ベルギーでも緘黙キャンプが開催

更新日:2019年01月08日(投稿日:2019年01月08日)
アイキャッチ画像。

フランドルの緘黙団体が主催


場面緘黙症のサマーキャンプが、ベルギーで初開催されるそうです。フランドル(フランダース)地方に緘黙の団体があり、ここが主催します。

↓ フランドルの緘黙団体Selectief mutisme Vlaanderenホームページへのリンクです。
◇ Inschrijven voor hét Zomerkamp 2019: voor kinderen en tieners met praatangst
新しいウィンドウで開く

上のページによると、緘黙がある子どもや10代の若者の中にはキャンプに参加できたり、参加したいと思う人がほとんどいないそうです(ベルギーはサマーキャンプが盛んなのでしょうか)。このことから、緘黙があっても楽しめるキャンプの機会を提供しようということのようです。

また、緘黙児者が自信をつけたり、緘黙を改善するための様々な活動(リラクゼーション、ゲーム、クラフト、dappere daden?、 呼吸、発話練習)をしたりもするようです。

キャンプとあってその日程は数日間に及び、7月1日(月曜日)午後4時~7月5日(金曜日)午前10時まで予定されています。4泊5日の計算です。子供は親同伴で、10代の場合は親を同伴するか選択できます。親同士が経験談を交換できる機会も設けられるようです。

今回は初の試みなので小規模の人数で行い、翌年からは人数を増やして行なう予定です。参加者は応募した後、専門家のチームが参加の是非を判断します。


イタリアやアメリカでも行なわれています


緘黙のサマーキャンプといえば、イタリアではVacanzina、アメリカではCommuniCampと題するキャンプがあることを以前お話ししました。今回のベルギーのキャンプも、イタリアとアメリカのキャンプから着想を得たそうです。

◇ イタリアの緘黙治療キャンプVacanzina
新しいウィンドウで開く

◇ 世界6カ国から参加者が集った緘黙キャンプCommuniCamp
新しいウィンドウで開く

なお、先日「緘黙関連ニュース」でお伝えしたように、アメリカではまた新たなサマーキャンプの計画があるそうです。

◇ 米国で新たな緘黙キャンプの計画
新しいウィンドウで開く

また、アメリカなど複数の国で緘黙の集中プログラムが行なわれていますが(ニューヨークChild Mind InsituteのBrave Buddiesなど)、それと今回のキャンプが同類と見てよいかは分かりません。どちらにしろ、緘黙児者を多数集め、連続的に長期にわたって症状の改善を図る試みである点は同様で、こうした試みが世界でさらに広まっていると見ることもできるかもしれません。

私個人の経験をお話しすると、学校行事で合宿をした経験があります。当時は学校で最も話せない時期でしたが、この種の行事はすこぶる苦手でした。合宿は緘黙?(未診断)の私のみを対象としたものでは当然なかったので、私には非常に高い活動能力が要求されたのです。合宿の狙いは「生きる力」を育むとか、そんなところだったのでしょうが、私にはその力がどの程度育めたか疑問でした。それを思うと、緘黙児者でも楽しめるキャンプには興味を引かれます。

「ベルギー子育て奮闘記」というリポートによると、ベルギーの夏休みは7月初旬から8月末までの2か月間あるそうです。それだけ長いと、緘黙児者とその親にとっても、夏休みの過ごし方は考えどころだろうと思います。このサマーキャンプは、その一つの答えを示すことができるのでしょうか。注目されます。

↓ Child Research Netホームページへのリンクです。
◇ 【ベルギー子育て奮闘記】 第10回 夏休みの過ごし方~ベルギーのサマースクール~ - 論文・レポート
新しいウィンドウで開く

※ 私はオランダ語のページを英語に機械翻訳して読んでいます。私の解釈には不正確な部分もあるかもしれません。