緘黙と思ってたら、社交不安障害の診断

更新日:2021年04月15日(投稿日:2021年04月15日)
アイキャッチ画像。

緘黙は知っていたが、社交不安障害は知らなかったという人


場面緘黙症だと思い込んでいたら、社交不安障害の診断を受けた--

そんな方のお話が、「障害者ドットコム」というサイトに掲載されました。この方、緘黙はご存じだったのですが、社交不安障害については「そういう病気があるのか」という認識だったそうです(つまり、知らなかったようです)。診断された時期は分からないのですが、現在50代の方です。

↓ 障害者ドットコムへのリンクです。
◇ 理解されない「社交不安障害」について
新しいウィンドウで開く

これには、驚きました。社交不安障害は緘黙よりも有病率が高く、認知度もずっと高いだろうと私は思っていました。それだけに、こんなことがあるのかと意外に感じました。

実際のところ、緘黙と社交不安障害の認知度がどの程度かは分かりません。ただ、認知度とは違うのですが、インターネットの検索動向であれば「Googleトレンド」というサイトで分かります。それによると、社交不安障害は緘黙よりも検索頻度が多いわけではないことが分かりました。むしろ、緘黙の方が若干多いようにも見えます。

※ 社交不安障害は、社交不安症や社交恐怖、SADと呼ばれたり、社会不安障害という名称だったこともあるので、それら全てと、緘黙の検索動向を比較してみました。

↓ Googleトレンドへのリンクです。
◇ 「緘黙」「社交不安障害」その他の検索動向比較
新しいウィンドウで開く

Googleトレンドで分かるのは、インターネット上(特にGoogle)の検索動向に過ぎません。とはいえ、社交不安障害の方が有病率が高いのにこの検索動向は、意外ではあります。緘黙の認知度がそこまで上がったかという思いとともに、確証はないのですが、もしかすると社交不安障害は緘黙以上に知られていなさ過ぎるのではないかとも思えてきます。


自分を緘黙と思い込んでいる人(特に大人)


もう一つ、今回の件で、私は「良いカウンセラー悪いカウンセラー」という十数年前のウェブサイトを思い出しました。そこには緘黙について、このようなことが書かれていました。

1%以下の非常に珍しい症状ですが、自分が場面緘黙症/選択性緘黙と思い込んでる人は多く存在します(特に大人の方)場面緘黙症の子供の90%以上が社会不安障害でも悩んでいます。社会不安障害は3番目に多い障害なのでそちらと勘違いしているようです。

https://web.archive.org/web/20080102160314/http://2.csx.jp/~counselor/SelectiveMutism

特に大人の方に自分が緘黙と思い込む人が多いとか、社交不安障害と勘違いしているという話の根拠は不明です。90%以上が社交不安障害というのも、今日までの様々な研究を見れば、ちょっと多過ぎの数字かもしれません(例えば、このメタ分析をご覧下さい)。ただ、冒頭でお話しした「障害者ドットコム」に寄稿された方は、まさにそう思い込んでいた方ではありました。


緘黙と社交不安障害の混同


緘黙の概念と社交不安障害については議論があり、難しいところですが、診断基準は別ですし、別の障害というのが今のところの一般的な理解です。緘黙と社交不安障害の認知度と混同について、考えさせられました。



15~20年前の緘黙サイトのアクセス数

更新日:2021年04月10日(投稿日:2021年04月10日)
アイキャッチ画像。

アクセスカウンターとは何か


「あなたは○○○人目の訪問者です」

ホームページには、訪問者数やアクセス数を表示するカウンターが設置されていることが稀にあります。これをアクセスカウンターと呼びます。このブログにも、その一種の「Flag Counter」という国旗カウンターが設置されています。

動画サイトでは「○○○回視聴」などという表示がよくありますが、あれは普通アクセスカウンターとは呼びません。

アクセスカウンターは、古いホームページなどに多いです。個人のホームページ作成が盛んだった2000年前後に流行りました。1,000人目の訪問者など、きりがいい数字は「キリ番」と呼ばれ、キリ番をゲットした訪問者は記録して「表彰」するホームページ管理者もかつては多かったです。ただ、管理者の中にはキリ番の申告を強制する人もいて、これはネットモラル上の問題でした(キリ番の踏み逃げ禁止問題)。

