BBCの緘黙ドキュメンタリー、早くも50万回再生

更新日:2019年01月27日(投稿日:2019年01月27日)
アイキャッチ画像。
2010年にイギリスのBBCで放送された場面緘黙症のドキュメンタリーと見られる映像が、YouTubeに投稿されました。制作者に許可をとっての投稿とみられます。

再生回数は既に50万回近く、コメント数は2,500件以上を記録しています。1月11日に公開されたばかりなのに、これは驚異的な数字です。

この動画は、海外の緘黙関係のFacebookページでは取り上げられています。そこで、私もここでご紹介してみることにします。また、50分近くもある英語の動画ですので、分かる範囲で概要説明も行なってみたいと思います。

↓ その動画です。48分40秒。


↓ YouTubeのページでご覧になる方はこちら。
◇ Raising A Child With Selective Mutism | MY CHILD WON'T TALK
新しいウィンドウで開く

ドキュメンタリーの概要


このドキュメンタリーは、2010年2月にBBC Oneで放送されたものとみて間違いなさそうです。

↓ 放送された跡。BBCホームページへのリンクです。
◇ BBC One - My Child Won't Speak
新しいウィンドウで開く

BBC Oneは、日本で言えばNHK総合テレビに相当するそうです(『リーダーズ英和辞典』第2版より)。上記ページによると、やや遅い時間帯に2度放送されたようです。

内容は、緘黙がある少女たちが、緘黙を克服するための取り組みを行う様子を追ったものです。その少女たちは、次の3人です(リンクは動画へのリンクです)。

○ Red(8歳)
・眼鏡の子、 ノーサンプトンシャー在住。
・表情は豊かで、ホワイトボードで筆談は行なっている。
・祖父(同居していない)と話すことが課題。
・ボイスレコーダーを内蔵した本を通じて祖父と会話(23分59秒頃~)。
・携帯電話のボイスメールを通じて祖父と会話、同じ家の敷地内のかなり離れた場所から(34分8秒頃~)。

○ Megan(10歳)
・動画サムネイル画像の子で、ドーバー在住。
・表情には、笑みが見えることも。
・学校の担任教師は、彼女の声を聞いたことがない。
・発話中、徐々に人を近づけていく取り組みが成功(15分48秒頃~25分22秒頃~)。
・自分の緘黙について書いた文章を教室で読み上げてもらい、同級生への助けを求める場面も(31分45秒頃~)。
・6ヶ月23回のセラピーのセッションの後、教室で少し声が出るようになる。

○ Danielle(15歳)
・ポニーテールの少女、ケアフィリ在住。
・14歳までわずかな人としか話せず。
・1年前、誰も知る人がいない学校への転校を思い立ち、それにより話せるようになった。
・カメラの前でも普通に話すが、それでもなお緘黙を完全には克服できていない。
・商店でチョコレートを買おうと試みるがレジに持っていけない、レジで予期せぬ会話をしなければならなくなる可能性があるため(27分15秒頃~)。
・話せなかった頃の友人と久しぶりに会ってみたが話せない、しかも友人間で異性の話題になり……(39分01秒頃~)。
・その後、話せる友人ができた。


感想


このドキュメンタリーはイギリスではある程度有名らしく、私も以前から存在は知っていたのですが、視聴したのは初めてです。そこで、動画を見た感想を書いてみます。

具体的な取り組みを映像化


やはり具体的な取り組みを映像で見ることができたのは勉強になりました。Meganさんに対して行なわれた徐々に人を入れていく取り組みは、まさにイギリスで有名な「スライディング・イン(スライド・インとも訳される)」技法です(15分48秒頃~25分22秒頃~)。

ただ、治療経過については、やや断片的な内容になっている感も、なきにしもあらずでした。例えば、言語聴覚士のMaggie Johnson氏が、Redさんが祖父と話せるようになるために、録音機器を通じた言語コミュニケーションを提案しています。あれは思い付きで提案したものではなく、Redさんが筆談はできる状態だったことを踏まえてのものと思われます。もし筆談すらできなかったら、取り組み内容も変わってきたはずです。そのあたりの背景がドキュメンタリーでは説明されていません。

なお、Maggie Johnson氏の治療についての詳しい情報は、同氏の共著 The Selective Mutism Resource Manual 参照。動画13分53秒頃にちらっと出てくる、リング製本の本です。


