緘黙の名称について、英団体が声明

更新日:2024年01月26日(投稿日:2024年01月26日)
アイキャッチ画像。

selective mutismという名称を使うべきか


場面緘黙症は英語ではselective mutismが正式な診断名です。しかし、situational mutismと呼ぶべきだという意見も一部にあります。selectiveという語を使うと緘黙児者が話さないことを選択しているという誤解を生みかねないというのです。

この点に関して、英国を代表する緘黙団体SMIRA (Selective Mutism Information & Research Association)が、このほど声明を発表しました。

↓ その声明が掲載されています。SMIRAの公式ウェブサイトへのリンクです。英語。
◇ News - SMIRA
新しいウィンドウで開く

声明によると、SMIRAとしては、selective mutismが今のところ正式な診断名である以上、この名称を使うよう強くすすめるという立場です。非公式な名称の使用は、緘黙の啓発をより難しくするとも述べています。

それにしても、天下のSMIRAがこのような声明をわざわざ出すとは驚きました。SMIRAは英国内にとどまらない影響力を持つ団体です。それほど現在のselective mutismの名称について、SMIRAに問い合わせる人が多いのでしょうか。

SMIRAの声明は穏当なものだろうと思います。英語圏では従来より正式名称のselective mutismが広く浸透しています。このあたり、日本の「選択性緘黙」か「場面緘黙」かという話とは状況が異なります。ただ、代替案のsituational mutismを推す方の考えも、私としてはよく分かります。


イタリアの団体の動き


なお、イタリアの緘黙団体AIMuSe (Associazione Italiana Mutismo Selettivo) にも、名称に関するちょっとした動きがありました。

正式な診断名のmutismo selettivoか、mutismo situazionale(英語のsituational mutismに相当)かという議論です。AIMuSeは先日、Facebookページの中で、後者寄りではともとれる投稿を行っています。

↓ そのFacebook投稿へのリンクです。イタリア語ですが、翻訳機能がついています。
◇ Carissimi tutti,... - AIMuSe Associazione Italiana Mutismo Selettivo
新しいウィンドウで開く



システムアプローチと行動アプローチ

更新日:2024年01月22日(投稿日:2024年01月22日)
アイキャッチ画像。

海外の博士候補生の記事


海外のある情報サイトに先日、場面緘黙症の記事が掲載されました。ソーシャルメディアで割とシェアされていましたので、取り上げてみたいと思います。

↓ その記事へのリンクです。The Conversation という情報サイトへのリンクです。
◇ What is selective mutism? And is it a lifelong condition?
新しいウィンドウで開く

著者はオックスフォード大学の博士候補生です。この著者は緘黙への関心が強く、2023年にはシステマティック・レビューと呼ばれるタイプの緘黙の論文を発表しています(筆頭著者です)。この論文は、上記記事の下敷きになっています。

さて、記事の内容ですが、緘黙を概説したものです。英国の読者を意識したとみられる内容ですが、全体としてそんなに変わったことは書かれてありません。


「システムアプローチ」と「行動アプローチ」


ただ、緘黙児へのアプローチを「システムアプローチ」と「行動アプローチ」に分けて説明しているのは明快で、面白いかも知れないと感じました。

ここで言うシステムアプローチとは、緘黙を維持する環境要因に対処するアプローチです。親や教師へのトレーニングがこれに含まれます。緘黙児に話すプレッシャーを取り除いたり、逆に話す機会を作ったりといったことを教えるなどします。

行動アプローチは、いわゆるスモールステップの取り組みのことと言えばよいでしょうか。応用行動分析学をベースに、段階的に発話に持って行くアプローチです。

上の記事では、システムアプローチを先に説明しています。また、システムアプローチの方が説明がやや長いです。著者はシステムアプローチに重きを置いているということなのか、別に深い意味はないのか、そのあたりのところは分かりません。

米国では近年、ここで言うシステムアプローチのうち、特に親へのトレーニングへの重要度がやや増しているように思います。親が緘黙児の言うことを代弁するなどして話す機会を奪ってしまうことがあるとして、緘黙児がプレッシャーを感じずに発話できるように持って行くスキルのトレーニングが行われています。




関連リンク


お話しした論文です。なお、Murayama, Kとは、村山航氏(英国レディング大学教授)のことです。

◇ Hipolito, G., Pagnamenta, E., Stacey, H., Wright, E., Joffe, V., Murayama, K., & Creswell, C. (2023). A systematic review and meta-analysis of nonpharmacological interventions for children and adolescents with selective mutism. JCPP Advances, 3(3), e12166. Advanced online publication. https://doi.org/10.1002/jcv2.12166
新しいウィンドウで開く

関連記事


◇ 治療プログラム「SPACE」
新しいウィンドウで開く

話し掛ける側の思い

更新日:2024年01月15日(投稿日:2024年01月15日)
アイキャッチ画像。

ポツンとしている人への声掛け


石川県珠洲市出身の知人男性がいました。とある定期的に集まる場でお見かけした方です。

その方は、いつも一人で静かにされていました。親しく話せる人も、いない様子でした。私としてはちょっと気にかかっていました。

私はこの方に声を掛けてみることにしました。もしかしたら、この場に溶け込めず、孤独感を抱えているかもしれないと思ったからです。

※ 私はこの頃には、家にいる時とほぼ遜色ないほど話すことができるようになっていました。

このことがきっかけで、この方とは親しくお話しできる間柄になりました。連絡先を交換し、先方からプライベートでお二人で合わないかとお誘いを受けたこともあります。

このように、私はポツンとしている方を見ると、放ってはおけずに声を掛けてしまうことがあります。私自身、学校で話せなかった頃、孤立しがちだった経験からくるものなのかもしれません。昔の自分と、どこか重ね合わせてしまっているのでしょう。


声を掛けるにも勇気がいる


ただ、こうしたお声掛をするのにはいつも躊躇します。もしかしたら、その方は好んで一人で過ごしているだけかもしれないからです。余計なお節介をして、ご迷惑をおかけしたくはありません。

そして、こうした声掛けには、ちょっとした勇気もいります。よく、電車やバスでお年寄りに席を譲るのは勇気がいると言いますが、それと重なるところがあるかもしれません。ですので、声掛けをしないで済ませてしまうことも多いです。

このようなことは、私が学校で話せなかった頃には思いもよらないことでした。よく「話すきっかけが欲しい」という悩みを持つ人がいますが、そうした悩みの意味も全く分かりませんでした。話せるようになって、初めて分かってきたことです。

思えば私が学校で話せなかった頃も、声を掛けてくれた同級生や先生方がいました。もしかすると、そうした方たちの中には、私と同じように、声を掛けるのに躊躇したり、勇気を出して声掛けしてくれた方たちもいたかもしれないとも思います(もちろん、割と簡単に声掛けできる人もいただろうとは思います)。

珠洲のニュースを見聞きして、こうしたことを思い起こしました。なお、珠洲出身の知人男性と関わっていたのは昔の話で、連絡先は相当前に分からなくなってしまっています(私の携帯電話が壊れたのがきっかけ)。今回の地震でこの方のことを思い出し、気に掛けているのですが、お気持ちを伝えることができずにもどかしいです。