2023年度の科研費研究2

更新日:2024年02月23日(投稿日:2024年02月23日)
アイキャッチ画像。

遠隔家庭介入プログラム


場面緘黙症の研究が2件、2023年度の科研費に採択されています。

そのうち6月から始まった1件については、まだこのブログでお伝えしていませんでした。ここでお伝えしたいと思います。

↓ その研究です。国立情報学研究所のサービス KAKEN へのリンクです。
◇ 選択性緘黙症児とその親に対するインターネットによる遠隔家庭介入プログラムの開発 
新しいウィンドウで開く

研究概要等は、今後、上記ページで更新されるものとみられます。

なお、既にお伝えしたもう1件の科研費の研究は以下の通りです。

↓ KAKEN へのリンクです。
◇ 場面緘黙児の認知・思考プロセスの特性が社会生活に及ぼす影響に関する研究 
新しいウィンドウで開く

科研費とは


科研費こと科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、文部科学省と、その外郭団体である独立行政法人日本学術振興会による研究助成事業です。助成対象の研究は、人文学・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたります。その規模は、2022年度予算額で2,377億円です。

科研費は我が国最大の競争的資金制度です。同業者による審査「ピアレビュー」を経て、採択が決定されます。応募件数は2021年度で95,208件で、このうち83,973件(27.9%)が新規採択されています。

科研費には研究種目という区分があり、「科学研究費」「特別研究促進費」「研究成果公開促進費」「特別研究員奨励費」「国際共同研究加速基金」からなります。

今回採択された緘黙の研究は「科学研究費」の中の「挑戦的研究(萌芽)」です。「挑戦的研究」は一人または複数の研究者で組織する研究計画であって、これまでの学術の体系や方向を大きく変革・転換させることを志向し、飛躍的に発展する潜在性を有する研究です。特に(萌芽)については、探索的性質の強い、あるいは芽生え期の研究も対象とします。「挑戦的研究(萌芽)」の配分額は500万円以下で、研究期間は2~3年です。


上記研究のほか、3件の科研費研究が進行中


なお、上記研究のほか、現在3件の科研費の研究が進行中です。

◇ 場面緘黙児の早期発見・早期支援・経過把握の方法開発 
新しいウィンドウで開く

◇ 縦断的調査による場面緘黙の実態解明と効果的な介入手法の確立 
新しいウィンドウで開く

◇ ASD傾向を示す場面緘黙児に対する社会生活への適応を目指した支援方略の構築 
新しいウィンドウで開く