「学校」で「話せない」ことだけではない


緘黙というと、かつて「学校緘黙」という呼び方もあったように、「学校」で「話せない」ことによく焦点が当たります。

ですが、緘黙の問題はそればかりではありません。このドキュメンタリーは、祖父(同居していない)と話せない様子や、買い物ができない様子なども撮影し、多様な緘黙の問題を示しています。

もっとも、学校で話せないことの重要性はやはり大きいので、もう少しだけそのあたりの取り組みの様子を見たかった気もしないでもありません。


もっと深刻な状況に置かれていた緘黙児者も多くいたはず


映像を見て、かつて私が学校で話せなかった頃のことを思い出しました。ただ、私の場合、もっと重かったように思います。今回の少女3人は話せなくても表情があったりと、重度の例はないように思います。

また、3人とも、家族に緘黙であることを認識されています。言語聴覚士が関わり、専門的な支援を受けている子もいます。ですが、そんな緘黙児者ばかりではないはずです。イギリスでは、このドキュメンタリーを見て、我が子が緘黙であることに気付いた(それまで知らなかった)という親もいたそうです。緘黙はイギリスにおいても認知度が低いですし(特にこのドキュメンタリーが放送された当時は)、気付いてさえもらえなかった緘黙児者も少なからずいたのではないかと思います。


放送から9年が経ち、あの3人は今頃どうしているでしょう。なお、3人のうちDanielleさんについては、2015年に出版されたSelective Mutism in Our Own Wordsという本に寄稿されています。



『イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド』読みました

更新日:2019年01月21日(投稿日:2019年01月21日)
アイキャッチ画像。
昨年末に、新しい場面緘黙症の本が出版されました。年の瀬の発売とあって購入はしばらく控えていたのですが、このほど読み終えました。読んだ感想等を書きたいと思います。

本の基本情報


○ イラスト:にしださとこ
○ 著者:金原洋治、高木潤野
○ 協力:かんもくネット
○ 出版日:2018年12月15日 第1刷発行
○ 書名:イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド-アセスメントと早期対応のための50の指針
○ 出版社:合同出版
○ ページ数:159
○ 本のサイズ:B5

にしださとこ氏はイラストレーター。これまで教科書や書物、雑誌など数多くの出版物でイラストを担当してきました。漫画も描く方で、『ぼくらのじかん。』という本も出しています。

著者は2名ですが、金原氏はかねはら小児科院長、高木氏は長野大学社会学部准教授です。両氏とも、緘黙の本に携わるのは今回が初めてではありません。

出版社の合同出版は、これまで緘黙のコミックエッセイを2冊出版しています。『私はかんもくガール』(2015年)と『かんもくって何なの!?』(2017年)の2冊でした。同社はまた、専門家による発達障害の本なども出しています。

ページ数は類書に比べると2割ほど少ない一方、本のサイズが大きめです。

合同出版の「イラストでわかる」シリーズの新たな一冊です。


本の内容


学校における緘黙への対応方法を示した本


本の内容を一言で表すと、学校における緘黙への対応方法を示した本と言えるのではないかと思います。対象読者も、主に教師が想定されているものと思われます。副題に「50の指針」とありますが、1から50まで指針が書かれているわけではなく、特に意味はありません。

小学校での緘黙への対応を最も念頭に置いているようですが、中学校や大学入試に関する記述も中にはあります。

本の構成を見ると、第3章「環境調整・関わり方の工夫・合理的配慮」が67ページ分あり、最も多いです。コラムや巻末資料等を除くと、本書の半分のページ数を占めます。


高木氏の担当分が8割


共著ですが、金原氏は第1章(29ページ分)を担当、高木氏は第2~第4章(110ページ分)の担当です。どなたが執筆したか明記されていないコラムや巻末資料等を除くと、高木氏の担当分が全体の8割のページ数を占める計算です。

この本の内容は、高木氏による2017年3月の著書『学校における場面緘黙への対応』(学苑社)と重なるところが大きいです。今回の本の8割は高木氏が書いたものですし、前の高木氏の本の出版から2年も経っていませんので、内容が重複するのももっともです。


最大の特徴は、読みやすさへの意識


本書の最大の特徴は、本の読みやすさに特段の意識を置いていることでしょう。具体的には、見開き2ページ毎に一つの項目をまとめ、具体的な助言を数個示すというものです。全体的にシンプルな印象を受けます。専門用語の使用も最小限です。『学校における場面緘黙への対応』が専門書に近かったのに対し、こちらは一般書に近いです。

