緘黙とひきこもりの問題は

2017年10月30日(月曜日)

アイキャッチ画像

ひきこもる緘黙当事者、経験者の存在


引きこもっていて、より困り果てている人もいるので、「かんもく・ひきこもりの会」という全国組織を作ってもいい。

これは、2013年9月1日に行なわれた日本特殊教育学会第51回大会の自主シンポジウム「緘黙症当事者の多様性と類型化-個性に応じた対応のために」での、藤田継道氏(現・兵庫教育大学名誉教授)の発言です(池上, 2013年9月5日)。

「かんもく・ひきこもりの会」がその後できたという話は聞きません。ですが、この発言からは、ひきこもる緘黙当事者が当時少なからず程度存在していて、そのことに対して問題意識を持つ方がいたことが窺えます。

ひきこもりになる緘黙当事者、経験者の存在は、以前より知られていたと思います。2007年から2011年にかけて発表された、かんもくの会の「緘黙症体験記集」には、ひきこもりの話も含まれています。また、匿名掲示板の緘黙のトピックには、ひきこもっていると見られる当事者の書き込みもかつては目にしました。

ところが、最近、この話題は気のせいか低調のように感じます。大人の緘黙については、関心がやや高まっているようにも感じるのですが。特に最近は、緘黙に関わる催しが花盛りです。それだけに、かえって私は、外に出にくいひきこもる人のことが気になります。

もっとも、これは私の考えすぎかもしれません。ひきこもる緘黙の当事者や経験者は実は減っていて、そのため関心が薄れているのかもしれません。そうしたところも含めて、関連情報が近年あまり見つからず、正確なところが分かりません


長期高年齢化の懸念


このように、緘黙とひきこもりの実態は、私には分かりません。ですが、私の「勘ピューター」で言うと、近年、ひきこもる緘黙の当事者や経験者の間で、長期高年齢化が進んではいないだろうかと思います。ひきこもり全般に長期高年齢化が進んでいることが指摘されているからです。もし私が想像するようなことが現実に起こっているとしたら、問題は深刻さを増していることでしょう。

昔から私のブログを読んでくださっている方はご存じかもしれませんが、私自身、ひきこもりを経験しています。このブログも、元は2005年11月に開設したブログ「ニートひきこもりJournal」の緘黙コンテンツが起こりです。ある時期より非正規で働きに出たりもしていますが、何もせずに、誰とも関わらない日も多いです。

高年齢化したひきこもる緘黙当事者、経験者は、緘黙への理解が今ほど進んでいなかった頃に、子ども時代を送っていたと考えられる人たちです。「かんもく・ひきこもりの会」という全国組織を作るべきかどうかはともかく、私としては関心を持っています。