『読売新聞』朝刊に緘黙の記事

更新日:2018年05月22日(投稿日:2018年05月21日)
アイキャッチ画像。

くらし面に掲載


2018年5月21日(月曜日)の『読売新聞』朝刊「くらし面」で、場面緘黙症を主題とした記事が掲載されました。

全国的に掲載されたものかどうかは私には分からないのですが、くらし面の記事とあって、全国掲載でもおかしくはないのではないかと思います。少なくとも、私の地元では掲載されています。

この記事は、読売新聞の医療・介護・健康サイト「ヨミドクター」にも掲載されました。

↓ ヨミドクターへのリンクです。全文を読むには会員登録が必要です。
◇ 【子どもを守る】学びの場で(4)「場面緘黙」発話一歩ずつ
新しいウィンドウで開く


読売は、最も販売部数が多い新聞


読売新聞の朝刊は、最も販売部数が多い新聞です。下記のページに、詳しい情報があります。

◇ メディアデータ | 読売新聞広告局ポータルサイト adv.yomiuri
新しいウィンドウで開く

販売部数は、2017年7月~12月平均で870万部を超えています。世帯普及率は14.87%です。

上記ページでは「ここまで広がっている朝日新聞との差」が強調され、「読者人口は、千葉県人口以上の差」等の数字が示されています(朝日新聞は販売部数2位です)。

これだけ販売部数が多いと、緘黙の理解拡大に与える影響は大きそうです。


読売は大都市圏に強い一方、地方では……


ただし、その地域差は大きいかもしれません。上記ページ「都道府県別販売部数と世帯普及率」を見ると、販売部数にかなり地域差があることが確認できます。例えば、 茨城県では33.03%の普及率ですが、高知県では2.40%、沖縄県では0.09%です。全体的に、東京や大阪周辺の普及率が高いです。

『都道府県別上位3紙』によると、地方では『福井新聞』(68.00%)や『日本海新聞』(鳥取県67.90%)といった地元紙が強いことが分かります。特に日本海側では、その傾向が顕著です。

「緘黙が新聞で取り上げられた!やったあ!」と喜ぶだけでなく、このようにどういった層に情報が届いたかを検証すると、面白いかもしれません。

※ 「発行部数」を「販売部数」に修正する等しました。失礼致しました(2018年5月22日)。