翻訳書『場面緘黙の子どもの治療マニュアル』が出ます

更新日:2018年07月09日(投稿日:2018年07月08日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症の新しい翻訳書が発売されます。

書名:場面緘黙の子どもの治療マニュアル-統合的行動アプローチ-
原題:Treatment for Children With Selective Mutism: An Integrative Behavioral Approach
著者:R・リンジー・バーグマン(R. Lindsey Bergman)
監訳:園山繁樹
出版社:二瓶社
発売日:2018年7月20日

※ Amazon.co.jpアソシエイトリンク
新しいウィンドウで開く

原書については、場面緘黙症Journalでも何度か取り上げてきました。治療専門家向けに、20回のセッションで、スモールステップで発話に持っていくためのマニュアルといったところでしょうか。

↓ その時の記事です。書き方が浅いです……。
◇ オックスフォード大出版局2冊目の緘黙の洋書
新しいウィンドウで開く

この緘黙の本で示された治療法は、ランダム化比較試験という厳密な方法で有効性が検証されたことがあります。

◇ Bergman, R.L., Gonzalez, A., Piacentini, J., and Keller, M.L. (2013). Integrated Behavior Therapy for Selective Mutism: A randomized controlled pilot study. Behaviour Research and Therapy, 51(10), 680-689.
新しいウィンドウで開く

また、ランダム化~ではないのですが、別の、有効性に関する研究もあります。

◇ Siroky, K.A., Carlson, S. J., and Kotrba, A. (2017). Investigation of Integrated Behavior Therapy for Selective Mutism: A Replicated Single-Case Study Design. International Journal of Psychological Studies, 9(2), 82-88.
新しいウィンドウで開く

著者のバーグマン氏は、緘黙に関する重要な研究を発表してきた方です。 「SMQ-R (場面緘黙質問票)」という、緘黙の程度を調べることができる質問票をご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、これはバーグマン氏らが作成したものを翻訳したものです。

↓ かんもくネット Knet Newsへのリンクです。
◇ SMQ-R (場面緘黙質問票)について
新しいウィンドウで開く

二瓶社は、緘黙の本を出版したのは初めてではないかと思います。同社は、公式ホームページによると、「学習心理学、行動分析学を中心に特殊教育、教育、行動療法、心理療法などをおもなジャンルにする出版社です」とのこと。今回は行動療法の本なので、納得です。

◇ 二瓶社 ホームページ
新しいウィンドウで開く

私は専門家ではないのでよく分からないのですが、原書を読む限り、この治療マニュアルはしっかりした背景で開発されてきたようです。後には、緘黙の研究としては当時初めて(か2番目)だった、ランダム化比較試験での有効性の検証も行なわれています。それだけに、邦訳書の発売は歓迎したいです。