特筆すべきは、イラストを数多く配置して視覚的にイメージしやすくする工夫を施している点です。書名にも「イラストでわかる」と強調してあることから、イラストを中心とした構成は本書が最も強く打ち出そうとしたポイントと思われます。

その一方で、余白が多くて文章は少なく、ページ数も少なめです。読み通すのに、あまり時間はかかりません。


感想


ほぼ高木氏の本


この本は、ほぼ高木氏の本と私は見ています(もちろん金原氏の担当分も重要ですけれども)。8割が高木氏の担当ですし、高木氏の専門性や緘黙に対する考え方が色濃く反映されています。

もっと言うと、ほぼ『学校における場面緘黙への対応』のイラスト版と言ってよいのではないかと思います。


分量が薄い本の良し悪し


見た目によらず分量が薄い本ですが、この良し悪しは一概には言えません。本書の想定読者は主に小学校教師でしょうが、多忙な教師が分量の多い本をどこまで読めるかは分かりません。イギリスでは「教師には本当に時間がない」として、わずか30ページの本が出版されています。ポイントを端的にまとめられたのであれば、かえって優れた本ということにもなります。

分かりやすさを重視した本のようですし、意図的に分量を少なくしているのではないかと私は思います。


最も注目されるのは、分かりやすさへの意識


本書で最も注目されるのは、分かりやすさを意識した本の構成です。こんなにイラストが多い緘黙の和書は、コミックエッセイや絵本などを除けば見た覚えがありません。例えて言えば、NHKラジオ「基礎英語」シリーズのテキストを見ているようです。この点で、『学校における場面緘黙への対応』との差別化に成功しています。

緘黙サイトの老舗「場面緘黙症専用」を運営する俊太さんは、この本についてTwitterで「何よりイラストが多くてわかりやすいのがいいですね」とコメントされています。

私は逆で、大人向けの本に、ここまでの量のイラストは必要だろうかと感じます。イラストや余白にスペースを多く割いて、肝心の説明文が少ないページも散見されます。もっとイラストや余白を削るなり縮めるなりして内容を圧縮した方が、ページの一覧性が高まって、私には見やすくなりそうです。

ただ、このあたりは好みの問題で、どちらがよいとも言えません。私などよりも、対象読者層が読みやすいと感じるかどうかの方が重要です。主要読者層と思われる学校教育界からはどう評価されるでしょうか。

にしだ氏のイラストは、本書の内容の視覚的理解を促すよう描かれています。また、小さなイラストから大きなイラストまで、見やすいものばかりです。本書を手に取るのは主に小学校教師でしょうが、にしだ氏のイラストは小学校の教科書に採用された実績があるため、馴染みのある絵柄を見て安心する教師もいることでしょう。本書は何より「イラストでわかる」ことが目玉ですので、やはり的確なイラストレーターが選ばれていると唸らされます。





「かんもくフォーラム信州上田」申込受付開始

更新日:2019年01月15日(投稿日:2019年01月15日)
アイキャッチ画像。
長野県上田市で3月16~17日(土~日曜日)に、「かんもくフォーラム」と、その前夜祭が開催されます。

その詳細の発表と、申し込みの受付が公式ホームページで始まりました。規模の大きな催しなので、ご紹介します。

↓ 公式ホームページへのリンクです。閲覧はパソコン推奨だそうです。
◇ かんもくフォーラム信州上田
新しいウィンドウで開く

かんもくフォーラムとは


かんもくフォーラムは、緘黙の大規模な催しです。毎年1回程度の割合で行なわれ、その年の実行委員会が主催しています。

今回は4回目の開催で、「交流」がテーマだそうです。会場は上田市にある長野大学ですが、この大学には緘黙を研究する学者(高木潤野准教授)が在籍しています。

なお、開催地はこれまで東京都渋谷区→東京都大田区→愛知県名古屋市と変遷してきました。大都市圏以外での開催は、今回が初めてです。


申し込みについて


参加申し込みは複数に別れています。一般の方の多くは、各種「申し込みフォーム」を通じての申し込みになろうかと思います。前夜祭、かんもくフォーラム(当日)、託児の申し込みです。

一方、緘黙に関連する活動を行っている団体や個人の発表の申し込み(エントリー)も公式ホームページで行なわれています。「展示・口頭発表募集要項」のエントリーフォームを通じての申し込みです。この発表の形式については、抄録掲載のみという選択肢も以前は用意されていたのですが、現在は無くなっています。