この翻訳書は?

更新日:2024年03月28日(投稿日:2024年03月28日)
アイキャッチ画像。

翻訳書『VOCAL』


場面緘黙症の新しい翻訳書が3月6日に発売されたのですが……どういう翻訳書なのかよく分からず、戸惑っています。

↓ その本。Amazon.co.jpへのリンクです。今回、アソシエイトリンクは張っていません。
◇ VOCAL: 場面緘黙症を実証に基づいた戦略で3時間以内に克服、子供を発話へと導こう!
新しいウィンドウで開く

上記ページでは、翻訳者が明らかにされていません。サンプルを読んでも分かりません。買って内容を確認していないからかも知れませんが……。なお、著者のFacebookやInstagramアカウントによると、中国語やスペイン語、ポルトガル語、ドイツ語の翻訳書も出版されているそうです。さらに、韓国語の翻訳書の出版も予定されています。

また、出版社名がISBN-13の番号になっています。こんな出版社があるはずがありません。アマゾンジャパンは出版社を通さずに紙の本を出版するサービスを行っており、もしかしたらそれを通じて出版されたものだろうかと思います。なお、Amazon.co.jp以外のインターネット書店でも本書を検索したのですが、見つかりませんでした。


原書について


なお、原書については、私は以前から存在を認識しています。

書名:VOCAL: How to help your child be vocal and conquer selective mutism in less than 3 hours with a proven strategy!
著者:Poling Bork
発売日:2022年10月7日
出版社:ISBN-13の番号と同じ(?)

新しいウィンドウで開く

※ リンクは、アメリカのAmazon.comの該当ページへのものです。アソシエイトリンクではありません。

翻訳書の情報でも確認できる通り、著者は緘黙の経験者です。また、著者の子どもも緘黙を経験しました。そして、緘黙の研究や治療、支援に従事する専門家でもあります。

↓ 著者が発表した緘黙の論文の1つ。
◇ Bork P, and Bennett S. (2020). Video self-modeling, fading, and reinforcement: An effective treatment package for children with selective mutism. Clinical Child Psychology and Psychiatry ;25(2), 446-455.
新しいウィンドウで開く

さらに著者は、カナダの緘黙団体 Selective Mutism Foundation の創設者でもあります。Selective Mutism Foundation というと、同名の緘黙団体がかつてアメリカにあったのですが、その団体はどうも解散したらしいです。現在 Selective Mutism Foundation というと、このカナダの団体のことを指します。

↓ そのカナダの緘黙団体のウェブサイトへのリンクです。
◇ Selective Mutism Foundation
新しいウィンドウで開く

本書で活用されているというビデオ・セルフ・モデリング、刺激フェイディング、強化については、これまでも緘黙の治療で活用されてきたもので、特に後者2つについては最もオーソドックスな技法と言ってよいのではないかと思います。ただ、これらの組み合わせ方にオリジナルティがあるのだろうと思います。


改めて翻訳書について


こういう言い方は適切かどうか分かりませんが、著者はこのようにしっかりしたバックグラウンドを持った方というのが私の認識です(詳しくは存じ上げませんが)。内容も、そんなに突飛なことが書かれていそうには思えません。既に発表された論文の内容と重なるものなのだろうと推測します。

ただ、お話しした通り、本書の翻訳者がはっきりしません。また、実績のある出版社から出た本ではなく、編集者など第三者のチェックが入ったかも分かりません。そして、本書の宣伝文句が「緘黙を(中略)3時間以内で克服」などと、話が上手すぎるようにも思えます。なので、この本は大丈夫なのか、怪しい情報商材とは違うのかなどと戸惑ってしまう部分があります。

このうち出版については、実績のある出版社以外から緘黙の本が出ることは、英語圏では最近よく目にします。そうした本の中には、評価されているものもあります。ちゃんと出版社から出ていないから信用できないと決めつけるのもよくないと思いますが、本書がどうなのかは、まだ読んでいない私には判断できません。買って読めばよいのでしょうが、お金が……。





改正障害者差別解消法が4月施行

更新日:2024年03月21日(投稿日:2024年03月21日)
アイキャッチ画像。
改正障害者差別解消法が、4月1日(月曜日)に施行されます。これにより、民間事業者による合理的配慮の提供が「努力義務」から「義務」に変わります。なお、国や自治体は以前より「義務」でした。

↓ 合理的配慮とは、このことです。同法第7条第2項と第8条第2項より。
……障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をしなければならない。

場面緘黙症も同法の対象です。これまで学校現場等で、合理的配慮の提供が実際に行われてきました。既に合理的配慮について触れた緘黙の本も出ています。そして4月1日以降は、民間事業者による緘黙児者への合理的配慮が、努力義務から義務と変わることになります。

2021年5月28日の改正案成立から3年を経て、このように一つの器はできました。ただ、同法や合理的配慮、そして緘黙への理解が進まなければ、器は生かされません。

※ 障害者差別解消法は、正式名称を「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」と言います。

関連リンク


↓ 詳しくはこちら。政府広報オンラインへのリンクです。フレームのあるページで、懐かしい感じがします。
◇ 事業者による障害のある人への「合理的配慮の提供」が義務化されます
新しいウィンドウで開く


簡秀吉と杢代和人で「かんもく」

更新日:2024年03月14日(投稿日:2024年03月14日)
アイキャッチ画像。

『仮面ライダーギーツ』出演俳優


「かんもく」とSNSで検索したところ、イケメン俳優の情報が多数ヒットして当惑しました。これは一体どういうことなのでしょう。同様の経験をした人もいるかもしれないので、調べてまとめてみました。

この「かんもく」とは、テレビ番組『仮面ライダーギーツ』で共演した俳優の簡秀吉(かんひでよし)さんと杢代和人(もくだいかずと)さんのお二人をまとめて呼んだものです。簡秀吉さんは主演の浮世英寿/仮面ライダーギーツ役、杢代和人さんは吾妻道長/仮面ライダーバッファ役でした。

いつからこのお二人が「かんもく」と呼ばれるようになったのかは、私には分かりません。私が最初に確認したのは、2024年1月下旬のことでした。SNSで確認しています。

誰が最初にこう呼び出したのか、公式の名称なのか非公式なのかも私にはつかめませんでした。ただし、SNSのXでは、仮面ライダーギーツの公式アカウントが「お笑いコンビ #かんもく 結成を見届けてくれたみんな、ありがとコン🦊」と述べています。

↓ そのXへの投稿のリンクです。
◇ https://twitter.com/krGEATS_toei/status/1766751876610129976
新しいウィンドウで開く


今後の展開はそうなさそう


テレビ番組『仮面ライダーギーツ』は、2023年に放送を終了しています。

しかし、2024年に入って、テレビ放送最終回のその後を描く『仮面ライダーギーツ ジャマト・アウェイキング』が「Vシネクスト」という一種のVシネマで登場することになりました。Vシネマとは、劇場での上映ではなくビデオソフト販売のために作られた映画のことです。しかし、「Vシネクスト」は期間限定で上映する点が従来のVシネマとは異なり、今作も、3月8日(金曜日)に本作が劇場で限定公開されました。

その初日舞台挨拶が同日行われ、簡秀吉さんと杢代和人さんも登場しました。このため、SNSで「かんもく」と検索したら、このお二人に関する投稿が多数ヒットするようになったのです。

ただ、『仮面ライダーギーツ』のストーリー展開は今回が集大成で、出演俳優が前面に出る展開は、今後そうないものと思われます。かんもくコンビも少なくとも一端は見納めで、今後継続的に大きな話題になることはなさそうです。