「十代への緘黙治療」

更新日:2018年08月31日(投稿日:2018年08月31日)
アイキャッチ画像。
イギリスの言語聴覚士 Anna Biavati-Smith(アナ・ビアバディ・スミス)氏が、十代への緘黙治療について語る動画を先日公開しました。同氏は、緘黙支援ではイギリスでは知られた方です。

場面緘黙症というと、もっと低年齢の子どもに伝統的に焦点が当たってきました。ですが、十代以上の緘黙児者もたくさんいます。興味を引かれるテーマです。

↓ その動画。全部で6分2秒です。


動画を見た感想ですが、

○ 治療の意思決定に緘黙児者を加えること
○ 非言語コミュニケーションから言語コミュニケーションへの移行
○ スモールステップのアプローチ
○ その緘黙児者に合わせた治療プログラム

など、他の本などに書かれていたことと大きな差はないように思います。比較的オーソドックスな内容と言えるかもしれません。スモールステップの踏み方など、治療の意思決定に緘黙児者を加える点は、十代ならではです。

不安を感じなくなったのに


スミス氏の動画の中で気になったのは、50秒頃のあたりからの説明です。

しかし、不安は(緘黙を考える上で)重要ですが、しばしば十分ではありません。というのも、子どもが年齢を重ねるにつれて、緘黙児、特に十代の緘黙児者の中には、もはや不安を感じてはいないのに、特定場面での緘黙や、コミュニケーションと適切な社会的交流の欠如により、友情関係や社会的コミュニケーションを築けない子がいるからです。

But although anxiety is key, it's often not enough. Because as a child is aging, we know that some children with selective mutism, especially teenagers with selective mutism, they don't feel that anxious anymore, but their mutism and their lack of communication and proper social interaction in specific setting has not able them to create friendships, creat social communications.

十代の緘黙を考える上では、不安に注目するだけでは不十分だというのです。この後の説明では、緘黙児者のコミュニケーションの水準を、非言語コミュニケーションから言語コミュニケーションの段階に持っていく必要性が説かれています。

このスミス氏の見解は、アメリカの Elisa Shipon-Blum(エリザ・シポンブラム)氏の見解と重なるように思いました。シポンブラム氏は、特に年齢が上の緘黙児者の場合、不安を和らげても、それだけでは大抵の場合は非言語コミュニケーションのステージに留まってしまい、言語コミュニケーションのステージに至るには不十分という見解を示しています。緘黙行動が学習されているからです (Shipon-Blum, n.d.)。

◇ 「不安を和らげるだけでは、発話には不十分」
新しいウィンドウで開く

私は専門家ではなく、スミス氏やシポンブラム氏の見解が妥当なものかどうかは、分かりません。ただ、お話しした通り、緘黙というと伝統的にもっと低年齢の子どもに注目が当たってきて、その中で、緘黙を不安と関連付ける見方が主流になりました。私たちはそれに捕らわれすぎてはいないか、といったことは考えさせられました。

それにしても、ここは緘黙の病因論にも関わるところだと思うので、本格的に研究が行なわれて、ちゃんとした論文が発表されて欲しいところです。私が知る限り、そうした論文はなかったように思うのですが……。


「神経可塑性(かそせい)」


終盤には、脳科学のなじみのない話が展開されます。これはおそらく「神経可塑性(ニューロプラスティシティ;Neuroplasticity)」の話題ではなかろうかと思います。

神経可塑性については、スミス氏は、イギリスの緘黙団体SMIRAの年次総会で話をされたことがあります。それを要約したのが動画の話ではないかと思います。

↓ スミス氏による神経可塑性の話。イギリス在住MIKUさんのブログ「場面緘黙について考える-備忘録-」へのリンクです。
◇ 2018年SMiRAコンファレンス(その2)
新しいウィンドウで開く

神経可塑性と思われる話を持ち出しながらも、十代の緘黙児者はしばしば緘黙行動を学習してしまっているというのが、結局のところ、この動画でのスミス氏の見解ではないかと思います。これもシポンブラム氏の見解と重なります(ただし、見たところシポンブラム氏は、神経可塑性という用語を持ち出して説明してはいません)。

動画全体としては、十代の緘黙児者の場合、たとえ不安を感じなくなっても、しばしば緘黙行動を学習してしまっていて抜け出せないということではないかと思います(こう解釈すれば、前後の話が通じる)。それを、例によってスモールステップで話し、社会的コミュニケーションを築けるよう持って行くということをおっしゃろうとしているのでしょう。


むすび


この動画は、専門家がYouTubeで簡単に見解を示したものに過ぎません。ですが、伝統的に比較的取り上げられることが少なかった十代の緘黙についてイギリスの専門家が一つの見方を示すもので、少し注目してみたいと思います。

動画はこれまで示されてきた見解と概ね重なるもので、既存の見方を支持するものと見ることができるかもしれません。