絵本『やましたくんはしゃべらない』が発売されます

更新日:2018年11月12日(投稿日:2018年11月07日)
アイキャッチ画像。
『やましたくんはしゃべらない』という自伝的絵本が発売予定です。学校で一度も喋ったことがない少年に焦点を当てた話のようです。

この絵本を担当した編集者は「緘黙(場面緘黙になるのかな?)でも自然に接するクラスメイトたちが素敵」とTwitterでコメントされています。もしかすると、緘黙が描かれているのでしょうか。

この度、出版社によるプロモーション動画が公開されました。

↓ 35秒の動画です。


※ 動画をYouTubeで見る
新しいウィンドウで開く

本の基本情報


○ 文:山下賢二
○ 絵:中田いくみ
○ 書名:やましたくんはしゃべらない
○ 出版社:岩崎書店
○ 発売予定日:2018年11月10日
○ 備考:「こんな子きらいかな?」シリーズ3作目


↑ リンクは、Amazon.co.jpアソシエイトリンクです。

この本は、山下賢二さんの自伝的エッセイ『ガケ書房の頃』(夏葉社)の一つのエピソードを絵本化したものだそうです。「初めて人前で話したこと」というエピソードです。このエピソードは、岩崎書店ホームページでPDF形式で公開されています。

◇ 岩崎書店ホームページ内の該当ページ
新しいウィンドウで開く

著者の山下賢二さんは京都市生まれ。現在、京都市で「ホホホ座」(旧ガケ書房)という書店?を開いていらっしゃいます。個性的なお店なようで、インターネット上にはインタビュー記事も存在します。

◇ 本を仕事にする、でも本に頼らない。「ガケ書房」改め「ホホホ座」山下賢二さんに聞く、もっと自由に“本を商う”方法
新しいウィンドウで開く

絵を担当する中田いくみさんは、画家や漫画家などのお仕事をなさっていて、本も出されています。現在、『ヤングエースUP』において、「つくも神ポンポン」を連載中です。

◇ つくも神ポンポン
新しいウィンドウで開く

※ このブログ冒頭の画像は、mitsumineさんという方が描かれたものです。中田いくみさんの絵ではありません。