「かんもくネット」と「かんもくの会」のホームページにもアクセスカウンターがあったのですが、最近無くなりました。提供元の忍者ツールズが、アクセスカウンターのサービスを3月1日に終了しており、この影響とみられます。およそ15年もの長きにわたって親しまれてきたアクセスカウンターだっただけに、残念です。


緘黙サイトの初期のアクセス数を、カウンターの記録を通じて見る


アクセスカウンターは、初期の場面緘黙症関係サイトにも設置されたことがありました。それらは既に閉鎖されたサイトばかりですが、インターネットのアーカイブWayback Machineを使えば、今でも見ることができるものもあります。今回は、それを見ていこうと思います。

注目するのは、カウンターそのものではなく、そこに表示されている数字です。緘黙関係サイトが昔、どのぐらい賑わっていたかを定量的に把握するのが狙いです。現在、緘黙の当事者・経験者や保護者らによる交流が行われていますが、その源流は、2000年以降に立ち上がった個人の緘黙関係サイトや掲示板での交流であり、その当時のことを調べることには意義があると思うのです。

ここで取り上げる緘黙サイトは、以下の要件を満たしたものです。

○ 2000年代前半頃までに存在し、私が把握している緘黙関係サイト
○ 緘黙の専門サイトとまでいかなくても、少なくとも中心テーマの一つとしているサイト
○ Wayback Machineにより、2000年代前半頃までのアクセスカウンターの数字を確認できるサイト

ただ、アクセスカウンターの数字の読み取りには注意が必要です。例えば、そのホームページにアクセスすればいくらでも回るカウンターもあれば、一定時間(24時間など)以内の再訪問はアクセス数として数えないカウンターもあります。このあたりは、カウンターによってまちまちです。Wayback Machineだと、こうしたアクセスカウンターの違いは確認できません。このため、カウンターの数字は大雑把な目安として見るのがよいだろうと思います。


個々の緘黙サイトのアクセス数


それでは、個々の緘黙サイトのアクセスカウンターを見ていきます。

ココロのひろば(2000年4月10日開設)


113,512アクセス+1ヶ月ちょっと分(2005年12月26日時点)

この時点で、1日平均約55アクセス。ただ、このサイトは移転したり、ミラーサイトを作ったりした歴史があります。そのあたりのアクセス数をどう処理したかが分かりません。

2006年以降のアクセス数も分かるのですが、緘黙サイトの初期のアクセス数を調べるという今回の趣旨にはそぐわないので、省きます。

[URL]
http://www.geocities.jp/cocoro21san/

ほほえむ(2000年10月23日開設)


35,002アクセス(2004年11月25日時点)

この時点で、1日平均約25アクセス。その後、サイトがリニューアルされ、アクセスカウンターの数字もリセットされました。リニューアル後のアクセス数は追いません。緘黙サイトの初期のアクセス数を調べるという今回の趣旨にはそぐわないので。

[URL]
http://www.hohoemu.com/

ふわふわ、とん。(2001年4月1日開設)


22,241アクセス(2002年10月20日~2004年10月9日のいずれかの時点)

この時点で、1日平均約20~40アクセス。

[URL]
http://homepage1.nifty.com/y-toppo/sun2001-frame.html

不登校日誌(2004年2月前後サイト移転)


12.542アクセス(2005年2月11日時点)

サイト移転後にアクセスカウンターが設置され、上の時点で1日平均約35アクセス。

[URL]
http://www3.tokai.or.jp/toyomasa/hutoukou.htm

どの日時でのアクセス数を調べるかが、まちまちだが……


どの時点でのアクセス数を調べるかが、まちまちになってしまいました。これは、Wayback Machineで調べられる日時とそうでない日時があることによります。


結び


万単位のアクセス数を記録した緘黙関係サイトが、いくつもあったことが分かりました。

この数字は多いと言えるのでしょうか、少ないと言えるのでしょうか。SNSがなかった当時、インターネット上の重要な交流の場であり、情報源であった緘黙関係サイトのアクセス数がこの水準というのは、今からすると少なかったと見ることはできるかもしれません。緘黙の認知度が当時、それほど低かったということなのでしょうか。ただ、当時はインターネット人口が今より少なく、その中での数字ということも考えなければなりません。

