緘黙のPCIT治療専門家として認定(海外)

更新日:2021年05月17日(投稿日:2021年05月17日)
アイキャッチ画像。

親子相互交流療法


アメリカでは、場面緘黙症の心理療法の一つとして、「親子相互交流療法」が広まっています。英語では Parent Child Interaction Therapy と呼ばれ、よくPCITと略されます。緘黙へのPCITの適用は、特に PCIT-SM と呼ばれることもあります。

日本の緘黙支援ではあまり広まっていないらしく、日本語での情報も乏しいのですが、邦訳書『場面緘黙の子どものアセスメントと支援』には説明があります。


専門家を対象に、親子相互交流療法のトレーニング


ニューヨークで緘黙治療などに携わる民間の専門施設 Kurtz Psychology PC は、専門家を対象に、緘黙児に親子相互交流療法を行うためのトレーニングを行っています。指導の中心的人物とみられる Steven Kurtz博士は、PCITインターナショナルという組織からグローバルトレーナーとして認定されている方で、PCIT-SMのプロトコルの開発者でもあります。

↓ 専門家へのトレーニングについて。2021年6月実施予定分。
◇ PCIT-SM Virtual Training 2021
新しいウィンドウで開く

↓ 専門家へのトレーニングについて。2021年10月、11月実施予定分。
◇ Parent-Child Interaction Therapy for Selective Mutism (PCIT-SM) Training for Professionals
新しいウィンドウで開く

このトレーニングは、米国心理学会とPCITインターナショナルの「継続教育」(Continuing Education)プログラムの対象になっています。受講すると、継続教育の証明書?を受け取ったり、一定の単位を取得することもできます。

なお、継続教育とは、学校教育終了後も継続的に受ける教育のことです。継続教育は免許や資格の制度と連携していて、一定期間内に継続教育の単位を取得しなければ、免許や資格の更新がなされない場合もあるようです。アメリカで行われる緘黙支援のトレーニングや講座等には、時々このように継続教育プログラムの対象となっているものがあります。


親子相互交流療法を行える専門家であることを認定


さて、所定のトレーニングを受講すると、緘黙に対して親子相互交流療法を行える専門家であると認定されます。認定されると、「認定PCIT-SMセラピスト」(Certified PCIT-SM Therapist)となります。認定された専門家は、以下のページで名前や職場等を列挙されます。

↓ その認定された専門家の一覧です。現在、40人以上の専門家の名前があります。
◇ PCIT-SM Certified Therapists
新しいウィンドウで開く

上のリスト、大半がアメリカの専門家で、特にニューヨーク(NY)が多いです。ですが、よく見ると、下の方に香港(HK)の専門家が5人名を連ねていることが分かります。他に、CHという場所を拠点とする専門家もいて、リンク先がドイツ語のページなのですが、これはチェコでしょうか。また、カナダのブリティッシュ・コロンビア(BC)を拠点とする専門家もいます。このように、アメリカ国外にも認定された専門家が一部にいるようです。

経済学の用語を借りれば、こうした認定の試みには、「情報の非対称性」を緩和する役割がありそうです。つまり、治療専門家は自分自身の能力を知っているけれども、利用者の側は知りません。上のリストは、ここの治療専門家は緘黙に対して親子相互交流療法を行う能力があるという「シグナル」となり、利用者が情報を得る手助けになります。特に緘黙は理解に乏しい治療専門家の存在が指摘されていることから、このようなシグナルが果たす役割は大きそうです。

※ 資格制度となると、これは経済学の関心分野です。資格制度は情報の非対称性の緩和というプラス面がありますが、参入障壁を作るなどマイナス面もあり、その是非は難しいところです。



発話をテーマにした元緘黙児のGoogleロゴ、州代表に

更新日:2021年05月16日(投稿日:2021年05月11日)
アイキャッチ画像。
子どもたちがGoogleのロゴをデザインする「Doodle for Google」というコンテストがあります。Doodleは「いたずら書き」の意味です。2008年より毎年世界各国で開催されています。日本でもかつては開催されていたようですが、最近は確認できません。

アメリカでは現在、州代表決定戦が行われているところです。全米グランプリに選ばれた作品は、1日間、Googleのロゴに使用されます(日本版Googleでも使用されるかどうかは知りません)。

そのワシントン州代表に、場面緘黙症を経験した小学6年生の作品が選ばれました。しかも、作品名は「Speaking Up」。日本語に訳すと、「大きな声で話す」といったところでしょうか。話すことをテーマとした作品です。

