Low profile SM-ほんの少し話すばかりに見過ごされる

更新日:2018年12月09日(投稿日:2018年12月09日)
アイキャッチ画像。

目立たない緘黙


場面緘黙症というと、特定場面で「全く」話せないという説明がなされることがあります。

確かに全く話せない緘黙児者もいます。ですが、「全く」話せない状態に限定するのは狭すぎではないかなと、非専門家ながらに思います。

イギリスの緘黙治療の本 The Selective Mutism Resource Manual(第2版) は、緘黙をもう少し広くとっています(Johnson and Wingtgens, 2016, p.31)。診断基準とされる米国精神医学会のDSM-5に「この障害がある子どもは発話を始めたり、他の人に話しかけられた際に相互に返答したりはしない」 (Children with this disorder do not initiate or reciprocally respond when spoken to by others) という記述があることから、「緘黙児は最小限に、しかし、相互的、会話的でない形で返答することはあるかもしれない」 (they may respond minimally but not in a reciprocal, conversational manner) と解釈しています。

そして、このように最小限に返答する緘黙を、「目立たない緘黙」 (low-profile SM) と呼んでいます。こうした子どもは、その高い不安レベルが認識されないかもしれないため、学校では特に脆弱であるとのことです。下手に話すために、ただの恥ずかしがり屋であると思われて見過ごされてしまうということなのでしょう。

そして、適切な支援がなければ、多くの目立たない緘黙の子は「目立つ緘黙」(後述)のパターンが顕在化するまで次第に話さなくなっていくか、目立たない緘黙がある大人になると述べています。

一方、全く話せない緘黙を「目立つ緘黙」 (high profile SM) と呼んでいます。


緘黙と認識されない子がいるかも


合点がいきそうな話です。そうだとすると、色々思うところがあります。緘黙を経験した人の中には、適切な対応をとってもらえなかったと主張する人も多いですが、もしかしたらそうした人たちの中には最小限の返答ぐらいはできた人が多く、そのために問題視されなかった人もいるかもしれません。

緘黙が知られるようになっても、「この子は最小限の返答はするから緘黙ではない」として、適切な支援が行われないといったことも起こらないとも限りません。

もっとも、最小限に返答する緘黙は本当に目立たないかどうかは、私が知る限り、しっかりしたかたちで検証は行なわれていません。そうした研究発表の情報は確認できません。「目立たない緘黙」の長期経過についても、はっきりしたことはまだ明らかになっていないのではないかと思います。実際、先のイギリスの本は、このあたりについて、根拠となる文献を挙げていません。今後の研究が待たれます。

どちらにしろ、緘黙を「全く」話せない状態に限定すると、「目立たない緘黙」を見過ごす以前に、除外することになります。「目立たない緘黙」という呼び方は、この意味では分かるような気もします。