日本の緘黙の小説、翻訳書が出ていた

更新日:2018年09月09日(投稿日:2018年09月08日)
アイキャッチ画像。

重松清『青い鳥』


重松清さんの短編集『青い鳥』(2007年)に、「ハンカチ」という話が収録されています。この「ハンカチ」は、場面緘黙症の中学生が主人公です。それも、短編集の第一話という重要な扱いです。

この「ハンカチ」が先日、台灣選擇性緘默症協會の理事長である黃晶晶(Anita Huang)氏のブログで紹介されました。調べたところ、2008年や2015年に、台湾で翻訳書が出版されていたようです。

↓ そのブログへのリンクです。
◇ 《青鳥》~口吃老師與選緘學生
新しいウィンドウで開く

↓ 台湾のネット書店「博客來」による書籍情報。2015年出版の本のようです。
◇ 博客來-青鳥
新しいウィンドウで開く

↓ 台湾の「金石堂書店」ホームページによる書籍情報。こちらは、2008年出版の本のようです。
◇ 青鳥-金石堂
新しいウィンドウで開く


台湾だけでなく、中国や韓国でも


さらに調べたところ、『青い鳥』は、分かった範囲では、中国や韓国でも翻訳書が出版されていました。下で挙げた中国や韓国のページを見ると、感想が相当数寄せられており、広く読まれていたことが窺えます。

↓ 中国サイト「豆瓣读书」へのリンク。2012年出版のようです。
◇ 青鸟 (豆瓣)
新しいウィンドウで開く

↓ 韓国のポータルサイト「Daum」へのリンク。2009年出版のようです。
◇ 말더듬이 선생님 – Daum 책
新しいウィンドウで開く


日本の小説が、海外の緘黙認知度に影響を与えたかも


フィクション、ノンフィクション、専門書問わず、緘黙に関する日本の出版物が翻訳され、海外で読まれる例は珍しいです。ちょっと聞いた覚えがありません。重松清さんのような有名な作家の本なら、探せば他にも翻訳された例が見つかるかもしれません。

日本の本が翻訳され、それが海外での緘黙の認知度に影響を与える--『青い鳥』の翻訳書出版で、こんなことが起こった可能性も考えられます。「緘黙を知ってほしい」という(潜在的な)声は、台湾や中国、韓国にもおそらくあるでしょう。日本の本が、海外での緘黙の認知向上に何らかの役割を果たせたとしたら嬉しいです(といっても、私が出版に関わったわけではないのですが……)。

海外に翻訳されたら面白そうな読み物は、他にもあります。私としては、『私はかんもくガール』や『かんもくって 何なの!?』は翻訳されたら面白いのではないかと思います。こういうコミックエッセイ形式の緘黙の本は、私が知る限り、海外にはありません。でも、やっぱり難しいかな。


余談:『校庭に東風吹いて』が中国サイトで紹介


緘黙の少女が重要人物として登場する映画『校庭に東風吹いて』が、2016年に中国サイトで紹介されたことがあります。この時、緘黙についても書かれてあります。翻訳書出版とは違うのですが、ついでにお伝えします。

↓ 中国サイト「腾讯网」へのリンク。
◇ 泽口靖子新片《校园吹东风》讲述选择性缄默症
新しいウィンドウで開く