場面緘黙症の洋書(英語、ドイツ語編)

2006年08月19日(土曜日)

場面緘黙症の洋書ページドイツ語編を追加しました。洋書ページでご紹介している中でも、現在 Amazon.co.jp で買えそうなもの(マーケットプレイスは除く)、ここでご紹介~♪

※ こうやって紹介しないと、誰も見てくれないような気もするので…

[英語編]

Helping Your Child With Selective Mutism: Practical Steps to Overcome a Fear of Speaking
Angela E., Ph.D. Mcholm Charles E., Ph.D. Cunningham Melanie K. Vanier
New Harbinger Pubns Inc
『あなたの場面緘黙児を救う:話すことの恐怖を克服する実践的なステップの数々』

保護者向けに書かれた本で、比較的お求め安い価格になっています。この本に書かれてあることを実践するには、保護者の方々の強い意志と周囲の方々の協力が必要でしょう。この本は、ブログの中で詳しくご紹介しています。14.95ドル。
『場面緘黙症・リソースマニュアル』

ここで言う「リソース」とは、私もよく分からないのですが、場面緘黙症を治すための手段、治療法というような意味でしょうか。72.34ドル。少々値がはりますが、専門書となるとこんなものでしょう。
Selective Mutism in Children
Selective Mutism in Children
posted with amazlet at 17.11.12
Tony Cline Sylvia Baldwin
John Wiley & Sons
『子供の場面緘黙症』

これは2004年に発売された第2版です。10年も経つと、さすがに版を改めなければならないようです。48.95ドル。


[ドイツ語編]

『子ども、青年、大人の緘黙症』

気になるタイトルです。青年、大人になっても緘黙症が治らない人、やっぱりいるのですね。本の概要は Boris Hartmann 氏のウェブサイトで説明されています。Michael Lange 氏との共著。

Boris Hartmann 氏は場面緘黙症の研究のほか、治療も行っています。また、 ケルン大学で場面緘黙症に関する講義をされたこともあるようです(ドイツ語なのでよく読み取れなかったのですが…)。 7.80ユーロ。


その他、Amazon.co.jp マーケットプレイスで出品者を通じて買うことができるものも、かなりあります。より多くの商品をご覧になりたい方は、下記のリンクをクリックを。

http://nhjournal.kurushiunai.jp/smj_books_written_in_english.html
http://nhjournal.kurushiunai.jp/smj_books_written_in_german.html

[お断り]

※ Amazon.co.jp のアソシエイトプログラムを利用しています。
※ ここでご紹介している本のほとんどは、私は読んではいません。
※ 私はドイツ語が分かりません。タイトルの邦訳も間違っているかもしれませんし、本や著者の説明も少し自信がありません。
※ 「ここで紹介してある本を読んで損した!」「ここの情報を信じて損した!」と言われても、私は知りません。購入は自己責任でお願いいたします。
※ 1ユーロは約150円です。最新の為替レートをお知りになりたい方は、新聞等でご確認ください。

人気blogランキングへ