歯医者と緘黙

更新日:2018年06月26日(投稿日:2018年06月26日)
アイキャッチ画像。

歯科医から見た緘黙


場面緘黙症の専門文献を探すと、歯科関係のものがちらほら見つかります。緘黙の専門文献が少ない中、ちょっと目立ちます。

◇ 科学技術総合リンクセンター「J-GLOBAL」で「緘黙 歯」と検索
新しいウィンドウで開く

そのうち以下の文献は、インターネット上で一般公開されています。いずれも、学会発表をまとめたものです。

◇ 種市梨紗・大島昇平・八若保孝 (2017). 子供療養支援士の支援を受けた場面緘黙症患児の歯科適応への取り組みの一例. 小児歯科学雑誌, 55(2), 195.
新しいウィンドウで開く

◇ 松谷博人・若林宏紀・永田心 (2014). 場面緘黙症患者における歯科治療経験. 三重医学, 57(1), 39.
新しいウィンドウで開く

◇ 尾口仁志・軽部康代・奥野典子・森戸光彦 (2008). 選択性緘黙の一例. 日本歯科心身医学会雑誌, 23(1-2), 68.
新しいウィンドウで開く

自意にて近医を受診するも、診療への協力が得られず、平成26年3月当院を紹介で受診された。(種市ら, 2017)

近歯科を受診するも恐怖心が強く、治療困難のため当科初診となった。(松谷ら, 2014)

2か月前に近歯科医院を受診。症状軽減せず、また患者の緘黙状態に対してどのように対応すれば良いか分からず紹介来院となった。(尾口ら, 2008)

緘黙の程度にもよるのでしょうが、緘黙児者に対応できない歯科があるようです。3例とも揃いに揃って、そうした歯科からの紹介での受診でした。緘黙というと学校で起こるイメージが強いですが、このように学校以外の場所で起こることもあるのです。

2例目は、話せないことそのものよりも、その根っこにある不安の強さゆえに治療困難になったのかもしれません。

緘黙児者を受け付けた歯科医も、対応に骨を折った様子が窺えます。例えば……

診療室への入室は多大な労力と時間を要し、壁に張り付いたままで、診療台から離れた椅子に座ってもらうことも困難であった。(種市ら, 2017)

初診時にX線検査や口腔内診査は可能であったが、視線を合わせることはなく、問診に返答はなかった。(松谷ら, 2014)

患者の訴えは必要最小限の言葉と緘黙のみであり、さらに表情もほとんどない。よって患者の訴えやその背景を理解するにはあまりにも少ない情報である。(尾口ら, 2008)

1例目は、いわゆる「緘動」を思わせます。緘黙児者の動作そのものに抑止が強く働き、動き自体を封じてしまう状態のことです。この事例の緘黙は重そうです。

それにしても、問診に返答がないとか、患者の訴えは必要最小限の言葉と緘黙だけとか、このようなことは歯科に限って起こる話ではないのではないかとも思います。他の診療科の医師は、こうした患者にどう対応しているのでしょう。


緘黙を経験された方、どうでしたか?


以上は、歯科医の視点でのお話です。今現在緘黙がある方や、経験者の方は、歯医者はどうされたのでしょう。対応に苦慮する歯科医がいるということは、見方を変えれば、歯科の受診に困難がある緘黙児者がいるということでもあります。

私自身のお話をすると、私は緘黙の診断は受けていないものの(そもそも専門家にかかっていなかった)、学校では長期にわたって話せない経験をしました。歯医者は学校ではなかったことから、少しぐらいは話せたような気もしますが、はっきり覚えていません。少なくとも、学会発表されるような、歯の治療に支障をきたすことはなかったと思います。

私たちの側としては、場合によっては、歯科医に事前に説明を行なって理解を得るとよいかもしれません。かんもくネットのリーフレットや提示カードは、受診の際に役立ちそうです(ただし、このリーフレットやカードの申し込みができるのはかんもくネット会員のみです)。

↓ かんもくネットホームページへのリンクです。
◇ 会員専用 リーフレット・提示カードお申し込み
新しいウィンドウで開く

↓ はやしみこさんのマンガ第1回『病院で困っています』(PDFファイル)では、提示カードの活用や事前連絡について説明されています。
◇ 知ってサポート☆場面緘黙(かんもく)-学校で話せない子どもの子育て
新しいウィンドウで開く