最後に、勝手に個別のサイトを取り上げてアクセス数を公にしてしまい、当時の管理者の皆さんに申し訳ないです。ですが、今となっては貴重な情報ですし、いずれも大分前に閉鎖されたサイトばかりですので、ご容赦いただければありがたいです。問題があれば、削除致します。

※ 私は4月10日を「緘黙の輪の日」と呼んでいます。そして、今年よりこの日に、緘黙サイトの歴史をお話しすることにしました(昨年までは夏にお話ししていました)。長年緘黙についての動きを見てきた者として、昔のことを伝えたいです。



少数の臨床家に殺到する緘黙児者

更新日:2021年04月03日(投稿日:2021年04月03日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症の相談・受診のため、緘黙児者やその保護者が、少数の臨床家のもとに殺到。パンクする時も--

以前から、こうした現象が起こることがあるようです。というのも、臨床家やその臨床家が所属する医療機関が、SNSやウェブサイト等で、こうした状況を明かしているのを目にしたことが何度かあるのです。中には、わざわざ遠方から、そうした臨床家を頼る人もいるそうです(今はコロナの影響で状況が変わったかもしれませんが)。

ただし、私はこうした実態を直接知っているわけではないので、間違っていたら申し訳ないです。それにしても、これは一体どういうことなのでしょう。

臨床家が不足している?


もしかすると、緘黙の相談・受診に対応できる臨床家が不足しているのかもしれません。実際、日本に数多くいる臨床家の中には緘黙の理解に乏しい人もいるという認識が、緘黙児者やその保護者の間である程度広がっているように感じます。

これは言い換えれば、緘黙の相談・受診の需要に対して、供給が追いついていないということです(過少供給)。需要と供給の話となると、経済学の出番です。教科書的な考え方をすると、価格メカニズムが十分に働く市場だと、賃金の上昇を通じて、臨床家の過少供給は解消されるはずです。しかし、緘黙の相談・受診は価格メカニズムがなじまなさそうな分野です。こうした市場の調整機能は働きにくいのかもしれません。

緘黙に対応できる臨床家が不足しているのであれば、臨床家に緘黙を知っていただくことや、臨床家用のマニュアルの普及、臨床家の育成といったところが課題になりそうです。ただ、近隣分野の発達障害でも、初診の診察に何ヶ月待ちとか半年待ちといった話を以前から聞くことがあり、解決への道のりは険しいかもしれません。


臨床家の情報が不足している?


そうではなくて、本当は緘黙の相談・受診で高度な能力を持つ臨床家がたくさんいるのに、それが知られていない可能性も考えられます(経済学の概念で言うと「情報の不完全性」)。その結果、メディアなどの露出が多い少数の臨床家に、相談・受診が集中という現象が起こっているのかもしれません。

実際、緘黙児者や保護者が殺到する臨床家は共通して、露出が多いです。数々のメディア出演歴があったり、著書を出していたり、緘黙に関するイベントに何度も登場したりしています。そうした活動は、臨床家本人が意図する、しないにかかわらず、宣伝の効果を持ちます。しかし、このような臨床家は、ごく一握りしかいません。こうして、少数の臨床家のもとに殺到という現象が起こるのかもしれません。

この場合、テレビなどに出ている臨床家以外にも緘黙の相談・受診ができる臨床家が存在することや、具体的な専門機関の情報を、利用者に広めることが課題になりそうです。


相談・受診が少ないから、臨床家も少ない?


それも違って、実は緘黙の相談・受診は少なくて、このため、それに対応できる臨床家も少ないという可能性も考えられます。日本では、緘黙児者は500人に1人ぐらいの割合と言われており、最近の小学校を対象とした研究でもそれを裏付ける結果が出ています。緘黙児者はそんなにたくさんいるわけではありません。

加えて、緘黙は「大人しくて問題ない」などと見過ごされることがあると指摘されています。こうした場合、相談・受診には結びつきません。


どちらにしろ、わざわざ県をまたいでテレビや新聞に出たことがある臨床家に会いに行かなくても、地元の専門機関で適切な支援を受けることができれば一番よいと思います。