『場面緘黙の子どもの治療マニュアル』読みました

更新日:2018年09月30日(投稿日:2018年09月30日)
アイキャッチ画像。
新しい翻訳書『場面緘黙の子どもの治療マニュアル:統合的行動アプローチ』を読み終えました。この本について改めて簡単にまとめてみたいと思います。

本の基本情報


○ 書名:場面緘黙の子どもの治療マニュアル:統合的行動アプローチ
○ 原書名:Treatment for Children with Selective Mutism: An Integrative Behavioral Approach
○ 著者:R. Lindsey Bergman(R・リンジー・バーグマン)
○ 監訳:園山繁樹
○ 発行日:2018年7月20日
○ 出版社:二瓶社

著者のバーグマン氏は、Selective Mutism Questionnaire(場面緘黙質問票)を開発したり、数多く引用される緘黙の論文を複数著したりと、この分野で業績を挙げてきた方です。緘黙でこれだけの業績を挙げた専門家は、日本にはいません。原書は、2012年にオックスフォード大学出版局より出ています。

翻訳は7人の分担で、そのうち6人は、筑波大学大学院人間総合科学研究科障害科学専攻(博士後期課程)在学中の学生です。監訳者が指導する学生だそうです。もう一人は、千葉経済大学短期大学講師の雨貝太郎氏で、この方も筑波大と関わりがある方です。

二瓶社が、緘黙を主題とした本を出版したのは今回が初めてです。


本の内容


この本はセラピストを対象に、緘黙がある子どもに対する、いわゆるスモールステップの治療マニュアルを示したものです。この治療マニュアルの最大の特徴は20回のセッションを標準としている点であると、監訳者は指摘しています。治療に当たっては、親と教師の参加が絶対不可欠とされます。

著者はカリフォルニア大学ロサンゼルス校の准教授ですが、さすがに邦訳されることまで意識して書いてはいないようで、例えば日本には馴染みの薄い遊びが数多く紹介されています。

この本にはコピーして使える付録がついているため、本のサイズも少し気になります(拡大コピーがあるとはいえ)。原書はA4サイズよりやや小さい縦25.1x横17.5センチでしたが、今回の翻訳書はA5サイズ(縦21.0x横14.8センチ)で、少しコンパクトになっています。これまで国内で出た緘黙の和書は、だいたいこのA5サイズです。

監訳者のあとがきは1ページのみのシンプルなものです。


コメント


この本は治療専門家が読むものなので、私のような専門家でも何でもない者がコメントするのは特に難しいです(本を使う立場ではないので)。ただ、かなり具体的に書かれている印象は受けます。

この本について、私は一部思い違いをしていたので、訂正致します。以前こんなことを書いたことが何度かありました。

この緘黙の本で示された治療法は、ランダム化比較試験という信頼性が高い方法で有効性が検証されたことがあります。

◇ Bergman, R.L., Gonzalez, A., Piacentini, J., and Keller, M.L. (2013). Integrated Behavior Therapy for Selective Mutism: A randomized controlled pilot study. Behaviour Research and Therapy, 51(10), 680-689.
新しいウィンドウで開く

このランダム化比較試験は、本の出版前に行なわれたもののようです(後だと思っていました)。まずは予備的研究というかたちで、開発した治療マニュアルを小規模なランダム化比較試験で有効性を検証し、その後に、今回の本を出版しています。

緘黙の治療法を示した本は複数ありますが、その準備段階で、小規模とはいえランダム化比較試験まで行なって有効性を検証したことを明言したものは、少なくとも英語圏では他に見たことがありません。その分、信頼性はあります。

ところで、最近、緘黙に関心を持つ方の間に内向きの傾向を感じます。緘黙に関する海外情報への関心の低下を感じるのです。昔と違って、日本の動向を追うだけで緘黙の情報がある程度集まってしまうようになったため、それで満足してしまう人が増えたのでしょう。

ただ、緘黙の概念を生んだのも、緘黙は不安症という今日の基本的理解を築いたのも、緘黙の団体やグループを最初に作ったのも、全ては海外の専門家や関係者です。スモールステップの取り組みが注目を集めるようになったのも、海外の影響です。そして、メディアによる緘黙の啓発活動にしても、日本は海外の後追いです(こういう歴史的経緯をご存じの方、減ってきているかもしれません)。緘黙については、海外が先を進んできたといっても過言ではありません。もう少し海外の動向に関心が寄せられてもよいのではないかと思います。