続・コロナ禍で緘黙児者が増えてる?

更新日:2023年12月15日(投稿日:2023年12月15日)
アイキャッチ画像。

豪州の状況


イギリスの高級紙 The Guardian が12月9日(土曜日)、場面緘黙症の記事を掲載しました。電子版で確認しています。なお、オーストラリアの緘黙事情について書いた記事です。

↓ その記事へのリンクです。
◇ ‘That’s not Maebel, she’s so fun’: the rising number of children who are afraid to talk
新しいウィンドウで開く

緘黙の相談受診が増えたというオーストラリアの専門家の声が、複数紹介されています。この記事では特に、パンデミックの影響を強調しています。

パンデミック下で緘黙児が増えたという認識が書かれた記事は、過去にもありました。今回の記事は、その中でも踏み込んだ内容です。

例えば、緘黙の相談受診が増えたのは、緘黙児が増えたからなのか、それとも不安症の認知度が向上したから(つまり、パンデミックの影響ではない)なのか分からないという専門家の声まで紹介されています。なお、後者についてはおそらく、パンデミック下で不安症が増えていることが話題になっていて、それにより緘黙の認知度も向上したのではということかなと思います。


豪州以外でも


12月3日(日曜日)には、香港の有力英字紙 South China Morning Post が緘黙の記事を掲載したのですが(電子版で確認)、ここでもパンデミック下で場面緘黙症が増えたという認識が示されている箇所があります。香港選擇性緘默症協會の創設者で、スピーチセラピストのWincy Cheng Wing-yin氏によるものです。

↓ その記事へのリンクです。
◇ Speech therapist who grew up with selective mutism shares about challenges faced by children with this social phobia
新しいウィンドウで開く

過去には、アメリカでも同様の認識を示した専門家がいました。

↓ その時のブログ記事へのリンクです。
◇ コロナ禍で緘黙児者が増えてる?(米)
新しいウィンドウで開く

パンデミックの影響で緘黙が増えたと考える専門家が、このように複数いるようです。ただ、これが少数意見なのか多数意見なのかは分かりません。有病率の推移を厳密に調べたわけでもないので、しっかりした根拠というよりは、状況証拠のようなものが少し積み上がっているような印象です。