↓ 情報源です。記事冒頭にあるGoogleロゴが、その作品です。コロンビア盆地をカバーするiFiber One Newsの記事へのリンク。
◇ Royal 6th grader chosen as state winner in Doodle for Google competition
新しいウィンドウで開く

それから、作品は以下の公式サイトで公開されています。

↓ その作品が公開されたページ。「Grades 6-7」⇒「Washington」の順にクリック。
◇ Doodle for Google - Vote for your favorite Doodle
新しいウィンドウで開く

なお、上の公式サイトからは投票もできます。「Cast your vote 」の箇所で、「I'm not a robot」をチェックし、「Vote for this Doodle」をクリック。1票まで。なお、私も投票しました。

[追記(2021年5月16日)]

投票は5月14日までです!


公式サイトの情報によると、この作品を作った少女は、小学4年生まで学校でほとんど話すことがありませんでした。現在でも話す際には内面の強さ(inner strength「精神力」とも訳せそうです)が必要とのことです。このロゴは、そうした内面の強さを表わしたものだそうで、話している場面を吹き出して表現しています。

もしこの作品が上位進出すれば、このサイトの「緘黙関連ニュース」で、続報をお届けしたいと思います。


Wikipediaページビュー分析

更新日:2021年05月10日(投稿日:2021年05月10日)
アイキャッチ画像。

Wikipedia「場面緘黙症」の閲覧数を分析


場面緘黙症は今、どれほど注目を集めているのでしょうか。

それを知る手がかりの一つとして、私は「Google トレンド」というサイトを繰り返し取り上げてきました。

↓ Googleトレンドへのリンクです。
◇ 「場面緘黙症」過去5年間の検索動向
新しいウィンドウで開く

ですが、他の手がかりとして、Wikipediaの「ページビュー分析」もあります。Wikipediaの各項目のページビュー数(閲覧数)を見ることができるツールです。

ただし、ページビュー数は、Yahoo!やGoogle等で「場面緘黙症」等と検索した結果の順位によって変動するので、注意が必要です。


例。過去5年の月別推移


例えば、Wkipediaの「場面緘黙症」のページビュー数を、過去5年で月別に見るとこうなります。

↓ その分析結果です。
◇ Wikipediaページビュー分析「場面緘黙症」過去5年(月別)
新しいウィンドウで開く

先ほどの「Googleトレンド」とは逆に、ページビュー数は減少傾向にあるようにも見えます。

2017年3月に突出して多いですが、「Googleトレンド」のグラフと重なります。これは、2017年3月1日に放送された日本テレビ系番組『ザ!世界仰天ニュース』の影響と思われます。


例。過去5年の日別推移


上の表は、「オプション」により、細かい設定を変えることができます。例えば、先ほどは月別に見ましたが、日別に見るとこうなります。

↓ その分析結果です。
◇ Wikipediaページビュー分析「場面緘黙症」過去5年(日別)
新しいウィンドウで開く

ところどころ、ページビュー数が突出して多い日があります。調べたところ、そうした日の前後には大抵、メディアで緘黙が取り上げられています。

2016年10月13日頃
兵庫労働局が、緘黙がある広汎性発達障害の女性に不適切対応。Yahoo!特集記事が報じる。

2017年3月1日頃
日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』で、緘黙が扱われる。

2017年10月15日頃
NHK Eテレ『バリバラ』で、緘黙が扱われる。

2018年2月18日頃
NHK Eテレ『バリバラ』緘黙の回の再放送。

2019年9月9日頃
NHK Eテレ『バリバラ』で、緘黙の青年の一人旅。

2019年9月25日頃
緘黙経験者のグレタ・トゥーンベリさんが、国連で演説。

2020年2月3日頃
緘黙がある小6パティシエのお店「みいちゃんのお菓子工房」が開店、メディアに掲載。

2020年2月11日頃
フジテレビ系の夕方の報道番組で、緘黙のパティシエ「みいちゃん」が特集される。

ただ、ここ1年以上の間は、このようなページビューの急増が無くなっています。

メディアで大きく取り上げられることも無くなっています。メディアに関しては、最近は「みいちゃん」頼みの感がありましたが、それも落ち着いてきています。メディアの関心は新型コロナウイルス関連の出来事に向かい、緘黙は取り上げられにくくなってきているかもしれないと感じています。