「私たちの困難は、理解や包摂の欠如が原因」

更新日:2018年07月27日(投稿日:2018年07月27日)
アイキャッチ画像。

「私たちに治療は必要ない」


緘黙児者にはスモールステップの取り組みなどで治療する--これが、英語圏の場面緘黙症専門家の間で主流の考え方です。

ところが、イギリスの当事者団体 ISpeak は、この考え方を 繰り返し批判しています。

シンプルな変更と配慮、そして周囲の理解が、緘黙がある人が切に必要としているものです。緘黙支援サイトの中には、かなり最近まで緘黙を「悲劇」と見る傾向があるものもありました(これは全く助けになりません)。緘黙は非常に困難なことですが、多くの私たちの困難は、周囲の人による理解や包摂が不足していることが原因です。

Simple changes and accommodations, and understanding from those around us is desperately needed for those with SM. Some SM support sites tended to see SM as a ‘tragedy’ up until fairly recently (this does not help at all). Having SM is very difficult, but many of our difficulties are caused by a lack of understanding, and a lack of inclusion.

◇ https://www.facebook.com/ispeaksm/posts/1441833862557017
新しいウィンドウで開く

非常に多くの緘黙児支援サイトが、緘黙を「克服する」「乗り越える」といった言葉を使っています。これは、緘黙がある人には誤ったメッセージです。もし私たちにそれができなかったら、そうしたメッセージにより、私たちはある意味失敗したとか、「間違っている」とか、弱いなどと感じてしまいます。実際、緘黙とともに何とかやっていくことができれば、私たちは大変強くなります。私たちには、他の人からの受容と理解が必要です--私たちには治療は必要ありません、これは人の違いの問題です。

So many SM help sites for children, use words like 'overcome' or 'conquer' selective mutism. This is the WRONG message for those with SM. This makes us feel we have failed or are 'wrong' or weak in some way if we have not. In fact surviving with it, has made us incredibly strong and determined. We need acceptance and understanding from others - we don't need fixing, this is about difference.

◇ https://www.facebook.com/ispeaksm/posts/1641103209296747
新しいウィンドウで開く

ISpeak の主張は、Facebook ページを中心に展開されています。上で挙げたものはそのごく一部です。この主張には、障害は社会が作るという「社会モデル」の考え方が背景にあります。変えるのは緘黙児者ではなく、その環境の方だということでしょう。


私は少し違う考え


私は ISpeak の主張に同意できる部分もあるのですが、少し違った考えをしています。

緘黙は治した方がよいと思う


私は専門家ではないのですが、緘黙は治した方がよいというのが私の考え方です。緘黙が長期にわたって続くと他の精神障害を続発するリスクがあることはよく指摘されるところです。

また、話せないことによる不利益を配慮や理解、包摂だけで補うのには限界もあるのではないかと思います。さらに、私は、世の中には理性や善意にあふれた人ばかりとも思わないので、周囲に期待したり依存したりしすぎるのは脆さをはらんではいないかとも感じてしまいます。あと、イギリスには、話せるようになりたい緘黙児者は本当にいないのだろうかとも思います。


だが、配慮や理解等も必要と思う


ですが、配慮の提供や理解を訴えることや、緘黙児者を包摂することの必要性を否定するつもりもありません。むしろ、それも大切なことと思います。

環境に働きかけることと、緘黙を治すことは相反するものではなく、両立し得ると考えています。緘黙治療では行動分析を応用することも多いですが、行動分析では個人と環境の相互作用が鍵です。

また、私自身学校で長期間話せなかった人間として、「なぜ自分が変わらないといけないんだ、自分は何も悪くない、変わらないといけないのは社会の側ではないのか」と考えたことはあり、心情としては ISpeak の主張に共感できる部分もあります。あと、ISpeak には緘黙がどちらかと言えば治りにくいと思われる成人期の緘黙の方も多いようなので、治すより受け入れるという主張が出るのも、少し分かるような気もします。


これは反動かも


緘黙への治療ばかり強調されすぎなのかも


これはもしかすると、反動なのかなとも思います。英語圏での緘黙専門家は、スモールステップで話せるように持っていこうとする傾向が強いです。

しばしば "brave"(勇敢な)などの言葉を持ち出し、緘黙の克服のため、緘黙児者に勇気を出すよう促します(特にアメリカにその傾向が強いのですが、イギリスにも見られます)。こうしたことが行き過ぎて、反動がきているのかもしれません。


専門家に批判的な姿勢


それにしても、既存の専門家に批判的な ISpeak の姿勢には考えさせられます。これまで専門家は、緘黙児者は自らの意思で話さないかのような扱いをしたり、緘黙を軽んじたりと、洋の東西を問わず過ちを犯してきた歴史があります。

かといって、専門家をいたずらに否定しなくてもよいと思いますが、専門家の主張を鵜呑みにしない姿勢には学ぶべきところもあります。


イギリスの緘黙支援の第一人者が、この見解を紹介


ISpeak は以前から上のような主張を繰り返してきましたが、最近一つ動きがありました。

6月27日(水曜日)にイギリスのボーンマス大学で行なわれた緘黙の講座 Shyness? Reluctance to speak? ASD? Or selective mutism? の中で、緘黙支援の第一人者が、緘黙の成人当事者は、自分たちが受け入れられることを何よりも望んでいることをついに認めたのだそうです。私はこの講座をネットで視聴したのですが、この第一人者とは言語聴覚士のマギー・ジョンソン氏でした。

ISpeak は当事者団体とはいえ、その主張がどこまでイギリスの当事者の主張を代表したものかは私にはつかめません。ですが、当事者側からこういう主張もあることには注目しておきたいと思います。