障害者週間ポスター、最優秀賞は緘黙の作品!?

更新日:2018年11月27日(投稿日:2018年11月27日)
アイキャッチ画像。

話せない「私のきもち」を描いたポスター


12月3日~9日は、障害者週間です。この取組の一環として、内閣府は毎年、障害または障害のある人をテーマとした「障害者週間のポスター」と「体験作文」を全国から募集しています。

このうちポスターの最優秀賞(中学生区分)に、軽度の知的障害と場面緘黙症がある養護学校3年生の作品が選ばれたと『毎日新聞』が報じました(電子版で確認)。ポスターは、この中学生の話せない気持ちを描いたものです。

↓ そのポスターです。内閣府ホームページへのリンクです。
◇ 【中学生区分】 ◆最優秀賞 - 内閣府
新しいウィンドウで開く

↓ 『毎日新聞』ホームページへのリンクです。
◇ 障害者週間ポスターの記事
新しいウィンドウで開く

なお、緘黙は知的障害ではありませんが、知的障害がある人が、特定場面で話せない場合はあります。その場合、「選択性緘黙」の診断からは除外されるそうです。

どちらにしろ、特定場面で話せず、もどかしい思いをしている様子がよく描かれています。


677点の中から選ばれた、広報用ポスターには使われない


内閣府ホームページによると、ポスターの中学生区分は677点の応募があったそうです。これだけの中から選ばれたのは大変栄誉なことです。ただし、「障害者週間」の広報用ポスターとして使われるのは小学生区分で最優秀賞だった作品で、今回の作品は使われません。

↓ 内閣府ホームページへのリンクです。
◇ 平成30年度「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」の入賞作品の決定について
新しいウィンドウで開く

昨年度の「障害者週間」関係表彰式には、主催者の安倍総理大臣や皇太子ご夫妻もご出席されています。さらには、障害者週間ポスター最優秀賞受賞者が、安倍総理らと記念撮影する場面までありました。今年度はどうなるのでしょうか。

↓ 昨年度の表彰式の様子。内閣府ホームページへのリンクです。
◇ 平成29年度「障害者週間」行事実施状況
新しいウィンドウで開く