二重人格?

更新日:2023年11月07日(投稿日:2023年11月07日)
アイキャッチ画像。

経験者の話


「自分は、二重人格ではないか」

場面緘黙症を経験した人の中には、こう考えていたという人がいます。家と学校などでは行動が全く違うわけですから、無理もありません。中には、二重人格かもと思い悩んだり、周囲からそう言われたという人までいます。

念のために書いておきますが、緘黙と二重人格は異なる概念です。専門的には多重人格障害、今日では解離性同一症(解離性同一障害)と呼ばれる概念があるそうですが、もちろん、それとも緘黙は異なります。また、解離性同一症(解離性同一障害)を併せ持つ緘黙児者が多いという話は、特に聞きません。


私の場合は……


私の場合は、どうだったのでしょう。私も学校で長期間話せない経験をしています(ただし、私は学校で話せないことについて医師に診てもらったことはなく、したがって緘黙の診断も受けていません)。

確かに私も自分が二重人格ではないかと考えたことはありますが、軽く考えたことがある程度です。真剣に二重人格の可能性を疑ったこともありません。

むしろ、あれからうん十年経った今の方が、あれはある意味では二重人格でもあったのではないかと思います。ここで言う「二重人格」は、専門用語の「解離性同一症(解離性同一障害)」とは違い、単に二つの異なる人格が交互に現れることを意味します。

というのも、私は学校に行くと単に話せなくなるだけでなく、周囲から「真面目」と言われる行動をとるように変わってしまっていたからです。私は学校で「無口」と言われたことは意外に少なく、むしろ「真面目」と言われたことの方が多かったほどです。おそらく学校場面では不安が強くなりすぎるあまり、周囲の評価を過剰に気にして、真面目な行動をとってしまったのだろうと思います。

ただし、あくまで私の場合は、こうだったという話です。一般論として、緘黙は二重人格だという主張をするつもりはありません。



親の前だと、より話さなくなる?

更新日:2023年11月01日(投稿日:2023年11月01日)
アイキャッチ画像。

英国の専門家が問題提起


場面緘黙児は、親の前ではより話さなくなる--

イギリスの緘黙専門家で、チャイルドセラピストのルーシー・ネイサンソン氏(Lucy Nathanson氏)が最近、このような話をしました。

↓ その時の動画です。Facebookへのリンク。26分38秒。
◇ An interesting phenomenon - children with Selective Mutism talking less in front of their parents? This is not usually discussed so let's talk about it
新しいウィンドウで開く

同氏は、これを「興味深い現象」(an interesting phenomenon)と話しています。なぜならば、「このことは、私が見てきた文献では本当に取り上げられたことがないし、あまり言及されたこともない」(it is not something that is really covered in the literature that I've seen anyway and hasn't been mentioned too much)からだそうです。しかし、同氏のチームの間では、こうした現象が全ての緘黙児に見られるわけでないものの、極めてよく見られるということで、認識が一致しているそうです。

私も、こうした現象が多いという話は聞きません。本当にそんなことがあるのか、ネイサンソン氏の周囲だけで起こっていることなのか、欧米特有の現象なのか、それとも、どこでも(つまり日本でも)起こっていることなのか、よく分かりません。


話さなくなるとしたら、なぜか


ネイサンソン氏は、こうした現象が起こっているとしたら、その考えられる原因を「仮説」として2つ挙げています。

1つ目の仮説は、「親がいたら、親が自分たちに注目しているかもしれないと緘黙児は知っているから」(they know that when their parent is there, their parent could be focusing on them)。

実のところ、私も似たことを考えたことがあります。発話については分からないのですが、親が見ていると変に意識するとか、恥ずかしいとか、緊張するとかで、何かをするにはやりづらいといった経験は私にもあります。緘黙児者ほど不安を感じやすい人なら、これが極端になって、親の前では話しにくくなることもあるように思います。これは、スモールステップの取り組みで親が同伴した場合などに起こることがあるかも知れないというのが私の考えです(確証はないのですが)。つまり、(1)親が自分が緘黙だと知っている、(2)親が近くにいる状況で、なおかつ学校など普段は話せない場面で発話することが期待されているといった状況でです。

ネイサンソン氏が挙げる2つ目の仮説は、「緘黙児は、親が助けてくれたり、代わりに話してくれたりしてくれることを無意識のうちに学習しているから」(they have kind of subconsciously learned that my parent will rescue me or talk for me)。

これは、近年英語圏を中心に広がっている緘黙の理解と重なります。親の中には緘黙児者の代わりに話をしてしまう人がいて、そのことによって緘黙児者は話さないことを学習し、ますます話せなくなってしまう場合があるというのです。


私の考えは……


私としては、ネイサンソン氏の問題提起は興味深く感じます。同氏が指摘するように、親の存在が発話へのマイナス要因に働く場合もあるかもしれないとは思います。

しかし、むしろ親が一緒にいると不安感が減るというプラス要因の方が強く働き、より話しやすくなる場合の方が多いのではないかというのが、現時点での私の考えです。親が学校を訪問して、誰もいない教室で発話練習という取り組みが行われたのも、こうしたところによるのではないかと思います。

ただ、私は実際に親と一緒にいる緘黙児者に居合わせたことがありません。また、私が学校等で話せなかった頃、話せない場面で親と一緒にいたこともほぼありません。そして、私は専門家でもありません。私の考えは確信がなく、後に修正されることもあります。