緘黙だったことを忘れた人たち

更新日:2018年09月06日(投稿日:2018年09月06日)
アイキャッチ画像。
「我が子の場面緘黙症は治るでしょうか」
(Can my child recover from Selective Mutism?)

先日 YouTube に公開された動画です。言語聴覚士の Anna Biavati-Smith(アナ・ビアバディ・スミス)氏が解説しています。

スミス氏は緘黙支援ではイギリスで知られた方です。ここのところ、緘黙について解説する動画を YouTube に複数公開しています。前回の記事「十代への緘黙治療」でご紹介した動画も、その一つです。

↓ その動画です。全部で7分19秒です。


さて、我が子の緘黙は治るのでしょうか。結論を言うと、スミス氏はもちろん治ると話しています(1分20秒頃より)。大人についても変わることができると話しています(5分32秒より)。スミス氏はこれを exciting という形容詞で表現していますが、私たち日本人にはあまりない感性を感じます。

なお、緘黙が完全に治るとは、あらゆる状況で、あらゆる人と話ができようになることをこの動画では意味します(4分27秒頃より)。

話せなかったことを忘れた緘黙経験者がいる?


動画の中で少し気になったのが、6分39秒頃からの次の箇所です。

(自分が緘黙だったことを)覚えてさえいない人もいます。「おお、私は小さい頃に話さなかったの?」あるいは「本当?話さなかったことを覚えていないよ」

Some of them don't even remember. "Oh, I didn't speak when I was little?" Or "Really? I don't remember not speaking."

緘黙だったことを覚えていない経験者がいるというのです。

これより少し前の2分45秒頃からの部分では、3~5歳の幼い子だと、自分が話さない/話せないことを自覚していない子もいるという話が出てきます。自分が喋ることができないことを自覚しないまま緘黙が治ってしまうと、緘黙だったことを本人は当然覚えていないだろうとは思うのですが、ここではそうしたことを言わんとしているかどうかは分かりません。

イギリスの本の邦訳『場面緘黙支援の最前線』には、似た話があります。ある緘黙児が、母親から見て今や「自分が昔どのような状態だったか思い出せないよう」だというのです (Cline, 2014/2017, p.148)。

緘黙だったことを覚えていない経験者がもし本当にいるとしたら、それは比較的短期間に緘黙を克服したり、低年齢のときにのみ緘黙を経験した人が中心ではないかと思います。

そうした経験者が多くなるのが、一つの理想かも


一般に、緘黙は早期介入を行なった方が改善が早いとされ、今回の動画でもスミス氏はそう説明しています。緘黙の早期発見・早期介入の必要性は叫ばれているところです。

多くの緘黙児者に早期発見・早期介入が行なわれ、彼女ら彼らができるだけ短期間で話せるようになり、自分たちが緘黙だったことを結果的に忘れるまでになる--そうした経験者が多くなるのが一つの理想かもしれないと思います(そんな日は、なかなか来ないだろうとは思うのですが)。

日本には緘黙経験を忘れるにまで至った人は、どれほどいるのでしょう。はっきりとは分かりません。緘黙だったことを忘れた人は、覚えていない緘黙経験などについて語ることはそうないでしょうから、表には出にくいものと思われます。

日本の緘黙経験者による緘黙関連の活動は世界的に見ても特に活発で、多彩だと思います。素晴らしい活動も多いです。緘黙が早期に治ってしまい、緘黙だった過去を忘れてしまう経験者が増えると、そうした活動は廃れてしまうかもしれません。そんな時代がもし来たら、寂しく思います。ですが、考えようによっては、そちらの方がよいという見方もあるかもしれません。