台湾発の、緘黙の専門書が出版される

更新日:2019年12月07日(投稿日:2019年12月07日)
アイキャッチ画像。
台湾の臨床心理士による、場面緘黙症の本が出版されました。台湾発の緘黙の専門書の出版は、初めてではないかと思います(専門書は、翻訳書しかありませんでした)。

私はこの本の内容を読んではいないのですが、書籍サイト等の情報をもとに、分かる範囲で取り上げてみたいと思います。

↓ 情報源です。
◇ 著者のFacebookページ
新しいウィンドウで開く

本の基本情報


著者:王意中
書名:選擇性緘默症: 不說話的孩子
出版社:寶瓶文化
発売日:2019年12月5日
ページ数:256ページ

著者の王意中氏は、子どもの障害や、問題行動(と言えばいいのかな?)に関する本を多数著しています。


本の概要


保護者や、教師、臨床家、そのほか緘黙に関わる様々な人を対象とした本です。小さな子どもの緘黙だけでなく、高校生の緘黙までが守備範囲に入っています。


本の印象


この本の章立ては、これまでの緘黙の本では見たことがないかもしれません。といっても、とっぴな構成ではありません。章立てから窺えるのは、保護者、教師、臨床家の三者に対して、具体的な対応方法を示すことに力点が置かれていることです。

緘黙の支援にはこの三者の連携が効果的とも言われますが、今回のような書き方をした本は、実は意外に少ないです。例えば、三者のうち一者のみ(例えば教師とか)を対象に書かれていたりします。

この本は、そういう意味で総合的、網羅的と言えます。半面、中途半端な内容になっていないか心配もあります。ですが、本書は台湾発の始めての緘黙の専門書ですので、こうした内容になるのも、もっともなことだろうと思います。これから台湾でも、さらなる緘黙の本が出版されることを期待します。

それにしても、台湾の言葉だからでしょうか、著者の言葉の選び方の問題でしょうか、第2章の題名「選擇性緘默症的班級經營策略」が面白いです。日本語に訳すと「場面緘黙症のための学級経営戦略」といったところでしょうか。こういう言い方だと、緘黙の児童生徒にどう対応するかというよりも、緘黙の児童生徒がいる場合に学級全体をどうマネジメントしていくかという点に意識が向いているように思われます。


台湾や中国本土の動きが面白い


ところで台湾といえば、台灣選擇性緘默症協會が今年9月、「台北NPO聚落」 (NPO HUB Taipei) というビルに入居しました。これによって、協会の活動拠点ができました。

このビルには、衛生福利部(日本の厚生労働省に相当か)の蘇麗瓊政務次長などが視察しており、注目されていることが窺えます。

◇ 入居決定時の台灣選擇性緘默症協會のFacebook投稿
新しいウィンドウで開く

◇ NPO HUB Taipei │ 台北NPO聚落 ウェブサイト
新しいウィンドウで開く

今年4月には、台湾出身のRochelleさんと、日本出身のAyahaさんの共著が出版されましたが、この本は電子書籍で Amazon.co.jpでも買うことができるようになりました。最近は中国本土でも新たな動きがあるようですし、ここのところのこうした動向は興味深いです。