緘黙のための法律の提案(伯国)

更新日:2020年07月06日(投稿日:2020年07月06日)
アイキャッチ画像。

「場面緘黙症患者の権利を保障する法律」


ブラジルで、場面緘黙症のための法律を提案する動きが始まったそうです。この情報は、「ブラジル場面緘黙症協会」(Instituto Mutismo Seletivo Brasil) のFacebookページや、Instagramアカウントで明かされました。

↓ アクセスすると、動画が再生されるかもしれません。
◇ そのFacebookページの投稿1
新しいウィンドウで開く

↓ これもアクセスすると、動画が再生されるかもしれません。
◇ そのFacebookページの投稿2
新しいウィンドウで開く

↓ 文章も書かれてあるのですが、閲覧環境によっては読めないかもしれません。画面サイズがある程度あれば、読めます。
◇ そのInstagramの投稿
新しいウィンドウで開く

このうち、Instagramには「場面緘黙症患者の権利を保障する法律」 (Leis para assegurar os Direitos dos Paciente com Mutismo Seletivo) という文が書かれてあります。


州議会議員と連絡


よく分からないのですが、上のSNSでの書き方では、この計画を行う主体がブラジル場面緘黙症協会とも解釈できます。

上のSNSでの投稿ではまた、州議会議員のMaria Lúcia Amary氏やその顧問と連絡を取り合っているという内容のことも、書かれてあります。Maria Lúcia Amary氏はサンパウロ州の議員です。サンパウロ州議会では、10月31日を「場面緘黙症啓発の日」と制定する法案が通ったことがあるのですが、その法案の起草者がこの方でした。

↓ 2017年末に書いた記事。Maria Lúcia Amary氏についても触れています。
◇ 「緘黙啓発デー」制定の動き、ブラジル自治体で静かに広がる
新しいウィンドウで開く

さらに、Facebookの2つ目の投稿は、Iolanda Juvencio de Oliveiraさんという緘黙児のお母様?が、法律提案のために頑張っていらっしゃるというようにも解釈できます。

法案の詳細については、上のSNS投稿には書かれてありません。もしかしたら動画に説明があるのかもしれませんが、私はブラジルの言葉(ポルトガル語)を聴き取れないので、分かりません。なお、動画の中で話をしている人物は、臨床心理学者のElisa Neiva Vieira氏とみられます。


今後の展開は?


法律は、どのような内容になるのでしょう。

私には予想できませんが、「場面緘黙症患者の権利を保障する法律」ということであれば、ブラジルも批准している「障害者の権利に関する条約(障害者権利条約)」が参考にされるのは間違いないだろうと思います。

↓ 障害保健福祉研究情報システム(DINF)ウェブサイトへのリンクです。
◇ 障害者の権利に関する条約(日本政府公定訳)
新しいウィンドウで開く

あと、サンパウロの州議会議員と連絡をとっているということは、国の法律というより、州法になる展開も予想できます。

ただ、実際に法律が提案され、制定にまで至るかどうかは、まだ分かりません。

なお、私はポルトガル語を読むこともできません。機械翻訳で英訳するなどして読んでいるので、厳密なところで解釈の誤りがあるかもしれません。

※ ブラジルは、漢字で「伯剌西爾」と書くそうです。



「緘黙関連ニュース」が減っている

更新日:2020年07月01日(投稿日:2020年07月01日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症Journal掲示板 では、「緘黙関連ニュース」の投稿を行っています。

◇ 場面緘黙症Journal掲示板
新しいウィンドウで開く

緘黙関連ニュースは、私が方々で見つけた、国内外の場面緘黙症関連のニュースを記録したものです。内容は、メディア掲載情報、研究発表情報、イベント情報など様々です。ただし、書籍や雑誌掲載情報は、ここではなく「関連書籍」で紹介することも多いです。

見つけたニュースの全てを掲載しているわけではなく、一定のニュース価値があり、ここで投稿するのは適切と判断したものを掲載しています。ニュースを載せるかどうかの判断に客観的な基準はなく、恣意性が入っていることだろうと思います。

ニュースの投稿数、低水準が続く


この緘黙関連ニュースの投稿数ですが、ここのところ低水準が続いています。なんだか他人事のような書き方ですが、意図的に投稿数を減らしているわけではないのに、結果的にこうなっているのです。実際、2017年以降の投稿数を数えてみたところ、次のような結果でした。

表:「緘黙関連ニュース」投稿件数

2020年1月は12件投稿しました。これは、1月の投稿数としては、2017年以降で最少です。また、2020年2月は13件投稿しました。これもまた、2月の投稿数としては、2017年以降で最少です。3月以降も同様で、投稿件数が2017年以降最少の状態が一貫して続いています。

2020年1月から6月までの総投稿数を求めると、75件。2019年の同時期は135件ですので、前年同月比で45%ほど減少していることになります。

投稿数の低水準は、今年からではなく、2019年の終わり頃から続いているように見えないこともありません。

緘黙関連ニュースは2013年から記録しているため、2013年から2016年の投稿数を調べてもよいのですが、そこまではできてはいません。それでも、直近3~4年では記録的に低い水準が続いていることは分かります。

なぜ低水準が続いているのか?


なぜこのように低水準が続いているのかは、今のところよく分かりません。単純に考えて、緘黙に関する活動が停滞気味になっているからと解釈してしまいたくなります。ですが、分かりません。

もしかすると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、イベントが無くなったからかもしれません。確かに、イベントの開催情報を緘黙関連ニュースの中でお伝えすることは、これまでありました。ですが、ここまでの減少幅は、イベントが無くなったという理由だけでは説明がつきません。それに、この低水準は、新型コロナの感染が広まる前から始まっています。

あるいは、私が無意識のうちに、緘黙関連ニュースに掲載するニュースの基準を厳しくしてしまったのかもしれません。また、単に私が、ニュースを探すのが下手になっただけの可能性もあります。そこのところも含めて、今のところ原因はつかめていません。