発話をテーマにした元緘黙児のGoogleロゴ、州代表に

更新日:2021年05月16日(投稿日:2021年05月11日)
アイキャッチ画像。
子どもたちがGoogleのロゴをデザインする「Doodle for Google」というコンテストがあります。Doodleは「いたずら書き」の意味です。2008年より毎年世界各国で開催されています。日本でもかつては開催されていたようですが、最近は確認できません。

アメリカでは現在、州代表決定戦が行われているところです。全米グランプリに選ばれた作品は、1日間、Googleのロゴに使用されます(日本版Googleでも使用されるかどうかは知りません)。

そのワシントン州代表に、場面緘黙症を経験した小学6年生の作品が選ばれました。しかも、作品名は「Speaking Up」。日本語に訳すと、「大きな声で話す」といったところでしょうか。話すことをテーマとした作品です。

↓ 情報源です。記事冒頭にあるGoogleロゴが、その作品です。コロンビア盆地をカバーするiFiber One Newsの記事へのリンク。
◇ Royal 6th grader chosen as state winner in Doodle for Google competition
新しいウィンドウで開く

それから、作品は以下の公式サイトで公開されています。

↓ その作品が公開されたページ。「Grades 6-7」⇒「Washington」の順にクリック。
◇ Doodle for Google - Vote for your favorite Doodle
新しいウィンドウで開く

なお、上の公式サイトからは投票もできます。「Cast your vote 」の箇所で、「I'm not a robot」をチェックし、「Vote for this Doodle」をクリック。1票まで。なお、私も投票しました。

[追記(2021年5月16日)]

投票は5月14日までです!


公式サイトの情報によると、この作品を作った少女は、小学4年生まで学校でほとんど話すことがありませんでした。現在でも話す際には内面の強さ(inner strength「精神力」とも訳せそうです)が必要とのことです。このロゴは、そうした内面の強さを表わしたものだそうで、話している場面を吹き出して表現しています。

もしこの作品が上位進出すれば、このサイトの「緘黙関連ニュース」で、続報をお届けしたいと思います。