緘黙だと、仕事はどうする

更新日:2018年10月19日(投稿日:2018年10月19日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症で心配なことの一つは就労、仕事でしょう。コミュニケーション能力が重視される現代において、仕事に就くことができるか、職場でうまくやっていくことができるのか、これは大きな問題だろうと思います。

2017年に行なわれた「大人のかんもくフォーラム」では、「今後、取り上げてほしいテーマは?」との問いに対する回答が、就労・仕事・就職:14名、大人の緘黙:7名、子どもの緘黙:7名、二次症状・後遺症:5名他とのことでした。就労への関心の高さを窺わせます。

↓ かんもくフォーラムの Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ 【8/1 講演会 質問用紙への回答(2)】  
新しいウィンドウで開く

ですが、緘黙と仕事に関しては情報が少ないです。私も知るところは少ないです。ですが、関心の高そうな話題ですので、ここで分かる範囲でまとめてみたいと思います。

代表的な対策


ヒントになりそうな情報として、2015年8月に行なわれた「かんもくフォーラム」での、質問用紙への回答があります。「緘黙の後遺症がある場合、社会でどう働くことができるでしょうか?」 という問いに対して、長野大学の高木潤野准教授が代表的な回答のパターンを4つ挙げています。

↓ かんもくネットフォーラムの Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ 【8/1 講演会 質問用紙への回答(2)】  
新しいウィンドウで開く

その4パターンは以下の通りです。

○ 手帳(精神障害者保健福祉手帳)を取得して障害者枠での就職を目指す
○ 緘黙状態でもできる仕事を選ぶ
○ 理解のある職場を選ぶ/作る
○ 後遺症を治す

よくまとまっているので、これを足掛かりに考えたいのですが、今回は緘黙があることが前提での話なので、治すことを省いた3パターンで考えるのがよいと思います。

手帳(精神障害者保健福祉手帳)を取得して障害者枠での就職を目指す


緘黙は、緘黙は精神障害者保健福祉手帳の対象とされています。障害者枠と一般枠のどちらで就職するかは、一つの判断だろうと思います。

↓ 「続・緘黙基礎知識」の記事へのリンクです。
◇ 緘黙は精神障害者保健福祉手帳の対象。根拠は?
新しいウィンドウで開く

先の高木准教授のお話でも、手帳を取得して就職するという例を聞いたことが実際にあるということでした。また、緘黙児支援のための情報交換ネットワーク団体「かんもくネット」の会員やそのお子さんたちの中でも、そうした例があったそうです。

↓ 「かんもくネット」ホームページへのリンクです。
◇ かんもくネットKnet News 2015年10月
新しいウィンドウで開く

手帳を受けるためには、その精神疾患による初診から6ヶ月以上経過していることが必要になるので、ギリギリの準備は避けたいです。


緘黙状態でもできる仕事を選ぶ


「話さなくてもできそうな仕事」は、実際にその職に就いている方に言わせると、案外話し言葉によるコミュニケーションが仕事の重きをなしている場合もあるので要注意です。

mixiコミュニティ「場面緘黙症」には「緘黙の人に向いた仕事」というトピックがあり、mixiに登録されていない方でも、かなりの程度ご覧になれます。このトピックには実際に働いている方からの投稿が何件もあり、参考になります。

↓ mixiへのリンクです。
◇ 緘黙の人に向いた仕事
新しいウィンドウで開く

日本では、新聞配達をされている富山の成人当事者の話をメディアでよく目にします。新聞配達のアルバイトも、人と話せなくてもできそうな仕事ではあります。ポスティングの仕事なら私もアルバイトで少し経験があるのですが(新聞ではない)、確かにポスティング作業だけをとってみると、人と話す必要はありませんでした。

海外の例だと、スイスやオーストラリアで、写真家として活動されている成人当事者の記事を2例目にしたことがあります。写真を撮ることも、話せなくてもできるとのことでした。このお二方は、話し言葉以外の代替コミュニケーションを活用されています。

◇ 大人の緘黙当事者、非言語コミュニケーションで生きる(スイス)
新しいウィンドウで開く

◇ 結婚して子どもがいて、就労もしている-ある豪州の成人当事者
新しいウィンドウで開く

緘黙サイトの老舗「場面緘黙症専用」を運営する俊太さんは、ネットビジネスを提案されています。中古品の転売で、実際に俊太さんは7年くらいネットビジネスのみで生活をされているそうです。

↓ 「場面緘黙症専用」へのリンクです。ネットビジネスについては、最後の方をご覧ください。
◇ 緘黙で仕事が続かない!その解決方法はこれしかない
新しいウィンドウで開く


理解のある職場を選ぶ/作る


理解のある職場を「作る」とは、理解のある職場を「作る」という意味です。こちらから理解を訴えるわけです。

職場の理解を得ることができれば、先ほどの障害者枠で働く場合でも、緘黙でもできる仕事を選ぶ場合でも、より働きやすくなるでしょう。先ほどリンクを貼ったかんもくネットホームページでは、青年・成人用場面緘黙リーフレットが公開されています。理解を得る際に役立つことがあるかもしれません。

↓ 「かんもくネット」ホームページへのリンクです(再掲)。「青年・成人用 リーフレットを作成しました。」
◇ かんもくネットKnet News 2015年10月
新しいウィンドウで開く


その他(面接について)


「場面緘黙を考える会 富山」では、次のような意見が出たことがあるそうです。

「面接を心配する人が多いが、面接は質問がだいたい決まっているので、まだしゃべりやすいことが多い。予行練習も可能。まったく知らない人の方が声は出やすいことが多い」

↓ 場面緘黙を考える会 富山の Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ 前回会合で出た意見を下記のようにまとめてみました☆
新しいウィンドウで開く

ただ、個人面接はよくても、グループ面接やグループディスカッションとなるとどうでしょう。エヌジマさんという緘黙を経験された方は、就職活動時は緘黙が改善していたそうですが、グループ面接や、特にグループディスカッションで苦戦されたそうです。練習が足りなかったのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、エヌジマさんの場合、「練習してもどうにもならなかったかなというのが正直な気持ちです。面接と異なり、回数を重ねても全く上達しなかったためです」とも書かれてあります。

↓ エヌジマさんのブログ「Njimablog」へのリンクです。
◇ 元場面緘黙の僕が就職活動を振り返る
新しいウィンドウで開く

また、私が就職活動の壁に当たった頃は、話せない時期が長く続くと、就職面接でうまく話せないだけでなく、話の内容に困るという問題がありました。学生時代に打ち込んだことを聞かれても、無口で不安が強い学生時代を送ったゆえ、仲間と一緒に何かをしたという話ができなかったのです。これは大変不利でした。最近の就職活動はどうなのでしょうか。


むすび


緘黙がある人が仕事を探す場合、主に次の3通りの対策が考えられそうです。

○ 手帳(精神障害者保健福祉手帳)を取得して障害者枠での就職を目指す
○ 緘黙状態でもできる仕事を選ぶ
○ 理解のある職場を選ぶ/作る

これらの方法でなら、緘黙のある方でも無理なく働けるかと言えば、実情を知らない私には分かりません。

採用面接については、面接担当者は知らない人だし、質問内容はほぼ決まっているので話しやすいという声もありました。ただ、あくまで一例ですが、グループ面接は駄目だったという経験談もありました。