この緘黙啓発動画はすごい!監督は緘黙児の父(海外)

更新日:2018年04月30日(投稿日:2017年12月14日)
アイキャッチ画像。
ちょっと感動しました。ある場面緘黙症の啓発動画です。

2017年12月2日に公開された海外動画なのですが、これがプロレベルではないかと思われるほどの水準なのです(もしかしたら、本当にプロの作品かも)。しかも、イタリア語、フランス語、英語、スペイン語版の4ヶ国語に対応しています。

↓ そのうち英語版。2分2秒。


↓ イタリア語版
◇ UNA VOCE PER MIA SORELLA
新しいウィンドウで開く

↓ フランス語版
◇ UNE VOIX POUR MA SOEUR
新しいウィンドウで開く

↓ スペイン語版
◇ UNA VOZ PARA MI HERMANA
新しいウィンドウで開く

動画は、ある少年が、サンタクロースにプレゼントをお願いする内容です。そのプレゼントは、緘黙の妹のための声……!というストーリーです。サンタへの手紙の中で、緘黙の簡単な解説がなされます。動画を公開しているのは、イタリアの spazioarteide castelvetrano という団体?です。

制作の舞台裏を撮影した動画もあるのですが、やはり大掛かりです。

↓ 動画。Facebook へのリンクです。Facebook に登録されてない方でもご覧になれます。
◇ 制作の舞台裏
新しいウィンドウで開く

この動画については、地元でニュースになっています。

◇ Mutismo selettivo nei bambini, in cosa consiste? Ecco un video che lo spiega
新しいウィンドウで開く

◇ Castelvetrano, "Una voce per mia sorella" è lo spot per sensibilizzare sul mutismo selettivo
新しいウィンドウで開く

◇ “UNA VOCE PER MIA SORELLA” REALIZZATO SPOT SUL MUTISMO SELETTIVO
新しいウィンドウで開く

私はイタリア語を機械翻訳して読んだのであまり正確ではないかもしれませんが、最後の合唱は、サンタが妹に声をプレゼントしたことを表しているそうです。

また、この作品は単なる YouTube 動画ではなく、上映会のような場で発表されたとも読み取れます。イタリアのカステルヴェトラーノ、ピアッツァ・アルメリーナ、フィレンツェ、さらにはロンドンやニューヨークで同時に上映され、2時間で4万ビューを超えたと書いていると私は読み取ったのですが、このあたりちょっと自信がありません。

制作を指揮したのは Fabio Panneto さん。プロの方かどうかは私には分かりませんが、緘黙の娘さんをお持ちの父親です。動画に登場するメインの少年と少女は、ともにこの方のお子さんだそうです。我が子への強い思いが、これだけの作品を生んだのでしょう。

[追記(2017年12月24日)]

Fabio Panneto さんが、「かんもくの声」さんにメッセージを送られたそうです。日本の緘黙児に向けたクリスマスプレゼントですね。

この動画は、報道などから啓発動画だと思っていました。ですが、確かに緘黙の子どもに向けたメッセージが込められていると見ることができますね。

↓ Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ かんもくの声さんFacebook ページ
新しいウィンドウで開く