7月1日、名古屋で定員250名の研修講座

更新日:2018年04月30日(投稿日:2018年04月30日)
アイキャッチ画像。

研修講座「場面緘黙の理解と支援」


名古屋市で場面緘黙症の研修講座が開かれるそうです。主催者の「日本緘黙研究会」が、ホームページで情報を公開しています。定員250名と規模が大きいので、ここでお知らせします。

場所:ウインクあいち 小ホール2 (愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38)
日時:2018年7月1日(日曜日)
対象:保護者・教員・支援者・当事者・経験者・研究者等(ただし、「高校生以下のご参加はご遠慮ください」とのこと)
主催者:日本緘黙研究会

主催者のホームページには、より詳しい情報があります。また、お申し込みもこちらからできます(5月1日より)。お申し込みは、皆様のご判断でお願いします。

◇ 緘黙研修講座「場面緘黙の理解と支援」開催のお知らせ | 研修会 | 日本緘黙研究会
新しいウィンドウで開く


日本緘黙研究会は、毎年初夏に研修講座を開催


日本緘黙研究会とは何かというと、「場面緘黙の当事者と家族の呼びかけに、学校や病院の先生、大学の先生などが応じて集まり、場面緘黙という問題を調べ、支援を考え、みんなでよりよい解決の道を研究するために集まった会」だそうです。

同会は2016年より、毎年初夏に同様の研修講座を開いています。演者の顔ぶれは毎年大きくは変わりません。定員の規模もほぼ同じです。

ただ、開催地は毎年変わっています。過去2年は東京都、尼崎市(大阪市の近く)で行なわれましたが、今年は名古屋市での開催です。また、参加費用が今年は1,000円から2,000円になりました。あと、過去2年は4月1日の告知となりましたが、今年は4月30日での告知です。

↓ これまでの開催状況。
◇ 研修会 | 日本緘黙研究会
新しいウィンドウで開く


名古屋市近辺で相次ぐ大規模の催し


会場の「ウインクあいち」は、2017年末に行なわれた「かんもくフォーラム2017」という催しの会場と同じです。定員200名の催しで、主催者は「かんもくフォーラム実行委員会」でした。

また、2018年3月10日には、名古屋市のお隣の日進市で、定員250名の講演会「場面緘黙への支援をめぐって」が開催されています。こちらの主催者は「椙山女学園大学心理相談室」ではないかと思われます。

全く違う主催者が、名古屋市で相次いで緘黙の大規模な催しを行なっているのでしょうか。それとも、三者には何らかの関係があるのでしょうか。私は主催者とは何の関わりもないのでよく分からないのですが、とにかく、名古屋市近辺でこのような動きが、ここのところ集中しています。

※ なお、「ウインクあいち」は、名古屋駅の近くです。交通のアクセスはよさそうです。