英語民間試験での緘黙等への配慮、東大WGの見解

更新日:2018年07月18日(投稿日:2018年07月17日)
アイキャッチ画像。

大学入試で活用される、英語民間試験


以前もお話しましたが、大学入試センター試験は廃止され、2020年度からは大学入試制度が変わります。

新制度では、英語に「民間事業者が実施する試験」が活用されます。例えば、英検などです。これは、従来のセンター試験で問うてきた「読む」「聞く」能力に加え、「書く」「話す」能力をも測るためです。これからの大学入試では、英語を「話す」能力の重要性が増してくることになります。

東京大学ではこの英語民間試験の活用について、「入学者選抜方法検討ワーキング・グループ」(WG)が検討を行いました。その結果、答申がまとまり、7月14日にインターネット上で公表されました。

↓ 東大ホームページへのリンクです。
◇ 入学者選抜方法検討ワーキング・グループ答申の公表について
新しいウィンドウで開く

↓ 教育情報サイト「リセマム(ReseMom)」へのリンクです。
◇ 東大、共通テスト「英語」民間試験は不使用か…年内に実施方針決定
新しいウィンドウで開く

その答申の中に、次の文を見つけました(太字は私が施したものです)。

また「障害等のある受験生への合理的配慮」を要件にしているとあるが、これについても一部を除いて多くの試験実施団体が同じ文言で将来的な対応に言及しているに過ぎず、何を配慮すべき事項とするか、これにどう対応するかなどについては、少なくとも現時点ではほとんど明らかにされていない。特にスピーキングテストを一律に課す場合、緘黙など「話すこと」に関わる障害をどう扱うかという、きわめて困難な問題が生ずると思われるが、こうした点について議論された形跡もほとんどうかがえない。

↓ PDF(312KB)。7ページ下段に、上の引用文があります。
◇ 入学者選抜方法検討ワーキング・グループ答申
新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

前段の「『障害等のある受験生への合理的配慮』を要件にしているとあるが」とは、おそらく、次の文部科学省ホームページに書かれてあることのことと思われます。

↓ 文科省ホームーページへのリンクです。
◇ 資格・検定試験においては、障害者への配慮はなされるのでしょうか。
新しいウィンドウで開く


現時点での話だが、事実だとしたら少し心配


私は専門的なことはよく分からないのですが、もし東大ワーキングループの指摘する通りだとしたら、緘黙に関わる者としては少し心配ではあります。ただ、何しろあの東大です。東大ワーキンググループのこの見解は他の大学に影響を与える可能性も考えられます。つまり、英語民間試験の活用に消極的な大学が、他に出てくるかもしれません。

また、東大ワーキンググループによる英語民間試験への見解は、あくまで現時点でのものです。今後、緘黙も含めた、障害等のある受験生への合理的配慮の議論が進む可能性は考えられられます(緘黙は認知度が低いので、議論が行われるか少し心配なのですが)。

もっとも、今回の東大ワーキンググループの見解は、まだ東大としての公式見解ではありません。新入試制度についてもまだ十分固まってはいませんし、今後の動向に注目したいです。

ちなみに、私は高校時代、センター試験を国立大学の一次試験として受験し、最終的に国立大に進学しています。あの頃は口がきけなくても、ペーパー試験さえなんとかなれば、一般入試はハンディなく受けられたのでした。それだけに、今回の大学入試改革を他人事とは思えない部分があります。

[2018年7月18日]

一部内容を、若干書き改めました。