島根県立大「情緒障害児総論」で、緘黙の講義5コマ

更新日:2018年05月24日(投稿日:2018年05月23日)
アイキャッチ画像。

保育教育学科


島根県立大学で開講予定の「情緒障害児教育総論」において、場面緘黙症が5回にわたって講義されることが分かりました。

また、「幼児理解の理論と方法」という演習では、第13回が丸ごと緘黙の回であることが分かりました。

以下のシラバス(授業計画)に詳しく書かれてあります。人間文化学部保育教育学科のシラバスです。

↓ 島根県立大学ホームページへのリンクです。PDF。3.34MB。121ページと217ページをご覧ください。
◇ 平成30年度入学生 授業計画書 保育教育学科
新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

少し抜粋すると、以下の通りです。


情緒障害児総論(上記シラバス217ページ)


第7回 選択性緘黙の心理・生理・病理
第8回 選択性緘黙のアセスメントと個別の指導計画・個別の教育支援計画の作成
第9回 選択性緘黙児童生徒の指導法
第10回 選択性緘黙児童生徒の指導の実際1(幼稚園から小学校低学年幼児児童の指導)
第11回 選択性緘黙児童生徒の指導の実際2(小学校高学年以上の児童生徒の指導)

この「情緒障害児総論」は、平成32年度秋開講なのかなと思います。「平成30年度入学生」用のシラバスで、3年次秋の配当とされていますので。


幼児理解の理論と方法(上記シラバス121ページ)


第13回 困った行動の事例分析-場面緘黙

こちらは、同様に、平成31年度秋開講なのかなと思います。


学生数40名の学科の、選択科目


担当教員の園山繁樹氏は筑波大学の教授ですが、島根県立大学でも講義をされるようです。

保育教育学科の平成30年度(2018年度)入学者選抜要綱によると、この学科の募集人員は40名だったそうです。40名ほどの学生が、選択科目として「情緒障害児総論」や「幼児理解の理論と方法」の受講を検討するものと思われます。

[記事修正(2018年5月24日)]

選択科目として……を受講するものと思われます。

選択科目として……の受講を検討するものと思われます。