しいウィンドウで開く


高校では、45都道府県と5政令指定都市で導入


林芳正文部科学大臣の話によると、今年度から高校の通級指導が導入されたのは、45都道府県と5政令指定都市だそうです。栃木県と三重県は平成31年度からだそうです。

↓ 文科省ホームページへのリンク。
◇ 林芳正文部科学大臣記者会見録(平成30年4月6日)
新しいウィンドウで開く


モデル事業では、既に緘黙生徒の指導も


平成26年度にはモデル事業が始まっています。文部科学省の実践事例集には、緘黙がある生徒を指導した事例も、ごく一部にではありますが掲載されています。

↓ PDF(19.8MB)。文科省ホームページへのリンク。報告された高校生に配慮して、何ページに緘黙の事例が載っているかは、敢えてここでは書きません。探してみてください。
◇ 高等学校における「通級による指導」実践事例集
新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

上の資料には、緘黙がある生徒らがカフェで来客に挨拶し、コーヒーを提供するといった指導事例が記されています。商業科ではなく、普通科の学校でです。就労支援でしょうか。

緘黙以外の指導事例を見ても、就労を意識したものが記されていて、高校での通級指導ならではと感じます。高校を出てそのまま就職する生徒はもちろん、進学する生徒にしても大学などでアルバイトというかたちで働くことはよくあるでしょう。役立ちそうな支援です。