西語圏では緘黙支援先進国か、アルゼンチンの集中プログラム

更新日:2018年04月02日(投稿日:2018年04月02日)
アイキャッチ画像。

アメリカ発祥の集中プログラム


アメリカでは近年、緘黙児に対する、グループ形式の集中プログラムが広まっています。緘黙児に対し、模擬教室などで5日ほどの間、比較的安心できる状況で少しずつ発話に持っていくよう目指すものです。合わせて、親向けの教育も行ないます。

この動きは、アメリカ国外にも影響が少し及んでいます。例えばイギリスには、これを独自に発展させた集中プログラムを行なう専門家がいるというお話を以前このブログでしました。合わせて、香港でも行なわれた情報があるとか、詳細は不明ながらイスラエルでも行なわれているらしいともお話しました。

◇ 専門家が最大1週間マンツーマン-英国の集中プログラム
新しいウィンドウで開く


アルゼンチンでも行なわれている


最近知ったところでは、アルゼンチンでも集中プログラムが実施されているそうです。

アルゼンチンで場面緘黙症と言われても、私たちにはピンときにくいです。ですが、アルゼンチンは、スペイン語圏(西語圏)では緘黙支援が特に進んでいるようなのです。ブエノスアイレスには緘黙のための専門のセンターがあるほどです。なお、スペイン語の母語話者は世界的に多く、スペイン語は世界三大言語の一つとも言われます。

↓ その集中プログラムの概要。
◇ Propuestas de Mutismo Selectivo Internacional
新しいウィンドウで開く

↓ 2月のプログラム。アメリカの緘黙団体Selective Mutism Associationホームページへのリンクです。
◇ Centre Mutismo Selectivo Argentina Programma Comuniamigate, Buenos Aires, Argentina
新しいウィンドウで開く

↓ 5月のプログラム。Facebookへのリンクです。Facebookに登録されていない方でもご覧になれます。
◇ Programa de tratamiento grupal para niños tímidos e inhibidos
新しいウィンドウで開く

↓ 6月のプログラム。年齢層高め。Facebookへのリンクです。Facebookに登録されていない方でもご覧になれます。
◇ Programa de tratamiento grupal para niños tímidos e inhibidos
新しいウィンドウで開く

プログラムを主催するのは、ブエノスアイレスにある緘黙のセンター Centro Mutismo Selectivo Internacional。一部ページには Centro Mutismo Selectivo Argentina とありますが、これは旧称です。"Argentina" から "Internacional" に変わっています。アルゼンチンに限らず、スペイン語圏の国々を幅広く視野に入れているということでしょうか。

プログラムを指導するのは、先ほどの緘黙のセンターの所長 Fabiana Baracchini氏。ブエノスアイレス大学ご出身の臨床心理学者です。また、アメリカの緘黙団体 Selective Mutism Association のインターナショナル・コーディネーターの一人でもあります。

上記リンク先を機械翻訳で読んだ限りの印象では、このアルゼンチンのプログラムは、アメリカのそれに似ています。グループ形式で、4日間にわたって毎日5時間行なっています。模擬教室の設定や親向けの介入が窺える記述もあります。ただ、この情報だけではもう一つ詳細がつかめません。アメリカの影響を受けたものかも、はっきりしません。

5月以降に行なわれるプログラムには4~12歳向けのものと、13~17歳向けのものが予定されています。10代向けプログラムは、アメリカでも昨年に始まったばかりです。アルゼンチンのプログラムも、かなり発展していることが窺えます。